新潟県動物愛護センターが、PEPPYから取材を受けました



センターの紹介を通して
動物たちの現状をしっかりと伝える記事になっています


新潟県では、人馴れしていない猫も、
エイズの猫も、場合によっては白血病の猫も、
ちゃんと理解した方とのご縁をつなげるべく努力をしています

人がレッテルを貼るのではなく、チャンスを作る場です

そして、大切なこと

センターでは、できるだけ収容される命が減るよう、
単に引き取りを拒否するのではなく
根本の解決に繋げられるよう努力をしています

実際にはそれでは行き場のない猫が多いのが現状で、
NDNが多忙を極めているのは困りますが・・・
それでも、それぞれが目指す方向は同じだと思います

不幸な命がいない社会

責任ある社会

是非、記事をご覧ください
多頭飼育崩壊への対応プロセスが役立つと思います!









 

 

 

------------------------------

【 支援物資をお待ちしております!! 】

徐々にですが子猫の保護が増えてまいりました。皆様からのご寄付をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。