NDNは「思いやり卵」というネーミングで2014年から鎌田養鶏とコラボして、1パックにつき50円が動物愛護活動に寄付される卵を譲渡会などで販売しています。8月6日、久しぶりに柏崎市にある農場を見学させていただきました。





鎌田養鶏は、日本で最初にエンリッチドケージを取り入れた養鶏場です。エンリッチドケージはケージの中に複数の鶏を入れる方法で、EUでは唯一認められているケージ飼育です。日本ではほとんどの採卵鶏がバタリーケージという大変狭い金網のケージに1羽か2羽入れられています。中越沖地震での被災をきっかけに、どうしたら差別化が図れるか考えて、アニマルウェルフェアにたどり着いたそうです。バタリーケージと、ケージフリーの平飼い。その中間はイメージしにくいと思います。私たちは、アニマルウェルフェアを学ぶ中では、当然、ケージフリーを考えますが、経済動物としてのバランスの中での考えを包み隠さず伺うことができました。

2012年に5棟、2019年に2棟の鶏舎を改築して、全棟エンリッチドケージで5万羽を飼育しています。これは養鶏の規模としては小規模に当たりますが、決して小さな養鶏場ではありません。衛生面では農場HACCPを取得。追加の維持管理だけで年間600万円ほどアップとのこと。ケージはドイツから輸入して、通常は3段から4段で使うところを鶏の健康管理をしやすくするために2段にしています。120日で産み始めて約14、15ヶ月で廃鶏にします。近くにと畜場がないため、新発田または県外まで運んでいるそうです。鶏糞と食品残渣を使ったリサイクル事業で、汚泥肥料などを作っています。

一羽当たり750平方cmほどのスペースを与えられており、巣の代わりにオレンジ色の仕切り版と、金属製の止まり木が入っています。これは、鶏の本能である「止まり木に止まる」「巣作りをして卵を産む」という2つに配慮しています。しかし、砂浴びの本能は満たされない点が平飼いとは違います。1つ残念だったのは、導入時に床面に使っていた保護マットが外されて金網になっていました。これは食品であることを優先させて、卵の汚染対策で変更したそうです。とはいえ、バタリーケージではよくある脚の裏の炎症は見られないとのことでした。また、くちばしの先端を切るデビークは仕入れの際の1回です。(農場によっては2回切る場合もあります。)



多くの農場では採卵率が下がると餌や水を減らしたり絶食させる強制換羽を行っていますが、ここではしていません。暑さ対策では、クーリングパド2.という冷却システムを使っていて、当日も心地よい涼しさでした。水を撒くなどミストで放熱する方法では鶏舎が湿ってしまいますし、扇風機を回すだけだと、この時期は暑さで死ぬ鶏も出るそうです。餌は1日6〜7tの輸入小麦を中心に使っていますが、今年に入って倍以上値上がりして大変だとおっしゃっていました。







鶏舎は清潔で臭いもしませんでしたが、ワクモなどの寄生虫対策はETDを使っています。寄生虫は雛の導入時に入ってしまうことがあるそうです。今は5万羽ですが、直販が増えて利益率が向上すれば、ゆくゆくはケージの中に入れる鶏の数を減らし、余裕を持った飼育をしたいそうです。加工品のスイーツも販売しているので、お近くの方は直売場に行ってみてはいかがでしょうか。また、冷凍のスイーツも開発しており全国にネット販売も計画しているそうです。自宅では高齢のダックスを飼っていて、お店の前には無料のドッグランも整備しています。動物が好きで、犬だったら具合が悪ければ獣医に連れて行くが、鶏はそうではない、経済動物として思うところはあるとおっしゃっていたのが印象的でした。このようにオープンに対応していただける農場は多くはないです。貴重な機会を大変ありがとうございました。

*直売所では、10個入りは全て紙パック、それより多いと、リサイクル可能なカゴでの販売もしています。今でいう脱プラの取り組みを10年以上前から行っています。



多くのみなさまにご来場いただき、
一時は入場制限もあってご不便をおかけしました。
おかげさまで今回は子猫を中心に34匹の参加で
14
匹の猫ちゃんにお見合いのご縁をいただきました。
大変ありがとうございました!








⭕️猫ちゃんとのお見合いは
 HPからも申し込めますのでご活用ください。
 http://ndn2001.com/index_cat_transfer_conditions.php



⭕️次回の譲渡会は
 821に三条市で行います。
 【日時】821() 譲渡会:11時~13 
 【場所】坂田動物病院 ケアセンター(旧病院)の裏の別棟
     新潟県三条市荒町2-21-16
 🌟猫ちゃんだけの譲渡会です
 🌟無料駐車場あります!

次回もみなさまのご来場をお待ちしております!











 

 

 

------------------------------

【 支援物資をお待ちしております!! 】

徐々にですが子猫の保護が増えてまいりました。皆様からのご寄付をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

今回も下越動物保護管理センターとの協働案件です。

2022年6月、会に相談がありました。「村上市のとある集落で猫が沢山いる家がある。手術もせず子猫がたくさん生まれ糞尿被害などで近所がみんな困っているのでどうにかしてほしい。その家は変人夫婦で有名であり、周りが苦情を言っても聞く耳を持たない。知り合いなので自分が相談したことは秘密にして欲しい。」





会には、このような情報提供がしばしばあります。しかし、私達はあくまでボランティアであり、このような相談に「はい分かりました」と動くわけではありません。まずは不適切飼育ということで行政から指導してもらうよう、下越動物保護管理センターを案内しました。後日、現地訪問してきたセンターより会に協力要請があり、そこで私達も当事者に会いに行きました。







場所は山深い小さな集落。生活保護の世帯。変人ではなく、きちんと話ができるご夫婦でした。現在いるのは、出入自由の飼い猫と野良猫約16匹、春生まれの子猫4匹。昔ねずみ被害がひどく、役場に相談したら猫を飼うことを薦められメス猫1匹をもらってきたことが始まり。それでも減らないので追加でもらって5匹にしたら被害は収まったが、今度は猫が増えたという顛末。保健所に相談したこともあるが解決策がなく、あきらめていたようです。これ以上増えないよう手術したいが生活保護で費用の工面が難しいとのこと。





最初に手術せず多頭崩壊を引き起こした本人達に一番の責任はありますが、全頭に名前を付け可愛がっている様子も伺え、どうにかしたいという思いも伝わってきました。そこで、成猫は猫の手を使わせてもらい手術することにしました。7月後半、捕獲機を使って一斉捕獲し15匹(メス9、オス6)を手術。残念なことに残りメス1匹が数日前からいなくなり手術できなかったので現れたら再開します。子猫達は風邪で目が酷い子もいたので訪問時に緊急保護し、3匹はセンター引取で里親探し、1匹は個人譲渡で無事もらわれていきました。

皆様の支援のおかげで、この多頭崩壊のお宅にも解決の道が見えてきました。ありがとうございます。猫も人も幸せに共生できますよう、引き続きのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。




 

 

 

------------------------------

【 支援物資をお待ちしております!! 】

徐々にですが子猫の保護が増えてまいりました。皆様からのご寄付をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

譲渡会開催のお知らせです。

今回も子猫がたくさん参加します。
ぜひ会いに来てください!

譲渡会場が初めての方も、
猫を飼ったことがない方も、
スタッフがていねいに説明します。

一週間ほど希望者さんのおうちで
暮らしていただくお見合い期間も設けています。

感染対策のため入場制限をかける場合があるのでご了承ください。
良いご縁がありますように!

【譲渡会参加予定の猫ちゃんはこちらから】

【 HPからもお見合いを申し込めます】※譲渡条件があります

【場所】 ともともベース神道寺
新潟市中央区神道寺3-10-37
【日時】8月7日(日) 11時~13時

今回は物販も行います!
ご参加お待ちしております!

 

 

 

------------------------------

【 支援物資をお待ちしております!! 】

徐々にですが子猫の保護が増えてまいりました。皆様からのご寄付をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。


この度、(公社)アニマル・ドネーション認定団体になりました!!

 

 

先日もご報告いたしましたが、NDNはこの度 公益社団法人 アニマル・ドネーション(以下 アニドネ) に「保護団体」として認定され、本日81日をもちアニドネHPに掲載されました!

 

 

公益社団法人 アニマル・ドネーション 

 https://www.animaldonation.org/


 

NDNの紹介ページ

https://www.animaldonation.org/group/35109/


 

 

 

またアニマル・ドネーションの代表 西平衣里さんは、朝日新聞さんが運営をしているsippoというメディアに連載をされていて( 犬や猫のためにできること https://sippo.asahi.com/feature/?key=11016189


 )
8
5掲載にて「動物福祉のためにがんばる新認定9団体を応援ください!8月1日から寄付スタート」という記事を書かれましたので

是非85、ご覧になってください

アニドネの目標は「日本の動物福祉を世界トップレベルに」することで

動物福祉活動を頑張っている全国の団体と

寄付を通じて団体を支援したい人をつなぐという活動をされています

 

アニドネの活動をご紹介します

 

🌼動物の為に寄付をしたいという方からのご寄付は

以下の4分野の団体を寄付先としています

 

〇保護団体  →NDNはこの分野

〇介在団体

〇伴侶団体

〇啓発団体

 

https://www.animaldonation.org/organization/activities/


 

 

🌼寄付先は4通りあります

 

〇すべての認定団体にまとめて

〇認定団体の活動分野を選んで

〇個別に選んで

〇アニドネを支援

 

https://www.animaldonation.org/contributionsystem/distribution/


 

個人様、法人様問わずアニドネを通してご寄付いただけます

 

 

🌼税金控除の対象になります

寄付金額の約40%~50%が還付!

 

アニドネを通してご寄付いただいた場合「所得控除」はもちろん、「税額控除」も選ぶことが出来ます

 

https://www.animaldonation.org/contributionsystem/deduction/


 

 

また、遺産を相続した後、10カ月以内に手続きを完了すれば、アニドネにご寄付頂いた相続財産には、原則として相続税がかかりません

アニドネレガシーギフト

 

https://www.animaldonation.org/various_donation/legacy_gift/inheritance/


 

法人格を持たないNDNにとって、これらの優遇措置はとてもありがたいことです

 

これらの優遇措置をアニドネは「寄付活動をより後押しするために国が作った素敵なギフト」だと表現されています

 

NDNにとっても認定していただいたことは素敵な贈り物だと思っています

 

これからも応援よろしくお願いいたします

 





 

 

 

------------------------------

【 支援物資をお待ちしております!! 】

徐々にですが子猫の保護が増えてまいりました。皆様からのご寄付をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。