8月2日(日)、NEXT21にて猫の譲渡会を開催しました。




新潟県もやっと梅雨明けでしょうか?
とても暑い一日でしたね。

今年の春~初夏に生まれた子猫たちがグングンと成長し、ようやく譲渡会デビュー!という子も多くいました。


はじめての譲渡会はとっても緊張!


ちょっぴり怖いかな?



開始直後は元気よく遊んでいましたが
終盤は疲れて夢の世界へ行ってしまう子も…




暑い中、みんな一生懸命がんばりました!

本日は参加37匹中、25匹の猫たちにご縁をいただきました。
里親になられた皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

次回は
三条市 坂田動物病院ケアセンター(三条市荒町2-21-16)
にて、猫の譲渡会を開催予定です。

※新型ウイルス感染症対策を行っております※
下記をよくお読みになり、ご理解、ご協力をお願いいたします。

<注意事項>

●家族で来場される場合は希望猫が決まった後は、代表の1名様で登録作業を行います。
そのほかのご家族様は譲渡会場外でお待ちください。

●来場者数が増えた場合は入場制限を行います。
 立て看板を設置しますのでご確認ください。

●事前申込の方は譲渡開始30分前から優先入場といたします。
ご希望の猫がいる場合はあらかじめHPからお申し込みください。

●ご寄付の持ち込みは譲渡会開催前の10時から10時半まで受付いたします。
(譲渡会開催中はご遠慮ください)








------------------------------

【 支援物資をお待ちしております!! 】

徐々にですが子猫の保護が増えてまいりました。皆様からのご寄付をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。


日時   2020年 8月9日(日)午後3時半~5時半
場所   ワークプラザ柏崎 1F 研修室
問合せ  090-5400-3892(担当 サイカワ)
主催   柏崎ファミリーキャット
協力   新潟動物ネットワーク
後援   柏崎刈羽動物愛護協会


地元柏崎で犬のしつけ方やマナーアップの活動を長年続けてきた柏崎ファミリードッグが、
野良猫問題の解決にファミリーキャットを立ち上げて、TNRや子猫の保護など確実に歩みを進めています。


譲渡活動を通して猫の適正飼養を広めていくのは
息の長い活動ですが、実は1番の近道だと、
NDNの活動を通して感じます。

ペットショップではなく
保護猫を迎える選択肢。

完全室内飼育と
不妊去勢手術の徹底。

最後まで家族の一員として
責任と愛情を持って迎えること。


柏崎ファミリーキャットの初の譲渡会を
NDNは応援しています!

皆様のご来場をお待ちしています!


日時   2020年8月9日(日)午後3時半~5時半
場所   ワークプラザ柏崎 1F 研修室
問合せ  090-5400-3892(担当 サイカワ)
主催   柏崎ファミリーキャット
協力   新潟動物ネットワーク
後援   柏崎刈羽動物愛護協会

*チラシに掲載している他にも参加の可能性があります。



 

 

 

 

 

 

 ------------------------------

【 支援物資をお待ちしております!! 】

徐々にですが子猫の保護が増えてまいりました。皆様からのご寄付をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

 

北海道に暮らすNDNスタッフが、

足寄町にある「ありがとう牧場」の見学会に参加しました。

普段いただいている牛乳や乳製品からは
なかなか見えない生産者さんの取り組みから、
畜産の未来への期待が見えてきます。





 

 7/23に北海道足寄町にあるありがとう牧場への見学会に参加してきました。


 足寄町は酪農が盛んな十勝管内内にある、人口約7千人の小さな町です。


オーナーの吉川さんは北海道大学を卒業後、道内で有機農業を学びましたが、
当時から草食動物である牛に配合飼料を与えることに疑問を持っていました。
その後ニュージーランドへ渡り、現場を中心にNZ放牧を学び、
最終的には現地で牧場経営を任されるファームマネージャーとして採用されました。

その仕事の中で、放牧酪農が酪農家にとっても時間と経済的余裕が生まれることを実感されています。

その後「日本の酪農を変えることができるのではないか」という気持ちが高まり帰国、
2001年から足寄町で完全放牧で牛を育てで生計を立てています。


ありがとう牧場


ニュージーランドは農場の敷地は100ヘクタール、
約60頭の育成牛をご家族と2名ほどのスタッフで飼育しています。

2月~4月に子牛達は生まれてから40日で離乳し、成牛と同じように牧草地で自由に牧草を食べていました。



成牛も然りでしたが、ありがとう牧場の牛たちはとても人懐こい子が多く、
手を差し伸べれば寄ってきてすり寄ったり、あちこち匂いを嗅いで舐めてくる子もいました。

吉川さん曰く、牛たちの成長過程の中で性格も変化していくそうで
子牛の時は人懐こく、思春期の頃には一旦人間と距離を置くようになり、成牛になると再び人懐こくなるそうです。

牛は干し草で一日に20kgものの牧草を食べる動物のため、
同じ牧草地で牛たちが食べ続けてしまうと、あっという間にその土地の草を食べつくしてしまいます。
そのため、牧草地は電気牧柵を設置し、日によって行動できる牧草地を変えながら牛たちの行動範囲を制限していますが、
一度感電した牛たちは柵に近づかなくなるため、吉川さんは一度牛たちが学んだ後の柵は通電していないそうです。

広大な牧草地も元々は急傾斜地の湿荒地でした。
藪ななどの雑草も多く最初は草刈機で人が刈っていましたが、その後育成牛を放したら自然と倒れ、
牧草の種を撒いたら牛たちの肥料で自然と牧草が出てきたそうです。
吉川さんは「荒地が放牧によって草地化するのを見て放牧の凄さを日々体感した」と振り返っています。


搾乳は一日に2回、牛たちは自分たちの脚で歩いて牧草地から搾乳場(ミルキングパーラー)へ向かいます。

行列を作る順番も牛社会が反映されているそうで、
先頭は立場の弱い牛、中間が一番立場の強い牛、行列の最後は人間を怖がらないマイペースな牛という順番だそうです。

道中で言葉通り「道草を食いながら」パーラーへ向かう牛たちはとてものびのびと気持ちよさそうでした。


ミルキングパーラーではNZ式のパーラーで牛たちが搾乳を受けています。
パーラー内の中央に垂れ下がっているミルカーで両サイドの牛たちの乳を搾ることができます。
このミルカーを採用したおかげで、今まで2時間掛かっていた搾乳が半分の1時間で可能になっているそうです。



搾乳が終わった牛達は誘導されることなく、また自分の脚で牧草地へ帰っていきます。


吉川さんは牧草が最も伸びる夏季に全体の9割の乳量を絞れるよう季節分娩をさせることで
飼料費を抑え、飼い主自身が冬季の時間の余裕を生むことを可能にしています。

吉川さんの元で放牧を学び、独立や6次産業(チーズ工房)で生計を立てている若い卒業生も多数います。

こちらは同じく足寄町でありがとう牧場の生乳で作っているしあわせチーズ工房


シンプルな放牧で高い生産性と豊かな農村生活を実現させることを吉川さんは身をもって教えてくれました。













 

 

NDNバナー*****  支援物資をお待ちしております!!  ***********

徐々にですが子猫の保護が増えてまいりました。

皆様からのご寄付をお待ちしております。

こちらをクリックすると随時必要な物資が確認できます➡

いつも助けていただき本当にありがとうございます。

 

 

 

野良猫の繁殖問題に取り組んでも

1回で終わるわけではなく、
その後の継続したサポートが
必要になることが少なくありません。


2年前にNDNフェスの協賛金を利用して
合計80頭のTNRを行なった観光地で、
当時、手術をしたオス猫が負傷して
脚を引きずっているとの相談を受けました。

「餌をあげている野良猫がトラバサミにかかった
(もしくはタヌキにかじられた?)
指から2本骨がむき出しでかわいそうだが
自分で手術費用を出すだけの余裕がなく、
助けてもらえないか?

また、捕まえられなかったメス猫から子猫が生まれて
全部で7匹の未手術猫がいる」と

これまでの経過を考えて
猫の手の承認事例として取り組むこととしました。

該当の猫は人馴れしており
再度の捕獲が容易にできたため
負傷した脚先の手術を行いました。




幸い、断脚はせずに済み、
また、餌やりさんがしっかり管理しているので
元の場所に戻すこととなりました。



また、未手術猫5匹は
TNRを行うことができました。

しかし、手強いオス2匹が残っています。

継続した管理をしなければ
せっかくTNRをしても
3年で元に戻ると言われています。

これからも引き続き経過を見守りたいと思います。










猫の手募金は皆様からの寄付だけで
成り立っています。

引き続きのご支援を
何卒よろしくお願いいたします!


【猫の手募金】
郵便局振込口座 00500ー1ー73548
口座名:新潟動物ネットワーク
お手数ですが、通信欄に「猫の手募金」とご明記ください。

http://ndn2001.com/cat_collection_of_funds_0.php

 

 

 

 

 

 

 

 

NDNバナー*****  支援物資をお待ちしております!!  ***********

徐々にですが子猫の保護が増えてまいりました。

皆様からのご寄付をお待ちしております。

こちらをクリックすると随時必要な物資が確認できます➡

いつも助けていただき本当にありがとうございます。

 

 

 

 7/19(日)、NEXT21にて猫の譲渡会を開催しました。


先回のブログにて掲載した
新型ウイルス関連の「三密回避」「感染防止対策」を
来場者の皆様もしっかりと取ってくださり
衛生管理に配慮した譲渡会を行うことができました。

本日は元気いっぱいの24匹が参加しました。





だんだんと子猫の参加が多くなってきましたが
成猫の人気もかなり根強いです!
大きくても小さくても、可愛いものは可愛いですね。







参加した猫たちのうち、14匹に里親希望がありました!
新しい家族を迎えてくださる皆様
どうぞよろしくお願いいたします。



次回の譲渡会は
8/2(日)11時~13時
NEXT21にて開催予定です。

ご来場お待ちしております。

 

 

 

 



 

 

 

------------------------------

【 支援物資をお待ちしております!! 】

徐々にですが子猫の保護が増えてまいりました。皆様からのご寄付をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。