11月22日(金)23日(土)の2日間、動物園動物の福祉を学ぶために、

福岡県大牟田市動物園をスタッフ5名で訪問してきました。


動物園は決して「見世物小屋」ではありません。
どうしたら本来の生態を満たすことができるか、
開園から40年以上の古い動物舎に手を加えながら
動物たちの目線に立って、様々なアイディアで
進化を続けている動物園でした。






「ぞうはいません」

まず入り口で目を引く看板。
ぞうは、群社会で生きる動物だと
さりげなく教えてくれます。






園内にはあちこちに手書きの看板があり
ここにいる動物たちのことや、
野生の環境で今、起きていることなど伝えてくれます





「環境エンリッチメント」とは、
飼育されている動物が心身ともによりよく生活できる
ための工夫のこと。


「ハズバンダリートレーニング」とは、
麻酔をかけたり拘束することなく
動物たちの健康管理をする工夫のこと。



いつでも自由にバックヤードに戻れるように
寝床へのドアが開けられています

 






動物たちに選択肢を与えることが大切

見えないこともあるからこそ、想像力も増します!






ここでは餌やり体験はありません


本来、動物たちは餌を探すことに多くの時間を費やしているので、
それを満たしていくのが大切だそうです

例えば
プラボトルの中に餌を入れて
ゆっくり時間をかけて餌を探す工夫

頭上に藁を置き
努力して餌を取れるような工夫








 

 

 


 

 

 

------------------------------

【 支援物資をお待ちしております!! 】

徐々にですが子猫の保護が増えてまいりました。皆様からのご寄付をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。