〜健康なときにこそペットを誰かに託しましょう〜


ほとんどの人が人生の終末には、何かを整理する余裕があると思っています。
しかし、弱った頃に始めても、健康時と同じ判断、同じ行動はできません。
あんなに愛していたペットを放棄したり、安楽死させたりする人も中にはいます。

新潟市では、飼い主の高齢が原因の飼育放棄が35%になりました。
ぜひ、この機会に遺言書の残し方を勉強してみませんか?

○遺言書を残すには何が必要か
○遺言書の種類
○どんな書き方をしたらよいのか
○遺言書でペットをどこまで守れるのか
○ペットと同じ墓に入るには? 

など、実際にあった事例から学ぶことができます。

まだ空きがありますから、どうぞお気軽にお申し込みください。

<予約制> 
お申し込み先/参加をご希望の方は下記のメールまたはFAXで、氏名・電話番号をご記入の上、送信ください。(受付期間/9月5日〜10月5日)
メール/mailto:athamanasu@gmail.com FAX/025-282-7799

※受信後3日以内に授受した旨を返信します。返信なき場合はお手数ですが、お電話でお問い合わせ

ください。
++++++++++++++++++
開催日時/令和元年10月6日(日曜)  13時30分〜16時(受付開始13時〜)
会場/新潟市総合保健医療センター 2階講堂(新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号)
参加料/700円(教材費)  定員/40名


 <内容>

■開会のごあいさつ
新潟市動物愛護センター所長 石井輝之氏

■講習会
問題に直面するゲストの皆様より、新潟市内の相談状況~解決の糸口を伺う。
公益社団法人 新潟県獣医師会会長 宮川保氏
新潟動物ネットワーク代表 岡田朋子氏

■遺言書作成ワークショップ 司会進行
一般社団法人はなます 秋山貴子氏・榎田雄一氏・谷内田真実氏、市民グループどうぶつがかり 三浦真美氏

主催/「60過ぎたら遺言書」キャンペーン実行委員会
    (一般社団法人はまなす&市民グループどうぶつがかりの構成による)
共催/新潟市
後援/公益社団法人 新潟県獣医師会、新潟動物ネットワーク

お問い合わせ先/一般社団法人はまなす内「60過ぎたら遺言書」キャンペー ン実行委員会 電話025-282-7798(受付時間:火または金曜の9時〜17時)





 



 

 

 

------------------------------

【 支援物資をお待ちしております!! 】

徐々にですが子猫の保護が増えてまいりました。皆様からのご寄付をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。