3月24日に、ドキュメンタリー映画「地域と猫と人間と」の視聴による『地域猫活動』の勉強会を開催しました。





 『地域猫活動』とは、ご近所で増えすぎたのら猫によるトラブルを 地域住民と猫が共存しながら数年をかけて緩やかに解消していく活動で、具体的には "のら猫を捕獲して不妊去勢手術を施して一代限りの命として地域に戻し見守っていく"  活動です。

 「そのまま戻さずにどこかに連れて行って欲しい」というご意見もありますが、それだとその地域は猫から見て『誰の縄張りでもない場所』になってしまいますから、周辺の不妊去勢手術をしていない猫が流入してあっというまに以前と同じ状態になってしまいます。しかし不妊去勢手術済みの猫が縄張りを守っていればマーキングも少ないので、猫の頭数は以前と変わらなくても地域からの苦情は早い段階で減少します。また、地域猫として猫好きの方に見守っていただくことにより、よそからの未処置猫流入の早期発見に役立ち、繁殖する前の初期段階での対応ができて再発予防にもなります。

 このように地域猫活動は、 猫にも・ 猫が好きな方・猫で困っている方・行政負担減少にも良い、「四方良し」の活動で、住民が連携して相談しながら解決に向かうことにより地域の繋がりが再確認できたりするのでやってみるとメリットは大きい活動です。

 勉強会当日には一般の方だけでなく県や市町村の行政に関わる方もいらして、行政の取り組みについても教えていただきました。今後新潟でも『地域猫活動』に対する理解がさらに広まるようにしたいと思います。

 






 

 


 

 

------------------------------

【 支援物資をお待ちしております!! 】

徐々にですが子猫の保護が増えてまいりました。皆様からのご寄付をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。