猫の手事例62ご報告 異物飲み込み仔猫

テーマ:

 11月、田んぼ沿いの道でカラスに突かれそうになっているところを保護した仔猫。


非常に食が細く、風邪症状もありました。
また、びっこを引いていたので受診したら左大腿骨を骨折していました。

骨折は治りかけていたので治療しませんでしたが、食が細いのがいっこうに良くなりません。
エコーとレントゲンで見たところ胃の中に
異物があることがわかりました。

催吐の処置をしましたが吐き出せず、
内視鏡を使うには仔猫が小さすぎ、
バリウム検査で異物はかなり大きく・・・
胃の大部分を占めていると判明。

 


 猫の手募金の承認を得て

手術費用の一部を支援することになりました。


胃を切開して異物を取り出したところ、
十円玉より二回りほど大きな石のような固まりが出てきました。
恐らく、骨折して食べられなかったときに口に入るものを何でも食べ、その後食べたものを巻き込んで胃の中で成長したのではないかとのことでした。

手術後はよく食べ、
日に日に体が大きくなるのがわかります。


これから譲渡会に出て飼い主さんを探します。
猫の手募金のおかげで早急に対応することができ、かわいい命を救うことができました。
今後ともNDNの活動をご理解いただくとともに、猫の手募金へのご支援をお願いいたします。

口座名 新潟動物ネットワーク
*備考欄に「猫の手」とご記入ください。



 

 

 

 

------------------------------

【 支援物資をお待ちしております!! 】

徐々にですが子猫の保護が増えてまいりました。皆様からのご寄付をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。