わんわん交流会報告

テーマ:

9月30日(日)新潟県動物愛護センターにて

わんわん交流会を開催しました。
17組26人、14匹の参加がありました。

講師に老犬介護サービス、ドッグホテル
「pocket(ポケット)」の古澤小百合さんをお招きして、第1部では講座「ポケットからのメッセージ」第2部では実技「シニアもいきいき リンパマッサージ♫」を行いました。

なぜpocketを作ったの?現状はどうなの?
この3年間の経験を通して感じたこと、ペットを飼っているみなさんに知って欲しいことをお話して頂きました。



古澤さんは様々な形で飼い主さんを支えられるような施設pocketを開所され夜もスタッフが泊まり込みでお世話をしています。


愛犬が若くして元気なうちは想像していなかった老犬介護。
介護の大変さを目の当たりにし、
精神的、肉体的な負担の大きさを感じ
一人で抱え込み、不安や苦労の連続で自分と同じように悩んでいる人の支えになれたらという想いで開所されたそうです。

後悔しないための老犬介護には
まず愛犬の「老い」を予測した生活が大切です。
社交性があれば介抱や介護を受けやすくなります。
また一人でも多くの力になってくれる「仲間」が必要です。

 次に愛犬の高齢を見越したしつけをしましょう。
身体のどこを触られても嫌がったり噛み付いたりしないように。
ケージに入れる、車に乗れる、排泄のコントロール、投薬、包帯や着衣を嫌がらないようにできると良いです。

老化が始まる7才頃までの飼育環境や健康管理が
老化のスピードや質を緩やかにしてくれます。
適度な運動、日光浴、適切なフードやサプリ選び、動物病院での健康診断が大切です。
飼い主自身の年齢を考えることも大切です。

認知症は、まずは愛犬が認知症である事実を
飼い主が受け入れることが大切です。
そのうえで症状に合った対策をとることが求められます。

介護に疲れて怒鳴ったりイライラしたりすることもあります。
リフレッシュのために老犬介護サービス、ペットホテルを利用
するのも1つの方法です。

飼い主のイライラを一番に感じるのは愛犬です。
人社会の中で生きる犬にとって、頼れる存在は飼い主だけです。
高齢化した愛犬を受け入れ、見捨てず共に生きましょう。
それが長年にわたり「癒し」という幸せを与えてくれたパートナーへの恩返しになります。


後半の実技ではご家庭でできるリンパマッサージを紹介して頂きました。
血流を良くして飼い主さんも愛犬もリラックスできていたようです
老化防止に役立つ実技でした。

 愛犬にとっての幸せは飼い主の「理解と笑顔」です。とおっしゃっていました。
私も共に過ごした15才になる愛犬の若い頃と年老いた今を思い浮かべ
最期まで覚悟を持ち、飼い主の責任、義務として見送ってあげたいと思いました。

犬班 野瀬真美



 

 

 

 

 

------------------------------

【 支援物資をお待ちしております!! 】

徐々にですが子猫の保護が増えてまいりました。皆様からのご寄付をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。