4月1日(日)に動物福祉(アニマルウェルフェア)をテーマに、講師として認定NPO法人アニマルライツセンター代表 岡田千尋さん、座談会ゲストとして五頭山麓ひよころ鶏園社長 川内寛之さんをお招きしての勉強会を開催、併催のオーガニックマーケットおひさま日曜市 出張マルシェでは環境や人に優しい野菜やお惣菜なども販売され、好評のうちに終了しました。
{A6D178F0-B88E-42DE-A1C3-1990BC492C43}

{F892400D-EE20-4284-B8CA-B0A2C16E4553}

岡田千尋さんの講演会では、本来の動物の本能や習性を奪われた環境で、苦痛や痛みやストレスの中で一生を終える様々な動物が紹介されました。

残念ながら現代の日本の畜産業界では、工場式の飼育方法が一般的で、それに伴い様々な問題が起こっています。
妊娠ストール(体がぎりぎり入る大きさの檻)に拘束された豚、バタリーケージ(B4サイズ四方程度の広さの満員電車が何段も積み重なったようなケージ)に詰め込まれた卵を産むための鶏、つながれたままご飯を食べるのも排泄も眠るのも同じ場所で過ごす乳牛。

畜産動物のお母さん達は狭い空間の中で運動するどころか、自由に身体を伸ばしたり、子供や卵を産んでも育てることもできず、豚は尻尾を、鶏はくちばしを切られ、足腰が弱り怪我をしても治療されないまま、喜びや楽しみを味わうことなく生涯を過ごします。

EUではすでにこのバタリーケージと妊娠ストールは禁止され、その他海外諸国でも規制や禁止が進み企業も積極的に取組んでいますが、日本では規制されておらず、ほとんどの母豚や採卵鶏がこの方法で飼育されています。

また、アニマルウェルフェアというのは食の安全=人間の安全性に関わるからこそ世界的に広がってきているというお話でした。

本来であれば太陽を浴び、運動をし、自然からミネラルを摂ることによって免疫を上げ健康を保てる動物たちを真逆の環境に置き、太陽を浴びず外の空気に触れず、殺虫剤をかけられ、抗生物質を飲み続けながら孤独な環境で何とか生きながらえている動物たちを食べていることは、私たち人間にとっても安全であるとは言えないのではないかということでした。


衣類としての問題では、生きたまま動物の毛皮をはぐという殺し方の問題や、加工の段階で使われる薬剤が人間の健康や環境に悪影響を与えているということ、ウールの現場では人手不足により乱暴に毛皮を刈り取られ血を流し傷ついている羊やうじ虫の寄生を防ぐため子羊の臀部の皮膚と肉を切り取るミュールジングの問題が紹介されました


動物園のお話では、群れて暮らし自然の中でのびのびと過ごすべき動物たちがコンクリートで囲まれた狭い環境で孤独に過ごさなければいけないこと、その環境では本来の動物の行動を知ることができないということを指摘されていました。
現在の動物園が人間は動物(弱者)を支配してもいいというメッセージを発信してしまっているのではないか、自然との共生がどういったものかを忘れさせてしまうのではないかとお話されていました。

{96281480-03D6-4D64-88AA-55905F356CCD}

{29BE8F37-F7F8-4E15-B3CA-923835E79F5C}

座談会ではひよころ鶏園 川内寛之さんも加わって和やかな場となりました。

自然に近い環境で鶏や動物と暮らしながら平飼いで鶏園を運営されている川内さんの敷地には鶏が自由に飛んだり草をつつきながら暮らしています。
抗生物質や添加物を使用せず、20種類ほどの自然飼料を混ぜて食べているそうです。

川内さん自身が食物アレルギーを抱えているため、自分や子供たちが安心して食べられるものをつくりたい、そして鶏たちが自然な姿で健康に過ごせることによって消費者にも喜んでもらいたいという想いでいらっしゃいました。
{52042064-C309-42C8-9B5B-4E99BDD7D6B8}


海外諸国の市場ではケージフリー卵が大半を占め、消費者もその卵を選ぶ習慣が常識になりつつあるそうです。
オリンピックに使われる食材は、放牧や屋外で飼育された牛、豚、鶏による肉、卵、乳製品などが推奨されています。
2020年に東京で開催予定のオリンピックでは、これまでに開催されてきたどの国よりも動物福祉が下がると予測されています。

日本ではまだまだアニマルウェルフェアの認知度は低く、法規制もほとんどされていません。
すぐには解決できないことばかりですが、私たち一人ひとりができることは正しいと思うことを感じ、選択するということだと思います。
今回のイベントでは私たちのライフスタイルを見直すことによって人だけではなく、その周りの動物や環境を変えていくということを改めて学ぶ場となりました。