災害危機管理アドバイザー和田隆昌のブログ
執筆・出演・講演依頼は下記にご連絡下さい。

トレンドリスク総研(直)

http://www.trend-risk.com/

オールアバウト(取材・講演・仕事依頼ボタンで内容ご記入の上)
http://allabout.co.jp/gm/gp/36/
または
NPO法人防災・防犯ネットワーク
http://www.bouhan-network.com/

(土日を除き)平日・翌日にはご連絡差し上げます。急ぎの場合は電話等でその旨お伝えください。

その他 講演代理店各社
ぺルソン
https://www.kouenirai.com/profile/4443
メディア21
http://media21-c.co.jp/ 
エイコー
http://www.e-eiko.jp/lecturer/wadatakamasa
講演の達人
http://entatsu.com/lecturer/a_0806.html 
講演会biz
http://kouenkai-biz.com/?p=6074




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-02-06 20:09:38

非常用モバイルバッテリーについて

テーマ:ブログ

スマートフォンを持っている人ならいくつか持っているであろうモバイルバッテリー。

 
昨年の北海道胆振東部地震で発生した
全道一斉停電依頼購入した人も多いはず。
 
ただモバイルバッテリーは一部発火や爆発
などの事例も報告され、実は今月2月1日から
規制が入り、PSE認証を受けていない商品は
販売出来なくなっています
 
経済産業省は2月1日、電気用品の範囲等の解釈について一部改正し、モバイルバッテリーを電気用品安全法(PSE法)の規制対象とすることを発表しました。


この改正により、今後モバイルバッテリーを製造・輸入する業者は、電気用品安全法の技術基準に適合していることの確認や検査記録の保存が義務付けられ、販売業者がPSEマークがない製品の販売ができなくなります。

 
通販などでチャイナブランドを購入する場合は認証のあるものを選ぶようお薦めします。ちなみに写真は自分のモバイルバッテリーです。
すでに一部は劣化して使用していないものがありますが。右端の物は最近購入したアウトドアでのランタンですが2600mAhのバッテリーとしても使用できるもの。通常は下の小型・薄型の5000mAhのものを携帯し、旅行時は大容量、ソーラー充電も可能なものを持ってでかけます。10000mAhを超えるものは重たくなるので購入時は使用方法を考えて選びましょう。
 
 
 
 
 
 
2019-02-04 15:00:00

2月5日この差って何ですか?

テーマ:ブログ
 


久々に時間をかけてテレビ番組に協力しました。一般に関心の持たれにくい「防災」というテーマを採用したことに感心しますがバラエティという枠の中なので100%意図を反映させるのは難しい。ただ日本人全員がこのあと間もなく、そして否応なく向き合うことになるテーマなので、今後もメディアの方々のご参加を希望します。他の先生方に断られた際は当方にご連絡下さい(笑)。

https://www.tbs.co.jp/konosa/


2018-11-22 19:34:06

年末の執筆雑誌が発売されました。

テーマ:ブログ
すこのところ続いていた年末の防災用品関連の執筆·監修していた雑誌が続々発売されました。

今年は北海道の大停電があったこともあってバッテリー関係の記事依頼が多くなりました。

自分自身も様々な種類のバッテリーを持っていますが、そろそろ発電機も用意しておこうかと思っています。

停電が長引いた場合にはとにかく情報ツールが使えないと困りますから。

スマートフォンだけでなくタブレットやPCのバッテリーもサポート出来るような物があるととても安心ですよ。

全国の書店やコンビニ、アマゾンなどで購入可能です。

下記雑誌では防災用品のコーナーやバッテリーなどの記事を担当しています。





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス