一度でも鑑定を受けた方やこれから鑑定で質問や依頼がある方は、以下
まで、よろしくお願い致します。



凄いことが起きた。
最近、仮想通貨の時価総額が2兆円程増加し、仮想通貨価格が上昇し、トレ転を開始したようだ。
特に、イーサリアムの価格は昨日たった1日で10%の上昇を超えた。
また、最近の10日間で50%上昇した。

当然、河合の資産も激増した。
2月になって、中国占星術で年運が戌から亥に切り替わったからである。
このまま爆発的な上昇を開始する可能性も高まってきた。
では、今日は河合の現時点での全財産の内訳を公開する。
以下が、河合の仮想通貨ポートフォリオである。

ビットコイン BTC
0.3枚

イーサリアム ETH
16枚

リップル XRP
10000枚

ネム XEM
50000枚

エイダ ADA
13000枚

モナコイン MONA
300枚

ビットコインキャッシュ BCH
3.5枚

オミセゴー OMG
580枚

プンディエックス NPXS
197000枚

バンクエラ BNK
2000000枚

キン KIN
13000000枚

ノアコイン NOAH
6500000枚

上記が河合の全財産である。
ちなみに日本円はほとんどない。
河合はもはや平成時代のような日本円投資の時代は完全に終わったと分析し、今後は仮想通貨と日本株と金銀の時代が来ると分析したが、その考えに全く変わりはない。



さて、仮想通貨の爆上げについてだ。
以前、ビットコインETFの認可は10月になるかもしれないとも書いたが、状況が急転し変わってきた。
今日、明日、つまりいつ承認されてもおかしくない状況となってきた。
やはり、中国占星術で亥年に移行し、亥のおかげで仮想通貨に追い風が吹き始めたのだ。
ビットコインETFが2月や3月に承認されてもおかしくなくなった。
ビットコインETFが認可されれば、仮想通貨価格は誰もが全くの想定外だった勢いで果てしなく上昇していく。
またイーサリアムのアップデートは2月27日である。
そして、フィデリティやバックトも3月、4月に開始される。
いくつものビットコインETFが審査にかけられ出しており、一つでも承認されたら、凄まじいことになるだろう。







ビットコインETFが認可されたら、法定通貨は直ちに捨てて、仮想通貨に資産を速行で移すべきなのは言うまでもない。
河合は既に仮想通貨に全財産を移し終えて、歴史的な爆上げ祭りに備えた。
ビットコインETF認可となれば、全世界の法定通貨は事実上のハイパーインフレとなり、全世界の資産が仮想通貨に移動することを示す。
仮想通貨価格は信じられない勢いで上昇する。
そのポテンシャルは計り知れない。



さて、金融リテラシーが恐ろしく低い一般的な日本人の典型的な発言を出そう。


引用開始
また、理想の結婚相手について「仮想通貨以外の人と結婚したい」と独特な回答。「仮想通貨で『今だけもうかってます!』っていう人より堅実な職業についてる人がいいです。公務員とか長年続いてる上場した企業に勤めてる方とか」と理想を語った。
引用終了

面白い記事なので引用した。
上記は典型的な日本人らしい回答だが、全くわけの分からない回答である。
何故、仮想通貨が堅実でないのか?
何故、公務員や上場企業が堅実なのか?
全くの意味不明である。

確かに平成時代まではその考えが正しかったかもしれない。
日本円は平成時代にはフィアットゴールドとしての絶対的な地位を確立した。
しかし、これからの時代は日本円の価値はどんどん下がり、仮想通貨の価値が堅実に上昇していく。
これは間違いない。
これからの時代は仮想通貨の時代であるのだが、一般的な日本人は全くと言っていい程気付いていない。
河合も、河合の両親に仮想通貨を購入するよう強く説得したが、全く理解してもらえなかった。
つまり、河合の両親は貧乏への道を選択した。

日本ではオウム真理教の如き、カルト日本円真理教が強固な基盤を確立している。
しかし、法定通貨は長期的・歴史的に見れば必ず価値が大きく下落していっているし、平成時代にバブルと化した日本円やアメリカドルの価値は、次の時代で大きく下落するのは間違いない。
歴史に学ぼう。

また、これからは公務員や大企業の時代はあと10年で完全に終わる。
2030年代以降は民間の時代になり、既存の大きな銀行も潰れて、バンクエラ等のコンパクトなブロックチェーン銀行に取って変わられる。

公務員や銀行員も2030年代以降の積極財政で、その恩恵も受けるだろうが、民間の中小企業ほどは魅力的には見えなくなるだろう。
積極財政に転じた時に最も活躍できるのは、民間の中小企業である。
この点が読めなくてはいけない。

世界一の企業となったアップルでさえ、これからの時代はどうなるか分からない。
何しろアップルは、スティーブ・ジョブズを失って迷走し、ブロックチェーンスマホ分野で完全に出遅れたからである。