福島県いわき市シティセールス「フラシティ いわき」、発表! | 団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」

団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」

元アトラクションプランナーにして、観光プロデューサー。そして現在は企画プロデュース集団「トコナツ歩兵団」を率いて様々なプロジェクトを仕掛ける団長/プロデューサー/プランナー/小説家・渡部祐介が、「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」する!


テーマ:

福島県いわき市のシティセールス「フラシティ いわき」の発表!

 

フラを踊る女性は今風でもあり昔風でもあるように。

IWAKIはHAWAIIといくつかの文字がかぶるので敢えてアルファベットにWAVEをかけて。

いわき市花のツツジを七浜にかけて7つ咲かせた。

パターン展開をするための背景には、緑と海の素材を配置。

市の木・クロマツ、姉妹都市ハワイ カウアイ島の花・モキハナ、

そして失われた海を取り戻す想いを込めて、市の鳥・カモメ、メヒカリ、サンマ、カジキ、ウミガメなどを配置した。

 

常磐ハワイアンセンターが根を下ろして50年。

まだまだ徹底されていないこれまでのハワイ路線でいくか、全国的には知られていないけれどいわき各地に眠る魅力を発掘・育成でいくかの議論が散々行われた。

幾度もの議論ののち、大人たちが後者を選びかけた時に放たれた大学生の言葉。

 

「私たちの世代はフラがすごく身体に入っている。

 いわきでフラだとか、フラじゃないという議論自体がよくわからない。

 フラガールやフラダンス部が踊ると皆が観に行く。

 フラガールやフラダンスは身近なもの、一体感を生むもの。

 わたしたちの世代にとって、フラは常磐地区のものじゃなくて、いわき市全部のもの」

 

東日本大震災以降のスパリゾートハワイアンズのフラガールを中心に行われた「全国きずなキャラバン」、そして震災の年から始まった「フラガールズ甲子園」などの影響下に育った彼女たちの意識が、大人たちを大きく動かすことになった。

 

 

もちろんこれらは始まり。

これからどれだけ市民に愛され、どれだけ市民や企業に活用されていくか次第。

そこに僕らも関われることを、本当に誇りに思う。

 

 

 

チームトコナツ

プロデュース:渡部 祐介(株式会社マイロックチョコレーツ)

グラフィックデザイン:竹林 一茂/横田 周平(株式会社SHA)

 

 

 

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/

★トコナツ歩兵団公式FB https://www.facebook.com/tokonatsh/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中


夏空ブランコ/著・渡部祐介

 

団長/プロデューサー/プランナー/小説家 渡部祐介さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス