体感会を終えました☆黒磯の花火大会 | 那須林産工業~ずっと、自分らしく、暮らせる家づくり 

那須林産工業~ずっと、自分らしく、暮らせる家づくり 

那須林産工業が発信する、
自然が似合う、自然素材を使った、
おしゃれで、本当にあたたかい家。
「FPの家」のノウハウを活かした、高断熱・高気密の
家づくりをご紹介します。


テーマ:

こんにちは☆ 栃木県那須塩原市にて自然素材をつかった本当にあたたかい家を建てている那須林産工業です。

 

昨日でご予約制の体感会を終えました☆ お忙しい中いらしてくださった皆様、本当にありがとうございます。

 

 

先日、今後の不動産業界に関する研修を受けました。

住宅インスペクションという中古建物売買や賃貸のときに関わってくる新制度の説明でした。

 

その際に講師の先生から全く違う話が、、

 

日本の住宅、おかしい・・・、新築信仰、性能気にしない、なのに建てたら建てっぱなし、、色々おかしいが・・・何が一番おかしいって・・・

 

「日本列島、端から端まで、こんなに気候風土が違うのに、画一的な同じ家を売る会社。

そして、それを建てちゃう人たち。

おかしいでしょ!!」

 

ということでした(^_^;)

 

注文住宅を建てている私としては、思わずうんうんニコニコ
 
弊社では、土地にあった間取りを提示したいですし、家族それぞれの個性を活かして家を建てたいです。そして、この比較的寒い地域である那須塩原市でも十分なあたたかい性能の家を建てたいです。地震に対する強さも考えたいです。
 
今回の体感会の会場は、そういった思いが伝わるお家であったと思っております。
 
ということで、配布した広告に記載したお施主様からの言葉をまたここにも記したいと思います。
 
「小さく暮らし、使うエネルギーも最小限でと思って高断熱・高気密住宅を選び、太陽からの熱を家をあたためるためにも使いたいと思って土間リビングを選びました。そして、ずっと時を経ても美しい素材がいいと思い自然素材を選んだんです」

「冬を中心に考えていましたが、高性能のお家と自然素材は夏の暮らしにも驚くほどの快適感をもたらしてくれます。無垢の床の足ざわりはさらさらで土間はひんやり。漆喰の壁は白く、周囲の森は私たちの目を癒してくれます」
 
ちなみにこのお家は、震災直後の2011年3月末にお引き渡しいたしました。
震度6強だったこのエリアですが、全く何事もなくお引渡しを終えました。お施主様にもとっても安心していただけたことを良く思い出しますニコニコ
 

さて、先日は2年に一度、旧黒磯で行われる那須野ふるさと花火大会でしたね!

とある屋上で花火観覧会が行われたので私も参加してきました。

 

7家族30人ぐらいが集まってとっても楽しい時を過ごしました。

幼稚園から小学校低学年ぐらいの小さな子が多く、かくれんぼや追いかけっこに、大騒ぎでした☆

 

再来年は、一番大きい男の子はもうこんなキャッキャしないだろうね、なんて大人たちで勝手に話していました。

 

花火を見上げるのも好きですが、街の人が浴衣を着て通りを一方向に向かっていく、お祭り前のウキウキ感も好きです♪再来年、楽しみだな☆

 

 

          ↓↓ 安心して家づくりを進めるためにも、ぜひご参加くだせいませ ↓↓

 
【8月のイベント情報】

★ 8月25日何でもオウチ相談会★
”オウチを建てたい人、集合!!”
資金計画や家づくりへの疑問、間取りの悩みなどなんでも、ご相談ください
ニコニコ

★ 8月26日90分で500万円得する!お金の勉強会★
”消費増税前に聞いておきたい!!”
マイホームを持ちたいならまずはここからでしょ!!ニコニコ

【ご予約やお問合せはHPから】

弊社HPはこちら ⇒ www.nasurin.com

 

 

 

なすりん ユミ ~casa de oliveさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス