俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

こんにちは。俣野成敏(またのなるとし)です。

 

 最近はテレワークの影響もあって、改めて自宅の“住み心地”に人々の関心が集まっているようです。

 だからといって、よく考えもせずに目先の快適さを追求してしまうと、後で後悔する事態に陥ってしまうことがあります。

 

 Nさんご夫婦(夫31歳、サラリーマン年収700万円、妻30歳、専業主婦)は、お子さん2人(2歳、1歳)の4人暮らしです。先日、自宅マンションを購入しましたが、念願のマイホームを買った高揚感が続いたのはそこまででした。

 契約した途端に、急に3000万円もの借金をしたことが、重荷に感じられたのです。

 

 ご夫婦が自宅を購入したキッカケは、ある日、家族で買い物をしている時に、たまたま目に入った新築マンションのモデルルームに足を踏み入れたこと。

 素敵な内装や最新式の設備にすっかり心を奪われ、モデルルームを出た頃には、すでに頭の中は購入モードになっていたのです。

 

 一応、比較のためにもう2軒ほど見て回りましたが、Nさんたちは結局、最初に見た新築マンションを購入することに決めました。それまで貯めてきた300万円を頭金として拠出し、楽しいマイホームでの生活が始まるはずでした。

 ところが、待っていたのは借金の重圧に怯える日々。これからこの生活が35年も続くのかと思うと、憂鬱になってしまうのでした。

 

 もちろん自宅を購入した人すべてが、Nさんご夫婦と同じになるわけではありません。きちんと計画を立てて、余裕を持ってローンを組んでいる人もたくさんいらっしゃいます。

 Nさんご夫婦の失敗ポイントを挙げてみましょう。先に本ケースの前提条件として、「首都圏郊外の物件事例」であることをお伝えしておきます。

 

1、金利

 ご夫婦が組んだローンは10年固定金利型で、当初は0.7%の固定金利の35年払い。コロナ禍での購入のため、「以後は不景気になって金利が上がるかも…」と考えた2人は、10年固定型を選びました。しかし諸条件を考えると、もっと金利を抑えることは可能だったと思います。

 

2、間取りと立地

 物件はターミナル駅から徒歩16分(バスで5分)の場所にあり、3LDKの間取りです。4人家族としては申し分ないでしょうが、ここに35年間住み続けることや、子供たちが巣立った後のことも考えなければなりません。

 

 ずっと住むつもりの住居だとしても、ライフスタイルは変化します。かつての高度成長期のような、右肩上がりの成長は望むべくもなく、人口減も必至です。これからは、いかに「価値が目減りしないか?」を考える時代です。

 そのためには、自宅購入にも投資家的な目線が求められます。これは「貸してよし、売ってよし、譲ってよし」の資産性を追求することに他なりません。

 

3、頭金

 今は、世界的な低金利時代に突入しており、中でも日本のマイホームローンは、史上空前の低金利です。税金のマイホームローン控除もあり、こちらはかなり強力な節税効果が見込めます。

 

 しかし、マイホームローン控除はローン残高に対してかかってくるため、頭金を入れると、それだけ残高が減ってしまいます。頭金を入れることは、悪いことではないのですが、ムリして頭金を入れることで手元の現金が減ってしまうと、万一の際に対応できない事態も想定されます。

 せっかくの低金利やローン控除を活かすためには、現金を温存しておき、その分もローンでカバーするのも方法の1つです。

 

 もしNさんご夫婦が、事前に戦略を練って自宅を購入していたなら、マイホームでの新生活も、もっと楽しいものになっていたに違いありません。

 マイホームローンに限らず、賃貸にお住いの場合であっても、“住宅資金”について知っているかいないかで、生涯支払う住居費に1000万円以上の差がついてしまう場合もあるのです。


 

※セミナーの詳細は、こちらからご確認ください↓
★俣野成敏最新セミナー★
https://www.matano.asia/seminar/


 

 ありがとうございました。