これをUPしてしまうと手持ちの温泉ネタおんせんが残り一つ。

次はいつ温泉に行けるのでせう?滝汗

いろいろバタバタ、

先の読めないおじゃる☆であります(;^_^A。

 

 

先日、日帰りで訪れた奥日光湯元温泉車

お得キラキラ湯めぐり手形をゲットして、向かったのは湯守釜屋さん

明治元年創業の歴史あるお宿であります。aya

 

 

奥日光湯元温泉 湯守 釜屋

http://www.yumorikamaya.com/

 

住所: 栃木県日光市湯元2548

TEL:0288-62-2141

 

 

 

おんせん 日帰り入浴 おんせん

時間 清掃終了時~午後8時

料金 大人1000円・小人500円

 

湯めぐり手形は三軒入れて1000円!!バンザイ

もう元とれたぁ~(笑)。

 

 

 

 

 

↓ まずは1回ポチッと(。・ω・)ノ゙
 にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

釜屋さん、実はこれまでに2度日帰りにチャレンジして、2度とも撃沈!!

2回とも日帰り時間真っ只中なのに、なんでよーー!?ヽ(`Д´)ノ

 

もう2度と来るもんかぁ!!ayaボケ

と激怒していたのだけど、

あの2回は今回お得に入浴するための

温泉の神様の思し召しだったのか!?

ならば納得(爆)。

 

 

しかも、外回りの塀や入り口前に、これでもかってくらいに↑の案内が貼ってあった。

日帰りウエルカムに方針転換したのだろうか?ww

 

フロントで手形にポ~ンとスタンプを押してもらいロビー横の『瑠璃の湯』へ。トコトコ

ロビーも明るく広々♪ ラブ

 

 

奥日光湯元のお宿いくつも入浴してるけど、

ここはなかなかに大きくて落ち着いたなかに豪華さがあって良い感じ(#^^#)。

 

と、「2度と来るもんか!!」と怒っていた同じ口で言ってみる(爆)。

 

 

名入りの立派な紺暖簾、

くぐった先の正面が男湯で、

左手赤暖簾がちらりと覗いているのが女湯。

 

男女の入れ替えがあるのかどうかはわからないけど、

男湯の方には「緞子の湯」という大きな露天風呂があるらしい。

 

大正時代の湯元九湯の一つで、

温泉神社付近にあった湯場「緞子の湯」に由来する庭園風の露天岩風呂です。

って、これ公式HPからのパクリね( ´艸`)。

 

女湯にも露天風呂はあったけど、

小さくてとってつけたような感じが残念ww。

 

このほか「薬師の湯」という

露天のない男女別大浴場もあるはずだけど、そちらは案内されなかった。

 

手形利用者はどちらか一方だけなのか、

はたまた清掃中だったのか、確認しなかったのでわからない。

 

 

 

1時間後にロビーでね!あひる

待ち合わせ時間を決めていざ温泉♪

脱衣所も十分な広さ。

トイレあり、鍵付きロッカーは無し。

ドライヤーは2台。

 

 

一角にブラシ・シャワーキャップや試供品もろもろが並んでるコーナー。

休日の2時半ごろだったけど、貸切でラッキーWハート!!ヽ(^。^)ノ

 

 

浴室画像、ゲットだぜぃ~~~( ̄ー ̄)ニヤリ。

ひゃぁ~~~、大好きな硫黄の臭い!!

クラクラ酔うわぁ♪♪♪

 

手前に広い洗い場エリア、奥に二つの湯舟。

どちらも乳白色の硫黄泉が満たされている!!

 

右に大きな湯舟。↓

 

 

もちろん源泉100%掛け流し♪(^_-)-☆

ちょっとモスグリーンのような、青味がかった綺麗な白濁湯。

 

きっちり掛け湯をして、というか

まずはカランで体を洗って、つま先からそろりそろりと入湯(笑)。

 

湯めぐり途中の共同浴場だと掛け湯だけで入浴することもあるけど

日帰り施設やお宿湯など

ソープ類の備え付けられたしっかりしたカランがある場合は、

まずはしっかり体洗ってから浸からない?(笑)

 

 

大きな湯舟、熱かった(;^_^A。

43.5℃くらいかな?

さすが奥日光湯元だぜ!!

と、ぐっと我慢でしゃがんでみたら・・。

 

 

あら?お尻はぬるい?(爆)

「上は大火事、下は大水、なぁ~~~に?」

って、昔のなぞなぞそのまんまww。

 

湯舟の中で暴れまわってかき混ぜたら、ちょうど良い湯温♪

あぁ~~~~、スベスベして気持ちよいお湯だぁ~~ヽ(^。^)ノ。

生き返る~~!!

 

 

湯口。

 

源泉名 奥日光開発(株)3号、4号、7号森林管理署源混合泉

泉質 含硫黄 - カルシウム・ナトリウム - 硫酸塩・炭酸水素塩温泉(硫化水素型)(中性低張性高温泉)

泉温 75.1度  pH6.5

 

 

どれどれ、もう一つの小さな方の湯舟にも・・。

 

 

と思ったら、この二つに見える湯舟、実はつながっていた(笑)。

一つの湯舟の上に踏板をかけて露天への出入り口としているのねww。

 

 

でもこちらは湯口が無い分、いくらかぬるめでゆったり。

出たり入ったりを繰り返して存分に堪能させていただいた♪

 

 

ちなみに露天風呂。

岩風呂自体は良いのだけど、コンクリート壁が迫ってパイプ類も・・。

もうちょっと景観に気を配ってくれると良いのにな(;^_^A。

 

足を浸けてみたら、激熱!!!滝汗

かき混ぜれば良いのだろうけど、

特にここに執着しなくても良いや・・

と、チェックだけで内風呂に戻った(笑)。

 

男湯の緞子の露天風呂に入ってみたかったなぁ~。

良いお湯でありました。m(__)m

 

 

 

湯めぐり手形、参加対象施設で未湯が八軒もあるぅ~~!

次はどこにしようか?

また奥日光湯元に行く楽しみができたぁヽ(^。^)ノ。

 

 

 

 

 

 

今日も応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)ノ

1日1回、愛のポチをお願いしまぁ~~~す♪

下

にほんブログ村

 

読者登録してね