奥入瀬渓流・銚子大滝~今宵の宿へ

2018 北東北秘湯めぐり おんせん 其の十七

 

其の十 ふけの湯 ☆ お夕飯【蒸ノ湯式薬膳】

其の十一 ふけの湯Last ☆ 朝食と内風呂、、と湯あみ着(笑)

其の十二 まさかの後生掛温泉 & 本場きりたんぽ

其の十三 八九郎温泉 ☆ ビニールハウスに湧く温泉

其の十四 奥八九郎を目指したら、奥奥八九郎に出会った!

其の十五 比内地鶏の親子重 美味し ☆ 道の駅こさか七滝

其の十六 十和田神社 ☆ 青龍の御朱印

 

 

 

最近のみなみなさまのブログが紅葉真っ盛り!!

考えれば、東北湯めぐりからすでに一か月も経っている!

メッチャ焦っているおじゃる☆です(爆)。

 

 

だけどスピードUPする術を知りませんww。

奥入瀬渓流、今頃は紅葉の錦でありましょう♪

あぁ、ちと悔しい(爆)。

 

 

 

↓ まずは1回ポチッとな(。・ω・)ノ゙
 にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

十和田神社を出発したのが15時20分。

約40分の滞在で有りました。

 

後になって、十和田湖を間近に拝むことも

乙女の像を写真に収めることも忘れていた!!

という事に思い至りましたが、時すでに遅し(爆)。

 

乙女の像は、昔子供たちと一緒に移した写真が

家のどこかにあるはずだから良しとするかww。

 

それよりも、予定していたこの日三つ目の温泉。

立ち寄り時間は確か15時30分受付終了だったはず。

もう間に合わない、チーンチーン

 

敗因は、奥奥八九郎までの道中に時間をかけ過ぎた事か?

はたまた、道の駅こさか七滝でゆっくりしすぎたか?

いや、最初から予定を詰め込み過ぎたのが一番の原因だろう(笑)。

 

ホテルに着いてから、明日の予定をもう一度練り直すとして

今はちょっとだけ、午後の柔らかな日差しの奥入瀬渓流を楽しみたい。

 

 

奥入瀬渓流は、十和田湖の子ノ口から約14kmにわたって、

渓流美と滝めぐりが楽しめる、

大人女子ならだれでも一度は訪れたいと憧れる景勝地!

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

大袈裟?

そんな事ないよね?(笑)

 

渓流と車道が並走しているので、

車内からでもその優美な川の流れを堪能する事ができるのだが

14kmの長い区間のうち、銚子大滝と石ヶ戸の二ヶ所にだけ

道路沿いに無料駐車スペースが設置されている。

 

 

翌日早朝にも、奥入瀬散策を計画していたが

朝と午後とでは目に映る景色もまた違う。

温泉一つ諦めて時間もちょっと空いたことだし

せっかくだから歩いてみよう♪

 

 

平日の夕方近く、駐車スペースも余裕だった。

散策路に降りて、ゴウゴウと大迫力の銚子大滝!

 

 

逆光だけど、木々の間から刺す光が美しい!!

なんだろう?空気が濃い感じ?

マイナスイオンいっぱい吸って♪

ハイ、深呼吸~~ヽ(^。^)ノ。

 

樹木、苔、水しぶき、光、鳥のさえずり、虫の声。

森中に生命力が漲っている!

 

 

白糸風にアップで(笑)。

ヽ(^。^)ノ

 

 

看板も入れてみるww。

 

 

奥入瀬渓流では14の滝を巡ることができるが

そのうち奥入瀬本流にかかるのはこの銚子大滝だけなんだって。

 

ほぼ直角に切り立っているため、魚がこの滝を上れずに

十和田湖にはかつて魚がまったく住んでいなかったのだとか。

それゆえ、魚止めの滝とも呼ばれるらしい。

 

 

佐藤春夫『奥入瀬渓谷の賦』。

この木製の歌碑は後年設置されたもののようだが

この近くに昭和28年に建立された石碑があるのだそうだ。

十和田湖の『乙女の像』同様、

十和田湖国立公園指定15周年を記念して建てられた石碑。

 

おちたぎり急ぎ流るる
なかなかにみつゝ悲しき
行きゆきて野川と濁る
汝(な)が末を我し知れれば

 

ごうごうと流れゆく銚子大滝の清らかな水が、

やがて野の川となり濁ってしまう悲しさを歌った詩だそうだ。

銚子大滝に行ったら、苔むした石碑を探してみてはポイント

 

 

ブナ林の中を少しだけ散策トコトコ

寂しそうに見えるけど、団体バスが止まったりして

結構この時間でも賑わっていた。

あえて人が写らないように頑張って撮っているカメラww。

 

 

自然の中に身を置くと、なんとも心地よいWハート

名残惜しいが、明日の朝また来られる。

今度はたっぷりと時間をとって(笑)。

 

 

暗くならないうちにチェックインしなくては(;^_^A。

 

 

 

14kmの道中、滝めぐりを楽しみつつドライブ車

↑白糸の滝。

 

 

↑玉簾の滝enashika

 

 

 

これは白絹か白布?はて??

 

前を走っていた観光バスかが、

いちいち滝の前で止まってくれるので、

老眼のおじゃる☆たちも見つけられた(爆)。

 

 

 

 

こうして舞台は星野リゾートWハート

憧れの奥入瀬渓流ホテルへ!!キラキラ

 

 

携帯圏外の野天湯とかww、

自己責任の奥奥八九郎とかww、

これまでとはちょっと異なる(爆)

加齢華麗なる世界へご案内いたしまするよ( ̄ー ̄)ニヤリ。

 

乞うご期待!!ピース

 

 

 

 

今日も応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)ノ

1日1回、愛のポチをお願いしまぁ~~~す♪

下

にほんブログ村

 

読者登録してね