千と千尋の神隠し ☆ 四万 積善館 宿泊記

11月、体調絶不調の時に行った四万温泉積善館

 

 

千と千尋の神隠しジブリ 千 千尋 千と千尋のモデルになったと言われるお宿は

信州渋温泉の金具屋など数多りますが、

ここ赤い橋の積善館もその一つポイント


草津・伊香保とともに群馬三名湯の一つ四万温泉。

ここを訪れた人は必ずといって良いほど、

この景観をバックに写真を撮りますよねカメラ(笑)。

 

赤い橋のみならず、

大正ロマネスクを感じる歴史ある浴室『元禄の湯』おんせんも有名で、

おじゃる☆も立ち寄りでは何度となくお邪魔させていただきましたぺこりWハート

 

しかし、立ち寄りで利用できるのは、

本館の受付、元禄の湯、混浴の岩風呂と本館の共用部分のごく一部。

 

元禄四年建てられ、日本最古の木造湯宿建築と言われる本館や、

桃山様式造りを取り入れた建築方法で、

国の有形文化財、群馬県近代遺産に登録されてる山荘

それらの趣を体験するために、

いつか一度は宿泊したいと漠然とした想いは持っておりましたキラキラ

 

そんな時にきっかけを与えてくれたのがめめさんのこの記事で(笑)。

『積善館』の名入りタオルに心ワクワク♪

さっそく翌月の予約を入れてしまったのであります(爆)。

 

 

 

 

 

↓ まずは1回ポチッと(。・ω・)ノ゙
 にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

ちなみに昼間はこんな感じ(^_-)-☆

 

これまで積善館に行くときは、

四万温泉の無料共同駐車場駐車場に車を停めて歩いてトコトコ行っていたけれど、

今回は初めてのお泊り。


駐車場はどうすれば良いの?とお宿の公式サイトで調べたら、
3ナンバー以上の車は本館裏には停められないので、
一番上の佳松亭に停めるようにとの事。

プリ子、1800CCだけど車体がちょっと大き目で生意気にも3ナンバー
なく
なので案内に従って・・、こちらが積善館佳松亭
↓

 

 

おお!初めて見た(笑)。

こんな機会でもなければ我が家には縁のない高級館(笑)。

 

積善館は、元禄に建てられた本館

多くの文豪・著名人が秘書に訪れた大正浪漫溢れる山荘

そして優雅と静寂を愉しむ新館・佳松亭の三つの建物から成っている。

 

 

看板ブレブレ(笑)。

 

 

玄関入ると上品で高級感あふれるフロント、広々ロビー♪ キラキラ

 

 

駐車場は佳松亭でも、

本館宿泊者のチェックインは本館帳場で行うのだ。

 

スタッフの方が、本館宿泊者のおじゃる☆たちにも、

佳松亭のお客様と同じように丁重に接しぺこりぺこり

本館フロントへの行き方を教えてくださった。

驚き&ありがたいww。

 

 

 

三つの建物を写真で見るとこんな感じポイント

一番手前が本館。

敷地一杯に建ててしまったため、

後方の山の上にと広げるしかなかったのだ(笑)。

 

本館のすぐ上に山荘。

さらにその上の高台に佳松亭。

今いるのが一番上で館内を一番下の本館まで・・トコトコ

 

遠い!!!怒るゲゲッ

 

そうなのだ。

まずは佳松亭5階のフロントから、

山荘への連絡通路のある4階へエレベーターで降りる。

 

 

山荘への連絡通路は「鏡の廊下」という大そうな名前が付いている。

どんなに煌びやかキラキラキラキラなガラスの廊下?

全面ガラス張りか!?と思ったら・・(;^_^A。

 

 

鏡は木枠の間の数cm幅。

これが一定の間隔で並んでいるだけだった・・なく

意外に地味だな(爆)。

 

 

山荘に入ったらすぐにまたエレベーター上へばいりばす

 

 

今度は2階まで降りて、本館への連絡通路へ。

 

2階チーン♪

 

 

 

扉が開いて驚いた!!ヽ(*'0'*)ツ

これが、噂に聞いていた『浪漫のトンネル』かぁ!!

正面から仲居さんが歩いていらっしゃる(笑)。

 

 

反対からもパチリカメラ

こっちの方が暗くて雰囲気あるかなww。

旦那が邪魔だけどね(;^_^A。

正面にエレベーターの扉が見えている。

この廊下、怖そうガクブルブルブルと思っていたけど、意外にそうでもなかったww。

 

 

なんだか千と千尋で、千尋千家族がトンネル通って

現代から異界に迷い込んでしまった、

それを体感しているみたい♪

 

だってここは千と千尋の世界千と千尋の神隠し

四万温泉入口のメロディーラインも千と千尋の主題歌だしねww。

どうせならその気になって楽しんじゃおう!アゲアゲ→

 

・・って、今だから言えることで、

本当はこの頃絶不調で気分もドンよりガクリ(爆)。

 

 

そしてやっと本館。

 

 

立ち寄りで訪れた事のある人なら、見覚えあるんじゃない?aya

一階の受付から岩風呂おんせんに行くにはここを通るもんね。

 

 

最後は階段を降りて1階の帳場へトコトコ

 

 

ふ~~、やっと着いた(;^_^A。

荷物持って、佳松亭から本館へはきついわぁ(爆)。

 

 

日帰りと同じ帳場でチェックイン。

ここで部屋への行き方、食事時間、お風呂の場所、入浴時間などの説明を受け、

傍らにある浴衣の山から、自分に合うサイズのものを持って部屋へ行くトコトコ

 

また歩くんかい!!怒るsss

 

 

さっきの階段を戻って二階へ・・。

 

お部屋は三階なのでさらに階段を上る。

ここから先は日帰りでは立ち入れないので、

初めて足を踏み込む世界だ!!ヽ(^。^)ノ

 

 

歴史あるお宿なので館内ツアーも催される。

三階談話コーナーを抜けて・・。

 

 

客室が並ぶ廊下。

 

 

上の画像はイ-35前あたりから33,32方向を撮ったものだね。

 

 

おじゃる☆たちの部屋はイ-38番ポイント

 

トイレが遠いじゃないかぁー!!怒る

本館は昔ながらの湯治宿風なので客室にトイレは無いのだ。

その分もちろん料金はお安いWハート

 

昨今の秘湯ブームおんせん千と千尋人気ジブリ 千 千尋 千と千尋もあってか、

この本館はなかなかの人気で、

1ヶ月以上前の予約でも一部屋しか空きがなかった。

 

 

それがこの突き当りのお部屋、

6名まで泊まれる本館の中ではちょっと広めのお部屋になる。

 

 

さて、何話で終わるのか?

創業324年積善館!!

めくるめく千と千尋の世界?(笑)、

お楽しみいただきましょう!!アゲアゲ→

 

次回、お部屋編に続く(^_-)-☆

 

 

 

 

今日も応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)ノ

1日1回、愛のポチをお願いしまぁ~~~す♪

下

にほんブログ村

 

読者登録してね

AD