私的選手名鑑:下柳剛【阪神】 | 女の子のための『野球、ルール以前のモンダイ』
2005年04月20日(水)

私的選手名鑑:下柳剛【阪神】

テーマ:私的選手名鑑

shimo


※下柳、3勝目記念。今のところタイガースでは彼が「勝ち頭」です。

身近にいる野球ファンに「阪神のピッチャーで、髭面の小汚い人ってだーれ?」と聞いてみてください。ほぼ間違いなく「ああ、下柳のこと?」という答えが返ってくるでしょう。(ほんまかいな)

私的選手名鑑へようこそ。本日は阪神タイガースの最年長投手、下柳剛投手をご紹介します。ようやく阪神の選手の登場です。(ようやく阪神の選手を紹介するわけですが、最初の選手がまさか彼だとは思いませんでした。)

上の質問をするとき、注意してください、「髭面の」が抜けると「井川」という答えになってしまう可能性があります。

下柳剛(しもやなぎ つよし)
通称:シモさん、シモ
1968年5月16日生まれ(今年37歳)
長崎県長崎市出身
瓊浦高→八幡大(中退)→新日鉄君津→ダイエーホークス(現ソフトバンク・91年ドラフト4位)→日本ハムファイターズ(96年・トレード)→阪神タイガース(03年・トレード)
左投げ左打ち
投手 先発(後述)
身長:184kg 体重:94kg(今年のオフの自主トレでかなり鍛えたらしく、下半身がますますたくましくなっています。90kg超、いいですね。)
背番号:42(ゆえに小町的には「死神」)

2004年成績(138試合、22試合に登板)
7勝5敗0S(セーブ:後述)
防御率(後述):5.12

「アイアンホーク」
ダイエー時代、中継ぎ(後述)中心だった彼は連日の登板もなんのその、そのタフさぶりから「アイアンホーク」と呼ばれていた。ホークス、だけに。
しかし、95年交通事故により登板機会が減少、ついに日本ハムにトレード移籍。日ハムでもその鉄腕ぶりは健在でその後先発投手に転向。
02年、成績不振に陥り、03年阪神タイガースにトレード移籍。その年、下柳の活躍もあって阪神タイガースは18年ぶりのリーグ優勝を実現する。久米宏に「日ハムにいたときの下柳なんてこんな(いい)ピッチャーじゃなかった」と言われる。これには星野元監督も苦笑い。

球界一の阪神ファン?
自ら現役のプロ野球選手でありながら、「中野猛虎会」(タレントのダンカン、松村邦洋らが参加する阪神タイガースを応援する会)に入っていたことがあるほどのトラキチらしい。オールスター出場時、タイガースのキャップをかぶってマウンドに行こうとして止められたエピソードを持つ。現在はそのタイガースのユニフォームを着ているが、あまり球団愛は感じられない。

犬命
無類の犬好き。ブラックのラブラドール・レトリバーのラガーくんと二人暮らし。そう、彼は独身なのだ。そのせいか、去年のバレンタインデーには球団一チョコレートが集まったそう。それはともかく独身でプロ野球選手をしながら犬の世話はかなりたいへん。日ハム時代は遠征するときなど、知人宅にラガーくんを預けていたそうだが、関西に移ってからは「単身赴任」状態が続いていた。
03年オフに取得したFA権を巡って阪神、横浜両球団と交渉した際、球団側からラガーくんへの待遇案が出されたほど。どうやら球団は下柳ではなく、ラガーくんが欲しかった模様(ウソ)。
チャリティを行い収益金を寄付したことで、日本聴導犬協会より感謝状が贈られたことがある。同協会のHPのトップに下柳.com(自分のサイト)のリンクが貼られている。

マウンドの格闘家
今となってはなぜ野球選手になったのか不思議なくらい格闘技好き。高田道場に通い格闘技トレーニングを取り入れている。けがをしたらどうするのかは、とりあえず考えない、のか。
03年オフには『PRIDEスペシャル男祭2003』で親友・桜庭和志のセコンドを務める。
マウンドでもその闘魂が活かされ(??)昨シーズンアテネ帰りの福留【中日】の左人差し指を“粉砕骨折”させる。その後、残りのシーズンを棒に振った福留の契約更改を巡ってのごたごたの根源になっていたとしたら、それはそれで輩なピッチャーである。

酒豪? へべれけ? 不法侵入?
04年オフ、沖縄で自主トレ中、民家の庭先に入ったラガーくんを追って行った下柳はその家の住民に不法侵入で訴えられる。両者の言い分が食い違い、さらに不正確な報道が相俟って泥沼化しつつあったが、その中で当時下柳は酔っていたという一文があった。ところが別のところで彼は相当な酒豪で、酔っぱらったのを見たことがないとの証言もある。これはいったい……。
あ、そうか。一緒に酒を飲む仲なら証言者もよっぱらっているので、下柳が酔っぱらっているのかいないのか、正確な判断ができないだけなのだ、きっと。いかにも酒癖が悪そう。←偏見。

合い言葉は「ノラリクラリ」
立ち上がりが異様に悪いピッチャー。3~4回くらいまでは失点があったり、毎回ランナーを背負ったり。そのくせ4回くらいから突然人が変わったようなピッチングになり、ぴしゃりと抑える…ことも。調子がよいのだか、悪いのだか分かりにくい。相手打者も今日はいける、と思ったら、ミスをしたわけでもないのに決定打が出ないので首を傾げる。「かわされるというか、気がついたら下柳さんのペースだった」(荒木【中日】談)。
降板後はベンチの前列に座ってメガホンで味方を激励する姿がよくTVに映されるが、どんな檄〈ヤジ〉を飛ばしているのかは不明。「川○出さんかい!」「岡○ひっこめえ!」??? (このあたりのお話は昨日4/19、川藤氏が解説の中で敬意をこめてお話されていました。)

本当はシャイ?
03年4月20日以来。何が? 実は下柳が最後にヒーローインタビューを受けたのがこの日である。それ以来、ご指名があっても決してお立ち台には上らず今日にいたる。シャイらしい……。甲子園球場の阪神ファンに気圧されるようだが、このあたりなど桧山選手の爪のあかでも煎じて飲むべきだろう。


アイロンプリント用紙を使って下柳をモチーフにしたトレーナーを作ってみました。洗濯を重ねるとはげたり色落ちしたりでみっともなくなってしまったので、今ではパジャマ代わりにしています。(冒頭の写真)
ここまでするということは、好きなのでしょうね、わたし。でも今イチ自覚がありません。こんな不思議な選手も始めてです。
阪神タイガース公式サイト

naruohamaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。