22

 

2019年7月7日(日)

 

ジャルンクルン通り(別名:ニューロード)の散策。
※ラマ4世統治時(1868年:約150年前)に、西欧人の要請で初めての車道が作られたようです。


BTSサパーンタクシン駅から北上しヤワラート(中華街)へ向かう道は何度か歩きましたが、南西方向の道は未経験。

という事で、全く情報なしのまま、位置関係だけ確認して歩いてきました。

目的地は、ジャルンクルン通りの終点を突っ切り、チャオプラヤー川まで。

 

11:30 BTSサパーンタクシン駅到着、徒歩にて散策開始
12:10 軽食1
13:00 チャオプラヤー川到着
   ※1番、4番バスの起点と分かり、合点が行った家内と共に、歩いた区間をバスで移動
13:30 BTSサパーンタクシン駅到着
13:55 軽食2
14:30 軽食3
   ※歩いたことの無い道を選んだ結果、実はシーロム通り。前回、ハンバーガーを食べた「25DEGREES」・インド寺に行った時の逆方向から辿ることに。
15:25 カフェ
   ※かなり疲労感あり、休憩。曇り空で、散策日和でした。
16:45 BTSサラデーン駅出発
17:10 マッサージ

19:30 夕食 スクンビット・ソイ57「居酒屋 たまご」

 

移動経路: 触ると拡大します。

この日も天候に恵まれ、曇り空で約6.5kmの散策でした。

炎天下だったら、途中でギブアップする距離です(笑)

map

 

BTSサパーンタクシン駅到着

22

 

散策開始です。

22

 

かなりの期間、建築作業がストップしている感じですね。

22

 

チャオプラヤー川沿いに超高層コンドがポツっと建っています。

超高層コンドその1。

22

超高層コンドその2。

22

 

超高層コンドに驚いている所、目の前には突然、人だかりが。

22

 

DIM SUM(点心)屋さんのようです。

22

 

尋常じゃない人の数にドキドキ!!

22

 

即、食べることを決意!

オーダー表に数量を記入して、会計。

22

 

お持ち帰りのオーダーは直ぐに調達出来て、ラッキー!

22

 

少しだけツマミましたが、とても美味しかった~、2人とも満足!!(^ω^)

5品で77THB(約270円)ですのでコスパも最高!

店の前で頂きました。

22

 

入店待ちの老夫婦が、ソレはドレ?美味しい?と興味津々に聞いてきました。
リストの料理名を指差し、ドレも美味しいですよ!と説明。

22

 

肉マン開封
カラシ醤油で食べたくなりました(^ω^)

22

 

22

 

今度は、ゆっくりお店の中で堪能してみます。

お店情報: Tuang Dim Sum(ตวง ติ่มซำ)
場所: ジャルンクルン通りソイ77-79間
電話番号: 089-603-0908, 091-989-6562
営業時間: 7:00~16:00(火曜定休・タイの祝日は休み)
Facebook: こちら

 

参考情報:

【バンコク・行列店】5つ星ホテルの味を超安価で楽しめる飲茶店「Tuang Dim Sum」

→ こちら

行列必至!ジャルンクルン通りの点心専門店【Tuang Dim Sum】はおすすめ!待つ価値あり!

→ こちら

 

 

散策を開始。

超高層コンドその3。

22

 

右手にASIATIQUE、昼間も開いているんですね。

22

 

ジャルンクルン通りはこんな感じで人通りの少ない所と、学校・商店が多く人通りのある所がありました。

22

 

ジャルンクルン通りの終点にあった説明文。

22

 

目的地は、この先。

22

 

約1時間半で到着した今日の目的地。

特に感動なし(苦笑)

22

 

1番、4番バスの起点と分かり、合点が行った家内と共に、歩いた区間をバスで移動。

22

 

1番バス。

22

 

床は木製、エアコンなし。

22

 

22

 

運賃は8THB(約28円)。

22

 

バス車中から先程のDIM SUM(点心)屋さんを撮影。

22

 

30分程で、BTSサパーンタクシン駅到着。

近くのフカヒレ屋さん「タイトン ไต๋ตง หูฉลาม เลิศรส บางรัก」に入店。

22

 

22

 

やっとキンキンに冷えたビールにありつけました。

22

 

フカヒレ・スープは、1番小さいサイズで500THB(約1,760円)で、一般的ですね。
たまに、食べたくなります(^ω^)

22

 

 

22

 

22

 

22

 

明朗会計です。

22

 

最後は麺類で〆。

22

 

バミー・トムヤム。
具沢山で美味しかったのですが、50THB(約176円)と安くビックリ(^ω^)

22

 

22

 

猫にムーピンをあげる、優しいおばさま。

家内も別の猫のために購入しましたが、さっきまでいた猫は見当たらず、セブンイレブン前で掃除しているおばさまに食べてもらいました。

22

 

この後、歩いたことの無い道を選んだ結果、実はシーロム通り。

前回、ハンバーガーを食べた「25DEGREES」・インド寺に行った時の逆方向から辿ることに。

美味ハン⑦ シーロム通り「25 DEGREES」

 

前回行ったインド寺に逆の方向から到着。

22

 

マハナコーンを障害物無しでクリアに撮影。

22

 

どこにでもありそうですが、貴重な存在。

22

 

結構、疲れたのでエアコン有りのカフェは最高!(^ω^)

22

 

疲労をリセット。

22

 

マッサージを終え、スクンビット57「居酒屋 たまご」にて。

2人でたまごに来るのは久し振り。

22

 

22

 

 

22

 

グリーンサラダのボリュームにビックリしました(笑)

22

 

22

 

 

21時に帰宅し、10時間のトリップ終了。

 

やはり、今回の散策の収穫は、DIM SUM(点心)屋さん「Tuang Dim Sum(ตวง ติ่มซำ)」の存在を知った事ですね。

 

店先で、人だかりの中、お店の情報を検索し、「香港生まれのシェフ」「数多くの5つ星ホテルを渡り歩いてきた人物」という言葉が飛び込んで気持ちは昂るばかり(笑)

今度は、テーブルに座ってゆっくり味わってみます。

 

「Tuang Dim Sum(ตวง ติ่มซำ)」紹介動画

 

2019年7月6日(土)

 

第38回タイ高専校友会が開催されました。
高専機構本部、東京航空高専、長野高専(2名)、豊田高専、金沢高専、米子高専の7名が参加。
 
会場は、トンロー・ソイ18-20間「和風中華居酒屋 TAKAKI」 → お店情報
慣れ親しんだ和風中華が嬉しいお店です。
ピリッと辛い料理が美味しいですね!
 
今回は、ゴルフ・ドタキャンのネタは続きませんでしたが、二十代の若手も新メンバーで入り、平均年齢が下がりました(^ω^)
22

 

22

 

麻婆豆腐は外せない。

22

 

焼酎は2本空きました。

お腹をガードすれば、撮影OK(笑)

22

 

22

 

濃厚汁なし担々麺(ミニ)で〆

22

 

不良外人エリアへ移動し、ダーツ&カラオケ。

22

 

最後の〆は「ネギ鶏そば」。

22

 

2019年6月23日(日)

 

前回、雨に降られ中断した続きです。

 

ラタナコーシン島・外周(パドゥンクルンカセーム運河沿い)

バンコク散策 ラタナコーシン島・外周①
バンコク散策 ラタナコーシン島・外周②

 

昨年、散策したラタナコーシン島(ロープクルン運河沿い)。

バンコク散策 ラタナコーシン島①
バンコク散策 ラタナコーシン島②

 

 

スクンビットからバスで前回寄ったカフェ「Craft melt Lab」前まで移動。

22

 

散策開始です。

 

ボーベー市場を通ります。

22

 

屋台で売られているパイナップルには、蜂が一杯で甘そう~!!

22

 

途中、暑くてセブンイレブン休憩でアイスクリームを調達。

22

 

ボクはジャイアントコーンのミニサイズ、これで15THB。

(心の中では、高っ!!!)

22

 

ボーベー市場を通り過ぎ、左手にあるのがバンコクで1番古い市場(水上マーケット以外)と言われるナンルーン市場です。

行き当たりバッタリの散策、たまたま来た市場が、そんな古い市場と知ったのは着席後でした。

家内が空腹のため倒れそう、と急遽左折してくれたお陰で、この市場の存在に気付きました、グッジョブ!(笑)

22

 

休日は静かですが、平日は賑やかそうな市場です。

市場の食べ物が揃っているエリアは、ワクワクしますね(^ω^)

22

 

家内の好きな1品、オーダーして2分で出来上がり。

22

 

22

 

家内の味付けが良い!
辛くて、酸っぱい、良いお味でした(^ω^)

22

 

ボクはガパオ。

22

 

ナンルーン市場近辺の地図。

22

 

参考情報:

創業1900年 バンコクでもっとも古い市場「ナンルーン市場」を食べ歩く

 

 

腹も満たされ、散策継続と思ったら、エアコン完備のカフェ「Buddha & Pals」に吸い込まれる。

22

 

暑い中を散策していて、こういうお店があると救われる(^ω^)

22

 

JAZZが流れ、ストローは紙製。

22

 

散策再開。

 

お寺の前に飾ってある飾り物は精巧。

散策途中にお寺・学校が多く見られ、家内の子供の頃の話しとか歌を思い出し歌ったりと暑い中ですが楽しい散策タイムとなりました。

22

 

犬は賢い。
涼しい所をよく知っています(^ω^)

22

 

右を向いて、まっすぐ行けば、ラマ5世騎馬像。

22

 

揚げピーナッツを調達。

22

 

横で揚げています(^ω^)

22

 

お坊さんは歩くのが早かった。

22

 

ゴールは、ここフェリー乗り場の「THEWES  PIER」です。

22

 

魚の餌やりが盛ん。

22

 

船が到着し、BTSサパーンタクシン駅に向かいます。

22

 

船賃は15THB。バスと同じような感じですね。

22

 

船内は満席、遠目にワットアルーンを見付けると、嬉しくなり毎回撮影してしまいます。

22

 

目の前に来たら、どうしても撮影してしまう(^ω^)

22

 

アイコン・サイアム、この対岸から先週、出発しました。

ラタナコーシン島・外周をコンプリートした気分に浸かりました(笑)

22

 

サパーンタクシン駅ホーム。

22

 

帰宅し、タイ料理をデリバリー。

本当はビア・タワーもデリバリーして欲しいところを我慢(笑)
相変わらず、満足度が高いです。

 

どこのお店からデリバリーしたか分かる方は、かなりのバンコク通 or naree通ですね。

22

 

今回は暑い中散策して、2,3回セブンイレブンの店内に入り、涼みました。

大抵は、アイス・水等を購入していますが、何も買わなくても後ろめたくなる必要がないようです。

 

タイ・セブンイレブンは、暑いときは無理せずにエアコンが効いた店内で休んでください、と公に案内しているとの事です。

こういった話を聞くと心が癒されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年6月16日(

 

昨年、散策したラタナコーシン島(ロープクルン運河沿い)。

バンコク散策 ラタナコーシン島①
バンコク散策 ラタナコーシン島②

 

今回は、その外周のパドゥンクルンカセーム運河沿いを散策してきました。

01

 

散策スタート地点の地図を見ていると、「日本料理 花屋」の文字を見付けました。

02

 

「花屋」といえば、トンローにも20年前くらいに支店があった老舗と記憶しています。

行ったことが無かったので、場所を知りませんでしたが、是非寄りたいと思い、散策前の昼食にしました。

 

タクシーで行きましたが、スラウォン通りから行けばスムーズです。

03

 

30分ほどでタクシーは到着、繁華街の中にある訳ではなく、庶民エリアに位置。

22

 

ここから入っていきました。

22

 

この写真では伝わらないですが、膨大な駐車場があり、他にもどこかのお店と共同で使っているのかなと考えながら通過。

22

 

お店の中に入ってビックリ!!

12時過ぎに到着して驚いたのは、待ち客が出ているほど繁盛している様子でした。
(1階:11テーブル+寿司カウンター、個室:?部屋、2階:不明)

22

 

25分待っている間、メニューから料理を選ぶのが大変、迷っちゃう(笑)

日替り定食は、とてもリーズナブルですが、平日のみとの事でした。

確かに、毎日facebookで情報を発信されています。旨そっ!!

22

 

大きなメニューの裏面一面には、創業80年の歴史の一部が掲載されています。

22

 

2人で4品オーダー。

22

 

親子丼は、玉子がトロットロ。

22

 

他の定食にも惹かれましたが、オーダーは下記。
家内:たまご丼、ポテトサラダ、ボク:親子丼、冷し中華
会計:572THB(約1,990円)
美味しくて、安くて、満足です(^ω^)

22

 

 

ボクも「きーきあっ」さん同様に【勝手に寂れた感じを想像】していました!!

「タイで一番の老舗日本食レストラン!?シープラヤー通りの【花屋】へ行ってきた!」

 

がっ、タイ人の富裕層の方々から大きな信頼を勝ち得ていました。

 

 

満腹となり、散策開始です。

ますは、チョオプラヤー川に面しているディナークルーズ発着地点の「RIVER CITY」へ。

 

斜め対面には、アイコンサイアムが見えますが、ここを出発点とします。

22

 

ジャルンクルン通りに出て、直ぐ市場に入り、横道からパドゥンクルンカセーム運河(คลองผดุงกรุงเกษม)に出ます。

22

 

右にホアランポーン駅を通過しながら運河沿いに散策。

22

 

と、降雨のため雨宿り。

バイク運転の方々も緊急避難。

22

 

大分、収まってきたので再出発する親子を見送り、自分たちも出発。

22

 

少し歩きだしたところで、また雨が降ってくる。

再び雨足が強くなりカフェ「Craft melt Lab」があり、小休止。

22

 

22

 

雨は止まず、帰路の選択をしてバス停に到着。

帰りは何も急いでないため、バス乗車。
渋滞していても、ゆったり構えてノーストレス(^ω^)

22

 

22

 

エアコンバスで16THB。

22

 

 

Emquatier前で降車し、5階の「MK LIVE」へ。

22

 

スープを選びますが、我が家はトムヤム味に首ったけなので、スープは1種のみ(通常、2種類選べます)。

22

 

豚しゃぶをオーダー。

22

 

緑色の麺は、定番メニューで食べていますが、改めて何故緑色かと家内に聞いてみると「バイトゥーイ」が入っているようです。

22

 

やっぱり、旨いな~(^ω^)

22

 

次回は、この続きから。。

 

散策経路は、こちらです。

04

 

 

ラタナコーシン島・外周(パドゥンクルンカセーム運河沿い)

バンコク散策 ラタナコーシン島・外周①
バンコク散策 ラタナコーシン島・外周②

 

 

2019年6月15日(土)

 

家内のワンデイトリップ計画に連れて行ってもらいました。

 

最近よく行くサムット・ソンクラーン県の手前でいつも通過していたサムット・サコーン県です。

 

 

 

 

第1目的地

バンコクから南西、車で一時間の市場「タラートナーム・リムクローン・パンターイ・ノラシン」(←長い名前)にやって来ました。

22

 

水上に位置するフードコート・エリアに吸い込まれる。

22

 

お腹空いてないのに、頼んでしまう(^ω^)

22

 

クイッティオは美味しい。

22

 

オースワン・タレーはイマイチ。

皆さん、オーダーしているので美味しいかと思ったら、期待外れ。

こんなこともありますね。

22

 

■第2目的地

隣接するパンターイ・ノラシン祠(ศาลพันท้ายนรสิงห์ : Phanthai Norasing Shrine)へ橋を渡って向かいます。

22

 

闘鶏を一緒に祀っているいる所が多いですね。

22

 

こちらは死刑を執行した道具が飾られています。

22

 

竜船(王様の乗る船)と思われる展示物。

22

 

説明してくれる学生に、質問する家内。

22

 

パンターイ・ノラシン祠

22

 

パンターイ・ノラシン像、手に持っているのは、船を漕ぐ櫂(かい)と後でネット検索で分かりました。

22

 

パンターイ・ノラシンは、アユタヤ王朝時代の人物。
スア王の乗る竜船(王様の乗る船)を操船する責任者だったようです。
竜船の舳先を折ってしまい、当時の法では斬首刑。
スア王はためらったが、本人が自ら刑に服すと申し出て刑を執行。
その出来事が、この地で起きたようです。
 
説明の上手い方の情報はこちら。

 

 

■第3目的地

パンターイ・ノラシン祠を後にして向かったのは、海沿いの赤い橋(สะพานแดง)。

イルカ、渡り鳥も見られるスポットのようですが、橋は老朽化していて少し危険を感じました。

自分の身は自分で守りましょう(苦笑)

動画はこちら → 動画

22

 

■第4目的地

海沿いのシーフード料理「ラーン・ジェーン・クルアサーイ・タレー(ร้านเจ๋ง ครัวชายทะเล)」にて。

22

 

海上に見えるのは!!

22

 

お寺~~~。

22

 

初めてのお店はドキドキしましたが、新鮮な料理に舌鼓!

プラトゥーのナンプラー揚げは、かぶり付き頭から尻尾まで頂きます。

22

 

最近、剥いてくれたカニばかり食べていましたが、今日は自力。
会話無しで、食べるのに夢中になれました(^ω^)
プーマー(渡りカニ)1kgの金額は、500THB(約1,740円)とお値打ちです!

22

 

(山陰でいう)赤貝は、家内もボクも好物。

22

 

この3品と卵チャーハン、ビール大瓶・水を各1本で1,065THBは、コスパ高いですね。

22

 

お店の犬が寛いでいると癒されます。

22

 

食後はお店のボートで海上のお寺に向かいます。

船賃: 無料

22

 

徐々に近づくと気持ちが昂ります。

22

 

近くまで来ましたが、少し波が荒れているため、上がることは出来ませんでした。

残念。

22

 

一周してくれて、反対側からも拝めました。

お寺の名前は、「プラクランナム(ศาลาพระกลางน้ำ : phra-klang-nam)」。

22

 

海沿いのシーフード料理「ラーン・ジェーン・クルアサーイ・タレー(ร้านเจ๋ง ครัวชายทะเล)」は、非常に満足度が高く、リピート決定です!!!

 

■第5目的地

家内の計画はここまでだったので、塩田の収穫している所を見たい、とリクエスト。

探してもらい、訪れたのは「バーン・カロン(บ้านกาหลง:BAN KALONG)」。

22

 

残念ながら、収穫していなかったので、倉庫の塩を撮影。(地味

22

 

この器具が動いている所を見てみたい。

22

 

すぐそばに駅があるので、運搬が楽そうです。

22

 

帰宅して晩酌。
地元、鳥取の日本酒とツマミ。
らっきょうは、鳥取砂丘産(^ω^)

22

 

海沿いのシーフード料理「ラーン・ジェーン・クルアサーイ・タレー(ร้านเจ๋ง ครัวชายทะเล)」の紹介動画。

ボクが行った時は、海からの風が心地好く、気温が高くても問題なしでした。

この動画の時も、気持ちの良い風だったようです。