なおそうやのブログ

なおそうやのブログ

使い捨ての時代に逆行し
 「買わない」「捨てない」「諦めない」をテーマに
展開するエコロジカルなブログ

NEW !
テーマ:

180系トヨタハイラックスサーフ 1KZディーゼルターボ

もう何をかいわんや、日本の四駆ブームの中心的存在でしたね。

この頃のハイラックスサーフは、手ごろなボディサイズで

日本の道路事情にピッタリの人気車種でした。

ゴツい四駆をスマートに乗りこなすのが

当時の若者のトレンド(死語?)でありましたな。

 

さて本題・・・大切に乗ってきたサーフですが

突然の大失調、エンジン始動不可能に陥ったそうです。

いつもお世話になっているショップ様からの要請で

おそらくECUの故障ではないかとの見当です。

お手元で蓋を開けてみると、電解コンデンサの周りに

イケナイ染みが見られるとのこと・・・

 

大体の予測はついていますが

電解コンデンサからの液漏れは、一刻も早くその汚損を止めて

正しい処置を行うことが大切だと伝えます。

 

いつも例えますが「タチの悪い虫歯」のようなものです。
放っておくと、処置ができなくなる場合もあり得ますから。
 

届きましたECU。

早速蓋を外して、内部を確認。

 

↓画像は、液体をぶちまけたコンデンサを取り外して撮影したものです。

 重症箇所は2つ・・・

正直・・・「これはマズいな」と思いました。

コンデンサからの電解液(強アルカリ)が漏れ出してから時間が経ちすぎてる。

思いのほか汚損が拡がっていたのでした。

 

徹底的にやるか、ここで諦めるか・・・

 

いずれにしても、汚損部分を取り除いて

「被害状況」を把握する必要があります。

 

ショップ様に、状況の説明を兼ねて修復プランを伝えます。

 

「任せる」

 

全幅の信頼をもってそう言って下さる、ありがたい事です。

もう徹底的にやる気になりました。

 

 

イケナイ染みをすべて取り除きます。

ナイフやニードル、削り系の道具を総動員して腐食した部分を完全に

取り去ります。

これを怠ると、また腐食が進んでいってしまいます。

画像では、ピカピカの銅箔に見えますが

実際には・・・もう「ペラペラ」おまけに一部のパターンは消失してしまって

難工事が予想されますが、負けませんよ。

 

 

 

マイクロプロセッサ廻りのパターンは腐食がひどくて断線

かろうじて、元のパターンが残ってしましたので救われました。

ペラペラの銅箔にいくら半田付けしたところで

高周波の行き交うプロセッサ廻りは絶対に復元しませんので

そうそうに見切りを付けて、ジャンパ線でやり直しです。

 

「スルーホールピン」といって、基盤反対側へ接続しているピンを

削り取っています。ドリルは0.5㎜ ジャンパ線は0.3mmです。

ドリルが曲がって、変なところに突き抜けたらアウト

もちろん、力んでドリルを折ってしまってもアウト

 

 

 

反対側パターンのど真ん中へ貫通

ここへ0.3mmのジャンパ線を接続します。

 

 

 

ジャンパ線で無事に開通しましたの図

修復を続けます・・・

 

 

 

腐食してペラペラになった「ベタ」パターン部分。

新たに銅箔を再建して行きます。

設計者はどうしてこのパターンとしたのか?

それを理解しながら修復をしなければなりません。

アース(グランド)レベル、ノイズ対策・・・

ただ電気的に接続されていれば良いというものではありません。

 

 

 

 

・・・いいですね。

 

 

もう一方の重症箇所

こちらもペラペラになっております。

 

 

 

再建中

 

 

 

ハンダで、元のパターンと一体化させます。

 

 

 

 

部品実装完了

この後、防湿コーティングをして銅箔の酸化を防止します。

 

 

 

すべての部品を再実装して、作業は完了しました。

難工事の連続ではありましたが
その反面「直している手ごたえ」を感じさせる案件でもありました。
 
電子制御初期のユニットから
現代のフルデジタルユニットまで対応をしているのですが
この時代のECUの修復は、やりがいのある・・・
言い換えれば Fun to Drive ならぬ 「Fun to repair 」かな?
 
よっしゃ!ECUよ、あと10年頑張ってくれ!
いやもっと頑張ってくれ!
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス