happy nanoblock

happy nanoblock

ナノブロックやオモチャの話など、趣味のブログです。

仕事の締め切りに追われ、

思いついたアワード用の作品を仕上げていたら

また空いてしまいました…続きます。

 

 

シャッターを作りたいのですが、

とりあえず土台が決まらないと進みません。。。

 

まめナノサイズのMIZUの二人を立たせて位置とバランスの確認です。

ところで、商店街の店の前になぜ水道が有るんだろう?

そんなことも思いつつ、MIZUの「水色」の動画をひたすら観ます。

ゆずもTSUTAYAで借りて来ます。(←買えよ)

 

「商店街」がわかるように、何軒かお店を並べようとも思いましたが、

ここはやはり「2プレート内で」と、切り取って如何に詰め込むか考えます。

なので、忠実に再現しようとは思っていません。

結構アレンジしています。(つづく…不定期に)

 

設計図というか…イメージラフ(落書き)

 

「シャッターを作りたい」というところからスタートして、

最初はMIZU側だけ考えていたけど、裏面をゆずにしよう→ゆず側を光らせよう→じゃあ、LEDプレート2つ必要か→MIZU側も合わせて底上げしよう→どうせ底上げするなら水道水が流れていくところの網目の部分(グレーチングというらしいです)を埋め込もう…と、だんだんと決まっていきました。

 

ほぼ完成イメージに近いけど、両面構成にしたためにプレート2枚分のスペースが思った以上に狭く、

観覧車を移動させたり、予定どおりにいかないこともチラホラと。。。

土台の基礎が決まるまでは結構試行錯誤しました。。。





先に今回展示した完成品です。

 


 

こんな感じで展示させてもらいました。
(1Fのど真ん中。。。)

オモテ面がMIZU、ウラ面がゆず
という構成です。




『ゆず特別企画展』にナノブロックで参加しました。

事後報告ですが。。。

(TwitterやInstagramがメインになって最近はブログの存在を忘れていました…)

 

内容は

 

YUZU × Shibuya Pixel Art Reboot
"YUZUTOWN Special Exhibition"

会期    2021年9月15日(水)〜30日(木) 10:00 - 19:00

会場    elephant STUDIO(東京都渋谷区渋谷 2-7-4 1,2F)

入場料   1,650 円(税込)

出展者:
eBoy、EXCALIBUR、m7kenji、岡田舜、奥田栄希、くつわ、栗田穣崇、sanaenvy、 重田佑介、渋谷員子、じゃがいも、zerotaro、Zennyan、ta2nb、沼田侑香、服部グラフィクス、バウエルジゼル愛華、BAN8KU、hin、ヘルミッペ、mae、増田敏也、YACOYON、 ヤマ ( 五十音順 ) *全 24 名

 

でした。

錚々たる顔ぶれで正直 気が引けましたが…せっかくのお誘いなので参加させてもらいました。

それぞれゆずの曲を1曲選んで制作。僕は以前作ってTwitterでも載せた「MIZU」の『水色』にしました。(ご存知でない方はYoutubeでチェックしてください)

 

最初は「YUZUTOWN」のライブ会場のセット全景を… なんて発注もありましたが時間もありませんし、自分がnanoblockに感じている面白味とも違うので、申し訳無いのですがお断りしました。

じゃあ、作るならプレート(8cm×8cm)で言うと何枚分か?

小ささが際立つサイズでどこまでできるか…

ということで、プレート4枚分で作ろう と決めたのでした。

何を作るかの前に「サイズ感」重要。

 

今回「ゆず」のファンですか?と問われれば、

普段はわりとやかましい曲を好んで聴いている自分としては

調子良く「ファンです!」とは言えません。参加している人の中でもいろんな嗜好があるので様々だと思います。
それでもゆずとなると、何かしら曲を知っていて、

何かしら人生のどこかでゆずの楽曲が身体に染み込んでいたり、

曲に合わせてその時代を思い出したりすることが

作家さん達と話していてわかりました。これってすごいことですね。

改めて国民的アーティストなんだと気付かされます。


プレート4枚と比較のMIZUと五百円玉。
この時点では「…やっぱりこの小ささではショボくなるかな…」と、若干の迷いが。。。

(続きます)

晴れ。


午後から休憩がてら買い物だ。


いや、家でアマプラもいいな。

 

のんびりと先日購入したキットを組むか…。

 

 

カプチーノ片手にあれこれ考えるが、


結局、休暇中ブロックの整理で終わってしまうのだった。。。

 

 
 

 
 
 

 


ごかラキューけいがてらかいもの
イヤ、家でアマプラモいい

んびりと先日購ニューしたキットを組むか…。

 

プチーノ片手にあれこれ考えるが、
結局、休暇チューブロックの整理で終わってしまうのだった。。。
 
 (LEGOブロック、LaQ、ダイヤブロック、プラモブロック、ナノブロック、ニューブロック、プチブロック、チューブロック) 

 

 

 

 
 
…はい、優雅にカプチーノなんて飲んでません。

休日も仕事してます。

別に「ブロック玩具、共存して行こうぜ!」とも思っていません。

「いろいろ有るね」ぐらいのものです。

 

かなり久々のブログです。

イベントにも参加したのにブログで告知すらしていないな… と。。。

せっかく頑張って作ったので載せて行こう!
鉛のように重い腰をよっこらせと持ち上げて、

記事を書こうと思ったら駄文です。。。

 

ボチボチ載せて行きます〜

nanoblock AWARD 2020

LIKEボタンによる一般投票が終わりました。
改めまして、皆さまお疲れ様でした!

公式のアナウンスによると結果発表は2021年1月15日を予定だそうです。

予定日を言うだなんてですね。
毎回参加者は「いつ発表なんだ…」とヤキモキしながら待っていましたが、

今回はしっかり予告するという…
当たり前と言ったら当たり前の話なんですけど、結構驚きです。
 

特別審査員も紹介されていました。

 

 

毎回審査員が変わるのは良いですね。

「誰に審査してもらいたいか?」なんてことをたまにビルダーさんと話したりします。
その年にナノブロックとコラボした人や企業はひょっとしたら審査員になるかも…なんて
予想を立てたりもしますが、今年は全くの予想外でした。
どういった視点で審査して頂けるのかわかりませんが、何か刺さってくれないかなーと願いつつ、発表を待ちたいと思います。


とりあえず、ナノブロック以外のブロックが使用された作品が選ばれることの無いよう、メーカーのカワダさんにはしっかり見てもらいたいですね。
もし選ばれてしまったら、SNSで炎上しそうな…予感。
何卒よろしくお願いします!

『nanoblock AWARD 2020』の一般投票の締切が
明日12/22の23:59までです。

nanoblock-award.com/story/11750

イイな♪と思ったら「LIKE」ボタンをポチッと押してもらえると皆よろこびます。

 

公式の発表によると「部門別応募数」は以下のとおり。

 

Under 200: 236

 

No Limit: 187

 

Rearrange: 169

 

Photo: 74

合計666作品ですよ!
何かが召喚されそうですねガーン




1つ1つ見るのも大変だと思いますが、

いろいろな人のいろいろなアイデアが形となっておりますので

ぜひぜひのぞいてみてもらえると嬉しいです。
なかなか奥深い世界で楽しいですよー



自分の応募作のまとめ
 

 

Under 200pcs部門『お線香』

アワード最後に出したのはこちら。終了〜、チーン。

スカイツリーのキットに入っているライトグレーの斜めのブロックをお線香の灰に見立てました。

こういうのは「お線香の長さ」も「落ちた灰の数」もいくつでないといけないというのが無いので調整が利きます。ピッタリ200ピースに収まりました。
 

火を使わない「ナノブロックお線香」、
出来れば土に還るような素材だと面白いかも。



両親の写真の前に置いてみました。

笑ってくれる気がするんだけど…どうだろう?


Under 200pcs部門『コンビニおにぎりとお茶』です。
 

「おにぎり(NBC_230)」は既に商品としてミニコレで出ていますが、

それにサイズ感を合わせて「コンビニで売っているおにぎり」を作りました。
(「ツナ」と「さけ」をイメージ)

お茶と合わせて200ピース以内(199pcs)に収めましたが…
ちょっとお茶が小さいですね。。。四角いパックのお茶の方が良かったかも…

でもクリアとクリアイエローでボトルが作りたかったんです。

今回は個人的にわりと「ドット絵」を組み込んだものが多かったかもしれません。
ドッターの人と会う機会が多かったので影響を受けているのかも???
ドッターの人って凄いですよね。
良い刺激をもらっています。