この本は本当に泣けます…(T-T).泣ける本レビュー
こんにちは。
泣ける本ナビゲーターの奥田と申します。

当、【泣ける本レビュー】ブログに起こしいただきましてありがとうございます。

このブログでは、人生の糧になるような素晴らしい本をご紹介しています。
その素晴らしい本の中でも特に厳選して、『泣ける本』をピックアップしています。

読めば大きく感情が揺さぶられ、大きな気付きを与えてもらえます。

ぜひ、手に取り、いっぱい涙を流してください。
(※読んでブログに一言コメントをいただければうれしいです。今後読む人の参考になりますので。)


●このブログでご紹介する『泣ける本』は5段階評価をしています。
評価基準についてはこちらをご覧ください。

『泣ける本』の評価基準について  


●あなたのオススメする『泣ける本』を教えてください。

コメント募集!あなたのお勧めする泣ける本を教えてください!  


●メルマガを発行しています。素晴らしい本との出会いを提供します。

『読んで本当に良かった一冊との出会い』  
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2014-06-07 11:03:04

1/4の奇跡 / 山元 加津子 ★★★☆☆

テーマ:ノンフィクション
●1/4の奇跡 / 山元 加津子 ★★★☆☆


こんにちは。泣ける本ナビゲーターの奥田です。


一年以上ぶりの更新です。


今回、ご紹介する本は、
『1/4の奇跡 / 山元 加津子 / マキノ出版ムック』です。

特別支援学校(旧養護学校)の「かっこちゃん」こと山元先生が、生徒とのふれあいの中で気づいた本当に大切なことを教えてくれます。


【泣ける度】
★★★☆☆


【ジャンル】
ノンフィクション


【概要】
特別支援学校の山元先生が、一般的に社会的弱者と思われている障害を持つ人たち、先天的な病気を患っている人たちとのふれあいの中から、実体験から学んだ大切なことが綴られています。

自分の生きる意味、人としての役割、人間関係の大切さをを学ぶことができます。


【泣けるポイント】
私は自分ひとりで生きてきたという感覚を持っていましたが、それは間違いで、周りの人に生かされていることを知りました。




↓amazonの評価
★4.2点、レビュー数27件

2013-02-09 10:02:13

永遠の仔 (1~5巻)/ 天童 荒太 ★★☆☆☆

テーマ:小説
●永遠の仔 (1~5巻)/ 天童 荒太 ★★☆☆☆


こんにちは。泣ける本ナビゲーターの奥田です。


今回、ご紹介する本は、
『永遠の仔 / 天童 荒太 / 幻冬舎文庫』です。

1巻から5巻まである大作ですが一気に読めました。

子を持つ親にはぜひ読んでおいていただきたい本です。


【泣ける度】
★★☆☆☆


【ジャンル】
小説


【概要】
虐待を受け、心に傷を負った3人の主人公の話です。

自分が生きる事の意味、存在してよいのかどうかを問いながら、必死に生きる中、ある事件をきっかけに、3人の秘密が、徐々に明らかになっていきます。


【泣けるポイント】
愛されること、そして自分の存在を認めてもらえること強く望むなか、その想いが形になるシーンで涙がこぼれました。


↓amazonの評価
★4.5点、レビュー数30件

↑クリックするとアマゾンの商品ページにジャンプします。
2012-09-06 10:22:53

火焔(かえん) 北の燿星アテルイ (上・下巻)/ 高橋 克彦 ★★★★★

テーマ:小説
●火焔(かえん) 北の燿星アテルイ (上・下巻)/ 高橋 克彦 ★★★★★


こんにちは。泣ける本ナビゲーターの奥田です。


今回、ご紹介する本は、
『火焔(かえん)  北の燿星アテルイ / 高橋 克彦/ 講談社』です。

久々の★5つの作品となりました。上・下巻の大作ですが一気に読めました。


【泣ける度】
★★★★★


【ジャンル】
小説


【概要】
蝦夷(えみし)のリーダーであるアテルイの一生が描かれています。

大切な故郷、そして民を守るため、強大な力を持つ大和朝廷と戦い続けます。

誰もが聞いたことのある坂上田村麻呂が宿敵となって登場します。


【泣けるポイント】
仲間との深い絆、守るべき者たちへの深い想い・・・作品中、何度も涙がこぼれました。


【その他】
2013年にNHKのBSでテレビドラマ化されます。主演は大沢たかおさん。1月にBSプレミアムで、3月に総合で放送される予定です。

原作を読んで、必ず見たいと思いました。


↓amazonの評価
★4.3点、レビュー数30件



↑クリックするとアマゾンの商品ページにジャンプします。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス