TALEX偏光レンズ実釣インプレ | 【Real.アジング~真実へ~】第4章

【Real.アジング~真実へ~】第4章

人間は俺も含め、自分の都合の良い【解釈】をしたがる生き物である。

ただ、それは【真実】ではない。

このブログは正しく【解釈】してアジングの【真実】を伝えていきたい。


テーマ:


海猿の【アジングの向こう側】






ようやく太陽の下で実戦投入!のタレックスの偏光レンズ



先ず、今回のレンズは度入りで仕事や普段の仕事で使っている眼鏡の左のレンズのみ度数を変更。


これは【眼鏡のスエナガ 】さんのショップで詳しく視力検査した結果


『左眼の乱視を考慮して』という事で普段の生活で使っている見え方とは違うものにしました。



結果



眼鏡~偏光に変えて30分間位は見え方に違和感があったのだが、30分もすれば全く違和感は無くなり・・・


逆に眼鏡に戻すと違和感・・・・



やっぱ今の眼鏡が合っていない事を実感しました。




使用感



●フィット感


入念にフィッティング調整をして下さったのでキツ過ぎず、ユル過ぎずテトラを飛び回ったりハードな動きをしても殆んどズレる事は無い感じでOK!






●見え方


カラーはイーズグリーン


実際に使ってみるまでは『もう少し濃い方がいいのかな?』と思ってましたが・・・



眩しさは全く感じることなく、そして何よりも水の中のストラクチャーやベイトが良く見える!



濃いレンズで有りがちな



【実際の見え方との相違を眼鏡をずらして裸眼確認】


こんな動作は皆無




自然な感じなのに見える!って感じです。



チョッと比較にはならないですが、カメラを通して比べてみたら・・・









海猿の【アジングの向こう側】 海猿の【アジングの向こう側】


































左がレンズ無し、右がタレックス・イーズグリーン。


解り難いですが実際に使用するともっと違いが解ります


今回は掛けっぱなしで家まで帰りましたが違和感が無いので掛け替えるの忘れるくらいです。



目の疲れも半減?した感じでOKでしょう。





レンズを複数持って、釣りに合わせてプロショップでレンズの入れ替え


そんな使い方も有りだと思います!偏光サングラスを作ろう!と考えている方!タレックスのプロショップでお話しだけでもしてみてはいかがでしょう?認識が変わると思います。









海猿さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス