【Real.アジング~真実へ~】第4章

【Real.アジング~真実へ~】第4章

人間は俺も含め、自分の都合の良い【解釈】をしたがる生き物である。

ただ、それは【真実】ではない。

このブログは正しく【解釈】してアジングの【真実】を伝えていきたい。




DSC_0203.jpg



IMG_20150904_204506114.jpg







真実へ


welcome!


ちょっと・・・


へこむかもね・・・








テーマ:

相変わらず更新頻度が上がりませんが…

毎週欠かさず【アジング】には行ってる海猿です。

毎年、アジの回遊頻度や濃さは変わるけど、今年は【当り年】の匂いがプンプンするね。








これからの時期、美味しく頂くならば【潮氷】は必須。

持ち帰って内臓臭が気になる方は…

アジを〆て血抜きをしたらギンギンに冷えた海水➕氷のクーラーへ!




干物も時期的にそろそろ限界

扇風機を使用して短時間で乾燥させたいね。



アジの干物、メバルの干物をまんま燻製

これは絶品です!


ちょっと前?

いや、かなり前にバンビーと録った【メバルの曲芸動画】



海面より上(空中)のワームに果敢にアタックしてくるメバル!

リアルな生態を観賞してみて下さい!




テーマ:

どうも!

超久しぶりの【考察】

今回のテーマは…

【ワームセレクトの要件】

アジング初心者~中級者~かなりの上級者まで
、ワームセレクト(ワームの選び方)の考え方は人それぞれさまざまである。


ワームセレクト(選び方)に限らず、自然相手の釣りにおいて、釣行に於ける【釣果】や【経験】を正しく【判断】、【解釈】するというのは極めて難しく、真実とはかけ離れた解釈をしているアングラーも少なくない。

とはいえ、【釣り】という趣味において【真実】を追究する必要はないかもしれない。

楽しむことが趣味である。









がしかし!(笑)

このブログは【真実】を求めていくブログ

その人それぞれ違った視点、認識、思い込みを含め、これまでの自分が得た経験を冷静に解釈した上で自分の【真実の考察】ブログである。

過去にも似たような記事があるが今一度、解りやすく伝えたいので記事にしてみた。



さて…
先ずは…

何故?ワームの種類やカラーを変えるのか?

これについて考えてみる。

アングラーで1番多いのが…

●魚の反応が変わるから

こう考えているアングラーは多い。

その日の魚の活性、明度や、濁度、ベイトの種類等々、状況によってアジが反応する形状やカラーが存在するというのが一般的な考え方だ。

しかし、残念ながら自分のこれまでのアジングにおいて一般的に考えられているようなワームの形状やカラーによる【魚の反応の違い】これを感じたことは殆どない。

自分がこれまで数多くのエリアや季節、水深や地形、アジのサイズ等、さまざまな状況でアジングを経験した結果の【解釈】がこの答え。

前置きが長くなったので本題に入ろう。

ワームセレクトの考え方

① アプローチ

② 釣り方

③ フッキング率

④ アピール力

⑤ たまに耐久性(笑)

以上がclass俺の考えるワームセレクトの用件である。

そこに【魚の反応の良し悪し】は④しか含まれない(笑)

その中で1番に重要視しているのが、①のアプローチ。次いで②となる。

どういうことかというと…

アジの目の前に如何にしてワームを届けるか?
    
これを第1に考えてワームセレクトをしている。





⬆現在、海猿が使用しているワーム

手前から

◎尺アジスワンプ(グローオキアミ)

◎ウェーブテイルロング(class俺の色SP)

◎ドミスト(class俺の色SP)

◎アジリンガーPro(グローオキアミ)

◎チビキャロスワンプ(グローオキアミ)

◎アジリンガー(グローオキアミ)

◎ラニーノーズ(class俺の色SP)

◎ウェーブテイル(class俺の色SP)



さてさて

①の【アプローチについて】

その最重要であるアプローチ(②の釣り方も含む)を考える要件として

● 飛距離
● 潮流

これを考えてもらいたい

飛距離が欲しい、遠目のポイントを狙う場合は

◎ スリムでリブのない平面の少ない小さいワーム

画像で言うならばチビキャロスワンプ。

そして潮流に対する考え方

水深があり、潮流が速い場合にJH単体でアプローチを考えるならワームの体積が大きなモノ、アジリンガーや、アジリンガープロは潮流の影響を受け易いため、ディープレンジにはアプローチし難くなる。

したがって、激流ディープにはアジキャロスワンプやドミストを使用している。

要するに…

アングラー側が【潮流を考えて、どうアプローチするか?】これによってワームの種類を変更するということ。



②の【釣り方】について

経験の多い、考えてアジングをしているアングラーならば気付いていると思う

【引き抵抗の違い】

⬆コレ

【引き抵抗】の違いは同じウエイトのジグヘッドを使用しても、ワーム形状、リブの有る無しで大きく差異がある。

しかも、アプローチするレンジが深ければ深いほど、その水圧によって差異が大きくなる。

さて、その【引き抵抗】の強さは1㌘前後~アンダー1㌘で【スローなアプローチを必要とする釣り方】に於いて大きな武器になる。

アングラーが軽いジグヘッドのウエイトを如何にして感じとるか?

アングラーが軽いジグヘッドのラインスラッグが無くなる瞬間、ロッド操作やリーリングでジグヘッドが動く瞬間を如何にして感じとるか?

このレンジを刻む上で最も重要な【情報】を得る上で大事なことである。

したがって、微妙なラインテンションの変化やリグウエイトを感じながらするアジングに於いては

リブのあるアジリンガー等が有効となる。

ただし、イメージだけでもディープのボトムレンジを捉えることもアジを釣ることも可能。

しかし、イメージだけより…

イメージとリアルの合致

これを感じながらの一匹は堪らなく楽しいと感じるアングラーは多いだろう。




③の【フッキング率】について

これについては、いまだ【真実】なるものはわかっていない。(笑)

ただ、物理的にワームの軟らかさや、太さや長さは影響するだろう。

海猿の場合は普通に…

フッキング率が悪いと感じだ場合はサイズを下げたり、軟らかい素材のワームにするのだが…
未だに答えは見つかっていない。


④の【アピール力】について

これについても絶対的な自信があるワケではないが…

◎ アジの絶対数が少ない時は長いワーム

◎ 春先~夏の表層アジにはも長いワーム

コレくらいか?

ちょうど今時期のアジは(エリアによる)

◎ 動き続けるベイトに反応する

そう感じている。

ただ、今時期の小さな個体(20㎝前後)で、昼間の【浮きアジ】は極小さなモノにしか口を使わないことも多い。


④の【耐久性】について

まあ、これは…

ジアイの短い時やフグが多い場合や経済的に考えると…くらい。

特に考えていない。(笑)


以上が【ワームセレクトの要件】

やっぱ【釣り】はアプローチが重要!

ロッドにしてもしかり、リール、ライン、ジグヘッド、そしてワーム

全てが

アジの目の前にルアーを届ける

その為のアイテムである。


えっ?

カラーは?



⬆コレが現在の1軍ワームケース(笑)

残念なくらいカラーバリエーションがない(笑)


何が言いたいか?といえば

自分の信じるカラーを使え!

そう、カラーの違いなどで釣果に差が出ることはない。

というのが、今の海猿的思考である。



さてさてブログ再開してまたまた間が空いたけど…









アジングは欠かさず行っております!

最近は…





燻製にハマりまくりだ(笑)

コレまじ美味しいね~



そして今週末は…


⬆千葉の興津海浜公園(リンクしてます)



⬆クリック!山口県周防大島椋野漁港

それぞれの清掃活動が実施されます!

お堅い活動ではなく、ゆる~い活動です。

参加してみれば何か得るモノはありますよ!

気軽に飛び入りでも参加してみて下さい!


という、海猿は仕事で山に籠って23日まで帰れないので参加できませんが…





是非!



おしまい。


テーマ:

ご無沙汰しております!

というか…

あけましておめでとう!ございます!

今年に入り、ブログは完全に頭の中から削除され…

当然、Facebookやその他諸々のSNSも完全停止しておりましたが!

生きとります!

あまりにも放置していたので、勘の鋭い方は
「ギャンブルに嵌まってるな?」
と思っていた方!

今回は【全くの勘違い】なのでご安心を!

釣りの方は…

こちらもご心配なく!

毎週、毎週、欠かすことなく行っておりますので。

今回は久々という事と、録り溜めてた画像が沢山あるので、画像と共に簡単な近況報告をメインに。

今年に入り、新年はやっぱアジング!


恒例の1年の安全と、前年の感謝のお神酒。





普通に釣れて普通に干物。

















ロックサーモンは激ウマ爆笑



自作のルアーに嵌まり














4月初旬まではガッツリと管釣りを満喫!

そしてやっぱ自然

ナチュラリストの影響で…













春を存分に満喫するとやっぱアジング!



で、やっぱ18イグジストや…


今シーズンは調子に乗ってる【源G】を懲らしめるために…



ベイトタックルなんかも装備(笑)

とりあえず、【ヤマガ】で今後のベイトをビルドするための知識を吸収する俺。

ま、ベイトでアジングってボートで激流DEEPでのダウンの釣りにしか戦闘力は発揮しないけどね。



やっぱ⬆コイツは釣る男だね








先週末は五日市の【世界チャンプ】のキックボクシングの試合を見に行ったり。







そんな感じで【釣り】と【自然】を楽しく感じ、満喫しております。


で、先週末

皆さま

ライフジャケットは必ず装着しましょう!

というキャッチフレーズで1枚!


バンビーのリクエストに答えてアホ画像に付き合ってやった(笑)



今時、⬆こんなん着て釣りするアングラーはおらんし。爆笑


さてさて、しばらく【SNS】から遠ざかり、純粋に自分の好きな【釣り】を楽しんできた。

斜め上から自分自身を客観的に見ることもできたね。

アジングに対する熱量は全く下がっていないし、むしろ管釣りをやり込むことで技術的な部分と知識的な曖昧な部分に確信を持てるようになったね。

その自分自身の確信を伝えていきたい

そんな気持ちがブログを再開させたんだろう。

これまで沢山書いてきたけど、アジングに対する自分自身の解釈や楽しさを更にグレードアップさせて読者の皆さまには伝えていきたいと思う。

以上、近況報告おしまい。

5月20は千葉でも周防大島でも【清掃活動】がありますので、また告知したいと思います。


おしまい。


テーマ:
ご無沙汰しております。

久しぶりのブログ更新、というか今月はこれが2回目の更新。

さてさて、先ずは最近の釣行から。



激流DEEPでの渾身のアジ。

単体3gをアップクロスで20㍍のボトムから2㍍上からの押さえ込むバイトは全て尺オーバー


次!


nightブリはガチ勝負

取り込みは1分以内でないと勝負にならないね。

で、2017年最後のアジングは…



ボートを入手してから毎日のように海に出ているイカれた野郎

バンビー山中竜太

この男、数年前までは…

『アジングって面白いですか~』

『おもしろくないっしょっ!』

そんな小生意気なことを俺に向かって毒づいてきてたんだよね~(笑)

だから、俺が東京から広島に戻って来てからは…

一緒にアジングする度に…

ボコボコにしてやった(笑)

毎回、毎回ね。

それまでの彼のアジングに対する認識を全てひっくり返してやったった(笑)

テキトーに投げて、テキトーに巻いていれば釣れるアジングばっかやってたんだろうね。

ま、アジングの8割くらいはそんなアジングだから仕方ないっていえば仕方ないか。

けど、

アプローチに対する認識

レンジ操作のノウハウ

これを徹底的に伝授した。

ただ伝授するだけ、ただ言って教えるだけでは半信半疑だろうから…

ボコボコにしたった

釣果の差をつける

関東でもそうだったけど、これを実践する事で人間って納得するんだよね。

で、負けず嫌いのバンビーちゃんをアジングに対する認識を変えてどっぷりと嵌めることに成功!

ただ、この男、あんまりボコボコにするとモノを言わなくなる(笑)

黙ってしまうから面白い(笑)

で、ボートで毎日のようにアジングに出てるバンビーちゃん。

そろそろ俺に追い付いて来た?

その成長を確かめてやりたくて一緒に行ってきたワケ。

途中、大ちゃんも参戦



前日もこの二人は同じポイントへ入ってたみたいだし。




サイズは23㎝アベで開始からボコボコに釣れる。

が…

魚影が薄くなると、バイトの質と頻度が減る

こうなるとようやく【差が出る】状況となる。

で、やっぱ…(笑)

黙らせた(笑)

30分くらい一言も喋らなくなるバンビちゃん!

大ちゃんもそのバンビーちゃんの変貌に気付いたみたい(笑)

その時、俺は1.2gだったジグヘッドをバイトの質とフッキング率をアジャストさせる為に0.9gへダウン。

多分、バンビーちゃんは真似するの悔しいからウエイトは変えなかったんじゃないかな?

大ちゃんは素直に俺のアドバイスを聞き入れてから再び連発させてたね。

ということで

小生意気なバンビーちゃんを『キャン!』て言わせておいたので皆様ご安心を。

結局

毎年恒例の…






乱獲してきた。

これが2017年の釣り納め。


そして

一年ぶりに東京から息子が広島に来てくれた





やっぱ嬉しいね

交わす言葉は多くはないけど

気持ちは伝わる

少し安心したね。



大好きな【アジの刺身】も食べさせることができた。




ガキの頃から車に乗ったら寝る。(笑)

見送りの日


新幹線に乗せて別れる前に握手をした

その時、初めて見せた寂しそうな息子の表情をみたら涙が出そうになった。

でも、最後は笑顔で



離れているけど伝わってるだろうか

また来年、会いに来てくれるだろうか

ま、本気で向き合ってれば気持ちは伝わるんじゃないかな。


はい

皆様

後、5時間ちょっとで2017年も終わります。

今年も一年間、色々な方面で自分に関わって下さった方々、

ありがとうございました!

自分自身、この1年間をしっかりと振り返り、反省すべきことは反省し、また来年の自分の人生に活かしていきたいと思います。

良いお年をお迎え下さい!


2017年 12月31日

             中村剛士




テーマ:

どうも!

最近の釣行記をサラッと



安定の岩国方面は二時間ちょっと



今シーズン初の【菅釣り】






三時間で5バイト2ヒット2バラシ

初の完ホゲ

菅釣りに命掛けてる常連のにーちゃんですら釣れてなかったから気にはならないけど…

まだボトムに魚は居なかったね。

で、平日の久々の江田島アジング






四時間ちょっと頑張って7本

ただ、1本の釣った感というか、1本の嬉しさは別格だな。


で、先週末は

アジングチャンピオンシップ
                   2017

チャンピオンが決定する日


昼から2番手のポイント確保



ずっとボケ~っと独り



そして先ずは準決勝





決勝は↑crazy君と↓プリン君





その足の開きが終始気になった俺(笑)

この日はアジのサイズが15㎝程度だったけど、準決勝、決勝ともに良い試合を見せてもらったね。

沢山のギャラリー



無事に今年のチャンピオンが決定!

詳しくはAJCSブログをチェック!

以上、簡単な近況報告おしまい。




テーマ:
どうも!

気が付けば明日から12月だね

今年も【波乱の年】となったのだが、ここ数年間は毎年【波乱の年】なもんで【平穏な年】なのかもしれない。

ブログを読み返すと、今年の初めに宣言した【月に10記事】.【月に3考察】という読者さんに対する約束は綺麗に反古にしてしまった俺。

いつも期待してアクセスしてくれる読者さんには申し訳ない気持ち。

すいません。

決して【ネタ切れ】とかではないんだけどね。

釣りに出ても5回に1回くらいしか釣行記事をアップしなくなったのは…

【書くヒマが無い】ってのが大きな理由。

さておき、先週の週末は4連休

ボートアジングをガッツリと楽しんできた。



木曜日深夜2時にポイントへ到着。

水深20mエリアは諸事情により撃つことが出来ずに、通称【レオンの波止】でアジングを開始!

この通称【レオンの波止】は満潮時で水深が13~14m。

潮流は比較的速いけど、タイミングによっては1gでもボトムに入れることは可能。

8月以降は普通に30㎝以上、50㎝未満の個体が簡単に釣れるエリアである。

ただ、この11月中旬以降はそのデタラメなアジングでは釣果が激減するようになる。

それは個体差が主な原因と思われるが、未だ不明である。

具体的には…

それまでは単体2g程度の重いJHでも簡単に釣れていたアジが同じようにやっても釣れ難くなるってこと。

正直なところ、8月以降の35㎝以上の個体は

【超デタラメなアジング】でも釣れるから飽きるのだが、先週からアジングらしいアジングが始まったね爆笑



決して大きくはない25㎝程度のアジ

ただ、JH1.2gで丁寧にレンジにアプローチしてからの【コンッ!】はやっぱアジングならではの楽しさ。




それでもギリ40アップ?

それなりのサイズも釣れるのだけど、やはりサイズ云々よりも【釣れ方】が俺にとっては極めて重要なワケで。


デタラメな40アップより、

繊細な25㎝で良いんだよ。

残念ながら

【繊細な40アップ】という状況には遭遇したことがない(笑)

基本的にデカいサイズになるほど【全てがデタラメ】なアジングでOK!




メバルも同じ事

表層リトリーブのメバリングよりも、ボトム付近に繊細にアプローチして釣りたい俺。

近場にしてはナイスサイズの26㎝。

深夜2時~明るくなるまで

思ったほどアジは濃くなかったけどアジングらしいアジングを楽しんだね。



そして

東の空が少しづつ変化する




やっぱ最高!




明るくなってからは青物を探してみたけど不発

帰りには



宮島の絶景を眺めながら


鳥居に最接近してみた

やっぱこの時期



宮島へ渡るフェリーはすし詰め状態だね。

港に戻ると!



超鮮明な【虹】が!

オマケにもう1本見える?右側に。

俺classの年齢のオッサンになってくると、やたらと自然に感動を覚えるようになる。(笑)




この日の釣果はこんなもん。

25㎝以下の元気そうなヤツはリリース。


次!

土曜日の夕方~

この日は久しぶりにOceanRulerの河野さんとアジング!

バンビー含めの3人の予定だったが、連日連夜釣行のバンビーは死亡した為、二人でガッツリと楽しんできた。






やっぱ楽しいんだよね

この方と釣りをすると、純粋に釣りというモノが楽しめる。

河野さんが純粋に釣りを楽しんでるからだろうね。


水深20mからのレンジ17m付近へのアプローチ

JHは1.8g

やっぱ楽しい!

ここのアジングは飽きないね~!



サイズは尺ちょっとだけど体高と厚みが違う



そしてなんと!

night ブリ!

顔見知り漁船のにーちゃんが泳がせで釣ったやつを頂きました。

夜に青物ってイメージが無かったけど、決め付けてただけだった己を反省。







最近はデタラメなアジングだっただけに、この二日間は【アジングらしい楽しさ】を満喫!


そして…

【class俺の干物】

の作成。





【源G秘伝】の【究極の漬け汁】で仕込んでみた(笑)

やっぱ美味しかったね~!


やっぱ干物は飽きない。


これから干物の作成が忙しくなる季節だ。



以上、先週の釣行記。


で、いよいよ

アジングチャンピオンship

2017年チャンピオンが来週末には決定!

そっちもお楽しみに!



おしまい。



テーマ:

どうも!




日の出と同時に久しぶりに山口県周防大島へ渡ってきた。

アジング目的ではなく…


第9回  清掃活動 in 周防大島

寒波で寒かったけど

















50名弱の参加で無事に活動は終わりました!

協賛も







個人協賛して頂いた方々、メーカー様

ありがとうございました。

恒例のジャンケン大会は社長不在により、ヤカラッピにより








バンビーを超越する【顔面ジャンケン】で盛り上げてくれた大ちゃん


遠くは愛知、大阪、兵庫からの参加。

主催側としては嬉しいね。

清掃のあとは【アジング】したかったけど、爆風によりロッドも振らずに帰宅。

にしても、やっぱ【周防大島】はイイね~




この島に来たらやっぱ癒されるね




今回、体調不良で参加出来なかった今年のスタッフ代表の野村さんから来年の代表になる柿原さんへバトンタッチされます。

次回は2月

気軽に参加してみて下さい!

色々と聞きたい事があれば気軽に聞いて下さい
海猿が熱く語りますので。


で、時を同じく関東千葉県勝浦市周辺でも













イイね!

ただ、写真のセンスが感じられねぇぞ

カバ先輩とコブラ君!

というか、楽しそうな前夜祭も



久しぶりにみんなの顔を見て懐かしくて電話したら【たらい回し】で話しをした。

特に、お世話になった【しまさん】に自分から電話出来たのはやっぱ何かが変わったからだろう。

嬉しいね本当


ま、【源G】は懐かしくもなんともないんだけど。(笑)


やっぱこんな感じの【人間の繋がり】って最高だな。



東京を離れる時にもらった色紙を改めて眺めてみた。

近いうちに必ず千葉、東京へ行くからその時は…(笑)

ゴミを拾います!

ついでに【源G】の伸びた鼻をへし折ってから広島に帰ろう。



ということで


周防大島の清掃活動

外房の清掃活動


皆さんお疲れ様でした!



以上。


おしまい。



テーマ:
どうも!

秋も深まり暦の上では今日は【立冬】

立冬とは…

(りっとう)は、二十四節気の第19。十月節(旧暦9月後半から10月前半)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が225のときで11月7日ごろ。恒気法では冬至から7/8年(約319.59日)後で11月6日ごろ。ではそれが起こるだが、天文学ではその瞬間とする。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小雪前日までである。

by  Wikipedia

そんな深まった秋に関東からの客人が二人。

伝説の漢  【源G】

後輩だけど  【カバ先輩】

11月3日~ 6日まで広島にやってきた!

3日 昼に広島駅に到着した二人を車に乗せてとりあえず、昼食へ。



で、広島人なのに鉄板でお好み焼きが食べれない俺。(笑)

日本人なら箸で食べるんだよ!お好み焼きは!

さておき

食事を済ませ即!海へ向かう



明るいうちは【青物】




パイセンがやってくれた!(後輩だけど)

夜は…



当然、【アジング】


思ったほどは釣れなかったけど、二人からすればサイズも数も楽しめただろうからよし。




翌朝

釣ったアジを綺麗に下処理してカバ先輩が千葉の友達のところへクール宅急便で送った。


土曜日昼の海は【激荒れ】化すチュー

この日は【アジングチャンピオンシップ】が開催されるのでちょっとだけ無理して独り岩国方面へ。



画像では分かりにくいが瀬戸内海ではヤバいレベル。

が、そこは俺。

車を回してもらう時間までにサクッとサワラを狩る。


ある程度ウネリが収まり試合開始


run &gun さん  VS  トミー君


僕ちゃんさん  VS  crazy君

ここまでくるとみんな手慣れで実力も拮抗している。





詳しい試合結果は【AJCS】ブログで!

皆さまお疲れ様でした!


翌日…



日の出と共に船を出す


いきなり40class


パイセンは絶好調!ウインク


源Gも…(笑)



まあ色々釣れたね。

で、

【海を見る眼】

これだよ

流石、源G

経験値から海の【変化】や【状況】を感じる力が普通の人とは違う。


昼前には爆笑出来上がる安い俺。


東京で一緒にやってた頃から何故か?

バナナを買うG様(笑)

海猿=バナナ

で釣る?

ま、釣られてあげたよチュー

ビールとバナナという可笑しな組み合わせで
睡魔に襲われ死亡。

いや~気持ち良いね~!

やっぱ秋の海は最高だね~爆笑

一時間位寝たか?

顔面が日焼けで痛くなり起床。

そしてデイのアジング(メタル)



この他にも40アップを数本確保。

長いだけじゃなく厚みも幅もある


夕方までは青物を狙ったがイマイチ…えー

【夕日とカバ先輩】


穏やかな瀬戸内海を満喫してくれたか?

そしてラスト

DEEPアジングへ!

早掛け勝負で煽りあげたったけど

まさかの

まさかの源Gに敗北。

2本目も源Gが釣る…えー

となると久しぶりに俺の【ヤル気スイッチ】が一気に加速!

ここ10ヶ月くらいサボってた【アジング】

正直なところテキトーにやっても勝てるって思ってたけどまさかの敗北。

久しぶりの【本気アジング】をやったよ

精密機械の様にレンジを確認

30分ほどマジになった。グラサン

ま、やっぱ本気になれば負ける気はしないな(笑)てへぺろ

ずっと悩んで疑心暗鬼の【アジング】になってたカバ先輩。

なんとか釣って欲しいから四年前くらいの千葉、勝浦港以来の本気レクチャー。

なかなか釣れなかったパイセンも俺のレクチャーの後2分で結果を出す。

そして連発させるパイセン(後輩な)

何かを掴んだようだし、

【アジング故の愉しさ】

を再確認しただろう。

それにしても…

源Gが上手くなってるじゃないか!

ちょっとケツに火が着いた感じだ

ま、それくらいしてもらわないとね。




そんな感じであっという間の3日間だったね



月曜日


広島駅へ送った。

いや~楽しかったね~!

こうやって東京から離れた後でもわざわざ広島に来てくれることは素直にありがたいね。

ただ、ちょっと調子に乗ってきた感じのG様は次はしっかりと〆ておくので皆さまご安心を!

〆れば綺麗になるさ!


↑このアジの身のように。(笑)


以上、【久しぶりの本気アジング】



おしまい。



テーマ:

どうも!

ようやく超多忙だった仕事も落ち着き釣りをする時間も作れるようになってきた。

ただ…

週末は荒れる…

そんなこんなで思うような【釣り】が出来ていないこの頃。


さておき、

親父の命日、10月22日を境に【心境の変化】が始まった。

自分の中ではあり得ない感情。

激動する心の変化。

ま、自分でもびっくりするんだけど自分の心の行くままにしていくことにした。

読書の皆様、意味がさっぱり解らないとは思いますが、感受性の強い方にはそのうち察してもらえると思います(笑)

さてさて

週末は悪天候、台風が続いているが只今絶賛開催中の【青物祭り】を満喫するために時間を捻出する俺。





ジャクソン【ダニエル】ブレイドtune

↑25日木曜日

そして昨日、土曜日は久しぶりに後輩のTと秋祭りへ!






この男、釣りの【センス】がある。

1本のルアーで全て釣る、この日に限らずアジングでも俺が数回釣り負けたこともあるんだよね。(笑)

そして【エギングフェスティバル】が悪天候により中止となりバンビーと秋祭りへ向かうという山田ヒロヒトさんと



ヤカラッピじゃなくてホンマもんね。

この男(後輩)、やっぱ持ってるね~


さてさてさてさて

11月19日(日)

W開催!となる清掃活動。

東京に勤務してた5年前に俺がテキトーにはじめた【自己完結型清掃活動】

関東の仲間がずっと続けている活動



そして20回目となる清掃活動。

節目の20回目には千葉まで行きたかったけど…

その活動は↓コチラ! 番長のブログ↓



そして同じく11月19日



周防大島での清掃活動は9回目!

広島に戻ってきて、これまたテキトーに始めたこの活動も、もうすぐ丸2年。

スタッフ皆さんの力でハイペースで活動中!

代表ノムコフさんのブログ↓


↑詳しくはコチラ!




何かと釣りモノが多い時期

お気軽に参加してみて下さい!


以上。


おしまい。



テーマ:

平成21年10月22日 

親父が他界。

あれから8年

今日は親父の命日。


生きていれば75歳


結局、親父とは最後まで解り合える事は出来なかったけど、それもまた人間かな。

ただ、男として、人間として、父親として認める部分は多々あった。

しかしやっぱ男同士、父親と息子という関係は上手くいかないことの方が多い気がする。

久々に仏壇で手を合わせ、自分が今、生きていることに感謝している。


はい


最近のアジングと秋祭りの備忘録も少々。

10月19日(木曜日)

本来は金曜日~日曜日まで伝説の漢【源G】と
疑惑の男?【カバ先輩】が広島へやってきて、モンスターclassのアジをGETしてもらう予定だったが、台風の影響と気圧配置により延期。

で、

翌日は代休で仕事はないのだけど、風速6M予報に雨で独り部屋で燻っていたのだが…

夜、11時半過ぎ

class俺の脳内指令が発令!

『今からボート出さんかい!』

すかさずバンビーに連絡。

そして



深夜1時過ぎから約1時間半ほど荒れた海にてアジング。

サイズは30㎝くらいまで。

深夜2時半には切り上げ家に向かう


金曜日昼には

同僚と岩国界隈で





相棒は初のブリclass85㎝アップ




短時間、やはり風の影響の強い状況の釣りは不満の残る釣行となった。

アジング以外で唯一、ソルトの釣りで熱くなれる今時期の青物祭り。

土日は残念ながら釣りには出れず…

が、同級生の【山猿】から毎年恒例の【新米】を頂き




2年前に初めて精米してから今となっては

精米の達人 となる。

機械がやってくれるだけだが(笑)

とりあえず、東京の子供達に【山猿米】を送った。

ありがとう!山猿君。

台風で残念な週末だったが、明日からは風も治まり【秋祭り】も最高潮!になるだろうね。

で、伝説の2人の来広は11月に延期

頼むで!カバ先輩!

あんまり鼻息を荒げるんじゃねぇぞ!


おしまい。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス