なぜあなたの文章は読んでもらえないのか? | 【心を動かす代筆屋】復縁、謝罪、宣伝、セールス、読む人の心を動かす魔法をあなたに。

【心を動かす代筆屋】復縁、謝罪、宣伝、セールス、読む人の心を動かす魔法をあなたに。

代筆屋とは復縁、謝罪、感謝、告白、キャッチコピー、セールスレター、プロフィール、webコピーの考案をするプロのライターです。また、夢を叶える魔法のコーチングを通してたくさんの受講生の夢を叶え人生を変えるお手伝いをしています。

※注※画像は今春発売予定の代筆屋の漫画です。(本人より2万倍男前で恐縮です笑)

 

 

僕の著書『プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術』

 

の第3章「伝わらない文章を伝わる文章に変える」の中でも触れています。

 

 

 

心を動かす文章を書く上でも、ここめっちゃ重要なので、

 

P78~P92は特に何度も読み返してください。

 

 

 

本題へ、

 

「あなたの文章は読んでもらえてますか?」

 

 

 

文章を読む行為は、じつはかなりの負担になります。

 

本好きが大好きな小説を読むといった特別な状況以外では、

 

文章を読むのは疲れるし、嫌いな行為です。

 

 

 

ましてメールや手紙は書くのも読むのも苦手な人が多い。

 

 

 

手紙やメールやメルマガやBlogを書くんだけど、

 

思うような結果、つまり思い通りの反応が得られない。

 

それは、あなたの文章は読んでもらえていない可能性が高いということです。

 

 

 

一生懸命書きさえすれば読んでもらえると思ったら大間違いですよ。

 

読者はそんなに甘くありません。

 

 

 

とはいえ、

 

一生懸命書いた文章が誰にも読んでもらえていないとしたら、

 

かなりショックですよね。

 

その気持ち物書きの僕は痛いほどよくわかります。

 

 

 

なので、ここらであなたの文章を劇的に変えるために、

 

心を動かすプロの代筆屋から学んでください。

 

 

 

心を動かす魔法の文章術の中でも書いてる

 

『伝わらない文章を伝わる文章に変える簡単な方法』があります。

 

そのためにはあなたの文章に潜む読まれない問題を

 

一つ一つ解決していく必要があります。

 

 

 

まず、一つ目の問題として、

 

■伝えたい目的がはっきりしない。

 

 

言い換えると、その文章で伝えたいテーマを絞り切れていない

 

ということです。

 

 

 

役人の書いた通達文などがいい例です。

 

〇〇各位

 

うんたらこうたら、だらだらダ~ラ、

 

ふぅっわ、ふわっ、、、、

 

 

 

漢字も多いし読みにくい、

 

で、結局何が言いたいの?

 

となってしまう。

 

 

 

目的は一つ、

 

テーマは一つ、

 

とにかく、絞れ!!

 

です。

 

 

 

醤油、味噌、豚骨、ごちゃまぜのラーメンより、

 

醤油ラーメン単体で食べたいですよね。

(味噌派、豚骨派色々あるかとは思いますが)

 

 

 

読者だって同じです。

 

目的やテーマは一つでいいんです。

 

ごちゃまぜにされてグダグダ言われると説教されてるみたいで苦手、

 

だって、さっきも言ったように読むのは大変な労力で、

 

みんな苦手で、何よりみんな忙しいから。

 

 

 

 

文章を書く前にぜひ目的やテーマを一つに絞る癖をつけてください。

 

これは文章力がどうとか技術がどうとかのレベルではなく、

 

訓練すれば誰でも克服できるものです。

 

読む人へのマナーというか、気遣いがあるかどうかの話です。

 

 

 

 

なぜ、あなたの文章は読まれないのか?

 

についてその他にも書きたいことは山ほどあります。

 

でも目的は一つ、テーマは一つです。

 

のでこの辺で。

 

 

 

今回言いたかったことは

 

〃伝えたいことは一つに絞れ〃

 

 

この本読むだけでも文章力は飛躍的にアップします。

『プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術』

↓↓↓

 

 

 

『心を動かす魔法の文章術』の著者プロの代筆屋中島泰成さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ