『プロの代筆屋が暴露する心を動かす手紙やメールの書き方』「あなた」は「誰に」向けて「何を」書くべきか

『プロの代筆屋が暴露する心を動かす手紙やメールの書き方』「あなた」は「誰に」向けて「何を」書くべきか

心を動かす文章を考案するプロ代筆屋として15年
心を揺さぶる、心を突き動かす文章の書き方を知りたい人へ
『プロの代筆屋が暴露する心を動かす手紙やメールの書き方』
が学べるAmazonレビュー4.7の書籍PDFをプレゼントします。
ぜひ受け取ってください!

 心を動かす文章を考案するプロ代筆屋として15年の著者が
心を揺さぶる、心を突き動かす文章の書き方を知りたい人へ

プロの代筆屋が暴露する心を動かす手紙やメールの書き方
が学べるAmazonレビュー高評価4.7の書籍PDFをプレゼント!
心に残る手紙&メールの書き方プロの代筆屋によるお手本事例集付き




≫プレゼントがもらえる【無料登録】はこちら。悪用厳禁!!
※不要になったらワンクリックでいつでも解除でき登録のリスクはありません。



メルマガ苦手な方は代筆屋の公式LINE@でこっそり友だち登録どうぞ。
友だち追加

▼出版中の心を動かす書籍(累計100冊)



⇒その他の書籍はこちらをクリックしてください。



▼心を動かす代筆屋中島泰成の掲載実績

AERA



東洋経済オンライン



日経ビジネスアソシエ



LEE



プレジデントウーマン



読売テレビ先輩ロックユー








⇒文章考案のお仕事の依頼はこちらからどうぞ。

代筆屋の公式HPはこちら

 

代筆屋のナカジです。

 

⇒ナカジのプロフはこちら

 

 

ベンツディーラーへ修理

 

キッズルームではしゃぐ娘

 

からの暑すぎて自宅にプールを買う

 

 

 

昨日は午前中は保育園の保育参観に行って

給食を食べた娘は「いまからかえって父ちゃんとあそぶ」

一日中、娘の言いなりになってました。

そんな日があってもいいですね。

 

 

「そんな不安にならなくても 何しても生きていけるって。

 30手前で貯金800円だった男が 数年後に月収800万だぜ。 

人生は想像を遥かに超える いつも斜め上いきよるから(笑) 

ただね、どうしようもないときに選んでたらあかんよ。 

選んでる立場じゃないのに選んでたら二進も三進もいかなくなる。

そらそうよ」

 

 

これは、今朝ツイッターに投稿した呟きなんだけど。

ホンマなんですよ。

人生って今がどれだけどん底でもちょっとしたことがきっかけで、

野球でいう逆転満塁ホームランどころか、

ゲームごとひっくり返ってサッカーになってたりする。

 

それぐらい何が起こるのかわからないってことですよ。

たいていの人は過去の連続で今があると思ってるから

一発逆転なんて起きるはずないと思ってます。

でも、起きるのが人生です。(良くも悪くも)

 

想像の斜め上、もっと上、いやもうどこかわからなくなるのが人生。

 

言いたいことは、予想するとか、計画するとかほとんど無意味だってことです。

 

大きなビジョンは持っていていいと思うんです。

でも、そのビジョンに向かってこうしてこうしたこうやって

緻密な計画を元に進んでいくなんてのはあり得ない話です。

 

大金持ちがホームレスになったり、

ホームレスが大金持ちになったり、

だから人生ってオモロイんです。

 

今現時点で給料減ったとか、職が無いとか、会社クビになったとか、ホームレスだとか

そんなこと一切気にしないことです。

(気になってるのは自分だけで周囲の人は他人のことなんてほとんど気にもしてません)

 

冒頭に書いた

 「30手前で貯金800万だった男が 数年後に月収800万だぜ。」

これは代筆屋の僕のことです。

未だに信じられませんよ。

自分なんて高卒(高校ほとんど通ってないので実質中卒)のフリーターでした。

何もなかったんです。

それが平日の午前中に娘の保育参観に出て、午後から娘と遊んで、

こんな自由な人生生きてるんです。

 

代筆屋 中島泰成

 

追伸 今朝も受講生の方への返信メールで書いた言葉ですが、

人生を変えるには覚悟が必要だということです。

これに例外はありません。

 

覚悟の中身はというと、

人生を変えるために、今いる人も、環境も、両親、きょうだいや身内とも疎遠になるかもしれません。

 

人生を変えるために今手にしてるすべてを失う覚悟がありますか?ということです。

 

 

 

悩んでも悩んでも人生が変わらないのは、

行動してないから。行けばわかる、行かなければわからない。

初級編(無料):21日で心が自由になるライフシフトプロジェクト

初中級編(有料):90日で人生が動きだす文章コーチング

中上級編(有料):180日でプロの代筆屋を目指す養成講座

 

 


代筆屋の文章コーチング、講座、研修を受講した方の声

↓↓

本当に早いもので、最後の課題となってしまいましたが、この3か月は書くことの難しさと奥深さを感じた濃密な時間でした

伝わる文章とはどのような文章か、自分にとって何が課題なのか、そして課題を解決するためにはどのようなステップを踏む必要があるのかを教えていただいた気がします。

この3か月で「誰でも文章が簡単に書ける」というような本も読みましたが、一部の天才を除いて文章が書けるようになる魔法はないと思いました。

中島先生が常々おっしゃっていることですが、文章に一番大切なのは書く人の心だと感じるからです。

中島先生のように、広く深い心をもたれ、感じられたことを、あっという間に伝わる言葉に変えてしまう達人技は、はるか遠くにしか見えません。

ですが、教えていただいた写経や読書を続け、自分なりにすこしでも近づけるよう努力していきたいと思います。

(S・Kさん/男性)

 

お手紙研修とプレゼン研修ありがとうございました。
中島先生の研修は大変学びが多く為になりました。
学んだことを今後の営業活動に生かしていきたいと思います。

これからもよろしくお願いします。
今までの私はこのような文章しか書けませんでした。

元々凡庸な文章しか書けない自分に課題感を持っていましたが
今回の研修を通して、少しばかりオリジナル感のある文章を
書くことが出来るようになったと感じています。

3か月に渡る研修は、終始私の頭を悩ませるものでした。
いかに今まで頭を使わずに文章を書いていたかを知る機会となりました。
テキストコミュニケーションが盛んな世の中だからこそ
文章力は人の印象や人間関係を左右すると思います。
今回の研修で学んだことを直近の営業活動だけではなく
今後の長い人生の中でコミュニケーションの礎にしたいと思います

貴重な学びの機会をいただきありがとうございました。
今後ともスポットでお世話になると思いますが
どうぞよろしくお願いいたします。

(S・Rさん/男性)

 

最後の課題提出から約一カ月間、常時課題も続ける事ができ、読書も早く読めるように進化しました。

たった三ヶ月が人をここまで変えることに驚き、そして「自信」につながるんだということがわかりました。

本当にありがとうございます。

しかし、越えられない壁はないですし、挑戦したから見えている壁でもあります。

 本当にコーチングを通し、成長できている実感があります。

最初は半信半疑な気持ちもありましたが、信じて続けることをしていれば必ず結果に行き着くんですね!

努力は絶対に結果を出すという勉強ができ、さらに自身で掲げた目標に挑戦するという楽しさをヒシヒシと感じています。

(M・Tさん/男性)

 

3か月間、ご指導ありがとうございました。
課題に取り組む期間が7日、休みの期間が3日、
10日で一つの課題というサイクルのおかげで適度な緊張感を保ちつつ、取り組むことが出来ました。

最初の頃は、課題に取り組む時間が欲しいあまり、早く次の課題の内容を知りたい、と思っていました。
しかし途中から3日間の休みがあることで、気持ちをリセットすることの重要性に気づきました。

課題は徐々に難しくなり、時間が限られ、続けられるかが不安でしたが課題添削での中島さんからの激励でモチベーションを保つことが出来ました。

こうして物事に計画的に取り組めたのは初めてです。これまで大概のことは直前までため込んでいましたので、これだけでも成長できたと思います。

ご指摘や厳しいお言葉についても「こうすればもっとよくなるんだ。自分はまだまだ成長できる」と前向きに捉えられるようになりました。

中島さんの課題添削に対して、お礼や自分の考えを毎回送りましたが、いつもお返事をくださりありがとうございました。

たくさんのお仕事をお抱えで、ご自身の生活もお忙しい中、丁寧に向き合ってくださる中島さんには感謝の気持ちで一杯です。

(T・Rさん/男性)

 

返事が遅くなりましたが、コーチングありがとうございました。先生のご指導で文章に対する心もちが大きく変わりました。

書けるようになりたいけど何か自分の文章はしっくりこない残念な気持ちから、今では書いていると、どこか前向きに自分に対して期待感が持てる気がします。

コーチングの中で父とのことを書きましたが、実は私は弟ともうまくいっていない時期がありました。そんな弟に自分が思っていることを正直に手紙を書いて送ってみたところ、意外にも理解を示してくれて、私に対する接し方も優しくなったような気がします。手紙の力を実感した出来事でした。

例の父との関係はそのままです。とりあえず今は自分の生活の雑音にならないように距離はとっています。

後半3ヶ月はサポート期間とのことですが、今後とも宜しくお願い致します。

(I・Nさん/男性)


3ヶ月間ありがとうごさいました。
この間、緊急事態宣言のこともあり、時間は確保でき書くことに関しては追い風となっていて、書くことに集中することはできていました。
手紙は希望を持って書いていくよう心がけます。
アドバイス通り少し休んでみて、また、文章を書いてみます。
先生に教わったことを基本として、これから発展できるよう、楽しんで文章を書いていきます。
(S・Tさん/男性)

私は、受講終了後から職探しを始めましたが、コーチングの経験は就活の大きな糧になったと思います。
特に感じた事は、履歴書や職務経歴書の内容を読み手に合わせて書こうと考えるようになったことです。応募する際は、志望企業の情報を集めた後、まるで手紙を書く気持ちで作成しました。また、封筒の種類やペンの太さも一つ一つ考えて、貰った人に気持ち良く読んでもらえるように工夫しました。そのような姿勢は、コーチングで教えていただいたものだと思います。

そして、自信にも変化がありました。中島さんから課題毎に頂く、心のこもったメッセージからも力をもらいましたが、何より無職という状況でも多くのお金を自分に投資できた経験が就活全般で強く背中を押してくれました。自分は強いんだと、その経験と判断が言っていました。
コーチングを受けさせていただき本当にありがとうございました。

就職先は事務職で、起業をして自由になるという受講時の目標とは少しだけ違いますが、どんな環境でもコーチングや就活中の経験を活かせると信じ、苦しみながら楽しみながらしっかり生き抜いてみたいと思います。
(H・Rさん/男性)


課題は自分と向き合い、深いところまで探っていくものも多く、正直考えすぎて嫌になることもありました。
でも、褒められたり認めてもらえたりすると、頑張ってよかったと達成感で苦労は吹き飛びました。
厳しい言葉も不思議と前向きに捉えることができて、自分でもびっくりしているんです。
いつもの私だったらいちいち落ち込んでしまうところがあるので、師匠の言葉選びが優れているのとやっぱりすごく楽しかったんだと思います。
書くのも考えるのも楽しくて、もっとやりたいと思うことばかりでした。
(T・Mさん/女性)


『心を動かす魔法』を手に入れ、人生を変えたい!
中島さんのキャッチフレーズに、私は心を動かされ、問い合わせのメールを送りました。
忍耐力と継続力、真剣度が必要で生半可な気持ちでは受講しないほうがよいという返信をいただき、この師匠なら!と受講を決心し、すぐにスタート。
読んだことのなかった作家の本から新しい表現を仕入れ、中島さんの「うまい!」に尽きるお手本とコメントを繰り返し読み返す日々。
代筆屋として依頼に応える文章を生み出すための試行錯誤を重ねた3ヶ月でした。
本を読む、文章を書くという作業はそれだけでも時間と労力がかかります。
そこに仕事、家事、育児。気づけば取捨選択、段取りのレベルがアップ。これは予想外の収穫でした。
(T・Nさん/女性)


中島さんへ、感謝とお礼を一言伝えたくて、手紙を書きます。
全12課題の添削を、どうもありがとうございました。
どの課題も刺激的で、今まで眠っていた脳が覚醒したようでした。
中島さんの添削は、「ほめ上手」ですね。 「いいですね!」 「この文章、好きです。」 「ぐっときました。」
課題に取り組むまで、まとまった文章を書く余裕など到底ない、と思っていました。
家と保育園と会社の三角形を、猛烈スピードで移動する毎日だから、書いたところで単調な内容になるだろう、と決め込んでいたのです。
ところが始めてみると、面白いネタがあります、あります。その大半は、子供達が提供してくれました。
常時課題はさながら育児日記みたいだったと思います。
断続的にではありますが、日記をつけて約25年経ちます。
もはや提出する宛もないですが、この先も続けていこうと思います。
好きだから、という単純な理由で書き続けた日記は、十年後、二十年後…と時が経つと、自分が生きた日常の足跡となるでしょう。
名も無い個人のささやかな毎日の歴史を、これからも紡いでいきたいと思います。
三か月間、どうもありがとうございました。
(A・Kさん/女性)


中島様 こんばんは。
いつも夫が寝静まってからが勉強の時間でした。
丸一年の長きにわたり、本当にありがとうございました。
わがままな申し出にもかかわらず、快諾して下さったこと心から感謝しています。
途中で断念する人もいる事実を知り驚きでいっぱいでした。
何を軸に考え、書くのかが大切だと思っていました。
添削していただいたのと読み、添付して下さったのを読み。
私の根幹になっている樹は、まだまだ年輪が浅い樹だと感じます。
中島さんのは、たくさんの年輪がある太い大木のように感じました。
今の現実を見据えた上で、しっかりと夢という道を歩む力強さのある文章でした。
受講生たちへの強く深い愛情が感じられました。
良い文章ですねぇ....と、うなっているのです。
中島さんが書く文章は、何度読んでも心からほっとして優しい気持ちになります。
どれもが大好きな文章で、お金を支払いたくなります!
書いて下さった文章は、宝物のようにずっと大切に取っておきたくなりますね。
添削されることは、ドキドキもしますが愉しみでした。
文字を書くという事が益々好きになれたので、この1年が本当に愉しい時間でした。
そして卒業のご褒美として、ぜひ中島家のみなさまにお逢いしたいです。
中島さん達との末永いお付き合いが出来れば幸いです。
どうかこれからも、よろしくお願いいたします。
1年間本当にありがとうございました。
(S・Hさん/女性)

 

 

心を動かす文章を考案する現役プロの代筆屋として15年の著者中島 

心を揺さぶる、心を突き動かす文章の書き方を知りたい人へ

プロの代筆屋が暴露する心を動かす手紙やメールの書き方 

が学べるAmazonレビュー高評価4.7の書籍PDFをプレゼント! 

心に残る手紙&メールの書き方プロの代筆屋によるお手本事例集付き 

≫プレゼントがもらえる【無料登録】はこちら。悪用厳禁!! 

※不要になったらワンクリックでいつでも解除でき登録のリスクはありません。

 

メルマガ苦手な方は友だちになりませんか?

友だち追加

 

▼出版中の心を動かす書籍(累計100冊)

⇒その他の書籍はこちらをクリックしてください。

 

▼心を動かす代筆屋中島泰成の掲載実績

AERA

 

東洋経済オンライン

 

日経ビジネスアソシエ

 

LEE

 

プレジデントウーマン

 

読売テレビ先輩ロックユー

 

 

⇒文章考案のお仕事の依頼はこちらからどうぞ。

 

 

僕に少しでも興味を持ってくれた方だけでいこちらからメルマガ登録して僕の人柄等を感じてみてください。

 

ネット上では一生懸命カッコつけたこんな見た目

↓↓

※AERAのカメラマンさん?に

物書きっぽい表情をと言われて調子に乗った写真

 

 

でも実際は・・・

 

コレ、

※目を覚ますと眼鏡に落書きされてた。

酷い、いえ愉快な家族

 

メルマガ登録するとプロの代筆屋が暴露する

心を動かす文章の書き方が学べる超お得なプレゼントがもらえますんで、

プレゼント目的でメルマガ登録するのも全然アリです。

⇒代筆屋ナカジの無料のメールマガジンを登録してみる。

 

 

小説、ビジネス書、自己啓発書、などなど

狂ったように本書いてたら101冊になってました・・・。

本が好きな方はAmazon著者ページから

101冊もあればお気に入りの本が一冊ぐらいはあるでしょ?

え、お気に入りが無かった。

そう、じゃあ、人気作家さんの本でも読めばいいやん。。。

⇒代筆屋ナカジのAmazon著者ページ

 

 

もちろんホームページもありますよ。

これには何十万とお金かけました。

⇒代筆屋公式ホームページ

 

代筆屋の公式HPはこちら

 

代筆屋のナカジです。

 

 

⇒ナカジのプロフはこちら

※画像は大切にしてる僕の相棒です。
でもこの写真、今日ではなくたぶん数か月前の写真だったと。

 

 

今朝もスタバで執筆をしたりメルマガを書いたり、

 

メールの返信をしたり、受講生の課題を添削したりしてました。

 

 

 

僕は心を動かす文章を考案するプロの代筆屋という仕事をしてます。

 

ちなみにこれが僕の処女作です。

 

上が電子書籍、下が紙の書籍

↓↓

 

 

 

 

代筆屋を始めた当時はもちろん出版した本なんてなく、

 

知名度も技術も人間力もまるでない僕に仕事なんて無くて

 

代筆屋としての年収は100万あるかないかでした。(月収じゃないですよ・・・)

 

今は代筆屋だけで当時の何十倍を稼げるようになりました。(いまだに信じられません)

 

 

 

 

代筆屋というのは、簡単にいうと、依頼者に代わって文章を考案する仕事なんです。

 

ライターに近いと言えば近く、遠いと言えば遠いような

 

何とも説明の難しい仕事ではあるんですね。

 

文章の考案をする代筆屋なので、綺麗な文字を書いて清書する清書屋さんとは全く違います。

 

 

 

書くことって、別に誰でも書けますよね。

 

識字率の高い日本なら、読み書きのできる人はゆうに90%を超えるでしょう。

 

 

 

僕の他にも代筆屋やライターはたくさんいると思うんです。

 

でも、文章を考案する仕事、専業で食えてる人に会ったことがほとんどありません。

 

たいていは本業(サラリー自営問わず)+物書きの仕事をしている、

 

実家が農家で空いた時間に副業的に書いてる、

 

学生さんがアルバイト感覚で書いている、

 

こうした人が多いのが現状です。

 

 

 

いつも質問されるのは、

 

「心を動かす文章を書くにはどうすればいいのか?」

 

「どうやったら物書き一本で食えるようになるのか?」

 

「フリーランスで家族を養うには?」

 

「自由なライフスタイルに憧れている」

 

 

その辺りの文章術はもちろん、

 

稼ぐためのマインド作り

 

自営業者としてのメンタルの養い方、

 

目標設定や夢の達成方法、自由なライフスタイルを築く方法、

 

文章術とコーチングをブレンドした文章コーチングを開発しました。

 

 

 

今この文章コーチングがお陰様で大ヒットしていて、

 

すでに100名近い方が文章コーチングの課題に挑戦し、

 

心を動かす文章術を学び、コーチングを受け、人生を変えていっています。

(くぅ~~~~~~、うれし過ぎるっ!!) 

 

 

文章コーチングなんていうと、難しいんじゃと思われる方がおられますが、

 

あまり難しく考えないでください。

 

ようするに、今の人生を変えたいけど、その方法がわからない、

 

だったら自分が理想とする人生を生きている人に教えてもらう、

 

もっと言うと僕からどんどん吸収してパクっていって、

 

僕以上の結果を出していってほしいんですね。

 

真似に勝る上達法や結果を出す方法はありません。

 

 

 

僕は大体京都府南部のどこかのカフェにいます。

 

もし、僕のように文章を書いて自由な働き方がしたい人がいたら、

 

ぜひ気軽に連絡をください。(基本自由人なので時間帯は合わせられると思います。)

 

 

 

僕はあなたのほんの少し先にいて、文章を書いて自由に生きています。

 

まずは話を聞くぐらいはできますから、想いを伝えてみてください。

 

自分の覚悟が本物であるかどうかにも気づけるきっかけになると思います。

 


 

他府県に住まれてて直接会うのが難しい人は、

 

メールでもzoomでも、今はどんな方法でも出会うきっかけはありますね。

 

人生を変えるって、ようは勇気を持って行動できるかどうかなんですよ。

 

待ってますね。

 

とりあえず問い合わせ先の一つを載せておきます。

 

 

※時間は自由ですが、暇ではないので冷やかしの問い合わせはご遠慮ください。

文章を書いて生きていきたい本気の想いがある人を待ってます。

※今後さらに受講生が増えていくと直接会う機会なんかは少なくなっていくと思います。

まぁ今がチャンス、かもしれませんね。チャンスには行動のみですよ。

 

 

代筆屋 中島泰成

 

 

悩んでも悩んでも人生が変わらないのは、

行動してないから。行けばわかる、行かなければわからない。

初級編(無料):21日で心が自由になるライフシフトプロジェクト

初中級編(有料):90日で人生が動きだす文章コーチング

中上級編(有料):180日でプロの代筆屋を目指す養成講座

 

 


代筆屋の文章コーチング、講座、研修を受講した方の声

↓↓

本当に早いもので、最後の課題となってしまいましたが、この3か月は書くことの難しさと奥深さを感じた濃密な時間でした

伝わる文章とはどのような文章か、自分にとって何が課題なのか、そして課題を解決するためにはどのようなステップを踏む必要があるのかを教えていただいた気がします。

この3か月で「誰でも文章が簡単に書ける」というような本も読みましたが、一部の天才を除いて文章が書けるようになる魔法はないと思いました。

中島先生が常々おっしゃっていることですが、文章に一番大切なのは書く人の心だと感じるからです。

中島先生のように、広く深い心をもたれ、感じられたことを、あっという間に伝わる言葉に変えてしまう達人技は、はるか遠くにしか見えません。

ですが、教えていただいた写経や読書を続け、自分なりにすこしでも近づけるよう努力していきたいと思います。

(S・Kさん/男性)

 

お手紙研修とプレゼン研修ありがとうございました。
中島先生の研修は大変学びが多く為になりました。
学んだことを今後の営業活動に生かしていきたいと思います。

これからもよろしくお願いします。
今までの私はこのような文章しか書けませんでした。

元々凡庸な文章しか書けない自分に課題感を持っていましたが
今回の研修を通して、少しばかりオリジナル感のある文章を
書くことが出来るようになったと感じています。

3か月に渡る研修は、終始私の頭を悩ませるものでした。
いかに今まで頭を使わずに文章を書いていたかを知る機会となりました。
テキストコミュニケーションが盛んな世の中だからこそ
文章力は人の印象や人間関係を左右すると思います。
今回の研修で学んだことを直近の営業活動だけではなく
今後の長い人生の中でコミュニケーションの礎にしたいと思います

貴重な学びの機会をいただきありがとうございました。
今後ともスポットでお世話になると思いますが
どうぞよろしくお願いいたします。

(S・Rさん/男性)

 

最後の課題提出から約一カ月間、常時課題も続ける事ができ、読書も早く読めるように進化しました。

たった三ヶ月が人をここまで変えることに驚き、そして「自信」につながるんだということがわかりました。

本当にありがとうございます。

しかし、越えられない壁はないですし、挑戦したから見えている壁でもあります。

 本当にコーチングを通し、成長できている実感があります。

最初は半信半疑な気持ちもありましたが、信じて続けることをしていれば必ず結果に行き着くんですね!

努力は絶対に結果を出すという勉強ができ、さらに自身で掲げた目標に挑戦するという楽しさをヒシヒシと感じています。

(M・Tさん/男性)

 

3か月間、ご指導ありがとうございました。
課題に取り組む期間が7日、休みの期間が3日、
10日で一つの課題というサイクルのおかげで適度な緊張感を保ちつつ、取り組むことが出来ました。

最初の頃は、課題に取り組む時間が欲しいあまり、早く次の課題の内容を知りたい、と思っていました。
しかし途中から3日間の休みがあることで、気持ちをリセットすることの重要性に気づきました。

課題は徐々に難しくなり、時間が限られ、続けられるかが不安でしたが課題添削での中島さんからの激励でモチベーションを保つことが出来ました。

こうして物事に計画的に取り組めたのは初めてです。これまで大概のことは直前までため込んでいましたので、これだけでも成長できたと思います。

ご指摘や厳しいお言葉についても「こうすればもっとよくなるんだ。自分はまだまだ成長できる」と前向きに捉えられるようになりました。

中島さんの課題添削に対して、お礼や自分の考えを毎回送りましたが、いつもお返事をくださりありがとうございました。

たくさんのお仕事をお抱えで、ご自身の生活もお忙しい中、丁寧に向き合ってくださる中島さんには感謝の気持ちで一杯です。

(T・Rさん/男性)

 

返事が遅くなりましたが、コーチングありがとうございました。先生のご指導で文章に対する心もちが大きく変わりました。

書けるようになりたいけど何か自分の文章はしっくりこない残念な気持ちから、今では書いていると、どこか前向きに自分に対して期待感が持てる気がします。

コーチングの中で父とのことを書きましたが、実は私は弟ともうまくいっていない時期がありました。そんな弟に自分が思っていることを正直に手紙を書いて送ってみたところ、意外にも理解を示してくれて、私に対する接し方も優しくなったような気がします。手紙の力を実感した出来事でした。

例の父との関係はそのままです。とりあえず今は自分の生活の雑音にならないように距離はとっています。

後半3ヶ月はサポート期間とのことですが、今後とも宜しくお願い致します。

(I・Nさん/男性)


3ヶ月間ありがとうごさいました。
この間、緊急事態宣言のこともあり、時間は確保でき書くことに関しては追い風となっていて、書くことに集中することはできていました。
手紙は希望を持って書いていくよう心がけます。
アドバイス通り少し休んでみて、また、文章を書いてみます。
先生に教わったことを基本として、これから発展できるよう、楽しんで文章を書いていきます。
(S・Tさん/男性)

私は、受講終了後から職探しを始めましたが、コーチングの経験は就活の大きな糧になったと思います。
特に感じた事は、履歴書や職務経歴書の内容を読み手に合わせて書こうと考えるようになったことです。応募する際は、志望企業の情報を集めた後、まるで手紙を書く気持ちで作成しました。また、封筒の種類やペンの太さも一つ一つ考えて、貰った人に気持ち良く読んでもらえるように工夫しました。そのような姿勢は、コーチングで教えていただいたものだと思います。

そして、自信にも変化がありました。中島さんから課題毎に頂く、心のこもったメッセージからも力をもらいましたが、何より無職という状況でも多くのお金を自分に投資できた経験が就活全般で強く背中を押してくれました。自分は強いんだと、その経験と判断が言っていました。
コーチングを受けさせていただき本当にありがとうございました。

就職先は事務職で、起業をして自由になるという受講時の目標とは少しだけ違いますが、どんな環境でもコーチングや就活中の経験を活かせると信じ、苦しみながら楽しみながらしっかり生き抜いてみたいと思います。
(H・Rさん/男性)


課題は自分と向き合い、深いところまで探っていくものも多く、正直考えすぎて嫌になることもありました。
でも、褒められたり認めてもらえたりすると、頑張ってよかったと達成感で苦労は吹き飛びました。
厳しい言葉も不思議と前向きに捉えることができて、自分でもびっくりしているんです。
いつもの私だったらいちいち落ち込んでしまうところがあるので、師匠の言葉選びが優れているのとやっぱりすごく楽しかったんだと思います。
書くのも考えるのも楽しくて、もっとやりたいと思うことばかりでした。
(T・Mさん/女性)


『心を動かす魔法』を手に入れ、人生を変えたい!
中島さんのキャッチフレーズに、私は心を動かされ、問い合わせのメールを送りました。
忍耐力と継続力、真剣度が必要で生半可な気持ちでは受講しないほうがよいという返信をいただき、この師匠なら!と受講を決心し、すぐにスタート。
読んだことのなかった作家の本から新しい表現を仕入れ、中島さんの「うまい!」に尽きるお手本とコメントを繰り返し読み返す日々。
代筆屋として依頼に応える文章を生み出すための試行錯誤を重ねた3ヶ月でした。
本を読む、文章を書くという作業はそれだけでも時間と労力がかかります。
そこに仕事、家事、育児。気づけば取捨選択、段取りのレベルがアップ。これは予想外の収穫でした。
(T・Nさん/女性)


中島さんへ、感謝とお礼を一言伝えたくて、手紙を書きます。
全12課題の添削を、どうもありがとうございました。
どの課題も刺激的で、今まで眠っていた脳が覚醒したようでした。
中島さんの添削は、「ほめ上手」ですね。 「いいですね!」 「この文章、好きです。」 「ぐっときました。」
課題に取り組むまで、まとまった文章を書く余裕など到底ない、と思っていました。
家と保育園と会社の三角形を、猛烈スピードで移動する毎日だから、書いたところで単調な内容になるだろう、と決め込んでいたのです。
ところが始めてみると、面白いネタがあります、あります。その大半は、子供達が提供してくれました。
常時課題はさながら育児日記みたいだったと思います。
断続的にではありますが、日記をつけて約25年経ちます。
もはや提出する宛もないですが、この先も続けていこうと思います。
好きだから、という単純な理由で書き続けた日記は、十年後、二十年後…と時が経つと、自分が生きた日常の足跡となるでしょう。
名も無い個人のささやかな毎日の歴史を、これからも紡いでいきたいと思います。
三か月間、どうもありがとうございました。
(A・Kさん/女性)


中島様 こんばんは。
いつも夫が寝静まってからが勉強の時間でした。
丸一年の長きにわたり、本当にありがとうございました。
わがままな申し出にもかかわらず、快諾して下さったこと心から感謝しています。
途中で断念する人もいる事実を知り驚きでいっぱいでした。
何を軸に考え、書くのかが大切だと思っていました。
添削していただいたのと読み、添付して下さったのを読み。
私の根幹になっている樹は、まだまだ年輪が浅い樹だと感じます。
中島さんのは、たくさんの年輪がある太い大木のように感じました。
今の現実を見据えた上で、しっかりと夢という道を歩む力強さのある文章でした。
受講生たちへの強く深い愛情が感じられました。
良い文章ですねぇ....と、うなっているのです。
中島さんが書く文章は、何度読んでも心からほっとして優しい気持ちになります。
どれもが大好きな文章で、お金を支払いたくなります!
書いて下さった文章は、宝物のようにずっと大切に取っておきたくなりますね。
添削されることは、ドキドキもしますが愉しみでした。
文字を書くという事が益々好きになれたので、この1年が本当に愉しい時間でした。
そして卒業のご褒美として、ぜひ中島家のみなさまにお逢いしたいです。
中島さん達との末永いお付き合いが出来れば幸いです。
どうかこれからも、よろしくお願いいたします。
1年間本当にありがとうございました。
(S・Hさん/女性)

 

 

心を動かす文章を考案する現役プロの代筆屋として15年の著者中島 

心を揺さぶる、心を突き動かす文章の書き方を知りたい人へ

プロの代筆屋が暴露する心を動かす手紙やメールの書き方 

が学べるAmazonレビュー高評価4.7の書籍PDFをプレゼント! 

心に残る手紙&メールの書き方プロの代筆屋によるお手本事例集付き 

≫プレゼントがもらえる【無料登録】はこちら。悪用厳禁!! 

※不要になったらワンクリックでいつでも解除でき登録のリスクはありません。

 

メルマガ苦手な方は友だちになりませんか?

友だち追加

 

▼出版中の心を動かす書籍(累計100冊)

⇒その他の書籍はこちらをクリックしてください。

 

▼心を動かす代筆屋中島泰成の掲載実績

AERA

 

東洋経済オンライン

 

日経ビジネスアソシエ

 

LEE

 

プレジデントウーマン

 

読売テレビ先輩ロックユー

 

 

⇒文章考案のお仕事の依頼はこちらからどうぞ。

 

 

僕に少しでも興味を持ってくれた方だけでいこちらからメルマガ登録して僕の人柄等を感じてみてください。

 

ネット上では一生懸命カッコつけたこんな見た目

↓↓

※AERAのカメラマンさん?に

物書きっぽい表情をと言われて調子に乗った写真

 

 

でも実際は・・・

 

コレ、

※目を覚ますと眼鏡に落書きされてた。

酷い、いえ愉快な家族

 

メルマガ登録するとプロの代筆屋が暴露する

心を動かす文章の書き方が学べる超お得なプレゼントがもらえますんで、

プレゼント目的でメルマガ登録するのも全然アリです。

⇒代筆屋ナカジの無料のメールマガジンを登録してみる。

 

 

小説、ビジネス書、自己啓発書、などなど

狂ったように本書いてたら101冊になってました・・・。

本が好きな方はAmazon著者ページから

101冊もあればお気に入りの本が一冊ぐらいはあるでしょ?

え、お気に入りが無かった。

そう、じゃあ、人気作家さんの本でも読めばいいやん。。。

⇒代筆屋ナカジのAmazon著者ページ

 

 

もちろんホームページもありますよ。

これには何十万とお金かけました。

⇒代筆屋公式ホームページ

 

この記事は、以前メルマガに書いた記事になります。

↓↓

代筆屋の公式HPはこちら

 

代筆屋のナカジです。

 

⇒ナカジのプロフはこちら

 

 

『表現の仕方』

 

先日、動かなくなった燕を見つけました。

猫かイタチにやられたんでしょう。

食い散らかされた無残な亡骸は、自然の厳しさとはいえ惨いものです。

 

「燕の亡骸」を題材に

この日の出来事を文章で表現する方法はいくつかあります。

心を動かす文章を書く練習になると思いましたので、

ぜひ参考にしてください。

 

まずはパターン1

 

家の駐車場にある車と駐車場と道路が見える家の窓ガラスの間に燕の亡骸があった。』

 

具体的事実を丁寧に書くことで読む人の想像力を補う方法です。

具体的事実を書くと想像しなくても何があったのか分かりやすいのですが、

事実が多すぎたり、書き方を誤ると読み手の頭の中がこんがらがって

読みづらく理解し辛い内容になってしまうことがわかりますね。

 

『車と窓ガラスの間に燕が落ちていた。』

 

わずかな情報だけを端的に書くことで

「何があったんだろう?」

と読む人の想像力を掻き立てる方法です。

これは読み手の想像力に任せる書き方です。

ただ、想像力のない人からすれば何があったのか??

となってしまい物足りない文章にもなります。

 

『ゾッとした。腹を抉られた燕の亡骸が目の前にあった。辺りには毟られた羽が散らばっている。』

 

書き手の感情を先に書いて読み手を同じ感情に持っていき、

インパクトのある具体的事実を書いて読み手を文章に引き込み、

さらに当たりの状況を追記してさらに物語の世界へ留めます。

キャッチコピーにも使えるので、このメルマガのタイトル(件名)にも使ってます。

 

どの表現の仕方が正しくてどの表現の仕方が間違ってる

と言いたいわけではありません。

文章は流動的に柔軟に書くことで心を動かす文章へと進化すると私は考えます。

場面に応じて、相手に応じて書き方は変わっていくのが当然でしょう。

 

大切なことは書き方の幅を持っておくことです。

引き出しの数と言ってもいいです。

数があれば、状況に応じて適切な文章表現を選択することができます。

引き出しの数と選択力が書き手には試されます。

文章を書くセンスと言ってもいいです。

 

『ゾッとした。腹を抉られた燕の亡骸が目の前にあった。辺りには毟られた羽が散らばっている。』

ちなみにこの文章のある個所を2文字変えるだけでも、

より臨場感を与えることができます。

『ゾッとした。腹を抉られた燕の亡骸が目の前にある。辺りには毟られた羽が散らばっている。』

現在進行形にすることで、その場に読み手を連れて行く効果がありますね。

 

文章は難しいですか?

 

文章は難しいようでじつにシンプルです。

相手にどう受け取ってほしいかを考えながら書けばいいんです。

笑ってほしいのか、泣いてほしいのか、

わかってほしいのか、感じてほしいのか、

伝えたいのか、伝わって欲しいのか、

 

どうか生まれたばかりの弱さと汚さと繊細さを忘れないでください

長く生き経験を重ねれば、強く美しく鈍くなることで、

文章を書く力は養われます。

ですが、純粋だからこそ持つ弱さと汚さと繊細さが薄れれば、

相手の感情を感じとる力や相手に与える影響力が失われていきます

 

一流の物書きほど俗世間と距離を取るようになるのは、

失う恐怖から逃れようとする防衛本能だと考えます。

 

 

記事が真面目?

一応プロの物書きなんで、そういう側面も見せておかないと・・・。

 

 

 

悩んでも悩んでも人生が変わらないのは、

行動してないから。行けばわかる、行かなければわからない。

初級編(無料):21日で心が自由になるライフシフトプロジェクト

初中級編(有料):90日で人生が動きだす文章コーチング

中上級編(有料):180日でプロの代筆屋を目指す養成講座

 

 


代筆屋の文章コーチング、講座、研修を受講した方の声

↓↓

本当に早いもので、最後の課題となってしまいましたが、この3か月は書くことの難しさと奥深さを感じた濃密な時間でした

伝わる文章とはどのような文章か、自分にとって何が課題なのか、そして課題を解決するためにはどのようなステップを踏む必要があるのかを教えていただいた気がします。

この3か月で「誰でも文章が簡単に書ける」というような本も読みましたが、一部の天才を除いて文章が書けるようになる魔法はないと思いました。

中島先生が常々おっしゃっていることですが、文章に一番大切なのは書く人の心だと感じるからです。

中島先生のように、広く深い心をもたれ、感じられたことを、あっという間に伝わる言葉に変えてしまう達人技は、はるか遠くにしか見えません。

ですが、教えていただいた写経や読書を続け、自分なりにすこしでも近づけるよう努力していきたいと思います。

(S・Kさん/男性)

 

お手紙研修とプレゼン研修ありがとうございました。
中島先生の研修は大変学びが多く為になりました。
学んだことを今後の営業活動に生かしていきたいと思います。

これからもよろしくお願いします。
今までの私はこのような文章しか書けませんでした。

元々凡庸な文章しか書けない自分に課題感を持っていましたが
今回の研修を通して、少しばかりオリジナル感のある文章を
書くことが出来るようになったと感じています。

3か月に渡る研修は、終始私の頭を悩ませるものでした。
いかに今まで頭を使わずに文章を書いていたかを知る機会となりました。
テキストコミュニケーションが盛んな世の中だからこそ
文章力は人の印象や人間関係を左右すると思います。
今回の研修で学んだことを直近の営業活動だけではなく
今後の長い人生の中でコミュニケーションの礎にしたいと思います

貴重な学びの機会をいただきありがとうございました。
今後ともスポットでお世話になると思いますが
どうぞよろしくお願いいたします。

(S・Rさん/男性)

 

最後の課題提出から約一カ月間、常時課題も続ける事ができ、読書も早く読めるように進化しました。

たった三ヶ月が人をここまで変えることに驚き、そして「自信」につながるんだということがわかりました。

本当にありがとうございます。

しかし、越えられない壁はないですし、挑戦したから見えている壁でもあります。

 本当にコーチングを通し、成長できている実感があります。

最初は半信半疑な気持ちもありましたが、信じて続けることをしていれば必ず結果に行き着くんですね!

努力は絶対に結果を出すという勉強ができ、さらに自身で掲げた目標に挑戦するという楽しさをヒシヒシと感じています。

(M・Tさん/男性)

 

3か月間、ご指導ありがとうございました。
課題に取り組む期間が7日、休みの期間が3日、
10日で一つの課題というサイクルのおかげで適度な緊張感を保ちつつ、取り組むことが出来ました。

最初の頃は、課題に取り組む時間が欲しいあまり、早く次の課題の内容を知りたい、と思っていました。
しかし途中から3日間の休みがあることで、気持ちをリセットすることの重要性に気づきました。

課題は徐々に難しくなり、時間が限られ、続けられるかが不安でしたが課題添削での中島さんからの激励でモチベーションを保つことが出来ました。

こうして物事に計画的に取り組めたのは初めてです。これまで大概のことは直前までため込んでいましたので、これだけでも成長できたと思います。

ご指摘や厳しいお言葉についても「こうすればもっとよくなるんだ。自分はまだまだ成長できる」と前向きに捉えられるようになりました。

中島さんの課題添削に対して、お礼や自分の考えを毎回送りましたが、いつもお返事をくださりありがとうございました。

たくさんのお仕事をお抱えで、ご自身の生活もお忙しい中、丁寧に向き合ってくださる中島さんには感謝の気持ちで一杯です。

(T・Rさん/男性)

 

返事が遅くなりましたが、コーチングありがとうございました。先生のご指導で文章に対する心もちが大きく変わりました。

書けるようになりたいけど何か自分の文章はしっくりこない残念な気持ちから、今では書いていると、どこか前向きに自分に対して期待感が持てる気がします。

コーチングの中で父とのことを書きましたが、実は私は弟ともうまくいっていない時期がありました。そんな弟に自分が思っていることを正直に手紙を書いて送ってみたところ、意外にも理解を示してくれて、私に対する接し方も優しくなったような気がします。手紙の力を実感した出来事でした。

例の父との関係はそのままです。とりあえず今は自分の生活の雑音にならないように距離はとっています。

後半3ヶ月はサポート期間とのことですが、今後とも宜しくお願い致します。

(I・Nさん/男性)


3ヶ月間ありがとうごさいました。
この間、緊急事態宣言のこともあり、時間は確保でき書くことに関しては追い風となっていて、書くことに集中することはできていました。
手紙は希望を持って書いていくよう心がけます。
アドバイス通り少し休んでみて、また、文章を書いてみます。
先生に教わったことを基本として、これから発展できるよう、楽しんで文章を書いていきます。
(S・Tさん/男性)

私は、受講終了後から職探しを始めましたが、コーチングの経験は就活の大きな糧になったと思います。
特に感じた事は、履歴書や職務経歴書の内容を読み手に合わせて書こうと考えるようになったことです。応募する際は、志望企業の情報を集めた後、まるで手紙を書く気持ちで作成しました。また、封筒の種類やペンの太さも一つ一つ考えて、貰った人に気持ち良く読んでもらえるように工夫しました。そのような姿勢は、コーチングで教えていただいたものだと思います。

そして、自信にも変化がありました。中島さんから課題毎に頂く、心のこもったメッセージからも力をもらいましたが、何より無職という状況でも多くのお金を自分に投資できた経験が就活全般で強く背中を押してくれました。自分は強いんだと、その経験と判断が言っていました。
コーチングを受けさせていただき本当にありがとうございました。

就職先は事務職で、起業をして自由になるという受講時の目標とは少しだけ違いますが、どんな環境でもコーチングや就活中の経験を活かせると信じ、苦しみながら楽しみながらしっかり生き抜いてみたいと思います。
(H・Rさん/男性)


課題は自分と向き合い、深いところまで探っていくものも多く、正直考えすぎて嫌になることもありました。
でも、褒められたり認めてもらえたりすると、頑張ってよかったと達成感で苦労は吹き飛びました。
厳しい言葉も不思議と前向きに捉えることができて、自分でもびっくりしているんです。
いつもの私だったらいちいち落ち込んでしまうところがあるので、師匠の言葉選びが優れているのとやっぱりすごく楽しかったんだと思います。
書くのも考えるのも楽しくて、もっとやりたいと思うことばかりでした。
(T・Mさん/女性)


『心を動かす魔法』を手に入れ、人生を変えたい!
中島さんのキャッチフレーズに、私は心を動かされ、問い合わせのメールを送りました。
忍耐力と継続力、真剣度が必要で生半可な気持ちでは受講しないほうがよいという返信をいただき、この師匠なら!と受講を決心し、すぐにスタート。
読んだことのなかった作家の本から新しい表現を仕入れ、中島さんの「うまい!」に尽きるお手本とコメントを繰り返し読み返す日々。
代筆屋として依頼に応える文章を生み出すための試行錯誤を重ねた3ヶ月でした。
本を読む、文章を書くという作業はそれだけでも時間と労力がかかります。
そこに仕事、家事、育児。気づけば取捨選択、段取りのレベルがアップ。これは予想外の収穫でした。
(T・Nさん/女性)


中島さんへ、感謝とお礼を一言伝えたくて、手紙を書きます。
全12課題の添削を、どうもありがとうございました。
どの課題も刺激的で、今まで眠っていた脳が覚醒したようでした。
中島さんの添削は、「ほめ上手」ですね。 「いいですね!」 「この文章、好きです。」 「ぐっときました。」
課題に取り組むまで、まとまった文章を書く余裕など到底ない、と思っていました。
家と保育園と会社の三角形を、猛烈スピードで移動する毎日だから、書いたところで単調な内容になるだろう、と決め込んでいたのです。
ところが始めてみると、面白いネタがあります、あります。その大半は、子供達が提供してくれました。
常時課題はさながら育児日記みたいだったと思います。
断続的にではありますが、日記をつけて約25年経ちます。
もはや提出する宛もないですが、この先も続けていこうと思います。
好きだから、という単純な理由で書き続けた日記は、十年後、二十年後…と時が経つと、自分が生きた日常の足跡となるでしょう。
名も無い個人のささやかな毎日の歴史を、これからも紡いでいきたいと思います。
三か月間、どうもありがとうございました。
(A・Kさん/女性)


中島様 こんばんは。
いつも夫が寝静まってからが勉強の時間でした。
丸一年の長きにわたり、本当にありがとうございました。
わがままな申し出にもかかわらず、快諾して下さったこと心から感謝しています。
途中で断念する人もいる事実を知り驚きでいっぱいでした。
何を軸に考え、書くのかが大切だと思っていました。
添削していただいたのと読み、添付して下さったのを読み。
私の根幹になっている樹は、まだまだ年輪が浅い樹だと感じます。
中島さんのは、たくさんの年輪がある太い大木のように感じました。
今の現実を見据えた上で、しっかりと夢という道を歩む力強さのある文章でした。
受講生たちへの強く深い愛情が感じられました。
良い文章ですねぇ....と、うなっているのです。
中島さんが書く文章は、何度読んでも心からほっとして優しい気持ちになります。
どれもが大好きな文章で、お金を支払いたくなります!
書いて下さった文章は、宝物のようにずっと大切に取っておきたくなりますね。
添削されることは、ドキドキもしますが愉しみでした。
文字を書くという事が益々好きになれたので、この1年が本当に愉しい時間でした。
そして卒業のご褒美として、ぜひ中島家のみなさまにお逢いしたいです。
中島さん達との末永いお付き合いが出来れば幸いです。
どうかこれからも、よろしくお願いいたします。
1年間本当にありがとうございました。
(S・Hさん/女性)

 

 

心を動かす文章を考案する現役プロの代筆屋として15年の著者中島 

心を揺さぶる、心を突き動かす文章の書き方を知りたい人へ

プロの代筆屋が暴露する心を動かす手紙やメールの書き方 

が学べるAmazonレビュー高評価4.7の書籍PDFをプレゼント! 

心に残る手紙&メールの書き方プロの代筆屋によるお手本事例集付き 

≫プレゼントがもらえる【無料登録】はこちら。悪用厳禁!! 

※不要になったらワンクリックでいつでも解除でき登録のリスクはありません。

 

メルマガ苦手な方は友だちになりませんか?

友だち追加

 

▼出版中の心を動かす書籍(累計100冊)

⇒その他の書籍はこちらをクリックしてください。

 

▼心を動かす代筆屋中島泰成の掲載実績

AERA

 

東洋経済オンライン

 

日経ビジネスアソシエ

 

LEE

 

プレジデントウーマン

 

読売テレビ先輩ロックユー

 

 

⇒文章考案のお仕事の依頼はこちらからどうぞ。

 

 

僕に少しでも興味を持ってくれた方だけでいこちらからメルマガ登録して僕の人柄等を感じてみてください。

 

ネット上では一生懸命カッコつけたこんな見た目

↓↓

※AERAのカメラマンさん?に

物書きっぽい表情をと言われて調子に乗った写真

 

 

でも実際は・・・

 

コレ、

※目を覚ますと眼鏡に落書きされてた。

酷い、いえ愉快な家族

 

メルマガ登録するとプロの代筆屋が暴露する

心を動かす文章の書き方が学べる超お得なプレゼントがもらえますんで、

プレゼント目的でメルマガ登録するのも全然アリです。

⇒代筆屋ナカジの無料のメールマガジンを登録してみる。

 

 

小説、ビジネス書、自己啓発書、などなど

狂ったように本書いてたら101冊になってました・・・。

本が好きな方はAmazon著者ページから

101冊もあればお気に入りの本が一冊ぐらいはあるでしょ?

え、お気に入りが無かった。

そう、じゃあ、人気作家さんの本でも読めばいいやん。。。

⇒代筆屋ナカジのAmazon著者ページ

 

 

もちろんホームページもありますよ。

これには何十万とお金かけました。

⇒代筆屋公式ホームページ