駆け落ち!その血の運命

テーマ:




北野誠さん、父と親友!青春!と言ってくださりたくさんの知らなかった思い出をお話ししてくださいました、胸がいっぱいです


お互いの家を行き来して色々語り合うなんて!

本駒込にあった、父の実家

なつかしい!幼少期は、ほぼそっちで育った私のなつかしい記憶の景色、

北野誠さんもきていたとは!


狭いけど鯉のいる池があって

マッサージ椅子やダンベルもあったのまで覚えていてくださり


なんと生後数ヶ月のわたしを抱っこしてくださってたそうです!

びっくりしすぎて今日ラジオのあとカバンまるごとタクシーに置き忘れた!


父の、またあたらしい知らなかったエピソードにたっぷり出会いました

まだまだみつかる生きた証


思い出は忘れないために繰り返し思い出して反芻して話すことで煌めく。

今日は父のことたくさんまた新しく知りそして想いました。父が繋いでくれたご縁!


わたしがうまれた1985年に、

デビューした父

ラジオをやっていたのにいきなり失踪して、

久々に誠さんに連絡がきたと思ったら、

実は結婚して子供もうまれました、て報告したそうです!

えええ、もう昭和の時代の自由度にびっくりしかない!

しかも、

父と母は駆け落ち結婚!ひみつのグアムの集団駆け落ち結婚式に、紛れ込んで結婚、でした、時代がすごすぎる


ひみつだったいろんなこと

ネットがあったら絶対無理でしたね!


父は、YouTubeやsnsの時代のほうが合っていたんじゃないかな?といつも思ってしまう。

運やタイミング、人の縁、だけじゃ難しいことがネットからなら見つけてもらえるものがある、といつも思ってしまう

でもきっとその時代だからできたうれしいこともあったんだろうし

いまの時代は自由度がなくなってしまってるから

ああ、話してみたい父といま、いろんなこと



短い人生の中で、反対にあった中でも

よくぞわたしを作っておいてくれたなと改めて思います


長い時間がかかったけれど

父が繋いでくれたご縁や

父の足跡をたどるような人生の発見だらけ


絵を描いたり歌ったり俳優に声優にバラエティ、

80年代には珍しいくらいにマルチな仕事


わたしもまるでコピーみたいにそうなったのも

血の中にいろんなプレゼントがあったように


9歳の頃に亡くなった父とは

思い出も少ないし、

仕事について語り合ってみたかったでも

今日みたいに不思議な、存在感

いないけどあえないけど、

話せてるみたいな、発見と出会い


反対にあっても駆け落ちして子供作ったなんて

めちゃくちゃだけどすごい!



ありがとうございました!

北野誠さんとまた、あらためてお会いして、

ゆっくり父のお話を聞いてみたいです。