4サイクル エンジン オーバーホール スズキ アドレス V125 ヘッド シリンダー 分解 | Nainersの作業風景
{BAB5ABE7-E857-4A2E-AD96-A531BCD75064}



飛び飛びで 本当にすみません     ⁉️


ちょっと 忙しくて  、、、 



ちょっと うそ 、、、  キョロキョロ



実は しばらく ブログを書かなかったところ 

絵文字の 履歴が消えてしまいまして 、、、



こう言うの苦手なワタクシは 

恐ろしく 時間が掛かってしまい
 
何度も くじけて おります      🌀



だいぶ お休みしてしまいましたが


ここからは エンジン不調の原因追求しましょう





残念ですが これ以上単純な4サイクルエンジンは

無いですので 頑張りましょう   ⤴︎⤴︎ ⤴︎


落ち着いて 見れば 大丈夫ですょ  ニコニコ



ヘッドの話しの続きですが 、


バルブのところに 茶色の 丸い物が見えると

思いますが 、

バルブシールと言って 

要は バルブの オイルシールです 


勿論 このヘッド 上側は エンジンオイル 塗れに

なっておりますので 、 

このシールで オイルが 逃げない様に

防いでるんですね   ニコニコ




{A80997EA-1597-4A47-955E-FE3E80D12306}



シリンダー側 ( ガソリンが爆発してる側 )は 

基本的にドライ の状態です 



完全に ドライでは ないんですけどね   ニコニコ


ガソリンで 爆発していますので 、、、 キョロキョロ



でも ベチョベチョしてたら 

綺麗に 爆発しないですから 

ドライ( ドライでいて欲しい  ) 

と しときましょう  ニコニコ



プラグが カブる なんて 時は 

こっち側が ドライじゃ無くなっているって

事ですからね    ニコニコ    



で ヘッド側の オイルを 食い止めているのが

あの 茶色の バルブシールです  


このシールが 駄目になると

エンジンオイルが 減ってしまう と言う訳です




{34AF83E6-D17F-4899-A408-BD31CD9F704F}



バルブ側と シリンダー側の間には 

スロットルボディ ( キャブ )によって

霧状にされた ガソリンが混ざった空気が

流れて行く トンネル が 有るのですが 

流れる力 ( 吸入圧力 )を作っているのは 

ピストンが 下がる時の 負圧でしたよね 



注射器と 全く 同じ原理です  、

注射器の中に 混合気を入れたい訳ですから

ピストンを引く時に こちら側の バルブを

開けて 吸い込めば良いって だけです 


注射器は あな1コ ですが  

エンジンは 吸うの専用の穴と 

注射する専用の穴が  

( 吐き出す専用の穴が)有る みたいな 、、、キョロキョロ




こちら側は 入る側ですので 

風は こちら側から奥へしか 流れません  、


一方通行です  




シリンダー内への 入り口のドア ( バルブ )は

しっかり開いて しっかりと閉じないといけません

それも エンジン 不調の大きな原因になります


だらしがないのは NG 🙅‍♂️ で御座います  



茶色のバルブシールが しっかりと 

エンジンオイルを食い止めてくれないと

ここは 一方通行の負圧ですので 

吸い込んだ空気と一緒に 

漏れた オイルが 

シリンダー内に流れこんでしまい 


混合気に オイルが混ざってしまい 

マフラーから もくもく 出てしまう と言う事です


たまに モクモク してる車 見かけますよね  ⁉️

あのモクモクしているのは 

エンジンオイルです   



エンジンオイルが 減る原因の NO 1です  


普段 にじみ や 漏れで びっくりされる方が

多いですが 

実は その程度では 実際 量には 

あまり影響の無い場合の方が 多いのです 、


実際 オイルの警告灯が 点灯する程に

量が減る と 言う故障は

漏れではなく この バルブシールから

ジャンジャン流れてしまってる場合が

殆どなんです  、、、 ショボーン




{BDC29DA3-D2D6-4E1E-BDEB-5AA29A693432}



このエンジンは 先日 オイルが 減ると言う事で

ちょっと バラしてみました   


パッと 見ると ちょっと 解らないですが 

冷静に落ち着いて見て頂ければ  

今 勉強している 原チャリのエンジンが

3個 並んでいるだけですよね    ニコニコ


3連発 って だけ   キョロキョロ  



これ どうします  、、、   



ちょっと 衝撃だったのは 

結構 マメに 自分でオイル交換をしている と



オイル交換をしてるのに こうなると言うのも

最近では 世の中に出回っている オイルが

あまり 良くない物も 多い と   、、、


皆さまは こんなとこ 開けて見ないですからね⤵︎


実は それだけ オイルって儲かるんですょ キョロキョロ

オリジナルとか言う文言には 特に気を付けた方が

良いですょ 、 ロクな事 無いっすから 爆笑



オイルフラッシングは やらない方が良いです

理解すると 詐欺に近い話しです


いつまでも汚れないエンジンオイルって

実際 有りますので 、、、 キョロキョロ


汚れないのは エンジン内に 

汚れが溜まってしまっていると言う事です


こうなってしまったら フラッシングなんて

何回やったって 綺麗にならないっすょ  爆笑



こんな状態では バルブの 開け 閉め は

上手くいかず パワー ダウン 、、、 


オイルシールなんて ただの ペラペラのゴム と

言ってしまいたくなる様なレベルです  ショボーン



きちんとしたオイルで交換と 言われると

= 高いオイル と連想してしまうかも知れませんが



普通のオイルで 十分だと思いますが 、、、 キョロキョロ

それが 最近では 普通以下 のオイルが

あり過ぎるだけなんですよね  、、、 ショボーン


10年前 、 普通のオイルだったのが 

いつのまにか 高級オイルになってしまいました

下が 増えたってだけですょ  



毎日 こんなんばっか 見てますからね  ショボーン



このお客さんが入れていたオイルには

汚れを取る力が オイルに無いんですね  、、、 ショボーン


先日 、 ちょっとショックな話を耳にしました

まぁ やってんだろうなぁ〜 とは 思っていましたが

某 カー用品店 で 働いていた人に聞いたのですが

オイル すり替え事件は 日常茶飯事 だそうです 

むしろ 常識だと言われてしまいました 、、、

せっかく 車の事を思い 

高めのオイルを選んだにも 関わらず 、

すり替えられている現実が有るそうです 、 

そのオイルは どこに行っちゃうか と言うと

すり替えたガキの車のエンジンの中に行ってます

お客さんのエンジンの中には

細かく管理されていない 量り売りのオイルを

入れるそうです 

皆さま  必ず  後 着いて行って下さいね  


子供と遊んでる場合じゃないですょ  



クイズ その先 、、、   ですね