2018年01月01日

★事務所ニュースで紹介!「ベイクドチーズタルト」のレシピ★

テーマ:お知らせ

弁護士の堀江です。

 

事務所ニュースで毎回紹介をさせていただいていますが、第9弾の今回は「ベイクドチーズタルト」です。

 

今回はHPでのレシピ紹介ということで、PC・タブレット・スマートフォンなどをお手元に、是非皆さんも作ってみてください。

 

では、早速レシピの紹介です。

今回は、18cmタルト型を使います。

  

【材料】

パータシュクレ(※1)     180g

クリームチーズ(※2)      70g

グラニュー糖           20g

全卵               50g

薄力粉               3g

コーンスターチ           3g

生クリーム            90g

 

【作り方】

(下準備)

1 パータ・シュクレを型に敷き、冷蔵庫で少し寝かせる。

ピケ(※3)をして、空焼きをする。

2 空焼きしたタルト生地の粗熱がとれたら、卵黄でドレ(※4)を

  する。

3 クリームチーズを室温に戻す。

4 薄力粉とコーンスターチを合わせてふるう。

5 全卵をほぐしておく。

6 オーブンを予熱しておく(※5)。

 

(アパレイユ)

1 クリームチーズを泡だて器で、ポマード状になるまで混ぜ、グラ

  ニュー糖を加えてすりまぜる。

2 ほぐした全卵を加えて混ぜる。

3 薄力粉とコーンスターチを加えて混ぜる。

4 生クリームを加えて混ぜる。

 

(焼き上げ)

1 タルト生地にアパレイユをこし入れて、170℃で30分焼く。

 

※1 パータ・シュクレとはクッキー風の生地のことです。

   市販のタルト生地を使うと楽です。

※2 私は、このレシピではフィラデルフィアのクリームチーズを使

    います。

   他のメーカーのものでも良いと思います。

※3 生地に穴を開ける作業です。熱を入りやすくして、焼きムラを

    防ぎます。

   ピケローラーという道具もありますが、フォークで全体的に穴

    を開ける程度でかまいません。

※4 卵黄を刷毛で塗って、オーブンで焼いて乾かします。

   これによってタルト生地が水気を吸わなくなり、よい食感が残

    ります。

※5 家庭用のオーブンは庫内容量が小さいため、ドアを開けるとす

    ぐに庫内温度が下がります。

   そのため、焼く温度の20℃~30℃高めに予熱をしてくださ

    い。