焼酎&梅酒bar 和み家閉店☆ワタシのブログ

焼酎&梅酒bar 和み家の新入荷情報や日記を紹介。2016年5月をもって寿閉店し、現在は神奈川より日々のこと・焼酎や梅酒・飲食店の紹介を綴っています。


テーマ:

 

どーも、ワタシです。近況報告でっす。

みなさま、お元気でしょうか?

 

ワタシは、8月末頃から徐々に体調ダウン。

9月は治りかけてはまたぶり返し〜の連続で、ほぼ毎日薬を飲んでました‥とほほ。

 

そして、その最中に机で左足の薬指を強打。

一週間経っても痛みが引かないので病院に行ったら、捻挫とのことで全治1ヶ月以上。

 

ということで、9月はボロボロでしたよ。はふー

そして、やっと体調も復活してきた10月!

 

関東は明日からまた急激に冷え込むようで、次こそはしっかり体調管理して元気でいたいw

 

さて、長崎では10月7、8、9日に「おくんち」が開催されました。関係者の皆様、お疲れ様でした。

 

ワタシは仲良しの友人から、10月7日に、

「今年のくんち、またBSであるとかな?」

というようなメッセージをもらって、

 

「ああ〜、おくんちね。

え!!!今日からじゃん!!」

↑最近、たまに「〜じゃん」言うようになりましたwやべ〜w

 

と言った具合に、自分のことで精一杯ですっかり抜けておりました‥

 

その3日間は、普段と何も変わらない生活で。

ああ〜、これが「都会に染まる」ということなのかな、と。

 

たまたま買い物に出た先で、町内のお神輿を見ましたが、やはり小さくて‥

 

 

まぁ‥とりあえず、ちょぴっと気分だけは味わいました。

 

そんなこんなで、どうにか生きてますw

次のブログはまた焼酎の紹介をします。

そろそろ、ちゃんと取り組まないと何年かかっても紹介しきれない状態が続きそうだw

 

ではではっ!

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

どーもー、ワタシです。

関東はまだ暑い日もありますが、夜は涼しくて過ごしやすくなってきました。

 

今日は、芋焼酎「小鹿」を紹介します。

 

小鹿酒造公式サイト

 

【焼酎名】

小鹿(こじか)

 

【蔵元】

小鹿酒造・鹿児島県

 

【原材料】

黄金千貫

 

【使用麹】

白麹

 

【蒸留方法】

常圧蒸留

 

【度数】

25度

 

【味】

ふんわりとした芋の香りと、ほのかでスッキリとした甘みがある。飽きがこない味わいで、女性ファンも多い。

 

【飲み方】

お湯割・水割り(ハーフロック)

 

小鹿酒造さんにはワタシも見学に伺って、色々なお話をしていただけました。

 

この小鹿酒造さんがある鹿児島県鹿屋市は、鹿が多く生息していた地域。そして、小さい4社の協業組合が集まってできたことから、「小鹿」という名前がついたそうです。

 

以前は鹿児島の芋焼酎生産量は日本一、と言われていましたが、現在は宮崎県が第1位で、鹿児島県は2位。

 

ですが、芋焼酎造りにかける意気込みは、もちろん負けていません!!

 

蔵元さんたちの熱意と努力によって、ワタシたちは日々美味しい焼酎を飲めていることに感謝しながら、今日もいただきたいですね。

 

ではではっ!

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、ワタシです。

 

今日は、芋焼酎「海」の紹介です。

引用元

 

【焼酎名】海

 

【蔵元】大海酒造株式会社(鹿児島)

 

【原材料】ベニオトメ

 

【使用麹】黄麹

 

【蒸留方法】減圧蒸留

 

【度数】25度

 

【味】クセがなくてスッキリ飲める。女性や芋焼酎初心者にもおすすめ。

 

【飲み方】前割り(ぜひワイングラスで)・ロック・ストレート(10度くらいがおすすめ)

 

桜島の地下800mほどから湧き出る温泉水「寿鶴」を割り水として使用しています。

 

ワタシも以前、大海酒造さんの蔵を見学させていただきましたが、やはり焼酎造りへのこだわりは半端ない!

 

また機会があれば伺いたいデス。

 

ではではっ!

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

どーもー、ワタシです。

 

8月14日から長崎へ帰省してきました。

今年は3月に友人の結婚式で帰省したので、約半年ぶりでした。

 

14日の夜に長崎に到着していまして、空港を出た瞬間に感じたのは、「ものすごい湿気」。

 

長崎って、こんなに湿気が強かったですっけ?

 

そして、長崎市内へ向かって友人たちと合流。

久々の思案橋を歩きましたが、お盆の時期ということもあってか、全く人がいない‥。

 

なんだか寂しい気持ちになりました。

 

またちょっと飲んだだけで、すぐに撃沈。行きたかったお店にも行けず、自分がお酒に弱くなっていることも改めて実感して、チーンでした。

 

そして、翌日の15日は今回の帰省の目的の1つめ。

それは、世界一ウイスキーを愛した男、パブジャマイカの坂本龍太郎さんの精霊流しに参加するため。

 

出発前がこちら。

 

たくさんの方々が当日まで、船の制作に携わって無事に完成したものです。

 

船には、なんと!バーカウンターが設置。中で、カクテルを作ることも可能な装備に。

かっこよすぎます!

 

そして、ご家族の挨拶の後、午後3時半頃出発。

思案橋のバー・ネイルスさんで休憩してから、再度出発。

 

グルメ横丁にあったパブジャマイカの方へ船を向けて、みんなで献杯。写真は友人から拝借しました。

 

 

精霊流しでは、たくさんの友人と再会、また新しい出会いもあって、それもこれも坂本龍太郎さんが導いてくれたのだなと。

 

船の制作から当日関わったメンバーを総勢80名にも。

他にも当日は参加できないので募金だけでも、と精霊船の制作のために募金してくださった方々も多数いるそうです。

 

本当に大勢の人から愛されていた坂本龍太郎さん。

かっこいいなーと思いつつ、羨ましくもありました。

 

携わった皆様、お疲れ様でした。そして、ワタシもご厚意で携われたことをありがたく感じました。

 

そして、翌日の16日。

今回の帰省の目的2つめ。

 

それは7月に若くして亡くなったテキーラの女王に会いに行くこと。

 

どうしてもお通夜とお葬式に参列できなかったために、友人が弟さんと連絡を取ってくれて、尚美の自宅にお邪魔することができました。

 

尚美の自宅へ伺うと、しっかりした弟さんが出迎えてくれて、まるで尚美がそこにいるかのように瓜二つなお母様が。

 

お線香をあげさせていただき、早々に退散するつもりでしたが、尚美の話を聞きたくてついつい長居してしまいました。

 

お母様も尚美の話をたくさんしてくださって、時折涙。

 

いつもはしっかりしているのであろうお母様だけど、肩を震わせて涙する姿は、とても小さく見えて折れてしまいそうなくらい。

 

世界一ウイスキーを愛した男、坂本龍太郎さんも。

テキーラの女王、萩原尚美ちゃんも。

 

2人とも、「病気」が原因で旅立ってしまいました。

 

だけども、今回の帰省で感じたのは、

どんな理由であれ、

親より先に旅立つことほど、親不孝なことはないのだと。

 

改めて、実感しました。

 

尚美のご自宅に伺った後は、ワタシも実家へ帰省して、姪っ子たちと初めてのお泊まり。

 

家族に対しても、自分が出来る範囲ではあるけれど、できることをしていきたいと感じました。

 

うちの母親に、「親不孝」について話をしてみたら、

「だからあんたは長生きしてね。」と、微笑みながら言われました。

 

こりゃ、いつまでも元気でおらんばですね。

 

次回の長崎の帰省は、まだ未定ですが、また帰省する際は、今回会えなかった方達やゆっくりお話しできなかった方達と会えたらいいなと思っております。

 

その日を楽しみにしつつ、また関東で頑張りますよっ!

まぁ毎日のらくらしてますけど。へへ。

 

ではではっ!

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

どーもー、ワタシです。

 

今日、8月9日は、長崎に原爆が投下されて72年目。

長崎では毎年、平和記念式典が開催されています。

 

関東に来て、2回目の原爆の日。

 

当然のことのように、こちらではサイレンも何もありません。

各自治体に任されているのかもしれませんが、なんだか寂しい気持ちになりますね。

 

ワタシは時計を見ながら、しっかり愛犬と黙祷。

毎年の習慣でもあります。

 

1945年7月16日、アメリカで初の核実験である「トリニティ核実験」が行われました。

それから1ヶ月も経たないうちに、広島と長崎に原子爆弾が投下されたのです。

 

広島に投下された原爆のコードネームは、「リトルボーイ」

長崎に投下された原爆のコードネームは、「ファットマン」

 

この2つの原爆の被害は、把握されているだけでも、広島では14万人、長崎では約7万4千人の死者を出しています。

 

そして、死者だけでなくその後も原爆の後遺症で苦しんだ人もかなりの数。そして、被爆2世、被爆3世も。

 

また出身が「広島」「長崎」というだけでも、かなりの偏見や差別を受けて、結婚や就職もままならない状態だったそうです。

 

この実際の体験については、朝日新聞の長崎支社が30人の被爆者に当時のことを取材して、本として発売しています。

 

Amazon

 

このナガサキノート2も発売されています。

 

ワタシは、2冊とも読ませていただきました。

 

本当に涙無くしては読めない本。そして、後世まで語り継いでいかなければならない出来事。

 

表面的な部分だけではなく、こうした実際の声を知ることも大切だと思います。

 

あまりにも強烈な体験なだけに、こうして話を聞かせてくださることは、かなり貴重なことでもあります。

 

そして、当時の状況を知る方々が高齢になるにつれて、「語り継いでいくこと」も大切だと感じます。

 

そしてそれは、被爆した広島、長崎出身者の使命でもあると、勝手に感じています。

 

平和に対する思い。核兵器廃絶。戦争根絶。

 

8月6日、8月9日という日に今一度、考える機会になればと思います。

 

最後は、この歌。

長崎、広島出身の人は、幼い頃から平和学習で歌ってきた歌です。

 

多くの人に知ってほしい。考えてほしい。

 

 

 

ではでは!

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。