おんな鍼灸師のどたばた東洋医学大作戦

おんな鍼灸師のどたばた東洋医学大作戦

おくすりやさんで鍼灸師の2児の母による、ゆるめの健康情報
女性の悩みを中心に、こころとからだの健康をお手伝い
子宝・産前産後ケア・更年期ケア

https://www.nagataeijudo-kariya-1973.jp/

『妊娠中の葉酸補充と赤ちゃんの脳の発達』

 

についての論文を紹介致します。

妊娠中の葉酸補充は出生児の脳の良好な発育に関連するというハーバード大学のグループによる研究結果が医学誌「JAMA Psychiatry」に掲載されました(1)。

葉酸と言えば、妊娠、出産に際して最も重要なビタミンで有名です。

葉酸は、ビタミンB群に属し、補酵素として、アミノ酸やたんぱく質など、私たちの身体にとって重要な物質の合成に関与していて、DNAの合成や細胞の増殖に必須です。

妊娠期は、胎児にとっても、母親になる女性にとっても、細胞分裂が最も活発に行われるので、とりわけ大切になります。

そのため、妊娠前から妊娠初期(3ヶ月)迄、サプリメントで葉酸補充することで胎児の二分脊椎症や無脳症などの先天異常の発症リスクが約70%も低下することがわかっていますが、葉酸が不足すれば、胎児の先天異常だけでなく、さまざまなリスクが高くなります。

その中で、出生児の自閉症スペクトラムなどの精神疾患のリスクとの関連について、多くの疫学研究による報告がなされています(2)が、明確な結論は出ていませんでした。

◎どんな研究だったのか


アメリカでは1996年に1998年までに全ての食品メーカーは穀物への葉酸添加を法律で義務づけることを決定しました。

妊娠前の女性が葉酸を不足しないように主食に葉酸を添加し、全国民に強制的に葉酸を摂取させているのですが、このような国は現時点で世界で81か国あります。

既に20年になりますが二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症数がこの法律の施行後に劇的に減少したことが検証されています。

因みに、日本では厚労省が妊娠前の女性に葉酸補充を推奨していますが補充するかどうかは個人のまかせているために穀物に添加しているような国と比べると先天異常の発症率は高くなっています。

さて、今回の研究論文では、妊娠中の葉酸摂取が出生児の脳の発育に影響するのかどうかを調べるべく、3つのグループの子どもを対象に研究を実施しています。

ハーバード大学医学部の関連病院であるマサチューセッツ総合病院で、生まれた子ども292名。

 

そして、フィラデルフィア神経発達コホート研究(PNC)に参加した子ども861名、もう1つ、脳の発達のためのNIH(アメリカ国立衛生研究所)MRI画像研究(NIH)に参加した子ども217名です。

共通しているのは、全員、なんらかの理由で脳のMRI検査を受けていることです。

そして、子どもを出生時期で3つのグループにわけ

 

葉酸添加の法律が公布される前(1996年以前)の葉酸非摂取群

 

法律の公布と施行の間(1996年から1998年)の葉酸部分的摂取群

 

法律の施行後(1998年以後)の葉酸摂取群

 

にわけ、同年齢の子どもの脳の発育状況をグループ間で比較しました。

その結果は驚くべきものです。

マサチューセッツ総合病院出生児では両側前頭葉、側頭葉の大脳皮質の厚みが葉酸摂取群で厚く、脳の成熟度が高かったことがわかりました。

また、PNCやNIHの子どもでも葉酸摂取群のほうが脳の成熟度が高く、精神疾患の発症リスクが低かったというのです。

このことから、妊娠前から妊娠中に葉酸が添加された穀物を食べることで出生児の脳の発育や成熟が良好になり、精神疾患の発症リスクが低くなることが示唆されました。

◎妊娠3ヶ月以降の葉酸補充について


厚労省は先天異常の発症リスク低減を目的とした葉酸の補充は、妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月迄、通常の食事摂取に加え葉酸480µg をサプリメントから毎日摂取することを推奨しています。

妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月迄としているのは、先天異常の発症が妊娠の極初期に発生するためです。

今回の研究結果から妊娠3ヶ月以降も出生児の健康を目的に葉酸のサプリメントを出産まで継続して摂取して方が良いでしょう。

ただし、その一方で、妊娠後期の人工葉酸サプリメント過剰摂取は出生児のアレルギーの発症リスク上昇に関連するという研究報告(3)がいくつかなされています。

そのため、継続する場合、厚労省が設定している食事以外のサプリメント摂取の上限量である1000μgを超えないように注意する必要があります。

 

文献)
1)JAMA Psychiatry. 2018 Jul 3. [Epub ahead of print]
2)JAMA Psychiatry. 2018; 75: 176.
3)Am J Epidemiol. 2009; 170: 1486.

 

 

棗参宝には

天然の黒棗から抽出した生体活性型の天然葉酸塩【6(S)メチルフォレート】1カプセル当たり38.9μg配合しています。

妊娠を希望する女性、妊娠中の女性は

棗参宝1日6カプセル(6×38.9μg)=233.4μg
を摂取する事により

 

食事性葉酸平均1日280μg
   +
棗参宝233.4μg=513.4μg


葉酸の厚生労働省1日推奨摂取量480μgを

生体活性のある天然葉酸塩6(S)メチルフォレートで満たせます。

 

image.png

 2月3日は節分。日本では一番寒い時期ですが、次の日からは立春となり春の準備をしましょうという意味です。豆まきをして、悪い鬼を退治するように、からだの中の老廃物を排出しやすくすることで、花粉症や春のプチうつを防ぎ、気持ちよく春を迎えることができます。そのためには軽い運動やストレッチ、ヨガなどで冬のあいだ、滞っている血流や気のながれを少し刺激してあげましょう。お酒・チョコレートなどの刺激物を控えめに。。。

 現代では、飲食物に含まれる農薬や添加物、ストレス、空気の汚れや薬の毒など全てを解毒するため、肝臓に負担がかかっています。 必要以上に食べたり、飲んだり、夜更かししたり、落ち込んだり、怒ったりしていると老廃物を排出できません。むくみ・耳鳴り・足腰の冷え・疲れが取れない・目の疲れ・風邪をひきやすい・頻尿などがあれば要注意です。

 

冷え改善♫ お灸のススメ

 寒さが身にしみるこの時期、冷えが気になる方

も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 冷えはからだ全体のめぐりが悪くなっている状態で新陳代謝や免疫力の低下を招き、カラダにさまざまな不調を引きおこす原因となります。

 

~冷えの原因となるもの~

・筋肉量が少ない(筋肉は熱を産生するため)
・食事の摂取量が足りていない(ダイエット等)
・運動不足   ・貧血
・ストレス過多(自律神経の乱れ)
・疾患によるもの など

 

ウォーキングなどの運動とお灸を継続して行うことで、

冷えを改善して新陳代謝を高め、免疫力アップ!

 

おススメのツボ

太衝(たいしょう)…足の甲で親指と人差し指の骨が交わる手前のくぼみ

三陰交(さんいんこう)…内くるぶしの上、骨に沿って指4本分の高さ

足三里(あしさんり)…膝のお皿の外側を指4本分下のところ

梅雨のたくさんの雨は、新緑や畑の作物たちをイキイキと生命力豊かにしてくれますが、わたしたち人間にとってはいささかうっとうしい季節であります。

 この時期は梅雨寒(つゆざむ)といい、冬の寒さとは違い日中薄着で汗をかく上、冷房でからだが冷えて体調を崩すこともしばしば。とくにお腹の風邪や下痢、関節痛などをおこしやすくなります。

 胃腸の弱りを助け、梅雨寒に負けないために、腹8分目の食事、甘いものや冷たいものは控え、をかくくらいの運動、腹式呼吸などで自律神経をととのえましょう。

 梅干しや梅ジュースはこれからの暑さや湿気をしのぐための日本人の知恵です。薬味や梅を利用して、日本の特に東海地方のジメジメ夏をのりきりましょう。

 季節に1回ほどのはりきゅう治療や、自分でできるお灸やツボ押しもこころとからだのメンテナンスに役立ちます。

 

気温差や天候の変化が激しく体調がすぐれないこの季節、

ツボを使ってからだのメンテナンスしませんか

翳風(えいふう)

耳たぶのすぐ後ろにある大きなくぼみ。

めまいの原因のひとつとされる内耳の機能を

高めるツボ。耳鳴り、めまいなどの症状に。

耳下腺リンパ節にも近いので

お顔のむくみをとる働きも。

指やペンなどで押します。

 

頭の竅陰(きょういん)

外耳の後ろの真ん中で、骨の内側にあるくぼみ。

翳風の斜め上後方にあたる。東洋医学の考えでは、めまいは

血液の量を調整するの働きが鈍ってが不足していると

考えられており、それを回復してくれるのがこのツボです。

 

内関はリラックス作用に優れています。

ストレスが原因で乱れた自律神経の調子を

整え、なかなか寝つけないストレス型不眠

を改善するのに役立ちます。

吐き気やむかつきを改善する働きもある

ので、乗り物酔いにもおすすめ。

指先をぐっと押し込むように押します。

 

中脘(ちゅうかん) おへその上 指4本分

呼吸を深くして胃腸の働きを高めます。

消化不良、むくみ、動悸、息切れ、不眠など。

とくに夏バテしやすい方にもおすすめ。

夏風邪もおなかを温めることで予防できます。

お灸やカイロなどで温めましょう。

 

 

食と子宮内膜症について調べた研究報告


これまで子宮内膜症と食生活や栄養との関連についての研究が多く行われています。

野菜や果物をたくさん食べ、肉は食べ過ぎない

イタリアのミラノ大学研究では、504名の子宮内膜症の女性患者と同数の子宮内膜症でない女性に聞き取り調査を実施、過去1年間の1週間あたり、どんな食品をどれくらい食べているかを調べました。

その結果、野菜や果物をたくさん食べている女性ほど子宮内膜症になりにくく、反対に肉やハムなどの加工肉をたくさん食べている女性ほど子宮内膜症になるやすいことがわかりました。

オメガ3脂肪酸を積極的に、トランス脂肪酸は摂らない

ハーバード公衆衛生大学院の研究チームは、7万人の女性看護師を対象に、1989年から12年に渡り実施された大規模な疫学調査「看護師健康調査」から脂肪の摂取状況と子宮内膜症の発症リスクの関係を調査、分析しました。

その結果、オメガ3脂肪酸の摂取量が最も多いグループの女性は、最も少ないグループの女性に比べ子宮内膜症の発症リスクが22%低く、トランス脂肪酸の摂取量の最も多いグループの女性は子宮内膜症の発症リスクが48%高いことが分かりました。

乳製品をよく食べ、ビタミンDを十分に摂る

ハーバード公衆衛生大学院の研究チームは、7万人の女性看護師を対象に、1991年から14年に渡り実施された大規模な疫学調査「看護師健康調査」から乳製品と血中ビタミンDと子宮内膜症の発症リスクの関係を調査、分析しました。

その結果、乳製品をよく食べる女性ほど子宮内膜症の発症リスクが低く、ビタミンD濃度が高い女性ほど子宮内膜症にかかりにくいことがわかりました。

ビタミンDを十分に摂る

東京大学医学部産婦人科の研究では、子宮内膜症の女性39名と子宮内膜症でない女性37名の血中のビタミンD濃度を測定したところ重度の子宮内膜症の女性は軽度子宮内膜症、子宮内膜症でない女性に比べてビタミンD濃度が低いことがわかりました。

また、ビタミンDは炎症や細胞の増殖を抑制する働きによって子宮内膜症の悪化を食い止めることを確かめました。


ビタミンDの充足にはサプリメントが無難です。

ビタミンDは紫外線にあたることで体内で合成されますので日光にあたるのが望ましいのですが難しいこと、また、全体的にビタミンDが不足している女性が多いと言われているからです。

まずは、毎日の食事でキノコ類や魚を意識して食べるようにすること、その上で、サプリメントで補うのが確実です。

その場合、ビタミンDは、毎日1525μgを補充することで必要とされる血中濃度は確実に保たれるとの試験結果があります。

 

また日光浴もよいといわれます。一日どのくらい必要でしょうか?

夏なら木陰で30分、冬なら手や顔に1時間程度、日に当たるだけでじゅうぶんです。

 

ビタミンDはカルシウムの吸収をよくするために、骨をつくるうえで欠かせない成分ですが、食事からだけではなく、日光浴により皮膚でもつくられます。

 

またガラスは紫外線をあまり通さないため、窓越しの日光浴ではあまり効果は望めません。一日中家の中にこもりきりの人は、食事からじゅうぶんなビタミンDをとらないと不足してしまいます。


ビタミンDのサプリメントを摂取する場合、夕食後に摂取するのが体内に吸収される割合が最も大きくなるとの研究報告があります。