NSPA長野県風景写真家協会

  NSPA長野県風景写真家協会

    長野県風景写真家協会 公式ブログ

nikonD850 150-600mm

昨日は県南部の方が晴れる予報だったので駒ケ根市に行ってみました。

モルゲンロートの中央アルプスはいい色に染まりました。

家に帰ってパソコンで拡大してみると宝剣岳の頂上に6人ほどの登山者が御来光を拝むのにいらっしゃいました。さぞかし素晴らしい絶景が見られたのではないでしょうか。

-今井-

【 モルゲンロートか朝焼けか 白馬三山が染まる 】

 

【 例年に比べ積雪が多く 流れは少ないが 綿帽子はかわいい 】

 

【 かろうじて霧氷が着いた岸辺の樹が 松川に影を落とす 】

 

 昨年の11月だったろうか、長野市から白馬・大町方面に行く国道の夜間交通止めが解除となった。年が変わり、1年以上行くのを止めていた白馬に昨日出掛けた。松川の朝霧は見事に期待が外れ、ダイヤモンドダストの無い霧ケ峰高原で定番の富士山を狙う如く、朝焼けの白馬三山撮影を淡々と進める。その後松川のポイント探しが続いた。

ー小平ー EOS 5D MarkⅣ・EF24-105mmSP150-600mm

 

   この日美ヶ原高原は、風が強く期待していた霧氷を見ることはできませんでしたが、

   この風のおかげで、風と雪の芸術品「シュカブラ(雪紋)」を目にすることができました。

   美ヶ原高原では、これほどの「シュカブラ」は珍しく、ご来光とのコラボに感動しました。

        1月15日   ニコンD810 20ミリ 24-120 

  

 

 

  樹氷  蔵王のようなスノーモンスターになればいいのですが、…‥

 

昨日は白馬松川方面に行きましたが霧氷、川霧もなく思った作品が出来来ませんでした。

、今日は木崎湖、姫川、夕方は諏訪湖に行ってきました。

天気予報を参考にして撮影に行くわけですが、全く予想外れで、苦労します、

それでも1日一作は納得した作品を作りたいものです。

                         T,Nakamura

 

 

 

 

機材 キャノンイオス5Dマーク4 レンズEF24-105ミリ  

マルミハーフND

 

 

 

土曜日に白馬方面に行ってみました。

日の出の頃は山に雲がうっすらとかかっていたため、

山頂部が出るのは日が昇ってからだろうと判断し

いつもの場所で大糸線を撮影することにしました。

α7RIII FE24-105mm F4.0

その後松川に移動して霧氷を撮影しようと思いましたが、

霧氷が出ていないため場所を移動して撮影しました。

α7RIII FE24-105mm F4.0

α7RIII FE24-105mm F4.0

                               J.Amaya

 

雪の林と白馬三山

朝日の当たる雪の林

雪の林と朝日

nikonD850 24-120mm

昨日は聖高原へ行ってみました。

霧氷を期待して行ったのですが、新雪のみでした。今年は積雪が多いです。

北アルプス方面は程なく薄雲が出てきて早々と撤収しました。

-今井-

 

越前海岸からの帰り道は五箇山の相倉と白川郷を経由して木曽まで帰りました。

その途中越前海岸から福井市内に入りかけたところで

木の上に猛禽が止まっているのを見つけて撮影しました。

自信はありませんがケアシノスリでしょうか。

OMD EM-1MKIII  Leica DG Elmarit 200mmF2.8 +TC2.0

 

α7RIII FE24-105mm F4.0

柿の実がまだ残っておりしかも何とか実の色もある程度保っておりました。

35年前には殆ど冬に訪れる人はいなかった白川郷も、

世界遺産になってからはすさまじい人でコロナ禍の現在でも

数はやや少なくなったとは言え賑わいを見せていました。

α7RIII FE24-105mm F4.0

相倉、白川郷と立ち寄りましたが、時間がない上にコロナの拡大で

なるべく人との接触を避けるために駆け足で、現在の状態を確かめると言った感じになりました。

                                                 J.Amaya

 

  気温 -8度川霧なし!午前7時27分       ニコンD850 24-120mm 恩田 豊

今回は水仙と漁り火の組み合わせも狙っていたのですが、海の荒れ具合や風向が影響したのか

若狭湾方向に漁り火が偏り、水仙畑の付近には殆ど出ませんでした。

α7SIII    FE24-105mm F4.0

漁り火は遠く離れてしまい、漁り火で水仙畑が照らされることもなく

月明かりも弱かったため、やむを得ず水仙畑はLEDビデオライトで不自然にならない程度に弱く照らしました。

α7SIII    FE24-105mm F4.0

一隻だけ白色LEDではなく。昔ながらのライトの漁り火がありました。

水仙畑と一緒に撮影出来る場所ではありませんでしたが

岩と波の感じが面白いところを選んで撮影して見ました。

連休中を通して海は荒れ気味で、岩礁の面白さとあいまって飽きることなく撮影出来ました。

                                      J.Amaya