自律神経の乱れからくる体調不良に。和漢植物冬虫夏草の養生法

自律神経の乱れからくる体調不良に。和漢植物冬虫夏草の養生法

食生活、ストレス管理、季節トラブル対策を健康管理士がわかりやすくご紹介します。

楊貴妃が美容のために毎日食したいと望み、秦の始皇帝が不老長寿のために望んだという

言い伝えが残される『冬虫夏草』。

当時は、科学的な根拠などない時代でしたが、永遠のテーマとなる「美と健康」のための

模索は続けられており、権力者ですら入手困難だった和漢植物として非常に稀少で価値の高かった和漢植物の王様『冬虫夏草』。

 

時を超え、現代では冬虫夏草の薬効についての研究も進み、人工的な栽培も進められてきました。

天然の冬虫夏草の入手は現代でも非常に困難ですが、様々な技術によって、健康や美容のための原材料として活用できるようになってきた今。

 

冬虫夏草に注目が集まるのには、冬虫夏草特有の成分を含んでおり、その成分による健康美容への期待値が高まっているからなのです。今回は、冬虫夏草特有の成分についてご紹介します。

 

冬虫夏草に含まれる3大成分と言われるのが

「虫草素」

「虫草酸」

「虫草多糖」

の3つです。

 

①    虫草素

コルジセピンともいわれ、健康に害を及ぼす細胞の繁殖を抑制し、免疫力を高め体に侵入してきた不要なものから守ってくれます。

その他にも老け見えの原因を作り出す酸化からも守ってくれる成分です。

ただ、「虫草素(コルジセピン)」は、冬虫夏草の中でも「サナギタケ冬虫夏草」特有の成分となります。

 

②    虫草酸

D-マンニトールともいわれ、冠動脈を拡張させて血流をスムーズにし、血管系の健康を維持するために役立つ成分です。

また腸内環境や尿を整えるのにも役立ち、アレルゲンや外部からの菌などから体を守ることにも役立ちます。

 

③    虫草多糖

β-グルカンの一種の多糖類です。免疫機能に深く関わる成分で、NK細胞などの免疫細胞の働きを活発にしてくれます。

冬虫夏草を含むキノコ類には多糖類が多く含まれていますが、中でも冬虫夏草の多糖類は群を抜いています。

 

「虫草素」「虫草酸」「虫草多糖」を含む冬虫夏草には、

これら以外にも非常に健康に役立つ成分が多く含まれていて、一つの素材から多種類の健康成分が摂取できるのも冬虫夏草の大きな魅力と言えます。

和漢植物の冬虫夏草は、摂り方も様々です。

冬虫夏草の名前を世界に知らせた、オリンピックでの中国女子陸上選手の活躍がありましたが、選手団は冬虫夏草のスープを毎日食べて、連日の試合にもベストコンディションで臨んでいたとも言われています。

ただ、忙しい毎日で冬虫夏草を何かの料理として食するのは、手間もコストも大変です。

効率的に、毎日続けられるものとしてはサプリやお茶などで摂り入れることが簡単のようです。

 

特有成分で魅力たっぷりの冬虫夏草を、免疫や健康が気になる今こそ上手に取り入れてみませんか。

 

 

 

商品一覧 | からだ元気ドットコムからだ元気ドットコム | 冬虫夏草一筋20年の専門店 (karadagenki.com)

 

新型コロナウイルスや、インフルエンザ、冬の風邪など、健康維持により敏感になるこの季節。

私たちの体を守ってくれるのは、体に本来備わっている自然治癒力と、成長過程で身に着けてきた「獲得免疫」などです。

 

「獲得免疫」とは「免疫力」のひとつで、

体内にウイルスなどが侵入することを経験することによって、それに対する「抗体」が作られ、次に同じウイルスが侵入してきたときには、

いち早く察知し撃退することで体を守ってくれる免疫です。

 

本来ならば成長とともに体が強くなり免疫力も高まってくるのですが

高齢世代、無理して体が疲れている人、などでは「免疫力の低下」が起こってしまいます。

免疫力を高めることで、様々な病気から身を守ることができますが

まずは、

免疫力を低下させないための生活習慣

についても見直してみましょう。

 

今回は「免疫力」を低下させないためのポイントを3つご紹介します。

 

①    体を冷やさない

体温が一度低くなると免疫力が約40%も低下する

と言われるほど、体温と免疫力には深い関係があります。

冬場は外気温が下がることもあり体温も低くなりやすくなります。

さらに、暖房器具の使用によって暖まる習慣がつくため、自発的に発熱する機能が鈍くなります。

内側から発熱する体づくりを目指しましょう。

筋肉を活発に動かすことで発熱につながりますし、温かい食事や飲み物によって内臓を温める、発熱を促進するポカポカ食材を摂るなどの工夫をしましょう。

 

②    睡眠の質を高める

免疫細胞の活性化に関与するホルモン分泌には、睡眠の質が関わります。

特に睡眠時に優位になる副交感神経を整えることが大切で、副交感神経の働きによって、

血管が弛緩し血圧を下げたり、成長ホルモンの分泌によって疲労回復しやすくなったり、

消化がスムーズに行われ、

全身の各機能が正常に働くための環境が整いやすくなります。

ですが、加齢とともに睡眠のお悩みが増えることもあり、良質な睡眠が得られにくくなってきます。

「眠れない」ということをあまりにも考え過ぎず、

日中でも軽く昼寝をしたり、ボーっとする時間を持つだけでも副交感神経が優位になりやすくなります。

睡眠の2時間ほど前くらいから全身をリラックスさせることを意識してみましょう。

 

③    血行(巡り)を良くする

免疫力を低下させないためだけでなく、

冷えない体づくりのためにも、睡眠の質を高めるためにも、関わってくるのが「血行」です。

免疫細胞を活性化するために必要なエネルギーや栄養素を運ぶのが「血流」。

加齢や食習慣やストレスなどにより血管がダメージを受けていると、スムーズな血行を維持しにくくなります。

血圧や血糖を乱れさせない食習慣をコツコツと続けていきましょう。

また軽いストレッチや、半身浴なども血行促進につながります。

 

 

以上、免疫力を低下させないためのポイントを意識してみてください。

その他にも様々なプラス習慣もありますが、継続することが最も大切ですので

無理なく続けられるものから始めることがおススメです。

 

 

商品一覧 | からだ元気ドットコムからだ元気ドットコム | 冬虫夏草一筋20年の専門店 (karadagenki.com)

 

あまり耳慣れないうえに、文字だけ見てもどんなモノなのかイメージしづらい

『冬虫夏草』

和漢植物界では、和漢の王様などと言われることもある『冬虫夏草』について

改めてご紹介したいと思います。

 

まず、『冬虫夏草』とは

キノコの一種となる植物です。

虫という文字が入っていますが、昆虫などの動物ではありません…

 

冬虫夏草は、中国(チベット)を主な分布地としていて

昆虫の幼虫に寄生し菌糸体をつくり、そこから子実体と呼ばれる芽のようなものを延ばして成長していくという、なんとも独特な成長過程を持っています。

主に、

コウモリガの幼虫に寄生するコルジセプス

ニイニイゼミの幼虫に寄生するセミタケ

ガの幼虫に寄生するサナギタケ

などがあります。

 

和漢植物としての冬虫夏草は、

地表に現れる子実体を使用しますが、この採集が非常に難しいとされています。

まず、冬虫夏草が原生している場所が山深い洞窟の天井部分であったり、ヒマラヤなどの高山地帯だったりするため、採集場所までたどりつくのに困難を極めます。

そして収穫時期もごくわずかで、地面からほんの数ミリだけ頭を出した状態の冬虫夏草を探すことは、ベテランの技術を持ってしても大変です。

最近では、日本国内で室内栽培にも成功しているため、安定した供給がされるようになってきていて、それにともなって、サプリメントなどの原料としても使用されるようになっています。

 

とはいえ、稀少性に加え、栄養価の高さから高価な和漢植物であることには変わりがなく

中でも品質に安心できる、ホンモノの冬虫夏草はまだまだ高価なアイテムとなっています。

 

高価と知りながらも生活の中にぜひ取り入れたい!というファンが多い理由としては

『冬虫夏草』の栄養価の高さと、他では摂れない成分にあります。

古くから滋養強壮、保肺益腎、不老長寿、美、などを求める権力者がこぞって冬虫夏草を求めたと言われるほど、不思議なパワーに魅了されていました。

今でも「神秘のキノコ」と言われ研究が続けられていますが

科学的な実証実験も数多く行われ、臨床データに基づく情報もたくさん公開されています。

 

冬虫夏草に含まれ、他にない代表的な栄養成分は

・虫草酸

・虫草多糖

・虫草素

とされますが、

この他にも

SOD(活性酸素除去酵素)やメラトニンなど多くの実力派栄養成分を含みます。

 

栄養価が高いキノコ類の中でも群を抜いて栄養価が高く

独創性のある栄養成分については、また別の機会でご紹介していきたいと思います。

知れば知るほど、活用したくなる冬虫夏草の魅力についてどうぞお楽しみに。

 

 

商品一覧 | からだ元気ドットコムからだ元気ドットコム | 冬虫夏草一筋20年の専門店 (karadagenki.com)