自律神経の乱れからくる体調不良に。和漢植物冬虫夏草の養生法

自律神経の乱れからくる体調不良に。和漢植物冬虫夏草の養生法

食生活、ストレス管理、季節トラブル対策を健康管理士がわかりやすくご紹介します。

 

夏のように暑い日があったり、雨でひんやりする日があったり、それでいて湿度が高くて、ジメジメ、じとじと…

そんな不快指数の高い日が続く梅雨。

気候の不安定さとともに、体調がスッキリせずに毎日、いつも通りに体を動かすことさえツライ…

ということはありませんか?

 

特に

めまいや吐き気を伴う偏頭痛

顔色がくすんだり、血の気が無いように顔色が悪いなどの

不調を感じることはないでしょうか。

 

このように気候や天気の変化を受けて体調が崩れることを「気象病」と呼びます。

 

雨の日が多くなる梅雨は、気圧が低い日が多くなります。

気圧が低くなることで、個人差はありますが血管が拡張しやすくなるのです。

 

こめかみあたりがズキズキする偏頭痛は、この血管拡張によって神経が圧迫され痛みを感じることも原因の一つとなっています。

本来、血管は暑さ、寒さを感じて体温を一定に維持するために、自律神経の働きによって収縮や拡張(弛緩)がコントロールされているのですが

気圧の変化という外的要因によって、強制的に変化が起こってしまうことで、敏感な方には偏頭痛といった不調が起こるのです。

 

 

特に、自律神経の働きの中に女性ホルモンのバランス調整もある女性は、自律神経への負担が大きくなるため、男性よりも梅雨時期の偏頭痛が発症する割合が多いようです。

 

 

体の健康をコントロールする要となっている自律神経の乱れは、

気圧による血管への影響に加え、正常な血流の維持が難しくなり、血行不良の原因にもつながりやすくなります。

その結果、

顔色がいつもよりも青白い、くすんで見える、唇の血色が悪い、といった

お顔の印象を変化させてしまうことも。

顏の肌は非常に薄いので、血行不良の影響が分かりやすく見えるのです。

 

血行不良はそのまま冷えの原因にもなるため、筋肉量の少ない女性の場合には体温が下がりやすくなり

肌温度が冷たくなっていたり、お腹をさわった時にいつもより冷たかったりと、冷え状態に。

内臓が冷えることで便秘にもなりやすく、腸内環境が乱れることでさらに顔色が悪くなったり、

吹き出物や肌荒れなどの原因にもなってしまいます。

 

 

不快な偏頭痛や、メイクで隠しにくい肌色への影響などを引き起こしてしまう梅雨の気候。

気候をコントロールすることはできませんが、

気候の変化によるダメージを受けにくいバランスの取れた体づくりを目指すことで

不快な梅雨を健康的に乗り切っていきたいものです。

 

自律神経の乱れ

血行不良

 

この2つを正常に整えるための対策がポイントです。

 

気温が高くて暑いからといって、冷たい物ばかり摂取しないこと

お風呂でしっかりと内側から体を温めること

体をリラックスさせることを意識して

短時間でも体を横にして良質な睡眠を心がけること

生活のリズムを整えてストレスを感じにくくする

栄養バランスの取れた食事を心がける

などに気を付けて

それぞれの生活の中で取り入れられる習慣を上手に取り入れてみませんか。

 

本格的な夏を迎える前に、体へのダメージを解消できる習慣を目指しましょう。

 

 

⇒好評発売中!冬虫夏草の育毛液【凛・養力育毛液】

 

⇒人気NO1 ずっと続けやすい粒タイプ

【巡・冬虫夏草 粒】

http://karadagenki.shop-pro.jp/?pid=88833343

⇒ 冬虫夏草エキスを贅沢に配合 ドリンクタイプ

【極・冬虫夏草液】

http://karadagenki.shop-pro.jp/?pid=9530013

 

ここ2年程の間に、私たちの生活様式は様変わりしてきました。

長時間のマスク着用、こまめな消毒、外出の減少、行動の制限など…

少しずつ緩和が進む中で元の生活に戻りつつある一方で、新しい生活様式として定着してきた新たな習慣もあるのではないでしょうか。

 

感染予防対策が徹底され、風邪やインフルエンザや花粉症などにかかりにくくなったという声もある一方で、

新たな生活様式によって今までにない不調を感じるようになった方もいるようです。

 

中でもマスクの長時間着用については、屋外での着用が緩和されるようになりつつあるとはいえ、

*呼吸が浅くなる

*口呼吸になる

*熱中症

*肌の擦れ

*化学繊維による肌荒れ

などの健康ダメージを感じている人が多いようです。

 

 

また、外出機会が減少していく中で

*運動不足

*紫外線によるダメージ

*日光不足

などがあったり、

人との会話の機会が減少することで

*人付き合いへの不安

*会話減少による記憶の低下

といった

世代ごとのお悩みもあるのではないでしょうか。

 

今後、新しい生活様式が主流となっていくうえで、新たな健康生活習慣も上手に取り入れて

快適な毎日を過ごしていきたいものです。

 

 

そこでまず注目したいのが

「全身に十分な酸素を巡らせること」

「血行促進をして免疫を維持すること」

です。

 

マスク着用によって、呼吸が浅くなることで酸素を十分に取り入れにくくなります。

長時間着用していると頭が痛くなる、といった場合には酸欠状態かもしれません。

十分な酸素が届かないことで全身の各機能が正常に働きにくくなったり、

自律神経の乱れにつながることで、全身のバランスが乱れ不調を感じやすくなります。

 

また、口呼吸になることで通常、鼻やノドの粘膜が外気中の細菌やウイルスをろ過してくれていたものが

直接気管支や肺に侵入するリスクがたかまります。

免疫を高めることで素早い対応ができる体環境を整える必要があります。

そのためにも血行促進をして、栄養をしっかり届け、酸素を運び、体温維持をすることが不可欠です。

 

様々な健康法がありますが、

おススメしたいのは「巡りの和漢植物」と呼ばれる『冬虫夏草』をプラスすることです。

稀少な和漢植物で、幅広い健康維持に役立てられています。

とはいえ、

野菜などのように簡単に食事で摂り入れられるものではありませんが、

サプリメントや健康茶として上手に取り入れてみませんか。

 

冬虫夏草に含まれる栄養成分の中には

*血管を広げる

*リラックス

*抗酸化

などの働きがあるものが含まれています。

 

キノコの仲間である冬虫夏草ですが、他のキノコ類とは一線を画した独自の生態を持っています。

かつては収穫量もごく少量でしたが、当社では研究を重ねられた屋内栽培による良品質の冬虫夏草を原料として使っています。

一人ひとりの生活に合った健康習慣があると思いますが、古く昔から活用されてきた『冬虫夏草』の神秘の魅力にもぜひ注目してみてください。

 

 

⇒好評発売中!冬虫夏草の育毛液【凛・養力育毛液】

 

⇒人気NO1 ずっと続けやすい粒タイプ

【巡・冬虫夏草 粒】

http://karadagenki.shop-pro.jp/?pid=88833343

⇒ 冬虫夏草エキスを贅沢に配合 ドリンクタイプ

【極・冬虫夏草液】

http://karadagenki.shop-pro.jp/?pid=9530013

 

風邪やインフルエンザが流行する冬、花粉やPMや黄砂が気になる春、に比べて

日々のカラダの心配事が少なりそうな梅雨から夏。

体温が下がると低下するとされる免疫力も、気温が高いために低下の心配がなさそうに思えます。

 

ところが、高温多湿の梅雨にも「免疫力低下」のリスクは潜んでいて油断は大敵です。

梅雨から夏にかけて体の不調を感じやすいのは

・疲労感

・頭痛

・めまい

・食欲不振

などではないでしょうか。

 

免疫力が低下する大きな原因は「自律神経の乱れ」です。

自律神経が乱れることで、エネルギーを消費した体がリセットしにくくなり

疲労や不快感が蓄積していきます。

また交感神経優位の興奮状態が続くことで、眠れなくなったり、消化不良になりやすくなったりします。

また、自律神経は体最大の免疫器官である腸の働きとも連動していて腸内環境の乱れを引き起こし、

免疫力低下に直結してしまうのです。

 

梅雨時期は、気温差が大きくて5℃以上の気温差を感じると体はストレスを感じるため

継続的なストレスが自律神経を乱しやすくなります。

また湿度が高くジメジメとした気候も不快感を増しストレスに。

さらに、昼間の暑さに合わせた服装をしていても、朝晩の気温の低さや雨に降られることで体を冷やしてしまうリスクがあります。

 

 

「自律神経の乱れ」「思いがけない冷え」

に気を付けることが梅雨から夏に向かう今の時期に健康を維持し免疫力をダウンさせないポイントとなります。

 

日常的にできる工夫を上手に取り入れて対策をしてみましょう。

 

①   体感する気温差をできるだけ少なくする

  冷房を使い始める時期ですが、室内と屋外の気温差は最大のストレスです。

エアコンの設定温度を低くし過ぎない、着る物を工夫して体感温度を一定にする、日差しを避ける工夫をして屋外での体表面温度を上げ過ぎないなどの工夫をしましょう。

 

②   適度な汗で体内の熱を放出しやすく

  室内に長時間いると汗をかく機会が減り、汗による体温調整をしにくい体になることがあります。暑いのに汗をかかないのは、自律神経の乱れのサインかもしれません。

入浴や室内での軽い運動などを上手に取り入れて適度に汗をかくことで、体温が安定しやすく免疫を整えるための体内環境ができやすくなります。

 

③   冷たい食べ物や飲み物の摂り過ぎに注意

  熱中症予防を意識したり、暑さのせいで、ついつい冷たい物を口にする機会が増えてきます。暑さで食欲がわかず食べやすいものに偏ってしまうこともあります。

そうすると、腸内の体温が低くなり、正常な機能を妨げてしまい栄養吸収がしにくく、老廃物を溜め込むリスクがあります。

暑い時にも温かな食事を摂ることを意識してみましょう。

味噌汁などの具材を増やすといったちょっとしたプラス習慣でも大丈夫です。

 

 

「自律神経」を整え、「巡り」を高めて冷えない体をキープしましょう。

 

また免疫力をダウンさせない習慣をプラスすることに加え、湿度や高温によって体が意識しないうちに疲れているということを理解して、体をリラックスさせる時間を作るようにすることも大切です。

スマホやパソコンからちょっと離れて、目を閉じて10分だけでも体を休めるといった習慣を工夫してみませんか。

 

 

⇒好評発売中!冬虫夏草の育毛液【凛・養力育毛液】

 

⇒人気NO1 ずっと続けやすい粒タイプ

【巡・冬虫夏草 粒】

http://karadagenki.shop-pro.jp/?pid=88833343

⇒ 冬虫夏草エキスを贅沢に配合 ドリンクタイプ

【極・冬虫夏草液】

http://karadagenki.shop-pro.jp/?pid=9530013