坂道の先にあったのは沼〜そらいろの推し事独白論〜

坂道の先にあったのは沼〜そらいろの推し事独白論〜

そらいろが推しグループについてヲモッタ事、カンジタ事を脈略なく呟く独白ブログです

オリンピックが始まりましたね...Twitterチェックしてても嫌が応にも目に入ります。

それいろは今回はあまり興味ない派なんですが、それでも付けられてたので少し見ていました。

自分の国で行われているのに、こんなに遠く感じるのはなんでなんだろうって思ったりもしています(寧ろ外国で行われたこれまでの大会の方が親近感があった)。

開会式で入場行進に使われた曲が〝神セトリ〟という話を見たんですが、何を使ったの興味があって見たらゲーム音楽が使われていた様ですね...なるほど一部には狂喜乱舞なセトリだったと思います。

そらいろ的には全くつまらなかった開会式、理由はただ一つ...いろんな事に配慮し過ぎだから何じゃないかと思います。

まぁ、世界的な大会ですからねある程度仕方がないとは思うんですが、声の大きい方達があーしろこーしろ言ってるうちに面白い部分が削られちゃってつまんなくなっちゃった...そんな感じじゃないでしょうか。

あと、やはり有観客でやるべきとも思いました...もし感染対策を言うならば2席ぐらい開けてもいいから入れるべきと...ただ、あの座席のカラーリングは秀逸で、一瞬人がいる様に錯覚するんですよね(笑)。

本当はもう一年延期しても良かったんじゃないかとも思っていて、でもそれが出来ないのはやはり放映権料なんだろうなという事もわかります。

大多数の人は単純に楽しめる物、単純に嫌だと思う事に反応するんですよね、色々な事を難しくする弊害...そんな事を感じさせてくれる今回のオリンピックと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そらいろです

 

こんにちわ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は7月の頭に誕生日を迎えた、なぎさん(齊藤なぎさ)としょこちゃん(瀧脇笙古)の生誕祭配信が行われました。

 

元来生誕祭は個別握手会にて行われていましたが、新型コロナウィルスによる影響で行われなくなって以後、配信という形で実施されるようになりました。

これまでFanSteamのフォーマットを用いて個別の開催毎にチケットを発売して行われていましたが、今回からそのフォーマットが変更されFanctionというフォーマットを使用する事になりました。

 

 

 

先にも述べた通りFanSteamの場合は単発でのチケット配信でしたが、

Fanctionでは年間パス的なイコノイプランと単発的な単推しプラン(1ヶ月兼)に別れており、イコノイプランではWEB会員証的な物と各配信のアフタートーク視聴という特典があります。

そらいろは勿論アフタートークも視聴したいので、年間プランで申し込みました。

 

 

まぁ、年間で4980円ですが23回分で月間415円ですからね、しかもアフタートークも楽しめますから悪くはないと思います。
怖いのは休みと重ならなくなって見れなくなる事ですが、そこはなるべく合わせていきたいと思います。
 
昨日の実は衣織さんの写真集のパネル展や終わりが近づいてきたノイミーちゃんのアドトラック回収に行くつもりだったんですが、連日の疲れがたまっていて午後ずっと寝てた事もあって結局出かけずにこの配信を見る事にしました。
 
 
FanSteam時代は進行が当の生誕メンバーが行ったり、そこの別のメンバーが助けに出演したりという形でしたが、今回からは司会進行役がいて(天の声さんと呼ばれていましたね)いてコーナーが進んでいく形になったのでメンバーの負担も減りましたし、グダグダになりつつも回収できる様になったので良かったのではないかと思います。
やはりメンバーの色々な面が見れるのも楽しいですが、回収できなくなると場合によっては途中で飽きてしまう事もありますのでしっかりした司会役がいるのはお金を取るコンテンツとしては至極まっとうじゃないかと思います。
 
やはり有料コンテンツと言う事でちらっと入場者数を見たら2人のSHOWROOM配信などの数に比べればかなり少ないと言える数、始めてという事もあり、また最近のイコノイ界隈の有料コンテンツシャワーに対する感情も影響しているかも知れません。
尤も、そのおかげで結構コメントなんかも拾ってもらえましたし、指原Pの言葉じゃ無いですがこれをどう盛り上げていくかは取り仕切る演出サイドのお手並みというところでしょうね。
昨日、参加している方のコメントを見れば概ね高評価でしたので、今後伸びていく可能性は秘めていると思います。
 
そういえば注意書きに今配信の画像のSNSへのアップは避けるようにと書いてありスクショとかはしないつもりだったんですが、随所でスクショタイムが設けられてSNSへのアップも促していましたので限定コーナーを設けてと言う事だったのでしょう(なのでツイにあげられている画像がスクショタイムばかりなのはその生だと思います)。
 
勿論、そらいろもスクショしてアップしました。
 
【なぎさんのターン】
 
【しょこちゃんのターン】
 
【2人のターン】
 
他のコーナー的には事前に募集されていた2人に言って欲しい萌えゼリフの読み上げ...苦手なしょこちゃんが頑張っていましたが、言い慣れていると言ったなぎさんがいざ言う段になって照れてしまったり、お互いにカードを引き当ててどちらが言うか選ぶのですが、流石なぎさんが自分の引きの時に自分ばかり当ててしまい、結局交互にというルールになったりとこのコーナーだけでも沸いていました。
また、スクショタイムと同じ様に、構成でコメントを読むコーナーが設けられ一気にコメント欄が流れ始めアプリが耐えられず落ちてしまうなんて事もあったようです(そらいろはPCで見ていたのですが、やはり回線が重くなって固まってしまいました)。
 
楽しいから1時間もあっという間に終わってしまいましたが、構成が良かったせいかあまり短かったという感じもせず、中々まとまっていたと思います。
 
 
そしてお楽しみのアフタートーク、終わった後はアーカイブ画面に移行して入り方がわからなかった方が多いようですが、配信時間になって公式からツイが出ていましたね。
 
そらいろはTL確認してからブラウザ更新で入ったので、若干遅れてしまいました。
終わった後のリラックスしたトークでこちらも好評だったのですが、なぎさんが兎に角リラックスしてしまい足を広げがちになったり、はいていた靴を半脱ぎにしてたりと微笑ましいところも見れました。
 
より画像と会ってこんなおふざけもしていましたね(笑)。
 
さてさて配信内で、今年1年の豊富と云う事でなぎさんが〝イコラブを引っ張っていく〟、しょこちゃんが〝雑誌の表紙を飾る〟と色紙に書いていました。
 
なぎさんの言葉は色々誤解されがちなのですが、やはり外に発信する事が多いメンバーとしての決意であって、兎に角イコラブという名前をもっと世間に広めていきたいと言う事の表れでしょう。
しょこちゃんの言葉も同じ様に外に発信する事が意外に多いと言う事もありますが、確かにイコラブちゃん達って雑誌方面の露出は弱いんですよね。
限定表紙では既に何回かありますが、通常表紙ってほとんど無いに等しいんですよね。
そういう意味では、これからもっと世間に知らしめたいと言う事もあるのでしょう。
 
次回は8月の頭にノイミーのなつおとちゃん(河口夏音)となんかちゃん(冨田菜々風)、こちらもどんなトークが繰り広げられるか楽しみにしています。
 
 
 
 

 

☞そらいろ欅のtwitterアカウントです、( `・∀・´)ノヨロシクオネガイシマス。 

 

 

 

 

 

イコラブ・ノイミー専用アカウントはこちら

 

☞そらいろのInstagramです、よろしければフォローお願いします

URL☞

https://www.instagram.com/roman.keyakizaka46/?hl=ja