くじょう みやび日録
  • 19May
    • 大佛次郎記念館で着物バッスルドレス

      先月は、素敵な洋館で貴婦人に変身してきました!横浜の大佛次郎記念館。先日の記事でロココドレスを着た岩崎博物館から歩いてすぐの、港の見える丘公園にあります。着物生地を使用して作られた鹿鳴館風のバッスルドレスを着用し、歴史的建造物などで写真を撮る変身体験(クラシカルプリンセスジャポン)でした。場所やドレスの候補は予約後、事前のメールで相談を重ねました。バッスルの腰の盛り上がりは穏やかですね。着物生地を使ったドレスは実際に作られていたそうで.、気分は鹿鳴館の華鍋島栄子あたりで←好き勝手言ってるよくある椅子腰掛写真も撮ってもらいました。大佛次郎記念館といえばこの吹き抜けのイメージですが、私の視線の先に注目してください。猫です! 大佛次郎といえば猫好き! 館内いたるところに猫特別にベランダへ出ての撮影。ここにも猫がガウンを羽織ってみました。優雅~大佛が猫たくさん飼ってたのは知ってたけど、展示されていた彼のエッセイの抜粋をちょっと読んだだけで、本当に猫好きなのが伝わってきます。積読だった文庫本を、家に帰ってすぐに読んでしまいました。 猫のいる日々 (徳間文庫) Amazon 猫は冷淡で薄情だとされる。そう云われるのは、猫の性質が正直すぎるからなのだ。猫は決して自分の心に染まぬことをしない。そのために孤独になりながら強く自分を守っている。用がなければ媚びもせず、我儘に黙り込んでいる。それでいて、これだけ感覚的に美しくなる動物はいない。(…)読書に疲れたら顔をあげて、この「客間の虎」の、もの静かで、おごりに満ちた優しい姿態を眺めればいいのである。同書・10~11頁館内撮影フリースポット☆(もちろん中央が大佛次郎です)この日は天気にも恵まれ、まだ3月はじめだったわりには温かく、撮影日和でした。青空に飛行機雲。

      47
      2
      テーマ:
  • 12May
    • 『栄花物語』巻二より~女房気分de書写シリーズ☆

      平安時代の女房になったつもりで書写シリーズ(?)第三弾。今回は『栄花物語』巻一に引き続き、巻二「花山たづぬる中納言」より。書写は、庚申待ちの夜、藤原超子が頓死する場面を選びました。超子は藤原兼家の娘。道長やのちの東三条院詮子の姉にあたり、冷泉上皇女御としてのちの三条天皇(居貞親王)と、和泉式部との恋で有名な為尊親王・敦道親王を生んでいます。このシーン、強烈な印象に残っていたのです。というのも、むかし読んだ谷崎潤一郎の小説のなかに非常に美しく描かれていたからです。(…)俯伏しに倚りかゝつていらせられる御頭の、長々と垂れたすべらかしのおん黒髪や、海浦の摺裳のうへに、組入の天井の燈籠の明りが眩く落ちて、おん頂きの黄金の釵子や、蝶鳥の銀糸の繍のあるお腰のあたりが、絵のやうに美しく、きらきらと輝いて居る。眠ってしまった超子の描写。そして……(…)道隆が試みに女御のおん手を取つて見ると、それは氷のやうに冷たくなつて居た。(…)たわゝに撓つた牡丹の大輪をゆり起すやうに、女房たちが御遺骸を抱き参らせると、夕顔の花のやうな白いお顔には、おん悩みの影だになく、らうたけたおん眉根の神々しさは、御生存中と変りがない。(…)最初はどの文豪のなんの小説だったか、思い出せないくらいこの場面だけが強烈で(なぜか室生犀星かと思い込んでいた)。明け方に「大粒の雪が繽紛と降つて居た」という雪と、超子の美しいイメージがすべてでした。短編のタイトルは「兄弟」で、タイトルからすると兼家と兄兼通の確執が中心テーマなのかもしれませんが、話自体は超子の少女時代にはじまり超子の死で終わり、あまりに超子の描写が美しいので、彼女の記憶しかありません。谷崎潤一郎は平安王朝ものをいくつか書いていて、有名なのは「少将滋幹の母」でしょう。やはり若い時にこれを読んだので、私の藤原時平のイメージはだいぶこの小説に負っている気がします。ほかに全集にあったのは、「信西」、「誕生」、「法成寺物語」、「小野篁妹に恋する事」でした。[引用]『谷崎潤一郎全集』第5巻、中央公論新社、2016年

      45
      2
      テーマ:
  • 06May
    • レキシ鯖江凱旋ライブと福井旅行、おまけに黄色い藤

      ~GWの思い出詰め込みました編~ついにレキシの鯖江凱旋ライブまで押しかけてしまいました~!鞄から稲穂をはみ出させながら福井県入り。1曲目は私の大好きな「KMTR645」。のっけから鎌足さんの名を叫びテンションMAX! ほんとレキシ音楽もいいしトークも最高。この日はレキシを聴いたことない家人と一緒だったのだけど、「筋少(筋肉少女帯)っぽさを感じる」と指摘されてしまった……意外!! もちろん音楽の方向性はまったくちがうのだけど、音楽性がめっちゃ高くトークがクソ面白く(皮肉やひねり込み)、サブカル臭を感じると……なるほど。しかも筋少がブンガクベースならレキシは日本史ベースだもん、さらに私がハマるのも道理ってことか~。というわけでレキシに連れられて福井ツアー!まずは武生の紫式部公園で十二単撮影です☆平安風の寝殿造庭園で野外撮影できるのは貴重。金ぴかの紫式部像!ご存知の通り紫式部は越前国司となった父に同行して約一年を北陸で暮らしています。そのことにちなんだ公園というわけ。そして鯖江といえばめがね! というかめがねしか思い浮かばない!(あと動物園のレッサーパンダも有名とか)気になりつつも行くことはないかなと思っていた「めがねミュージアム」を訪れることができました。これもレキシのおかけですっ入場は無料。展示やめがねやグッズ売り場、カフェなどがあります。展示では、日本最初のめがねはフランシスコ・ザビエルが大内義隆に贈ったものだと紹介されていました。カフェのスプーンとフォークにもめがね!街のいたるところにめがね!泊まりは福井でしたが、駅前のロータリーには岡田啓介首相のみならず、松尾伝蔵の像までもが! ただし知ったとき想像したような寄り添った像ではなかった……松尾伝蔵は岡田の妹婿で、二・二六事件のとき岡田の身代わりになって落命した人物です。松尾を岡田と勘違いした将校たちは目的を達成したと思い込み、岡田は後日潜伏していた押し入れから救い出されました。それにしてもこのとき松尾だけでなく警備の巡査たちも亡くなっていますし、以前訪れた湯河原は東京以外で唯一の二・二六事件の舞台でしたが、そこでも襲撃された牧野伸顕を救うため巡査が一人命を落としています。こうした犠牲が歴史には絶えないな、、、と思いを馳せてしまいました。☆さて関東へ戻って、休みの終わりにはあしかがフラワーパークに行ってきました。今年は桜もでしたが藤も開花が早い! 同時期に訪れた去年はまだ咲いていなかった念願のきばな藤が見られました。うす紅、紫、白の藤はすでに終わっていて、紫の八重藤だけちょっと終わりかけといった感じ。今年は季節の進みが早いです。黄色い藤なのですが、実はマメ科でもフジ属ではなく、ラブルヌム属なのだそうです。涼しい場所を好むとのことで、すでに暑さにちょっとやられてた?昼間の様子。夜のライトアップ。ほかの藤と異なり、藤棚ではなくアーチ状に這わせてトンネルを作る形になっています。まだ若木が多く、この先もっときれいになっていくと思われます。去年はまったく見られなかったバラも色とりどりに咲いていました(写真のほかにも赤やピンク、オレンジなどさまざまな種類があり、名前も面白い)。藤で名高い観光地ですが、四季折々の花が咲くらしいので、いつ訪れてもみどころがあるそうです☆

      45
      テーマ:
  • 22Apr
    • 百段階段2018~猫都の国宝展

      今年も目黒雅叙園の猫まみれ百段階段に行ってまいりました!タイトルがまた可愛い。猫都(ニャンと)の国宝展目黒雅叙園の説明は去年の記事をご参照いただくとして……入口に鎮座ましましているソファ。座って撮影できる!私が訪れた日は、リレー個展が「元祖ふとねこ堂」さんでした(実は狙って行ったのですが)。想像をまったく裏切らない可愛らしい女性でした~。 猫国よもやま お菓子ばなし 1,058円 Amazon このイラスト&お話の本、とても可愛いので猫好きさんにオススメしたらなんと、草丘の間では、その元祖ふとねこ堂さんと、去年私がいたく気に入った造形作家・小澤康麿さんとコラボした作品が! 加えて人形作家・松本浩子さんという3人の作家が、敬愛する歌川国芳の作品から発想を得て「猫国(にゃんごく)」の世界を合作したものだとか。猫が気ままに暮らす国上から全体を見下ろすとこんな感じ。右の屏風の裏にも猫が(寝てる)! 屏風を突き抜けて出ていく子も(笑)←猫らしい反対側には、屏風の向こうから入ってくる子。小澤さんの「見つめる猫」の視線の先は、琳派作品をモチーフにした猫作品。尾形光琳ならぬ“尾形猫琳”作「紅白梅黒猫図」の一部。有名絵画をモチーフにした猫作品を手掛けている目羅健嗣さんの画集、買いました~!また来年も(あるのかな?!)楽しみです

      50
      6
      テーマ:
  • 08Apr
    • 岩崎博物館でロココ!

      先月、またまた横浜・岩崎博物館(岩崎ミュージアム)で、急遽決定のおひとり様ドレス体験してきました!今回出ていたドレスは、半分以上がバッスルドレス。気分ではなかったので、ほかから選ぼうとしたのですが、さほど惹かれるドレスがなく(実は前回お友達が着たエンパイアドレス狙いだったのですが、もう出ていませんでした)。だったら思い切って、ロココドレスにしちゃおう!!!という、自分でも驚きの展開に。ロココ全盛期のドレスをイメージしたそうです。こちらは「スペシャルドレス」の設定で、ちょっとお値段張る(といっても4千円)のですが、その分写真が通常の全身写真のほか、接写ぎみのバストアップ写真も付きました。(もちろん壇上での自由撮影も他同様OKです)いままでセレクトの地味ドレスから180度の転換(地味ドレス……好きなんだよ。黒のルネサンスドレス、青は今回あれば着たかった友人のエンパイアドレス)さて、華美なロココドレスに戻りますこちらはバックスタイル。リボン留めで体型に合わせられるようになっていますが、当時の本物はオーダーメイドですから、体ぴったりに作られたとか。腰のふくらみは大きな綿袋(?)みたいのを入れましたが、当時の本物は鯨骨などでしょうか。やってみたかったお祈りポーズ。ルネサンスドレスでやればよかった。ちなみに胸の前の赤い花飾りは、さらにピンクの花飾りも追加する基本仕様でしたが、さすがにちょっと煩いので赤のみで。可愛らしいのが好きな方にはピンクのお花もおススメです!今回は髪型がアップスタイルで決まっていますが、実はこの前にした別のドレス体験でやってもらえました。(岩崎博物館は安価でドレスを着られますが、ヘアやメイクはすべて自前です) その模様はまたいずれ!*今回はおまけに、東博のきもの体験の写真を*

      63
      テーマ:
  • 25Mar
    • ブログの方針、かっこかり。

      最近、昨年に発病したからというわけではないけれど、ほかの悪いところまで見つかったりして、突然の病弱キャラに悪いところが判明して治せるのはいいことなので、体調に関しては心配しておりません。却って体力づくり&美容のために筋トレ始めてるくらいなんで!!!(←もともと非力で初心者だし、治療で禁止される時期もありますが)モヤモヤするのは体調ではなく……相変わらずやる気のない無趣味状態。そうか、いままで謎だった、仕事ばかりしていてプライベートなんてなくてもフツーに生きてる人って、こういう状態なのか。仕事以外することがないんです。(とはいえ、私の場合仕事もさほど忙しいわけではないのですが)あ、あと筋トレ?(でも始めたばかりでひよっこです……毎日のワークじゃないし)←筋トレは手っ取り早く気分転換できるのがハマってる理由くさいこのブログを始めた二大きっかけの書道と歴史ですが。これらに対する関心が急速に薄れている のを感じていますあくまでも自分の趣味なんだから、自分の勝手だけどね。それらの記事に期待して弊ブログに来られる方にはゴメンナサイですがかといって新しい趣味が見つかっているわけでもない(ここがつらいところ!←無趣味がこれほどつらいとは)ので、これからは時折、書道や歴史に対する自分の中での振り返りとか、まったく趣味を停止しているわけではないので、亀の歩みの進行状況について、レポしていきます。あと、期間限定なので新しい趣味……といえるのかわかりませんが、2018年でほぼ(←弱い)卒業を果たすべく注力しているコスプレについては、どんどん勝手に報告していきますね!あせらず、興味持てることを探すともなく探そうかと思っております☆いまはとにかく、仕事が環境的にはストレスフルだけど内容的には興味深いので成果出すことと、筋トレでリフレッシュ&健康維持しつつ、カラダできれば少し絞って(体重は増やす)コスプレに励んでいきたいです。あと、猫は正義!世界の猫が幸せでありますように!!

      53
      4
      テーマ:
  • 21Mar
    • コスプレINDEX

      2018年はコスプレ強化年間いったん今までのコスプレを整理しときます☆*コスプレINDEX*◇日本編古代(奈良~平安)◆奈良朝服…東院庭園観月会/天平祭~大極殿de天平衣裳編 /時代や編 /地毛結いde奈良衣裳(時代衣裳おかむら)編 /装束散歩710編◆時雨殿で平安初期装束体験♪◆十二単…いつきのみや歴史体験館 /いつきのみや歴史体験館・夏編◆十二単特別編…斎王代 武士◆鎌倉武士体験近世その他着物◆大奥の尼様に変身♪◆花魁…はじめての花魁変身◆狐の嫁入り近代(洋装)◆鹿鳴館☆◇外国編◆インドのサリー◆クレオパトラ◆ルネサンス(春夏)…横浜お洒落旅 2~ルネサンスの装い /秋冬編◆唐代古装&チャイナドレス…横浜お洒落旅 3~唐代古装 and more…◆中国・清代…東博無料衣裳体験◆アオザイ◆韓服…今更の韓流ブームと韓服体験☆◆ロココ…次回公開◇その他◆ジャポニスム◆コスプレ写真館:オリエンタル王妃風/新古今ちゃん(ドレス)◆宝塚・禁断の男装編◆正調キモノ◆破調キモノ(おまけ)◆猫浴衣

      47
      6
      テーマ:
  • 17Mar
    • 藤原行成「白氏詩巻」全臨書

      平安中期、のちに「三蹟」と称される藤原行成。和様の書の完成形ともいわれる、行成の「白氏詩巻」!あこがれのこの書を、なんと臨書しようという無謀な試み。今回はついに最終回の、通しで全臨書です! 年明け間もないうちになんとか仕上げていたのですが、なんだかんだでUPが3月になってしまいました(解読などは過去回をご覧ください)現在は、同じ三蹟のある書にゆるっと取り掛かっています!ほんとは白氏詩巻にもっとも縁深い作品を書きたかったのですが、その前にその御方の別作品を……なんの臨書かは、いずれまた☆

      46
      4
      テーマ:
  • 04Mar
    • 人気記事とアクセス解析/公式ジャンル後日談

      最近ちらほら目にする、やたらとアクセスが集中する記事が出てくる、という現象。実はここんとこ半冬眠状態の当ブログにも、あるんです。もともとアメブロさんのアクセス解析は、かなり数が水増しされていると言われていて、あまり真に受けてはおりません。ただ、急にアクセスが集中する記事には、なにか理由がありそうです。拙ブログのブレイク史に沿って、お示ししますね。ブレイク史 私のそこそこ長いブログ歴の中で最初にブレイクしたのは、こちらの記事。『大和物語』の遍昭 3~小野小町第168段の良峯宗貞(僧正遍照)出家前後の話の超訳・解説・感想を4回に分けてつづった内容のうち、小野小町が出てくる場面。どうやら、Yahoo!知恵袋かなにかで紹介(リンク)されており、アクセスが集中していました。現在も時折アクセスがあります。ブレイク史次は、近衛家の記事。人気記事は近代史が多いのです。近衛文麿から現代の近衛家までフーミン(近衛文麿)関連です! NHKのドキュメンタリー番組「華族 150年の旅路」で近衛家が取り上げられたタイミングだったので、どうやらその影響。番組は何度か再放送があり、そのたびにアクセスは上がりますが、現在は放送の有無にかかわらず比較的人気の高い記事です。ブレイク史このブログ最大のバブリーな超ブレイク記事 これはねぇ……私もドンピシャで希望&予想が当たってうれしかったのですが、あのフジテレビドラマ「大奥」の新作に、お美代の方が決定した時のことでした!忘れていたお美代の方この記事を書いた2011年には、5年後に本当にお美代の方バージョンの「大奥」が放送になるとは思いもしなかった (そして最近気づく、フーミンがお美代の方と家斉の子孫だってことに……これは余談)ブレイク史現在、謎のブレイク中の記事は……(ただ原因不明の割には、お美代の方の最盛期を軽く越すアクセス数なので、最近の解析はますます信用ならないような気がしてます)菊子の娘が語る婚約解消事件関連記事も小ブレイク中!酒井美意子さん自伝関連はありませんが、こちらもなぜか中ブレイク!!双子は不吉? 最近ヒット中の一連記事は、いずれも近代の皇族・華族をあつかった内容。どれも久邇宮朝融(あさあきら)王……的なオチになってる気がするのですが、いまのところブレイクの理由は判明しておりません。ひとつ思い当たるとすれば、話題になった内親王の婚約問題かな……? だとしたら、全く無関係な記事なので気持ちのいいものではありませんな~ところで、酒井美意子さん自伝(風物語)『ある華族の昭和史』、近衛文麿が女性と話すときは女言葉だった、って回想があり、妙にリアルだったな…… まとめアクセス数に関しては、実態は多くてその半数くらいと考えておりますが、集中には理由があるのは確かなようで、そのわけを探るのも面白い。また、数年前に書いて忘れていたような記事が突如ブレイクする可能性は常に潜んでいて、ほんと世の中一寸先は闇だな~(←?)と思ってしまいます☆公式ジャンル後日談。いわゆる日記ジャンル(年代属性)に招待されました(メッセが来て、確認すると強制参加になってました)。しかしやっぱりランク付けされるのはいい気分じゃなかったので、ジャンル「削除」ボタンをぽちっとしたら、めでたくジャンル不参加となりました~(ついでにいつの間にか復活させられていた「全体ブログランキング」も削除処理)。特にテーマに沿って書いていない人は日記ジャンルになるみたい。アメーバさんのチェックも入らないとか。しかしだったら、なにも無理にジャンルに参加させなくてもいいのでは……? と思わず素朴な疑問を抱いてしまったのでした

      56
      2
      テーマ:
  • 17Feb
    • 公式ジャンル? めんどくせー……

      のっけからやる気ゼロなタイトルでスミマセン公式ジャンルに入ってない方々には同じ連絡がきてると思いますが……アメーバさんから、公式ジャンル入ってない者は俺が強制的に決めてやるから入れ的な、なんかそういうメッセージいただきました(あまり丁寧に読み込む気がわかず、間違ってたらゴメン)。アメーバIDとか入りたくない理由とか返送すれば徴兵免除になるようですが、、、IDってなんだっけ……調べるのも返送するのもめんどくせぇ……そもそも入りたいジャンルなかったような。そのうえ最近ネットやってる暇(ではなく情熱ですね!)も著しく減少しているというのに……ジャンルってさ~数か月前(?)の新公式ジャンルが始まった時の古い記憶で恐縮だけども、確かジャンルから外れた内容を何度か投稿すると強制的に外されるとか、そういうめんどくさいやつじゃなかったっけ……?いやしかし現在の投稿状況で、何のジャンルに私を押し込める気なのか、逆に興味あるな。なにがなんでもジャンル嫌とかの気力もないので、成り行きを見守ってみるのも面白いかな???◆羽生くん金、宇野くん銀おめでとう~でも銅のフェルナンデスが超いい人で過剰にセクシーで、なんかクリス(YOI)を思い出してしまいました……▲お友達が送ってくれたクリス(上)◆今年も庭の梅が咲きましたといっても盆栽なんですけどね。しかし5年くらいは育てていると思うんだけど、白梅じゃなかったって初めて知りました。それにしてもよい香り。◆東博のミュージアムシアターが面白い「雷神風神図のウラ」。もちろん有名な夏秋草図なのですが、VRならではの見事な合成は必見。終了後は記念撮影もできます!

      63
      12
      テーマ:
  • 10Feb
    • 京都で夢の「狐の嫁入り」

      実は去年、倒れる前の最後のコスプレなので、UPの時期がだいぶズレてしまったのですが……!夢だった「狐の嫁入り」が京都でできるということを知り、京阪旅行のルートに組み入れてみました。初めて訪れました、京都嵐山のスタジオ心さん。実はこのプランを知る前は、白無垢っぽいものが着られるところで、狐面の持ち込みができれば……など考えていたので、まさにそうそれだよそれ!狐の嫁入りプラン、ありがとう(≧▽≦)です☆VIPプランはわかりませんが、フツーのプランでは、狐面のほかに小道具を二つ選べます。私は扇子と曼殊沙華で。ほかは和傘だったかな。全身写真はこんな感じです^^打掛や帯は選べるのですが、結構ありましたよ。、ところで、この変身の自分的なキモは……ズバリ眉です!“眉なし”をやってみたかったの~! 迫力ある武家の奥方が理想です。さらなる野望は、、、お歯黒なんです!!!!この顔にお歯黒したら……!(そしてにまぁ、と笑ってみたい)もうこのメイクするときも、元気よく「眉なしにしてください!!!」←「ほんとはお歯黒もしてほしいんですけどねっ♪」……なんて「需要なさそうですよね~!!」みたいな。ああ、やりたい。眉なしお歯黒♡ちなみにTwitterの新アイコンはこちらから。ほんと眉なしの表情のない感じ、好きだわ~

      53
      8
      テーマ:
  • 04Feb
    • 藤原行成「白氏詩巻」8

      平安中期、のちに「三蹟」と称される藤原行成。和様の書の完成形ともいわれる、行成の「白氏詩巻」!あこがれのこの書を、なんと臨書しようという無謀な試みも、ついに最終章を迎えました☆内容は、白楽天(白居易)の漢詩8首を、1首完成ごとにあげています。今回は8首目。実は昨年のうちに書き上げておりましたが、UPが遅くなりました。(1行目)即事重題(2行目)重裘煖帽寛氈(3行目)履小閣低窓深(4行目)地爐身穏心安(5行目)眠未起西京期 [朝](6行目)士得知無事に即き重ねて題しき重裘・煖帽 寛なる氈履、小閣・低窓、深き地爐。身穏やかに心安くして眠りて未だ起きず、西京の朝士 知ることを得や無(いな)や。そして最後、詩の後に、なんと行成からのメッセージが書かれています!(1行目)長和(2行目)寛仁二年八月廿一日書(3行目)之以経師筆(4行目)點画失所。来者(5行目)不可咲ゝゝゝ。長和(見せ消ち) 寛仁二年八月二十一日書之を書す、経師の筆を以(もち)いたれば、点画 所を失へり。来る者 咲(わら)ふべからず咲ふべからず。年号をうっかり間違えてしまったり、書かずにはいられない出来への言い訳……行成の素顔を感じられる気がして、とても好きです。(しかし本人的には不本意<←ポーズかもしれないが>なこの書が、和様の書の最高峰として後世愛でられているのも面白い)次回は、ひとまずの白氏詩巻最終回!今年の頭になんとか仕上げた、「白氏詩巻全清書(臨書)」です!『日本名跡叢刊12 平安―藤原行成 白氏詩巻/本能寺切』二玄社、1977年

      54
      6
      テーマ:
  • 28Jan
    • はじめての花魁変身

      久しぶりの更新、*花魁変身*についてです。いままで花魁変身って興味なかったんですよね。でこ全開かつらが死ぬほど似合わないし。なにより流行りの現代風にアレンジされた花魁変身は、私の印象だとどうにも下品で……(個人の感想です)しかし心機一転、2018年はいろいろ挑戦してみよう!ってことで、正月三が日のうちから、地元東京は浅草の「スタジオ七色」さんにお邪魔しました。お店の前を何度か通っており、存在は知っていたので。しかし心配ご無用! ある程度の髪の長さがあれば、かつらは地毛を利用した半かつらになるので、全かつらのような不自然さはありません。そして、過剰に肩を出したり胸の谷間をのぞかせるような下品なのはイヤなんです! とメイク中に主張、肩出しもほんの少しにとどめてもらいました。さて体験の流れ。まずは中に着る着物選び。よくある現代花魁のケバケバしい黒や紫みたいのは絶対イヤだったので、白のポイントがところどころ入るだけのシンプルなオレンジを。これ普段の着物として欲しいわ~。次に髪飾りやメイクのテイスト・色味を相談しつつヘア&メイク。付け爪も無料で選べます。人間の肌色からかけ離れた色が苦手なので、赤系メイク。ヘアのポイントは椿です^^ 着物と合わせてオレンジも入れてもらいました。移動して帯選び。ここで着付け。帯は個性的な柄で、締め色の黒を選択。最後に打掛を……緑も惹かれたけど、最初に目についた白メインのものを。オレンジも入ってるし、大好きな金色が控えめで上品。やっぱり肩もきっちり着付けてもらえばよかったかな。コーデ自体は花魁のわりに可愛らしくてお上品よね。定番の煙管でポーズ。こちらはなぜかよくある狐面を手に。ね、着物可愛いでしょ?! 見せたくて打掛を足元に落としています。ちなみに例に漏れずがっつり化粧するので、レタッチ(修正)はありません(追加料金で可能のようですが)。ゆえに写真は即日持ち帰り。ちなみに年始にUPした写真は、年末年始の特典データでした☆年季入った花魁ですが、装いが可愛いので迫力はありませんでした次は下品にならないようにしつつも迫力の花魁目指そうかな

      54
      4
      テーマ:
  • 04Jan
    • 2018年所信表明?!

      明けました。謹賀新年!今年もよろしくお願いいたします。今日から通常運転ですが、ご挨拶がまだでした☆意外に時間のない年末、いろいろ考えた結果。2018年は、コスプレします!いま一番やりたいことがこれだってわかったので、体調と相談しながら、思い残すことないよう活動量を徐々に増やす予定です。というわけで、所信表明(?)のつもりで、思い切って三が日のうちに初の花魁になってきましたたまには地元の体験店舗、浅草のスタジオ七色さん。店舗レポなど、詳しくは後日。★私のこの行為を「コスプレ」と表現するのは、本格的なコスプレイヤーさんにも純粋な装束クラスタの方々にも、失礼に当たるのかな……と思わないでもないのですが、私にとってハレの行為である「変身」を敢えてこう呼びます★細かいことですがブログテーマに「コスプレ」も作りました。この一年そんな感じで(?)よろしくお願いします

      66
      4
      テーマ:
  • 30Dec
    • 続・2017年総括と、近況報告。

      年の瀬ですね~。2017年振り返り企画の続きです!<今年の重大ニュース 編>3位:ワークショップって面白い♡3月「紺紙金泥写経」6月「装飾紙制作」と根津美術館のワークショップを体験して、面白さに目覚めてしまいました。2位:韓国歴史ドラマとの出逢い前回の記事のとおり『百済の王―クンチョゴワン』視聴中。1位:コスプレの過激化!2月に日比谷OPSISの隠し玉(?)「クレオパトラ」をやってから、過激化が進んだような……?(順にクレオパトラ、宝塚・男装編)実は12月コスプレ旅行するって言ってたんだけど、中止になりました。が、未掲載の変身も残っているので、来年の記事にします。おまけ。元旦に初めて上ったスカイツリー。実のところ今年最大のニュース(順位外)は、急病で死にかけたこと です。2月に人生初のインフルに罹ったのは序の口で、秋には人生初(新生児時代を除く)の入院をしました。ごく個人的な話なので病名などは伏せますが、いや自分でもびっくりでした。(現在服薬中ですが、生活や仕事は通常通り続いていきますし、目下命に別状はありません)危機をくぐりぬけて、いま自分の内面が揺らいでいるのを感じています。人生最大規模の欝ループか……仕事はこなせるのですが、自分のことをとにかくな~んにもしたくない。壊滅的に朝も起きられないし甘い物ばっかり食べてるし。一人になると、過去にハマった図書館戦争やユーリやタイバニの世界に逃避しまくり(←でもこの時間は至福ゆえ大事ない)。このタイミングに仕事も転換期が重なり負担が増え、インターネットの優先順位は下げました(っていうか自然と下がりました)。皆さまのブログやTwitterは刺激になり楽しみにしているのですが、特に平日は浮上率低め……こんなゆるゆるの私ですが、ここ数日少しずつ復調して目標らしきものも見え始めてきました。てなわけで、、、2018年もそれなりに(笑)仲良くしていただけると嬉しいですではでは、よいお年をお迎えください

      61
      10
      テーマ:
  • 24Dec
    • 2017年総括 その一

      気が付けばこんな季節、そろそろクリスマス。最近記事更新というかインターネット自体から遠ざかり気味なのですが、年内もう一度更新する(たぶん)時にお話ししますね。今回は恒例の、今年一年を振り返る企画です~まずは本・漫画・ドラマ・アニメ編。私にとっては、感動的な出逢いはあまりなかったかも。☆本☆ひとまずは、大塚ひかり『女系図でみる驚きの日本史』かな? 着眼点がドストライクだったので。藤原公任の子・定頼がプレイボーイとして採り上げられているのもちょっとニヤリ。小説では、年末に読んだ2冊、鈴木其一およびその師・酒井抱一が題材の梓澤要『画狂其一』、学者・上野誠による遣唐使をリアルに描く『天平グレート・ジャーニー』が印象に残ったかな。単に年末に読んだからか。 女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書) Amazon 画狂其一 Amazon 天平グレート・ジャーニー 遣唐使・平群広成の数奇な冒険 (講談社文庫) Amazon 今年刊行された本に関して言えば、藤原氏関係の充実は私を小躍りさせました。10月の『藤原道長事典』、11・12月は倉本一宏先生の藤原氏関連書籍2連発。でもひとつは事典だし、ほかはこれから読みます。☆漫画☆今年読み始めた(読んだ)ものの中で面白かったのは、瀧浪ユカリ『あさはかな夢みし』くらいかなぁ……でも敢えて人様に勧めはしないかな 刊行が始まったばかりですがこれからに期待したいのは、私の大好物“箱館の歳さん”を描く、碧也ぴんく『星のとりで』。 星のとりで~箱館新戦記~(1) (ウィングス・コミックス) Amazon ☆ドラマ☆私が今年見たものですが、韓国の『百済の王―クンチョゴワン(近肖古王)』。主演のカム・ウソンは私が好きな唯一の韓流スター。映画『王の男』で、美少年イ・ジュンギには目もくれずカム・ウソンに惚れました♡ドラマはほぼ創作なのですが、史実なんてどうでもよくなる面白さ。登場人物がえげつない・きたない、これぞ人間の歴史ドラマ! 百済の王 クンチョゴワン(近肖古王) DVD-BOXⅠ 18,144円 Amazon ☆アニメ☆2015年『がっこうぐらし!』、2016年『ユーリ!!! on ICE』と、(ほかにもいっぱい)夢中になりましたが、今年はワタシ的には不発。去年から引き続きの『信長の忍び』が一番かもしれん。あと同じく継続の『3月のライオン』『昭和元禄落語心中』。『カブキブ!』もとんぼが多方面にスパダリすぎて(←ちがう)悪くはなかったけどね、2期があったら面白いかも。 信長の忍び 13巻 TVアニメDVDつき初回限定版 (ヤングアニマルコミックス) Amazon 次回予定の年内最終更新は、総括つづき&近況報告☆

      56
      2
      テーマ:
  • 10Dec
    • 横浜再び:冬のドレス体験ほか

      ひさ~しぶりの超小規模大学同窓会を横浜で行いました。最近はLINEがあるから、グループ連絡とか容易でいいね。ていうか昔々はケータイすらなかったんだけどね……(若い人は当時どうやって待ち合わせしてたのか疑問に思うようだけど、「江戸時代の待ち合わせってどうしてたんだろうな?」って感覚かしら)さて本題。どうせなら一緒にコスプレしないってダメ元で勧誘したら、一人だけノリのいい素晴らしい友がてなわけで、再び岩崎ミュージアムへ。念願の冬のルネサンスドレスを着ることができました厳か、かつ清楚な雰囲気のドレス。今回は思い切って当時風に髪を収納してみました。背中はリボン止めスタイル。(今回着替えが二人でよかった)☆ルネサンス春夏バージョンとドレス体験の詳細についてはこちら。友人はエンパイア・ドレス。2人とも地味~!地味だけどバカポーズ。お互い背丈わりとあるからね。私もルネサンスドレスがなかったら彼女のにしたわ。絶対ロココとかじゃなくて、まぁうちららしいね、ってことで笑いました。あと一人友人が撮影のため同行してくれました。ありがとう!で、ランチは移動して赤レンガ倉庫方面へ。スペイン料理&ワイン パエリア専門店「ミゲルフアニ」。まぁパエリアなんて滅多に食べないから、美味しいのかどうかはよくわかりません。ただ名前の「ミゲル」にひたすら反応……注:チェーザレを妄想中そのあと近くの工作船資料館に寄ってみました。ごめんなさい写真撮りませんでしたが、なんと、本物の北朝鮮の工作船(海上保安庁の巡視船と交戦の末に沈没)が展示されているのです! ご興味おありの向きはぜひ。あ、あと気になっていた“横浜中華街の門コンプリート”をミッションインポシブってきました! けど長くなりそうなので門の話はまたいずれ。

      70
      1
      テーマ:
  • 02Dec
    • 今更の韓流ブームと韓服体験☆

      世間様と足並みの揃わない私、今更ながら“韓流ブーム”到来です!長きにわたる念願<中・韓歴史ドラマ視聴>をようやくスタート。とはいえ、まだ一作目でしかも途中ですがアチラのドラマの長さは半端ない!私のセレクトは、ちょっと渋め?で、韓国の歴史ドラマ『百済の王―クンチョゴワン(近肖古王)』です(全60話=1回約50分)。理由は、①興味の持てる範囲内でできるだけ古い時代から見始めたかった、②主演のカム・ウソンが私の好きな唯一の韓流スターであった、以上です。近肖古王といえば日本とのつながりは七支刀と伝えられ、ドラマ全体のイメージ映像に使われています。ほとんど知識のない東アジアの歴史に興味を持つきっかけになればな……くらいの意識で(高を括って)見始めたのですが、もうすっかり虜です!!!結局『三国史記』まで読んでしまう始末(;^_^A韓国ドラマって、面白すぎるなにあのエンタメ性 史実なんてふっとばして面白い(ほぼ創作)。登場人物みんなキャラが立っててえげつないし、予告映像の惹きも強烈で、本編見ると実際の展開に「こういうことかー!」なんて……日本の歴史ドラマってツマンナイ、比べてしまうとどうしても。(くだらん配慮が多すぎる。何見ても道徳の教材みたいなんだもん。それか下手な歴史教材) 百済の王 クンチョゴワン(近肖古王) DVD-BOXⅠ 18,144円 Amazon さて、そんなわけで世間様と相当ズレてやってきた韓流ブームが高じて、ついに*韓服体験*に手を出してしまいました!まずは近場で東京・新大久保にある高麗博物館。ここは入館料プラス1枚200円でチマチョゴリを着ることができます。着用スペース内で自由撮影OK。ただし主旨はあくまで日韓交流の博物館なので、ちゃんと展示も見ましょう。着付けてくれたお店のボランティアさんにお願いして撮ってもらいました。もちろんカメラマンではないので、写真の出来は期待してはいけません^^;次に大阪旅行(これも韓流ブームに影響された旅です)の目玉の一つに、鶴橋コリアンタウン・安田商店での韓服体験&撮影を入れました。こちらは希望すればヘアセットやメイクもしてもらえて(有料)、カメラマンによる撮影アルバム付き(ただし写真は選べない)。手持ちのカメラで撮影も可。衣裳の数・種類も豊富で、親しみやすいスタッフの方がたくさん試着させてくださいます。妓生(キーセン、いわゆる高級芸者・娼婦)の衣裳。帯を締めるので体が細く見えますね。下のスカートの色に一目惚れ♡ 前に垂れた飾り=ノリゲはセットではないものの偶然よく似た色でした。お店の写真は修正が結構キツく入っていて、顔は綺麗(ちょっと人間ぽくないけど)に仕上がっているものの衣裳の色味もとんでるかな?ノー修正のオフショット。扇子を持たせてくださいました。こちらはタンウィで、ドラマでよく見かける宮廷の衣裳。前者とは逆にザ・韓国なメリハリある色遣いをセレクトしました。それにしてもかつらが重い……そして、相変わらずでこ全開のかつらが死ぬほど似合わない……韓流ブームの影響で出掛けたイベントはこちら☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ♪ ♪ ♪ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆妹ブログ 藤原氏と古代史推進委員会☆ ★四天王寺ワッソの時代行列★

      63
      4
      テーマ:
  • 23Nov
    • 藤原行成「白氏詩巻」7

      平安中期、のちに「三蹟」と称される藤原行成。和様の書の完成形ともいわれる、行成の「白氏詩巻」!あこがれのこの書を、なんと臨書しようという無謀な試み進行中☆生温かい目で見守っていただければ幸いです。内容は、白楽天(白居易)の漢詩8首を、1首完成ごとにあげています。今回は7首目。(1行目)和河南鄭尹新歳(2行目)對雪(3行目)白雪吟時鈴閤開故(4行目)情新興両徘徊昔(5行目)経勤苦照書巻今助(6行目)歓娯飄酒盃楚客(7行目)難酬郢中曲呉公兼(8行目)占洛陽才鋼街金(9行目)谷春知否又有詩人(10行目)作尹来河南の鄭尹の「新歳 雪に対す」を和しき白雪に吟ずる時 鈴閤開く、故情・新興 両(ふた)つながら徘徊す。昔 勤苦を経て 書巻を照らせり、今 歓娯を助けて 酒盃を飄(ただよは)す。楚客 酬い難し 郢中の曲、呉公 兼ねて占む 洛陽の才。鋼街・金谷 春知るや否や、又 詩人の尹と作(な)りて来れる有ることを。白氏詩巻もいよいよ終盤に差し掛かってまいりました。この詩後半あたりから字粒がぐっと大きくなってきます。行成サマもラストスパートの気分でしょうか?『日本名跡叢刊12 平安―藤原行成 白氏詩巻/本能寺切』二玄社、1977年

      64
      2
      テーマ:
  • 03Nov
    • はじめての変身写真館 2 ~新古今ちゃん

      <はじめての変身写真館>のつづきです!☆前回~オリエンタル王妃風~はこちら☆前回はとても満足のいく出来でしたが、今回のコスチュームは……正直、失敗でした。私がやりたかったのは「新古今ちゃん」だったの。『新古今和歌集』を勝手に擬人化したイメージ。このコスのサンプル写真が私のイメージした血色の悪いドールっぽい(人間味のない)雰囲気だったので、なにも説明しなかったら。。。普通に可愛くされちゃいまして可愛いキャラとかまさに「ないわ~」なのにやっぱり直接伝えなきゃダメね!ゆえに全然「新古今ちゃん」じゃないんだけど、「失敗新古今ちゃん」ということで掲載~!(今回メイキングなし)自分で言うのもなんだが、この目元は野際陽子チックに見える。これとか落ち着いて見ると羞恥プレイの域に達してるな……スイマセン。これでもまだ新古今ちゃんへの執着から抜け出せず、小道具に本をリクエストした私です。洋書だけど。。。

      71
      6
      テーマ:

プロフィール

くじょう

お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
くじょう のりこ。日本史ネタ中心。書道学習中。  好きなもの。  始祖鎌足さんをきっかけに、藤原氏...

続きを見る >

読者になる

 ★☆★☆ Twitter ★☆★☆
 ☆☆☆のりこ☆☆☆
 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 ★くじょう的注目ワード
  ◇うた恋い。
  ◇箱入娘面屋人魚
  ◇殿といっしょ ◇戦国鍋
  ◇大河ドラマ・平清盛
  ◇源氏物語 ◇永井路子 ◇猫 
  ◇コスプレ ◇鹿男あをによし
  ◇おもてなし○○隊

 ★歴史本リスト
  古代(~奈良朝)
  平安時代
  鎌倉時代
  室町時代
  戦国時代
  江戸時代


 ★人物リスト
  あ・か行
さ・た行
な・は行
藤原氏
ま・や・ら・わ行



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。