久々のブログ投稿ですね。
なんか最近国産アミエビ不漁による価格高騰が痛手となっております。
コマセをオキアミにするにしても、こっち方面だとオキアミブロックも高いし!
って事で先日検証した新型ゴロタカゴ仕掛けを今後夜釣りの釣り方として正式採用してみようかと。


先日東伊豆の初めて行った「ゴロタ浜に面した磯」で、地形も水深も訳わからない状態で約1時間程のカゴ釣りをしたら一応メジナが1匹釣れたしね。


(こんな場所でやりました)

これだと柄杓で撒くコマセが不要になるので、半夜であればアミエビ1kgに増量系配合餌半袋で普通にもちそう。
集魚力が弱まるので、近くに濃厚なコマセを大量に撒く人がいない場所というのが前提にはなるけど。

このカゴは多分船用(?)のカゴなのかもしれないが、別売りの遠投カゴ釣り用の天秤と組み合わせて使ってみたら、意外とハリスが絡んだりする事もなく、特にストレスなく釣りが出来た。
オモリもその時に使う竿の号数に合わせて変更出来るのもプラス材料。
荒れていて少し遠くに飛ばさなきゃならなかったり、波や風による悪影響を受けたくない場合は重いオモリを付けたり、凪であんまり着水音を立てたくない場合はオモリを軽くしたり、もしくはポイントが近いならオモリは付けずにステンカゴと天秤の重さだけでやるのも有りかな?なんて。 
とはいえ先日東伊豆に深夜から乗り込んだ時に、磯に向かう道中でイノシシに遭遇…。
良い時期になってきて、折角新しい釣りをしようと意気込んだ矢先に今後の不安材料が…。
もう不安材料としては最高に重たい不安材料です。
まあこちらの背負子カートのゴロゴロという音に気付いてあちらから逃げてくれたから良かったけどさ…。
って事で今後東伊豆に行くのがちょっと怖かったり。
いや、めちゃくちゃ怖いわ💦
YouTubeの方でつぶやいたら、どうやら他の人も同じエリアでイノシシに遭遇しているみたいです。
夜に遭遇する率が高いと思われますが、夕方までやるとなると、片付けの後な帰り道ではもう暗かったり、朝マズメやるなら場所取りも兼ねて日の出前のまだ暗いうちに出発する事もあるだろうから、夜釣りをやらないにしてもリスクはありますよね。

特に今年は多いようです…。
とりあえず富戸駅から歩いて行くエリアは、途中に民家が沢山あるので幾分マシかと思うけど、城ヶ崎海岸駅から行く蓮着寺方面や門脇埼方面、伊豆高原駅からのイガイガ根・橋立方面の道は民家も少なくて街灯も少なかったり、真っ暗だったりするので結構リスク高そうな感じ?
でも民家のある場所では出ないって訳ではないので、むしろ民家がある方がいきなり建物の陰から出て来て鉢合わせ!
なんてのもあるしね。
どうもこの曲がり角や建物の陰でのいきなりの鉢合わせってのが一番ヤバいらしいですね。
なのでなるべく道の真ん中を歩いて、明るいライトで常に前や両サイドを照らしながらというのが対策なんでしょうかね。
基本的には人間が近付くのをあちらが察知すれば、先にあっちから逃げていくようです。
いただいたコメントでは、ラジオやペットボトルを叩いて音を出すのも有効だとのご意見もいただきました。
釣りに行かなきゃ良いといえばそれまでなんですけどね😅
でもやっぱ行きたいですもんね。
自分は磯から駅までの移動距離が長いので、その分注意が必要ですが、車で来ていても磯から駐車場までの林の中を歩く距離が長い磯もあるので、いずれにせよ危険ではあるでしょうね。
黙って静かに移動するのは逆に危険なようです。
もう三浦半島や城ヶ島がめちゃくちゃ安全なオアシスの様な気持ちになりますよね。
三浦半島ではイノシシとか聞かないですしね。
出てもタヌキとかですもんね。
ギリ根府川はありそうだな…。
ここ最近釣りに行っても中々良い釣果を得られずに厳しい状況が続いております。

・東伊豆(ウキフカセ 没レベル)
・東伊豆(ウキフカセ 微妙)
・伊豆大島 元町港(ぶっこみ しょぼい)
・剱崎(没レベル)
・伊豆大島 岡田港(結果オーライ)
・剱崎(微妙)
・みなとみらい(小物…)
・国府津(完全に没!)
・茅ヶ崎(最高♪)

って感じで、伊豆大島も微妙な釣果ではありましたが、近場では本当に散々な釣果でした。

昨日の茅ヶ崎での釣りで漸くまともというか出来すぎな釣果に恵まれました。

これはまた同じ場所に行って撃沈するパターンが予想出来ますが😃



ちなみにでっかいオヤビッチャの刺身は脂ノリノリで美味しいです。


完封目前でエラーしてしまったカンパチさん。


やっぱこの時期の黒鯛はサナギでしょ♪
でもフグがサナギベースのコマセに慣れ始めるとサナギですらオキアミの様に一瞬でやられるね。


意外な所でアジが釣れたけど、食べる事を考えるとメジナや黒鯛よりも美味しい。


このイスズミにはマジでやられたわ…。

この他にもお魚は釣れたけど、やっぱ8月〜9月はあんまり良くない印象。
もうちょい水温が下がって欲しい!
なんか一昨日から伊豆大島でタマンが爆釣らしい。
1人で何枚もあげていて、6〜8枚も釣る人もいたのだとか。
こういうの聞くと期待ではなく不安がよぎってしまうよね。
そんなネガティブ思考良くないのはわかってるんですが、やはりこれはこれでそういう過去が何度もありましまからねショボーン
前日まで釣れてたのに、翌日行ったら駄目だったとかね。
その言い訳をする為に、沢山釣れたという場所には行かず、別の場所で釣るつもりです(笑)
万が一当たれば「情報に乗らずに釣った」という下らない自己満の世界に浸れますしね(笑)


ここ最近は不安定な天気で釣り自体行けなかったり、折角行けたのにチャンスタイム目前で雷が近付いて来て無念の撤退になったりと不本意な状況でした。

 

釣りに行けない事が多いと動画編集もある程度進みますので、もう直近の動画が7月中旬の時の動画になってます。

約1ヶ月のタイムラグ。

それまでは半年くらいのタイムラグがあったので、随分とリアルタイムに近付きましたね。

 

7月中旬に行った、東伊豆の地磯でのメジナ釣りの動画をもうこの時期にアップ出来るとは、前から考えたら信じられないですね。

 

 

しかしあの時は本当に離島並の状況でしたよ。

コマセを撒くと30~40cmクラスのメジナらしき魚が湧いて来るんですよ。

勿論巨大イスズミやサンノジも混ざってますけどね(笑)

で、その後8月に同じ磯やその周辺の磯に行きましたが、もうそんなフィーバーは訪れずチーン

まあそんなもんですよね(笑)

 

でもおかげでストック動画は残すところあと6本分。

このままのペースで悪天候とかで釣りが潰れるとストック動画も尽きちゃいますね。

ストックなくなったら物申す系の動画でも作りますかね(笑)

 

先週剱崎に行った時は、夜釣りで満潮からの下げ潮というチャンスタイムを攻めようとした途端にやばそうな雷が近付いて強制退場でした。

今年3回目の伊豆大島釣行も悪天候で流れましたしね。

 

でも漸く週明けに伊豆大島に行けそうな天気になりました。

前回は元町港でパッとしない釣果だったので、今回は岡田港にしたいと思ってます。

でも天気予報を見ると何やら元町港に着きそうな天気…。

まあ前回の元町港の釣果が酷かったので、リベンジしたいという気も無くはないんですけどね。

 

コロナの影響もあって、どうもバスでの移動は避けたいトコロ…なんか釣り人は嫌がられそうな気がして汗

最悪タクシー移動ですかね。

まあタクシーもちょっと不安ではありますが、単価が高い分悪くは思われないかなと(笑)

元町⇔岡田はまあまあな額しますからね。

 

で、岡田港と言えば大型客船の着岸位置が桟橋先端に変更になった件がね…。

でも考え方によってはチャンスでもあるかな?っと。

 

地元の人はそれを知っているのか、わざわざ朝マズメのチャンスタイムが潰れる桟橋には来ないで、他の場所に行っていると思われる。

7月下旬に兄と岡田港に行った時も、日付を回る前に島の人は撤収し、それ以降朝の大型客船が来る時まで先端にいたのはうちらと島外から来た釣り人だけでしたからね。

先端で作業をするので釣りをやめれば良いだけではなく、車もその周辺には置けませんので、まず車移動で来る人は大型客船が出航するまでは来れません。

なので早朝5時過ぎまでに勝負を決められれば…なんて考えております。

まあ早朝の日の出前の暗いうちに釣れた事も何度かありますので、それに賭けてみようかなと。

外す可能性もありますけどね。

とにかく生き餌の確保が難しいみたいですしね。

 

今月の下旬にも伊豆大島に行けそうなシフトですが、その時は大型客船が運休の日なので、朝マズメも岡田でやって問題なさそうです。

 

とりあえず近場での釣果が全然駄目なので、離島で一発大物仕留めたいですね。

 

 

 

 

 

こんばんは。

この度、動画撮影用の新しい機種のカメラを購入しました。

 

今まではSONYの「HDR-AS100V」という機種でしたが、その後継機の「HDR-AS300」という機種を購入。

特別給付金が微妙に余っていたので、足は少し出るんですが購入しました。

 

 

今での機種でもまだ全然使えたんですが、あんまり勿体ぶっていると新しい機種も品薄になって値上がりしちゃうかもと思いまして。

古くなれば安くなると思っていましたが、あんまり古い機種を引っ張り過ぎていざ買い替えようとした時に、今新しい機種が品薄状態になって逆に値段が吊り上がる可能性がありましたので。

 

どうも今はゴープロに押されてSONYのアクションカムはもう新作出さないんじゃないかな…なんて思ってまして。

そうなると今までの「HDR-AS100V」用に購入した予備バッテリーが無駄になり兼ねないですからね。

ゴープロに替えてしまったら追加購入したバッテリー5個と、元から付属の1個の計6個が無駄になりますからね。

 

でも今回購入した「HDR-AS300」であればバッテリーの互換性があるので無駄にならないどころか、今回購入した分の付属のバッテリーが追加されて合計7個になるというね。

まあ電池も年々劣化するので、数を揃えても徐々に持ちは悪くなるでしょうけどね。

 

でもちょっと色々と操作してみたら微妙な気分に…。

恐らく画質とか手ぶれ補正とかのカメラ自体の性能はアップしていると思います。

 

でも使い勝手の点で言うと明らかに旧式の方に分があるんですよね…。

↑ この旧式のカメラにも、今回購入した新型のカメラにも防水ケースが付属しております。

この防水ケースの仕様が自分にとっては明暗を分けたというかね。

 

旧式カメラに付属の防水ケースは水深5mまでの防水ケースで、このケースのまま水中に沈めて水中映像を撮っても画面がぼやけてしまってとても見られる物ではありませんガーン

 

↓ 旧式カメラに付属の水深5m対応の防水ケース装着での水中映像です。

 

↓ 更に、別途購入した水深60m対応の防水ケースを装着時の水中映像です。

 

 

まあ明らかに後者の水中映像の方が綺麗です。

というか比べ物になりません(笑)

で、新型カメラに付属していた防水ケースは後者の水中映像の撮影に使用した水深60m対応の防水ケースと恐らく同等の物と思われます。

 

水中映像の綺麗さで言えばこんだけ差が出ます。

 

でも今回自分ががっかりした点はここではないんですよ。

旧式カメラに付属の水深5m対応の防水ケースは、音声を取り入れる為に本体のマイクに対応して小さな穴が空いているんです。

その為に水深5mまでの水中撮影までしか対応出来ないんでしょうね。

問題はこの「マイクの為の穴」なんですよ。

 

新型カメラに付属の水深60m対応の防水ケースには、そんな穴は空いてません。

なので、このケースをしたまま陸上で動画を撮ると、音声はほぼ入りません。

微妙に音声は入りますが、めちゃくちゃ小さいです。

本体自体に防水性能はあるので、ケースに入れずに撮影する事は可能ではあるんですが、磯釣りとかの場合は不意に転倒したり、岩にぶつけたりする可能性もあるので、やはり本体剥き出しではなくケースに入れて撮影したいんですよね。

 

その点で言うと旧式カメラの防水ケースは、雨や波飛沫、衝撃からカメラを守ってくれて且つ音声も普通に拾えるという使い勝手の良さでした。

ケースに入れて使うのと、本体剥き出しで使うのとは、心理的にも大きな差がありますしね。

水中映像は汚いけど、本体の大幅な守備力アップという点ではかなり役割が大きいです。

ってか釣りというジャンルで使うのであれば、ここはかなり重要だと思うんですよね。

 

新型カメラはこの点がかなり劣っているなと思ってしまいましたね。

この新機種用の音声も拾える防護ケース的なのはないようで、これまた残念な感じですよね。

オプション品としてあれば買ったんですけど…。

最悪小さなドリルで音声用の穴を空けるしかないのかな?

でも防水仕様なだけにかなり頑丈な素材でしたからね。

 

そして更に残念だったのがライブビューリモコンですね。

※左が新型、右が旧式

 

これは手首に腕時計のように装着し、中心の画面で現在撮影している映像を確認したり、録画ボタンを押す事で手元で録画のON・OFFが手軽に出来るという便利なアイテムです。

このリモコンは互換性があると思っていたんですが、残念ながら互換性がありませんでした…。

旧式のリモコンで新型カメラに接続しようとすると、接続先機種に新型カメラは表示されるのですが、接続しようとするとエラーになってしまいます。

調べたら、表示されているエラーコードは「非対応のカメラ」という意味でしたガーン

もう悲しいですね。

 

新型カメラに付属のライブビューリモコンも色々と痛い仕様でした。

旧式のリモコンはディスプレイをOFFにして、録画のON・OFF操作のみを行う事が出来ました。

録画のON・OFF操作のみ出来れば良いような状態の時にディスプレイをOFFにしておく事で、かなりバッテリーの消費を抑える事が出来ました。

ディスプレイをONにしたままで使うと1時間ちょいでバッテリーが切れますが、ディスプレイをOFFにして録画のON・OFF操作のみにして、たまにディスプレイで画角調整だけする…って感じで使うと5~6時間は持ちましたからね。

 

でも新型のライブビューリモコンは「撮影時(録画時)自動消灯」というモードはあるんですが、録画していないスタンバイ状態でディスプレイをOFFにするモードというかそういう操作が出来ないんですよ。

釣り動画の撮影で言えば、ウキ釣りの場合は仕掛けを上げて餌を付けたりしている間は録画OFFにしているんだけど、そうすると録画OFFにした途端ライブビューリモコンのディスプレイが点灯してしまう。

録画をOFFにする度にディスプレイが点灯してしまうので、恐らくバッテリーの減りが早くなってしまうと思われます。

 

そしてぶっこみ釣りの時みたいにアタリがあるまでは録画せずにスタンバイ状態…みたいなやり方をすると、アタリがあるまでのスタンバイ状態の時は、ずっとライブビューリモコンのディスプレイが点灯した状態になるので、これまたライブビューリモコンのバッテリーの減りが早くなりますよね。

 

これは長時間撮影の時は本当に痛いですね。

 

最悪本体の録画ボタンで対応すれば良い話ではありますが…。

まあ旧式カメラよりも、本体のボタン操作に関しては新型カメラの方が本体のボタンの反応は良いので、そこは操作し易いです。

でもね、音声が入らないから本体剥き出しのままの状態で撮影して、それで本体の操作ボタンを押して録画のON・OFF操作をするのはちょっと嫌なんですよねぇ。

だって、釣りしてると必ず手が汚れるしあせる

汚れた手で新しいカメラの剥き出しの本体なんか触りたくないじゃないですか…。

でもケースに入れちゃうと音声が聞こえなくなっちゃうし。

ヒットしたらBGM流して…なんて編集をする人なら別に後でBGMや効果音を足して良い感じに仕上げるのでしょうが、自分はBGMとか使うの面倒臭いんでね…。

音声別録りだと、元の映像と合わなかったりして苛々しそうだし?

 

あぁ…どうしようかね。

結局新型カメラに付属の防水ケースに音声用の穴を空けるのが一番良い気がするよ。

水中映像に関しては、旧式カメラに対応した60m防水ケースがあるから、そっちで撮れば良いしね。

 

まあこれはゴープロに市場を奪われるのも仕方ないのかな…って感じはしちゃったね、申し訳ないけど。

でも折角かったんだし、映像自体は前のより良くなると思うので、何とかして有効活用していこうと思います。