皆さん、大丈夫ですか?
半笑いになっていませんか?
 
今日は安心して真面目な顔して読んで下さいね。
(´・_・`)
 
 
はい、それでは最終日の配信いってみましょう!
 
 
220冊分の本から作られた1冊の本。
 
その本は、当時の僕にとって語学習得におけるバイブルとなりました。これが今から11年前の話です。
 
このバイブルを基に試行錯誤して日本人に適した語学習得法を見つけ出した僕は、この頃よりマンツーマンでの英会話レッスンを始めました。受講者様は大変熱心な方々ばかりで、僕のガチレッスンを真剣に受講下さり、飛躍的な成長を遂げ活動の幅を広げていらっしゃいます。
 
街中の教室での授業やオンラインスクールも開講しました。
受講者様は小学生から80代の方まで様々です。
 
皆さんそれぞれに夢や叶えたい事をお持ちだと思います。
 
僕は、『世界で活躍する日本人を輩出したい』と考えておりますが、僕の活動が皆さんの一助になれていれば大変嬉しく思います。
 
 
26歳の時に夢の実現のために本を書き写して語学習得法の開発に繋がった事や、これまでにたくさんの方々の一助になれる機会を得られた事は、19歳の時に南方熊楠という人物を知った事をきっかけとして生まれました。
 
ですので、僕がこれまでお世話になってきた方々や僕を叱咤激励して下さった方々はもちろんの事、図らずも何らかの経緯で袂を分かつことになった方々、そのように様々な形で僕と関わって下さった多くの方々と同じように、南方熊楠という人物は僕の人生において掛け替えのない存在となっています。
 
 
その彼が生まれた地、和歌山県には『南方熊楠記念館』があります。白浜町という所にあるのですが、ごく最近、こちらを訪れました。

 


初めてここを訪れたのは僕が19歳の時ですので、今回は18年振りとなりました。何と、18年前に訪れた時に観た資料も発見し、大変懐かしい思いで見学させて頂きました。
 
撮影スタッフと共に突然訪れたのですが、記念館スタッフの皆様には大変快く受け入れて頂き、また、記念館や南方熊楠について詳しいご説明も賜り、僕たち一行は大変有意義な時間を過ごす事ができました。
 
 
記念館スタッフの皆様、大変お世話になりました。
有難うございました!
 
 


そして、この地を訪れた事で当時を思い出し、心を新たにする事ができました。僕にはまだまだできる事があると再認識できました。
 
やったるでー!!
٩( ''ω'' )و
 


 
おわり
 
 
 
P.S.
【南方熊楠記念館】
和歌山県西牟婁郡白浜町3601-1

http://www.minakatakumagusu-kinenkan.jp/

 
お近くを訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか(^^♪
ロケーションも最高です!
航海に出たくなります!!
( *´艸`)
 
 
船持ってへんけど......
(´・_・`)
 

 

それでは2日目の配信いってみましょう!
 
 
南方熊楠。
 
彼が理解した言語は18か国語以上あると言われています。
 
なぜ彼は、現在ほど便利とは言えない時代にそのように多言語を理解できたのでしょうか。
 
彼は常識にとらわれない、いわゆる破天荒で好奇心旺盛な人だったようです。また、幼い時から本をたくさん読んでいて、友達の家で本を読ませてもらった時は内容を記憶し、家に帰ってから筆写するほど記憶力に優れていたそうです。
 
 
今から11年前、語学習得方法を究めて日本一の英語講師になりたいという夢を抱いた僕は彼に倣おうと思い、当時の全財産で買えるだけの外国語習得に関する本を購入し、全て読み、そして書き写しました。
 
彼のように記憶したものを筆写するという事まではできませんでしたが、ペンだこが破裂しても包帯を巻いて止血し、約100日間、毎日ひたすら書き写し続けました。
 
 
「読むというのは写すこと、単に読んだだけでは忘れるが、写したら忘れない」
 
これは彼の信条だそうです。
 
僕は読み、そして写したのに忘れてしまい、指の痛みだけが残りました...
(;´Д`)
 
 
というのは半分冗談です。
m(_ _)m
 
とはいっても、完全に覚えられた訳ではありませんし、語学習得方法を究められた訳でもありません。僕には彼ほどの能力は備わっていませんので、彼に近づくには彼とは違う事もしなければ望んだ結果は得られません。
 
そこで僕は、書き写し終えた本それぞれから厳選した1ページ分を切り取り、それらを組み合わせて1冊の本を作ったのでした。
 
 
つづく
 
 
 
P.S.
「熊楠さんイケメンですね!」
 
昨日、この様なコメントを何件もお寄せ頂きました。
 
「写真は塩原さんですか?笑」
 
この様な質問も何件もお寄せ頂きました。
 
笑ってますやん?
質問しながら何か思ってますやん?
求めてますやん?
 
これは多分、
いや、間違いなくフリですよね。
 
乗りましょう。
 
こっちが





ら~
 


m(_ _)m
 
 
 
※最速配信、企画参加はこちら。
https://line.me/R/ti/p/%40qjw4417q

今日から3日間、新シリーズを連続配信しようと思います。
  
それでは1日目の配信いってみましょう!
 
  
220冊。
 
このワードはもうお馴染みかも知れません。11年前、僕が約100日間で書き写した本の冊数です。ペンだこができるという、現代ではなかなかお目にかかれない現象を経験しました。
 
では、なぜ僕がこういう事をしたのか。それは、ある日本人の存在を知った事がきっかけでした。
 
 
西暦1600年。
諸説ありますが、英語が日本に伝わったのはこの頃だと言われています。
今からおよそ420年前ですね。
 
西暦1850年頃には英語翻訳を生業とする日本人が現れていたようです。
 
それから数十年後の西暦1887年。
海外に行くという事が難しかったこの時代に、アメリカのサンフランシスコに渡った日本人がいました。
当時19歳のその日本人は、アメリカやイギリスを14年間遊学するなどし、国内外問わず様々な研究を続けました。
彼は記憶力が非常に優れ、英語のみならず十数か国語を理解していたと言われています。
 
和歌山が生んだ博物学の巨星。
 
彼の名前は、南方熊楠(ミナカタ・クマグス)といいます。

 


 
 
つづく

 

 

最速配信、企画参加はこちら。
https://line.me/R/ti/p/%40qjw4417q

3日目の配信いってみましょう!
 
 
今回は快適な空の旅を過ごすことができまして、
無事アメリカに到着しました。
まずは滞在予定のホテルに向かいました。
 
ここで何かあれば面白かったのですが、
特に何も起きませんでした。


 
なんか、すいません...
(´-ω-`)
 
 
『TEDx Marin』
が始まる時間が迫っていましたので、
早速、会場に向かいました。

 

 


 
ネームプレートには、
なぜか”Shiohara”が2回書かれていますね。



(~_~;)
 
 
まあ、それはさて置き、そもそもTEDxとは何か?
 
「Ideas worth spreading(広める価値のあるアイデア)」を
様々な人に知ってもらおうと活動する『TED』という会社からライセンスを交付された人がイベントを開催するシステムで、世界各地でイベントが開催されています。
 
日本でも開催されていましたね。
 
 
グローバルな視点でのアイデアや
最先端の研究内容について
知ることができますので、
僕はざるそばと同じくらいTEDxが大好きです!
( *´艸`)
 
 
つづく

2日目の配信いってみましょう!
 
 
旅の仲間もできたので、いざ飛行機へ!
 
2年ぶりのアメリカです。
意気揚々と搭乗ゲートをくぐりました。
 
 
「ピーーー!!」
「こちらへどうぞ!」
 
 
早速トラブル発生です。
 
サトル君っ!!
 
 
ん~~
でも、ある意味、有難うございます。
 
 
原因はベルトでした。


 
皆さん、必要以上に

アグレッシブな感じのベルトのご利用には

十分に気を付けて下さい。
(~_~;)
 
 
 
心の広い空港職員さんに
何とか許していただけましたので、
そそくさと飛行機に乗り込みました。
 
さあ、飛行機に乗り込んだら、
まずするべき事があります。
それは何か。
 
皆さんはお分かりでしょうか?
アレですよアレ。
 
 
「『機内』を聴く!」
 
と答えたあなたには心より感謝申し上げます。
m(__)m
 

 

 


ただ、その前にすることがあります。
 
 
そうです!
 
「すいません! ブランケットをもっと下さい!!」
 
英語では、
 
“Excuse me, can I have more blankets for me?”
 
これを力強く言いましょう。
早ければ早い方がいいでしょう。
 
「もう無いよ」
 
なんて言われたら大変な事になりかねませんからね!
(≧▽≦)
(※2年前、大変な目に遭いました)
 
 
 
ひとまず身の安全を確保した気になりました。
 
さあ、アメリカへ出発です!
 
 
つづく

 

最速配信はこちら。
https://line.me/R/ti/p/%40qjw4417q

先日の『TEDx Tokyo』参加に続き、

ご縁を頂きまして、大変有難いことに、

アメリカのサンフランシスコにて開かれた

『TEDx Marin』に参加する事ができました!

(※今回は観覧参加)

 

 

道中の出来事も含めて、

今日から4日間の連続配信でお送りしますね(^^♪

 

 

まずは成田空港に向かいました。

 

 

空港をウロウロしていると...

 

カプセルステーションを発見しましたので、

一回やってみる事にしました。

 

 

何が出るかな♪

何が出るかな♪

 

 

『考えなさすぎて刺さる人』

というのが出てきました。

 

 

 

 

名前が長いので『サトル君』にしました。

 

 

サトル君と旅をすることになりました。

よろしくお願いします!

 

 

何か良い事あったらいいなぁ...

(T_T)

 

 

つづく

 

 


友人が『TED× Tokyo』という
世界的規模のプレゼンテーションのイベントにて
英語でスピーチをされるとのことで、
応援&観覧に行かせて頂きました☆
 
すると、イベントの中で
司会のPatrick氏が言いました。
 
 
「世界に向けて何か発信したいことがあるゆ〜人は
『飛び入り枠』っちゅーのがあるから、
後で喋ってもええで。
はい、話したい人、今、手ェ挙げてみて〜」
(※実際は英語)
 
 
シュパッ!!
 
 
こういう時は会場にいる誰よりも早く
手を挙げると決めている僕。
 
話す内容なんて頭になくても
手を挙げちゃえる辺りが
ホント自分でもどうかしてると思います。
 
 
でもこれは、
『OIKOMI(追い込み)』という
自分の中に眠らせている潜在意識を呼び起こし、
信じられないようなパワーを
発揮させるための方法でもあるので、
Ichido Upしたい方にはオススメです( *´艸`)
 
 
 
というわけで、数分間で考えた
非常に薄〜い内容のスピーチでしたが、
世界に笑いをお届けできたようですので
良しとしたいと思います♪( ´▽`)
 
 
皆さんが世界に向けて発信したいことは何ですか?
 
 
どこかでお会いした時には、
そんな事を語り合いましょう☆

 

 

 

ライブ開催のお知らせをさせて頂いたのに、
わずか数時間でチケットが完売するという
伝説を作ってしまいました。
 
お申込みに間に合わなかった方、
ごめんなさい m(__)m
 
 
改めましてこんにちは。
ソールドアウト原祥之です☆
 
 
さて、お待たせ致しました!
それでは「ライブ参加」キャンセル待ちの受付をご案内させて頂きます。
 
 
-----------------------------
【「ライブ参加」について】
・キャンセル待ちの受付となります。
 
【「映像(編集動画)」について】
・現在の価格は実施ライブの翌日、2019年6月23日までにお申込み頂いた方が対象です。
・2019年6月24日以降のお申込み受付の実施は未定です。
 
★お申込み、詳細はこちらからご確認下さい!
https://forms.gle/aEQzoNQmrVdYMjxU7

-----------------------------
 
P.S.
塩原祥之や株式会社Ichido Upに関する情報は、株式会社Ichido Upの公式LINE@にて最速でお知らせしておりますので、LINE@にご登録頂けると幸いです☆

https://line.me/R/ti/p/%40qjw4417q

大変好評により「ライブ参加」のお申込みが定員数に達しましたので、「ライブ参加」のお申込み受付を一旦終了させて頂きます。たくさんのお申込み有難うございます!

 

以降、「ライブ参加」に関しましてはキャンセル待ちのお申込み受付に切り替えさせて頂きたいと思いますので、明日あらためてお知らせします m(__)m

 

※現在お申込み済みの方でお支払い期限を過ぎてもお支払い未納のままですと、お申込みキャンセルとなる場合がございますのでご確認お願い致します。

 

 

◆「ライブ参加」について

・以降、キャンセル待ちの受付となります。

※明日お知らせします。

 

◆「映像(編集動画)」について

・お申込み受付を継続します。

・現在の価格は実施ライブの翌日、2019年6月23日までにお申込み頂いた方が対象です。

・2019年6月24日以降のお申込み受付は未定です。

※明日お知らせします。

 

 

本日、5月18日20時の時点までにお申込み頂いた方へは、

「The Edutainers事務局」より『お申込みありがとうございます』というメールを送付済みとの事です。

お申込み後にこのメールを受け取っていない方がいらっしゃればお知らせ下さい(^^)

 

というわけで、早速本題です♪( ´▽`)

ライブのお申込みは

下記URLリンク先よりお願いします!

 

--------------- 

6月22日(土)開催

『The Edutainersライブ

   ~Rock'n'School~』

【お申込みフォーム】

https://forms.gle/GPSJxZCrFgGTug5V7

--------------- 

 

 

ライブ内容について少し書きますね( *´艸`)

 

お申込みフォームの

説明欄にも書いてありますが、

 

今回のライブは

音楽ライブはもちろんのこと、

英語の授業あり、

お笑いライブありと

盛り沢山の内容となっております!

 

ぜひ、ライブハウスにお越しいただきまして、

『新しい教育のカタチ』を

お楽しみいただけたらと思います。

 

 

この記念すべき初陣に

駆け付けてくれるゲストは、

 

シンガーソングライターの山崎裕也さん。

そして、

スタンダップコメディアンの小池リオさんです。

 

このお二人が今回の企画にご賛同下さり、

特別出演して下さることになりました!

 

 

[ご紹介]

・山崎裕也

シンガーソングライター。

『The sky is the limit』作詞作曲。

(Ichido Up社テーマソング)

他多数。

 

・Rio Koike(小池良介)

スタンダップコメディアン。

「Last Comic Standing」で全米ベスト20に選出。

ニューヨーク・コメディ・コンテストで優勝。

他多数。

 

 

 

「その日はライブに参加できない(´;ω;`)」

「自分が参加したライブを映像でも観たい!(≧▽≦)」

 

という方にはご自宅でも

『エデュテインメント体験』をしていただけるよう、

実施ライブを撮影、編集した映像を

準備しておりますので

ご活用いただけたらと思います。

 

 

また、チケットご購入いただきました方全員に、

「The Edutainersの楽曲『機内』のフルコーラス音源」

をプレゼントさせていただきます!

★同音源の映像には、同曲歌詞の英和字幕があります。

 

 

明るく楽しい雰囲気の

新感覚ライブにしようと思います!!

ご興味を持っていただけましたら、

ぜひ、お越しください!!

 

 

 

【こんな方々におススメです (^^♪ 】

・英語を楽しく学びたい方

・歌や音楽が好きな方

・お笑いが好きな方

・The Edutainersの活動に共感してくださる方

・ライブを一度は経験してみたい方

・なんだか面白そうだと思った方

・えっ? どんなライブ???と思った方

 

 

◆お申込み、詳細はこちらをご覧ください。

https://forms.gle/GPSJxZCrFgGTug5V7