30日間チャレンジも1/5を消化し、

3級の公式テキストを一通り読み終え、

何となく全体像を把握したところで、

過去問を解くことにしました!

 

 

ってことで、

まずは4級の過去問から!

(3級ちゃうんかい!!w)

 

 

2017年3月実施分(4級)

平均点79.8点

認定点60.0点

 

 

という難易度のテストですが、

今朝、取り組んでみたところ、

 

 

86点ゲット!!

 

 

ということで、

何とか合格点を取れました^_^;

 

 

ただ、勘で正解したものもありましたし、

「実力以外の正解も不正解とみなす」とし、

特に覚えておくべき事柄を、

 

Question, Answer, Pointの3点で

以下にまとめたいと思います。

 

 

 

Q1: 世界で最も多くの世界遺産をもつ国は?

A1: イタリア

P1: 1位イタリア(54件)、2位中国(53件)、3位スペイン(47件)

 

 

Q2: 江戸時に富士登山や巡礼を行った集団の組織名は?

A2: 富士講

P2: 富士登山には費用と時間がかかることから、

  代表者に祈願を託す登山グループ「富士講」が誕生した。

 

 

Q3: 「自由の女神」の正式名称は何?

A3: 「世界を照らす自由」

P3: 英語では Liberty Enlightening the World。

 

 

Q4: ジャイアントパンダの保護区は中国のどこにある?

A4: 四川省

P4:「絶滅危惧種」に指定されわずか500頭ほどが生息。

 

 

Q5: 水路を用いて庭園を分割している「ペルシア庭園」の別名は?

A5: 四分庭園

P5: 「エデンの楽園」を模倣し4つの川と4分割された円が「世界」を意味していた。

 

 

Q6: 負の遺産の定義

A6: 世界遺産条約では正式に定義されていない

P6: 人類が犯した過ち(戦争や人種差別)を記憶にとどめ、教訓とする遺産のこと。

 

 

 

こんなん勉強しとかな分からんよねw

うっかりミスも2問あったので、

次回からはちゃんと見直そう(*≧∀≦*)

 

 

・・・とは思うものの、

 

「O型、三男、動物占いはペガサス」

という三拍子が揃う僕みたいな人間は、

過去問を解くたびに、

 

 

「よっしゃ、今回は見直さなくても絶対にいけてる!」

 

 

という根拠のない自信を

簡単に持ってしまうがゆえ、

結局、うっかりミスをするという

末路を辿るのか・・・。

 

 

ps:

4級やったら1週間あれば合格できそう!



世界遺産検定の勉強を始めて
5日が経ちました。

第1日目にも書きましたが、
この30日間のチャレンジは、
自分のチャレンジの「記録」として、


また、同じように今後、
世界遺産検定をチャレンジされる方の
「参考情報」として投稿していますので、
 
別に「面白く書こう!」なんて
全く思っていないのですが、
たくさんの方が、


「塩原さんの文章が面白くて
今まで興味のなかった
世界遺産に興味を持ちました!」


とコメントを下さることから、
気付けば面白い記事になっているようで、

無意識でここまで
人を惹き付けてしまう
自分の文才に
畏怖の念さえ覚えてしまいます。


こんにちは、
文豪原畏怖之です。


かつては
文章を書くことが苦手すぎて、
中3の時に書いた読書感想文を、
高校の時、3年間使い回し続けた経験が
あったりなかったりしますが、


人は変われるようです。




さて、今日も
世界遺産について学びましたので、
本日の学びを少し書き残したいと思います。


今では世界遺産の数が
1000件を超え、毎年20-30件もの
世界遺産が増え続けています。

世界の様々な文化や歴史、
豊かな自然が我々人類の宝として
認知・保護される、

UNESCOの世界遺産を通じた
世界平和活動には、
とても大きな意義を感じています。


一方で、

「もはや本当の意味で『世界レベル』
と言える遺産は全て出尽くしたのではないか」
という声もあるようで、

いま、世界遺産は、
「岐路に立っている」とも言えるようです。



さて、ここで質問です。



「なぜ、国や人々は、
自国の伝統的な建物や自然や景観などを
世界遺産に登録したいと思うのでしょうか?」



理由は様々あると思いますが、
そのうちの1つとして、


「世界遺産に登録されると、
観光客が集まり大きな経済効果を
もたらすことができる」


という「経済的な理由」が
少なからずあると考えられます。



もともと世界遺産は、
世界で急速に進んだ開発の波が、
文化財や自然環境に
負の影響を与えかねないため、

その影響から地球の宝を守ろうと、
世界各国が知恵を出し合った結果
生まれたものです。



そして、世界遺産に登録されると、
各所有国に世界遺産の

「保護と保全の義務」が生じます。


この仕組み自体には大きな意義があり、
今後も大切にしていくべき
考え方だと思います。


しかし、
保護や保存のためのコストや、
そのために必要な
人材には限界があるため、

いざ、世界遺産に登録されたものの、
そこに観光客が増えすぎることで、
世界遺産の保護と保存のコストが増え、

結果として
その土地が疲弊してしまう
という側面もあるようです。


オーストラリアの
「エアーズロック(ウルル)」が、

2019年10月をもって
登頂が禁止されるということを先日書きましたが、
この決定には前述のような背景があるようです。


ですから、
世界遺産を観に行くこととは、
その地球の叡智が凝縮された宝を前に、


「貴方は、地球に何ができる?」


そのように問われ、
それを考え、
行動するキッカケを頂くこと。

そう考えられるのかもしれません。



Think Globally, Act Locally.
(地球規模で考え、足元から行動せよ)



「自分は、地球に何ができるのか?」
「自分は、家族に何ができるのか?」
「自分は、仲間に何ができるのか?」
「自分は、今日初めて会ったその人に何ができるのか?」
「自分は、今目の前にいるその人に何ができるのか?」


ソフトバンクの孫正義さんが、
ご自身が肝硬変の直前の慢性肝炎を患い、
余命5年だと医師から告げられた夜に
泣きながら思ったそうです。


「僕には初めて僕の言葉を信じて
お客さんになってくれた大切な恩人がいる。
仲間がいる。家族がいる。彼らの笑顔が見たい。

いや、その後ろには
50人、100人、1000人の人がいる。
その人たちの笑顔も見たい。

いや、地球の裏側にいて
一度も会ったことがないような、
リンゴをかじりながら
泥だらけになって遊んでいる
ニコッと笑う女の子の笑顔さえ見たい。


・・・よし、俺は生きるぞ」


病室のベッドの上で
真剣にそう思ったそうです。

すると、生きる希望、
生きる欲望が湧いてきたそうです。

それからの孫さんの快進撃は
僕らが知っている通りです。



「世界遺産」に限らず、
僕らの周りに見えるものは、
先人が命をかけて今日まで
伝えてきてくれたものばかりであり、

そこには壮大な
人や自然や地球のドラマがあります。


明日の終戦記念日を前に、
今日はそんなことを考えていました。


ps:
冒頭でアホみたいなことを書いていた

人物の記事だとは
思えないかもしれませんが、
正真正銘、文豪原畏怖之の記事です。
 



約6000万年前に
アフリカ大陸から分離し、
孤島となったマダガスカル島には、


独自の進化を遂げた

1万2000種もの動植物が存在するため、
「生物の標本室」と呼ばれているそうです。

また島の東部にまたがる森林は、
約4800平方kmの広さをもつ
6つの国立公園からなる熱帯雨林であり、
その名は・・・



『アツィナナナの雨林』



ナナナナ〜♪ ナナナナ〜♪
ナナナナ〜♪ ナナナナ〜♪


芸人のジョイマン顔負けの
「ナ」の連チャン度合いです(笑)


ちなみに、
Na〜Na〜Na〜NaNaNaNa〜♪
だとBeatlesの『Hey Jude』です(笑)



他にも、変な・・・いや、
興味深い名前の

世界遺産が色々ありまして、
 

イタリア南部にある
人口約1万人が住む町の名前が、



『アルベロベッロ』!!



さらに、ここに1500軒もある、
白い壁で円錐形の石の屋根を載せた
伝統的な家屋の名称が、



『トゥルッリ』!!



だから2つ合わせて、



『アルベロベッロのトゥルッリ』!!!!



「ホンマかいなー!!」
とツッコミを入れたくなりますが、
ホンマです(笑)


ちなみに、
『アルベロベッロ(Alberobello)』は、
イタリア語で

「美しい(albero)+樹(bello)」を意味し、

『トゥルッロ』が
「部屋1つ、屋根1つ」を意味するので、
その複数形で『トゥルッリ』となるそうですが、

そんな背景を知ると、
とんがり帽子の屋根が
ちょっと森みたいに見えてきますね( ^ω^ )


こういう耳慣れない外国語を覚える場合は、
まずは母国語に直して理解する
というステップを踏むと

イメージしやすく頭に残りやすいですね(*^▽^*)


あ、そうそう、
この「トゥッルッリ」なんですが、
とてもインスタ映えしそうな

綺麗な建物ですが、
このような形をしている理由は・・・


「節税のため」だったそうです!!


実は当時は、
「漆喰で塗装された屋根のある家」
が課税対象であったため、

徴税人が来る際に、
取り外し可能な石の屋根を取り外して、
住民たちは課税を免れたそうな・・・^_^;



でも、改めて考えると・・・
よーそれで通用しましたな!!w


徴税人が来た時に、
その家の主人なりが、
自分の家の屋根を取り外して、



「あ、これですか?

いやいや、家ちゃいますねん!
だって見て下さいよ、屋根ないですやん」



って徴税人に言った時に、


「あ、ホンマですねー、屋根ないですねー
じゃあ、家ちゃいますから課税はなしですねー
ほな、失礼しますー」


と言って徴税人が
そのまま帰って行ったと!?


どうかしてるぜ、
当時の徴税人さん(*≧∀≦*)www
果たして、真実はいかに!?


というわけで、

『アルベロベッロのトゥルッリ』には
絶対に行ってみたいですし、
行くことができたなら、
現地の人とこの徴税人コントをやってみたいですwww


ps:
ここに行ったことがある方はいらっしゃいますか?
空撮したらかなり良い画が撮れそうですが、
ドローンは飛ばしてたらあかんかなぁ...^_^;

 

 

30日間チャレンジも3日目に突入です。

とりあえず三日坊主になるための

条件が揃いましたが、

 

だんだんノッテきたので、

きっと明日も僕は世界遺産検定の

テキストを開くことでしょう☆

 

 

さて、今日も学んだことを

少し書きたいと思いますが、

やはり興味が出てくると、

 

 

「もっと、もっと知りたい!!」

 

 

と思うわけでして、そこで、

Amazonで「世界遺産」と検索し、

関連書籍をポチっ、ポチっと購入していたら、

結局、11冊もポチるという結果となり、

 

本日大量に本が届きました!!

(*≧∀≦*)

 

 

実は14年ほど前、

ある霊媒師の方に言われたことがあります。

 

 

「あなたは1つ前の前世では本を読み過ぎて

頭の血管が切れて本に埋もれて死んでるから、

今世では気をつけなさいね」(マジですw)

 

 

というわけで、

今世も同じ末路を辿るかもしれません(笑)

 

 

・・・って(笑)ちゃうわ!!

(すみません、シュールなボケに

自分でツッコミを入れておきます)

 

 

 

とまぁ、

命を削りながら今日読んだ本は・・・

 

 

「世界遺産100断面図鑑」

という本でして、

タイトルからして面白そうでしょ?

 

本の内容はその名の通り、

100個もの世界遺産を

パッカーンと半分に割り、

 

その断面から見える内部構造や

成り立ちなど普段は見えない部分を

理解することで、その表面の魅力を

より知ることができるというものです(*^▽^*)

 

 

 

そこで今日は僕が驚いた、

ある世界遺産の真実について

ご紹介します(*´∇`*)

 

 

 

オーストラリア大陸のほぼ中央に位置し、

1873年にイギリスの探検家

ウィリアム・ゴスが発見した時、

当時オーストラリアの首相だった

ヘンリー・エアーズの名前に因んで命名された

 

 

『エアーズロック』

 

 

という世界最大級の一枚岩を

皆さんもご存知かもしれません。

 

 

しかし元々この地は

先住民族アボリジニの人々の聖地であり、

現在ではアボリジニの

「ピチャンチャチャラ語」での名称

『ウルル』が正式名称となっています。

 

 

はい、

「ピチャンチャチャラ語」です。

 

 

これ、ちゃんと噛まずに言えた人だけが

続きを読んでも良いという

システムとなっておりますので、

頑張って下さい(笑)

 

 

 

さて、この「ピチャンチャチャラ語」も

調べると面白かったのですが、

それよりも僕が今回驚いたのは・・・

 

 

『エアーズロック(ウルル)』は

「世界最大”級”の一枚岩」であって、

「世界最大の一枚岩」ではないということです!!

 

 

実は、同じくオーストラリアの西の方に、

『マウント・オーガスタ』という

『エアーズロック』よりも

大きな一枚岩があるのです!!

 

 

なんとその大きさは、

『エアーズロック』の約2.5倍以上!!!

(どどん!!!)

 

 

つまり、『マウント・オーガスタ』は、

「世界最大の一枚岩」であり、

『エアーズロック』は、

「世界2位の大きさの一枚岩」なんですって!!

 

 

「物は言いよう、一青窈」

とはよく言ったものですが、

 

「世界2位」よりも「世界最大級」の方が、

よりインパクトがありますから、

オーストラリア政府も

うまいこと表現しましたなw

 

 

ちなみに、

 

「なぜ、実際は世界2位の大きさの

『エアーズロック』の方が、

世界1位の大きさの

『マウント・オーガスタ』よりも有名なの?」

 

って思いません?

 

実はここには大人の事情が

色々とあったりするわけですわ^_^;

 

何事も目に見えて

表面化していることだけではなく、

その裏側にある

見えていないことまで理解することで、

物事の本質が分かるっちゅーもんですな(*´꒳`*)

 

 

ps:

『エアーズロック』は、

2019年10月26日から

観光客向けの登山が禁止されることになるので、

ご興味のある方は今のうちに

計画された方がいいかもしれません^_^

 

もちろん、僕はそれまでに行きます★

 

 

やったーーーー!!

 

 

「30日間チャレンジ」が

2日目も続いたということは、

 

この「2日間」をあと、

「15回」繰り返せば終わり!!

 

ってことで、

こんなことで気持ちが軽くなってしまう、

超単細胞的な思考をしております。

 

 

こんにちは、

ミトコンドリア原です。

(ミトコンドリア君、軽くディスってごめん!) 

 

 

さて、これまで未知だった世界を、

たった2日間だけでも学んでみると、

 

「へー」

「ほー」

「はー」

 

っと、驚きの連続で、

脳に気持ち良い刺激を受けております☆

 

 

さて、今日も学んだことを少しだけ、

書き残してみたいと思います。

 

 

「世界遺産」という言葉自体は

これまで何度も聞いたことがありましたが、

実は「世界遺産」は

大きく次の3つに分類されるそうです。

 

 

・文化遺産

・自然遺産

・複合遺産

 

 

「文化遺産」ってのは、

顕著な普遍的価値を有する、

記念物、建物、遺跡、文化的景観です。

 

例えば、日本の法隆寺や、

アメリカの自由の女神像や

スペインのサクラダ・ファミリア

などがそれに当たります。

 

 

 

そして「自然遺産」ってのは、

顕著な普遍的価値を有する、

地形、生態系、絶滅の恐れのある

動植物の生息地などです。

 

例えば、日本の屋久島や、

アメリカのグランドキャニオン国立公園や、

エクアドオルのガラパゴス諸島

などがそれに当たります。

 

 

 

最後に「複合遺産」ってのは

「文化遺産」の要素と

「自然遺産」の要素が合わさった、

まさに「ハイブリッド遺産」です!!

 

例えば、ペルーのマチュ・ピチュや、

トルコのカッパドキアや、

オーストラリアの

「エアーズロック」として有名な、

ウルルにあるカタ・ジュタ国立公園

などがそれに当たります。

 

 

 

そこで、僕が驚いたのが、

 

「富士山」が「自然遺産」ではなく

「文化遺産」であるということです!!

 

 

普通、「富士山」は

「山」という「地形」なので、

「自然遺産」だと思いますやん?

 

でも、人々は「富士山」を眺めることで、

新たな閃きを得たり、宗教が開かれたりしたので、

「日本の文化を切り開いた」ということで、

「富士山=文化遺産」なのだそうです!

 

つまり「富士山」とは

決して「単なる山」ではなく、

数多くの見えない価値が備わっており、

富士山は日本人の信仰や日本の芸術創作の源泉であり、

これこそが富士山がonly oneである

理由であるということなのです(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

 

いやー深い!

 

 

こういう本質的なことまで考えて

認定しているのが

世界遺産であると分かり、

ますます興味が出てきました(*≧∀≦*)

 

 

今日は3級のテキストを使って、

「人類の古代文明」と

「アジア世界の形成と宗教」について読みました★

 

 

勉強すればするほど気づきが多く、

書きたいことが多すぎるのですが、

今回は記事を書くよりも、

学習を先に進めることを優先し、

ここまでにしたいと思います☆

 

ps:

今から3年前、僕は富士山をバックに

綺麗にジャンプしていたようですが、 

これはジャンプした頂点で

きちんとカメラのシャッターを押した、

カメラマンが凄いのですwww

 

 

ついに始まりました!

30日間チャレンジ for 世界遺産検定!!

 

調べたところ、

 

 

4級→3級→2級→1級→マイスター

 

 

という5段階の試験があるようで、

4級から2級までは

いきなり受験できるのですが、

 

マイスターは1級の合格者のみが、

1級は2級の合格者のみが

受験できるとのことで、

 

今回は2級と3級をダブル受験

してみることにしましたーー!!

 

 

いやー、

試験とか久しぶりですわ(*≧∀≦*)

 

 

 

ちなみに、世界遺産は

全世界に1000個ほどあるようですが、

3級はその内の100個が出題対象で、

2級はその内の300個が出題対象とのこと。

 

つまり、

2級の試験を30日間で

満点合格するには・・・

 

 

1日に10個の世界遺産について

覚える必要があります!!

 

 

この量が多いのか、少ないのか、

まー、少なくはないね...w

(ちなみに合格は60%の正解率でOKとのこと!)

 

 

・・・そもそも世界遺産を

「1個」「2個」と数えている時点で、

世界遺産協会から怒られそうですが、

楽しみながら

30日間チャレンジしてみまーす(*^▽^*)

 

 

  

今日は3級のテキストを使って、

「世界遺産の基礎知識」と

「日本の世界遺産」について読みました☆

 

 

ま、「読んだ」だけで、

全然覚えていませんが(°▽°)w

 

 

ps:

今日から30日間は

自分のチャレンジの

「記録」として、

 

また、同じように今後、

世界遺産検定をチャレンジされる方の

「参考情報」として、

 

記事を投稿したいと思いますので、

あんまりオモロさとか期待しないでプリーズ★

いやー、ほんと暑いですねー^_^;

 

 

アメリカの心理学の研究によると、

人間は1日におよそ6万回思考する

と言われていますが、

 

 

きっと僕は、

 

 

「あー、暑いわー」

「今晩、何たべよかなー」

「やっぱり今晩もそうめんにしよかなー」

 

 

ということを

毎日6万回ぐらい考えていると思いますが、

皆さんはどんなことを

考えることが多いでしょうか?

 

 

 

 

さて、

 

 

今度、塩原式のプレゼン講座を

開催するということもあって、

今、世界中のプレゼンターの

スピーチを研究しています!

 

-----------------------

ちなみに僕のプレゼン講座は

日本語でお伝えするもので、

英語の講座ではありませんm(_ _)m

僕のプレゼン講座に

ご興味のある方はこちらからどうぞ。

https://goo.gl/WJ7j1v

-----------------------

 

そこで、Matt Cuttsという、

元Googleのエンジニアの方の

スピーチが面白かったのでご紹介します☆

 

 

タイトルは・・・

 

"Try something new for 30 days"

(30日間で何かに挑戦してみよう)

 

コチラからご覧頂けます。

https://goo.gl/NDl6xS

(日本語字幕がついています)

 

 

Matt氏が話していることを

1文で要約するなら、

 

 

"Think about something you've always wanted

to add to your life and try it for the next 30 days."

 

 

つまり、

 

「やりたいと思っていたことがあるなら、

まずは試しに30日間だけやってみよう!」

ということです(*^▽^*)

 

 

 

さて、こういう時の

僕の行動パターンはお分りですよね?

 

 

 

そう、人生、やるか、やるか。(笑)

 

 

 

ってことで、

以前から興味があったのですが、

 

 

「やりたいなーでも忙しいしなー」

 

 

と、ずっとやらず終いだった、

『世界遺産検定』

に挑戦してみようと思います!

 

 

2018年9月9日に試験があるようなので、

今日からの日数計算だと

あと30日+αあるので、

試験日の30日前になったら

勉強を開始したいと思います!

 

 

・・・いや、

今日から始めへんのかーい!!!

 

 

 

あ、失礼しましたm(_ _)m

 

思わず自分で自分に

ツッコミを入れてしまいましたが、

 

そもそもこの期間で

合格できるような試験なのかさえ分かりませんが、

気楽に「30日間チャレンジ」を

始めてみたいと思います(*≧∀≦*)

 

 

 

夏休み中の子供たちー!

今は勉強が嫌いかもしれないけど、

安心してくれーー!!

 

 

大人になるとその分、

勉強したくなるから。(笑)

 

 

というわけで、

僕のように子供の頃

あまり勉強しなかった大人の皆さんwww

 

皆さんも30日間で

何かに挑戦してみませんか?

 

 

Let's 大人チャレンジ!

 

ps:

世界遺産検定の勉強をしたことがある方、

勉強のコツを教えて下さいー!

「は」と「が」と「も」

テーマ:

 

==================== 
対談の中で触れていた
『人生が劇的に変わる自己紹介の作り方セミナー』
の詳細となります!
 
日時:2018年8月25日(土)13:00-17:00
場所:東京都内
応募方法:https://goo.gl/AfowRH
======================

 

 
A:「塩原さんって、声はいいよね」
B:「塩原さんって、声がいいよね」
C:「塩原さんって、声もいいよね」
 
 
 
「は」と「が」と「も」
 
 
言葉って一文字違うだけで、
相手に伝わる意味が
大きく変わってきますよね。
 
 
でも、3つもあると、
どれを使えばいいのか分からない方も
いらっしゃると思います。
 
 
 
B:「塩原さんって、声がいいよね」
C:「塩原さんって、声もいいよね」
 
 
 
試しに2つに絞ってみました。
 
 
 
「が」と「も」
 
 
これで、
どちらを使うべきか
より明確になってきましたね。
 
 
 
でも、2つもあると、
どちらを使えばいいのか分からない方も
いらっしゃるかもしれません。
 
 
 
 
C:「塩原さんって、声もいいよね」
 
 
 
 
試しにCを残してみました。
 
 
たまたまCが残っただけですが、
一度、音読してみて下さい。
 
 
いかがですか?
 
 
何かこう、心が透き通るというか、
何かこう、優しい気持ちになれるというか、
何かこう、世界中の人たちと魂で繋がれるというか、
 
 
 
そんな感じがしてきますね。
 
 
 
というわけで、先日、
友人のグンちゃんと
対談させてもらった音声をお届けします★
 
 
僕よりもグンとお若いのですが、
すごく経験豊富で視点が面白いので、
いつも勉強させてもらってます!!
 
 
というわけで、
音声をお聞きになって、
 
グンちゃんに興味のある方は・・・
いや、塩原に興味のある方は・・・
あれ、塩原にも興味のある方は・・・
 
 
・・・うーん、とにかく、
グンちゃんに会いに来てください!!www
 
 
==================== 
対談の中で触れていた
『人生が劇的に変わる自己紹介の作り方セミナー』
の詳細となります!
 
日時:2018年8月25日(土)13:00-17:00
場所:東京都内
応募方法:https://goo.gl/AfowRH
 
この自己紹介セミナーですが、
今回で最後のリアルセミナーになりますので、
ご興味のある方は是非お越しください(*≧∀≦*)

では皆さん、8/25は会場でお会いしましょう! 
======================
 
ps:
このような秀逸でシュールな記事が書けるようになりたい方も是非w

落ちた試験に再び挑戦した理由

テーマ:

 

 


そう、僕はそのプレゼンで
不合格となったわけです。
 
うん、一回落ちましてん。
でも、もっかい受験しに行ったわけです。
 
「・・・また落ちたら、嫌やなー」
とか思いながら(苦笑)
 
 
参照:
2017年3月7日「正しい不合格」
https://www.facebook.com/yoshiyuki.shiohara/posts/1281979621894073
 
 
試験が不合格だと分かったあの日、
後悔しました。
とてもとても後悔しました。
 
 
なぜならFacebookやブログで、
 
「今から挑戦してくるから、応援よろしく!』
と大口を叩いちゃった手前、
 
「あのぅー、ぼくぅ…落ちましてん…」
と公言することに
非常にストレスを感じていたから。
 
 
But that was 杞憂。
 
 
僕の情けない結果報告とは裏腹に、
皆さんが寄せて下さったコメントは、
 
 
「逆に勇気をもらいました!」
「またチャレンジするのを楽しみにしてる!」
「あなたは他社の枠にハマるような人じゃないよ!」
 
 
と、なんとも温かいものばかり。
 
 
こういう出来事やコメントって
結構ずっと覚えているもんで、
僕はこの「悔しさ」と「感謝」という、
相反するような感情を1年間忘れずに過ごしました。
 
 
 
それから、月日が経ち、2018年1月。
 
 
「ソフトバンクアカデミア入校生募集」
という知らせに即座に反応し、
応募している自分がいました。
 
 
応募した理由はいくつかありますが、
言語や言葉を生業としている僕としては、
 
「孫正義の後継者」という
分相応で大き過ぎるチャレンジとはいえ、
またそれがどんなに大きなテーマであれ、
 
試験科目が「プレゼン」である以上、
それに不合格のままでは
納得がいかなかった。
 
 
だから「自分に足りないもの」を見つけるため、
本屋に足を運び、Amazonを検索しまくり、
世界中のYoutube動画を見たり、
「話 おもろい」で検索したりしました。
 
 
 
そして出会った、
7冊の本と1人のレジェンド。
 
 
「プレゼン」や「伝える」ということを
テーマにした国内外から見つけ出した
珠玉の本を7冊。
 
 
「このプレゼンターの方はすごい!」
と僕が心から思ったプレゼンの神。
(ビルゲイツ氏がそのプレゼン力を絶賛した

Microsoftの澤円先生!

その節は大変お世話になりました!!

https://amzn.to/2L4p5dF )
 
 
「悔しさ」と「感謝」を両手で抱きしめながら、
7冊の本と1人のレジェンドを徹底的に研究し、
それまでの自分のプレゼンメソッドを
さらに練り上げ、作り上げました。
 
 
 
【[8/25@東京]自己紹介の作り方セミナー】 

お申込みはこちらから!!
https://www.kokuchpro.com/…/9662f1df8d5004cfa6a0b87be89b39…/
 
 
 
多分、このセミナーを
僕がリアルでやるのはこれが最後です。
 
というのも、
このセミナーの受講者も2000名を超え、
 
有り難くも「もっと学びたい」
というお声を頂いているため、
この「基本編」の後は
「はんぱねー編」を開講します。
 
なので、
「はんぱねー編」を受講したい方は、
この「基本編」の受講は必須ですので、
この機会をお見逃しなく!!
 
 
ps:
明日にでも「はんぱねー編」は
「発展編」という名前に変わる見込みです。

「前回は不合格にして頂いて有難うございました。」

 

 

こんな出だしで始めた

5分間のプレゼンテーション。

 

 

お題は、

 

 

「如何に自分が孫正義氏の後継者として相応しいか?」

 

 

という、なんとも壮大なもの^_^;

 

そう、株式会社ソフトバンクの孫正義さんが

ご自身の後継者を育てるために設立し、

さらに孫さんご自身が校長を務める

「ソフトバンクアカデミア」の

選考試験を受験して参りました。

 

 

試験内容は、

「書類審査→一次プレゼン→最終プレゼン」

という感じなのですが、

 

2つのプレゼンはどちらも

持ち時間は5分間のみ。

 

 

その短い時間の中で

この壮大なテーマについて語る

プレゼンに挑戦して参りました。

 

 

実は去年も受験しているのですが、

その時は一次プレゼンで

不合格となってしまいました。

 

 

But I am マケズギライ!!

 

 

というわけで、

今年も応募したところ書類審査が通り

再び一次プレゼンを迎えることができましたので、

 

冒頭で書いたような言葉で

プレゼンを始めたわけです・・・。

 

 

 

結果、合格しました!

 

 

 

 

契約の関係上、書けない内容も多いので

今回はこれぐらいになりますが、

 

日頃、

 

「英語の講師」以外にも

「プレゼンテーションの講師」

 

というお仕事もさせて頂いているのですが、

 

 

「プレゼンテーション」を通じて、

「想いをきちんと相手に伝え

応援してもらえる自分になる」

 

ということについて

お伝えしている僕としましては、

 

このような日本を代表する企業から

一先ず認めて頂くことができ

とても嬉しく思っていますし、

 

僕のプレゼンセミナーで

受講生の皆さんにお伝えしてきたことが

少しは実証できたかと思うと、

 

ホッとしている部分もあります。

 

 

 

という訳で久しぶりに、

弊社Ichido Up主催のプレゼンセミナーを

東京で開催します!!

 

 

講師はもちろん、

僕、塩原祥之が務めます!

 

題して、

 

「人生が劇的に変わる自己紹介の作り方セミナー」です!!

 

 

 

ーーーーーー

東京開催

【人生が劇的に変わる自己紹介の作り方セミナー】

2018年8月25日(土)

 

◆セミナー 13:00~17:00

※定員100名様

ー 会場 ー

東京都品川区内のセミナールーム

※詳細は、参加お申込み確定後にお知らせ致します。

 

◆懇親会 18:00~20:00

※先着30名様

ー 会場 ー

セミナー会場付近

 

ご案内ページURL:

https://www.kokuchpro.com/event/9662f1df8d5004cfa6a0b87be89b39ad/

ーーーーーー

 

  

 

古今東西のプレゼンテーションに関する書籍から学び、

世界中の名プレゼンターから聞いた話から学び、

アメリカで学んだ「ストーリー工学」を土台にし、

日常で使って頂きやすいよう「自己紹介」に落とし込み、

中学生が聞いても分かるような言葉に置き換え、

波乱万丈な人生の中で再現性があることを実証し、

体系化したセミナーです。

 

 

 

「伝えたいこと」があるのに、

 

「どうやって伝えればいいのか」

が分からなかったあの頃の僕に、

 

過去に戻って出会えるなら、

 

 

「とにかく、このセミナーは受けに行け!」

 

 

と間違いなく言うであろう、 

そんなセミナーです。

 

 

 

という訳で、

お申込みは以下よりお願い致します!

 

ーーーーーー

東京開催

【人生が劇的に変わる自己紹介の作り方セミナー】

2018年8月25日(土)

 

◆セミナー 13:00~17:00

※定員100名様

ー 会場 ー

東京都品川区内のセミナールーム

※詳細は、参加お申込み確定後にお知らせ致します。

 

◆懇親会 18:00~20:00

※先着30名様

ー 会場 ー

セミナー会場付近

 

ご案内ページURL:

https://www.kokuchpro.com/event/9662f1df8d5004cfa6a0b87be89b39ad/

ーーーーーー

 

 

今回、当セミナーを受講下さいました方におかれましては、

 

このセミナー終了後には

「もう、今までの自己紹介には戻れない」ですし、

人生が劇的に変化しますのでお楽しみに!(*≧∀≦*)

 

 

今回はタイミングが合わなかった方におかれましては、

また次の機会に是非ご参加下さいね!

 

 

 

「自己紹介」が変われば

「出会える人」が変わります。

  

「出会える人」が変われば

「人生」が劇的に変わります。

 

 

ぜひ皆様、

より素晴らしい人生を歩んでいきましょう☆