算数が好きになる!鶴田式算数塾

算数が好きになる!鶴田式算数塾

鶴田式算数塾
2歳児から、小学生、
中学生まで個別指導で、
性格に合わせてサポート

解けるではなく分かるを

たし算、ひき算だけでなく
計算から分数、面積など全て
積木を使い、徹底的な量感育成

楽しく、ゆる~い学習が、算数を得意にする。

運動をしなくても食べ物や飲み物で脳を活性化できれば、時間もかからないので、試験の直前とかでも利用できて便利ですよね。

 

実は、紅茶が脳を活性化できることが分かっています。この実験では、コーヒー、紅茶、エナジードリンク、水を比較しています。

 

なんと紅茶は、「交感神経の活動を適度に抑えて、自律神経のバランスを整え、緊張を緩和させ、活力をアップさせる」パーフェクトな飲み物なのです。

 

ただ、紅茶にはカフェインが含まれており、このカフェインもその効果の一翼を担っているために、除外することもできません。

 

ですから、小学校高学年以降のお子さんで1日1杯が限度となります。また、カフェインが良質な睡眠を阻害するのを防ぐためには、寝る4時間前までに飲んでおく必要があります。

 

慣れてくると、カフェインをとっても寝れなくなることはなくなりますが、その場合でも、睡眠が浅くなり、十分な睡眠がとれなくなってしまいます。

 

脳への影響はわかりませんが、韃靼そば茶、麦茶などを取ると、血液さらさらになることが分かっています。

そういったことを踏まえて、食事や飲み物に、気を使った生活を心がけてください。

 

 

~精神神経科医で産業医の古賀良彦先生 研究~