アズキマスの鍋としゃぶしゃぶ | 野人エッセイす

野人エッセイす

森羅万象から見つめた食の本質とは


テーマ:

 

 

         目                 クラッカー       ドキドキ

 

今日の賄いランチは「アズキマス」の鍋と刺身としゃぶしゃぶドキドキ

アズキマスを知っている人は魚に精通した人か釣り人しかいないだろう。

学名は「キジハタ」別名「アコウ」、あずき色をしているので愛知、三重ではそう呼ばれているが、全国には無数の呼び名がある。

 

市場魚介類図鑑で調べればわかるが、物知り度は、知っていたら達人級汗の4つ星、味の評価は・・・

究極の美味クラッカーで 5つ星になっている。

超高級魚「クエ」と同格の味と価格で、クエは数百キロにまでなるがこれは最大60センチで数キロまで。

野人がこれまで釣った最高は2、3キロだったが、これは3,3キロで最大級と言える。

 

刺身、煮漬け、塩焼き、鍋、しゃぶしゃぶと万能魚で身のキメが細かく締まり、甘味があって非常に旨く、熱を通すとさらに弾力と旨味が出る。食感はフグに近い。

脂がなくとも美味しいが、脂がのればもう究極の白身魚と言えるだろう。 フグに脂はのらない。

天然のクエ鍋のコースを食べて数万円支払った人もいるだろうが、フグとも同格、もしくはそれ以上の味だな。

アズキマスやクエはハタ科の魚だが、マハタはやや柔らかく水っぽく、味も価格も落ちる。

 

夕方近いランチ、マリンビレッジ庶民の賄い食ビックリマークとしては贅沢だが、素材の味を極めるのがスタッフのお特訓ラブラブ

シーズン初めての鍋音譜・・暑くてたまらないだろうなという当初の予測に反して涼しく食べられた。

いく、まむし頭と絵本男は未知の美味しさに大感激!! 

コラーゲンたっぷり皮の旨さ、骨付きの身の旨さ、刺身の繊細さ、どうやって食べても美味しく、特に絵本男はしゃぶしゃぶの旨さに大興奮、ビレッジで食べたこれまでの魚では一番旨かったらしい。

残り物を食べたいくからも・・「ヒレの周りのプル皮が旨過ぎるぅ~~音譜」とメールが来た。

マダイやスズキやヒラメやアンコウも旨いが、アズキマスの食感と味には敵わない。

 

とても雑炊までは行き着かなかったが、お野人といくはスープに軽くご飯を入れて食べたが、たまらん旨さ音譜 とても食べ切れない大きさで、頭とカマと半身は保存した。

 

ハタという魚

http://ameblo.jp/muu8/entry-10386850196.html

野人エッセイす

アコウの旨さ

http://ameblo.jp/muu8/entry-11272833208.html

野人エッセイす

 

東シナ海流18 クエ 潜って引きずり出せ

http://ameblo.jp/muu8/entry-10099485908.html

25年間使い続けた魚用モリ

http://ameblo.jp/muu8/entry-10124864483.html

 

アズキマス
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村


にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
愛犬ポチ


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
総合ランキング

 

クエ 28キロ  薩摩硫黄島
野人エッセイす

ムーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス