(2012年以前)西谷国登の過去アーカイブブログ!
  • 29Feb
    • アメリカンスクール(ASIJ)授業開始3日目

      今週の月曜から、毎日アメリカンスクールインジャパン(ASIJ) に非常勤の講師として出勤しております。来週の月曜まで担当の先生が国外に出掛けている為、代わりに代講を行っています。また、それとは「別に」今週土曜からは、KPHO(関東中のインターナショナルスクールから選ばれた生徒で集まったオーケストラ)を指揮指導します。同時進行です。ASIJでは、小学生、中学生、高校生の3グループの弦楽オーケストラの授業と、自習の時間の担当教師をしています。もちろん、授業は全て英語。久しぶりに英語で、20~30人もの生徒の前で指導を行いました。最初は、日本に帰って1年以上も経っているので、ちゃんと出来るか不安でしたが、一度口を開くと、アメリカでやっていた感覚をすぐ取り戻し、まるで自動車を久しぶりに運転する様に、授業をしている自分がいました。ちゃんとアメリカで授業やってたんですね~。日本にいる事で、そんな自分を忘れてしまってたようです。ASIJの私が面倒をみている生徒達は皆、本当に頭が良いだけではなく、とても良い生徒達です。たまに、お喋りが多いですが、そんなのは当たり前。そんなシチュエーションでさえ、ポートランドでキャロル先生と、ユースオーケストラの指導を行っていた時の事を思い出させます。懐かしい。アメリカンスクールインジャパンの敷地に入ると、もうアメリカです。パスポートが必要なんじゃないか。と最初は思ったくらい。日本の中にアメリカがある感じで、面白い。言語はもちろん、文化も雰囲気も。あと、残り3回。そしてKPHOのコンサート。全て上手くと行くと良いです!それでは、明日も皆さんが幸せでありますように!~お知らせ~・おしばぁいおりん チケット予約開始 詳細はこちら・第3回西谷国登のおもしろあーと、配信公開中、配信動画はこちら

  • 26Feb
    • おもしろあーと第3回配信開始!!!

      「西谷国登のおもしろあーと」第3回配信開始しました!第3回配信動画はこちら今回第3回目の配信となりました。最初の番組宣伝と比べると、段々と緊張もほぐれて来たかな~。という感じです。観てくれている皆さんありがとうございます!これからも頑張ります。3月1日配信開始予定だったのですが、明日から2週間、想像以上に忙しくなりそうなので、配信してしまいます!月二回ペースは忙しいときには厳しいので、二ヶ月に3本に減らそうかな。と考え中です。(^_^;) とにかく続けます!「継続は力なり」を信じて!過去の配信は以下から第2回配信はこちら  第1回配信はこちら「おもしろあーと」の公式ウェブサイトはこちらそれでは明日も皆さんが幸せでありますように!

  • 19Feb
    • ベートーベン公演(親子で楽しむ演奏会)

      親子で楽しむ演奏会・ベートーベン公演、お芝居とクラシック音楽の融合?を、東久留米地域センターにてやって参りました!御来場頂きました皆様、ありがとうございました。如何でしたでしょうか?是非私が配信している、おもしろあーと第2回を観てください。稽古風景や、俳優さん達のインタビューなど楽しんで頂けると思います!子供が大好きな私としては、沢山の子供達の笑顔が見られて本当に嬉しかったです。私の愛弟子も来てくくれて、とても嬉しかった。しっかり私が演奏している時は、集中して観てくれて、騒がしくなりそうな子がいると、注意していたのが可愛かった。今日とても驚いた事がありました。アンケートで知ることが出来たのですが、このホームページを観て千葉県成田市から、わざわざ東久留米まで足を運んで頂きましたお客様がいらっしゃったとの事。とてもビックリしました!ありがとうございました!このホームページ、いろいろな方が覧てくださってるんだなと、感激致しました。本当にありがとうございました!もし宜しければ、御礼を一言、言わせて頂きたいので、私の事だ!と思われたらご連絡くださいね!さて、来週から1週間ほどアメリカンスクール(ASIJ)の代理講師として、ASIJの中高校生オケを指揮指導をしに行きます。何をやるか分からないので、不安ですが楽しみです。そして、来週後半からは、Honor Orchestraの指揮指導がはじまります。久しぶりの英語での指揮活動。緊張気味です。頑張ります!それでは、明日からまた1週間、皆さんが幸せでありますように!(^^)/

  • 14Feb
    • おもしろあーと第2回配信開始!!!

      「西谷国登のおもしろあーと」第2回配信開始しました!配信動画はこちら 「おもしろあーと」の公式ウェブサイトはこちら第3回(3月1日)の分も今日撮り終えました。どんどん先取りしないと間に合わないです(^_^;)2012年2月15日第2回配信開始「まつだおかだの究極お芝居の魅力!」出演 西谷国登(MC・ヴァイオリン) ゲスト: 松田かほり 岡田由記子企画 おしばぁいおりんの魅力演奏協力・ ゑ川史子 (ピアノ) 演奏曲目 エルガー作曲「夜の歌」協力・後援 まつだおかだ みむみむの森 おしばぁいおりん Kunitoヴァイオリン・ヴィオラ教室 www.nkunito.comそれでは明日も皆さんが幸せでありますように!

  • 09Feb
    • 恐い先生・優しい先生どちらがいいか

      「西谷国登のおもしろあーと」第1回配信中です!配信動画はこちら「おもしろあーと」の公式ウェブサイトはこちら寒いですね~。今やっと第2回おもしろあーとの編集が完了しました!間に合った。次回は、忙しい間の配信なので、早めに撮って編集したいです。~恐い先生・優しい先生どちらがいいか~結論から行きます!世の中には、軍人みたいな教育で震え上がらせる指導者がいるかと思えば、優しすぎて退屈させる指導者もいます。どちらも良いとは思いません。つまり、恐い先生・優しい先生とかそういうイメージだけで判断すべきでは無いと思います。まず、自分に(子供に)とって良い先生か悪い先生かを見分けることが大事かと思います!生徒が恐すぎて、怒られて(1度や2度ではなく、頻繁に)泣かされているのであれば、マズイです。これは問題外です。先生を速攻変えるべきです!教育法が古いとかじゃなくて、単に合ってないだけだと思います。逆に生徒が、(上手く弾けない、出来ない事で)悔しくて涙している場合は、その生徒にとって、とても良い先生である可能性は非常に高いです。泣くという行為が(人前で)出来ると言うのは、心から気を許している訳ですし、信頼している人の前でしか出来ません。しかしながら、その後の先生の対応も見極めの一つだと思います。生徒が涙して、先生がおろおろして、頼りないのはマズイです。一番マズイのは、涙を流された時に、先生が生徒に(情が)流される事です。流されるという事は、生徒にレッスンという場を支配される事になります。あくまで先生なのですから、心で情に流されたとしても、顔と振る舞いはいつもと同じ、生徒自身が泣いてる事を忘れさせるくらいが良いと私は思います。生徒が悔し涙した場合、私は2つ対処方法を用意しています。まず、コントロール不能なくらい泣かれてしまった場合、励ましたりせずに、単に「一回立て直そう!」と言い休ませちゃいます。クールダウンです。もう一つは、ただ悔しくて涙しているのであれば、そこで更に追い打ちで「悔しいよな!頑張れっ!」と情熱的に指導します。一番良いのは生徒に合わせてあげるのが良いかと思います。悔し涙という事は、悔しいという感情が強くなっている訳ですから、それに合わせて一緒に悔しがってあげると、生徒は涙しながらも、悔しくて頑張ります!そして上手くなります!実は、上手くなるチャンスという場合も結構あるんです。見逃してはなりません!更に言えば、その後生徒と打ち解けられ、信頼を得る(先生にとっても)チャンスであります。レッスン場での涙は、生徒にとっても先生にとってもラッキーチャンスの場合が多々あるんじゃないかな。と思います。また、楽器の上達は自分では目に見えにくいので、先生が上達の道しるべになります。何が上手くなったか、しっかり知らせてあげることが重要かと思います。私は、幼稚園、小学生の生徒達には、楽しく優しく教えるべきだと思い、絶対に厳しく教えてはならないと思います。嫌いになったらアウトです(^_^;)ただ、出来る子にはどんどんやらせる。という意味での厳しさは私は必要だと思います。中学生、高校生になれば、生徒を尊重しつつ「人生の先輩」としてアドヴァイスをするような形で、時には厳しく指導をして行くべきだと思います。更に、受験生や大学生になれば、プロやコンクールを目指す生徒には厳しく注意や説教したり、怒鳴ったりする事も有りだと思います。それ以外の大学生や社会人の皆さんには、楽しく続けて頂く事が目標ですので、楽しくやっているうちに、いつの間にか上達している事を伝えてあげる事がベストかと思います。いろいろな先生がいますが、レッスン料を払うのですから先生を選ぶのも生徒の権利です。しっかり、良い先生かどうか見極めて先生選びをしましょう!(^^)/それでは明日も皆さんが幸せでありますように!(^^)/

  • 05Feb
    • 誕生日

      「西谷国登のおもしろあーと」第1回配信中です!配信動画はこちら「おもしろあーと」の公式ウェブサイトはこちら2月5日は私の誕生日。早生まれの私ですが、年が経つに連れて早生まれの良さを感じてきました。私と同年代の人達は、今年は年齢が1年上ですからね。若くいられます。ふふふ。小さい頃は、「え~まだくにちゃん6歳なの~?わたち、もう7歳!」みたいな感じで自慢?されてましたからね。写真は生徒からの贈り物。右下の虹が今回のプレゼント。嬉しかったです。ですが、もっと嬉しかった事は練習を沢山して来てくれたこと!そして、いろんな事を学んでくれて、成長がしっかりみれたこと!とても先生にとっては最高のプレゼントです。それでは明日も皆さんが幸せでありますように!(^^)/

  • 31Jan
    • 私の風邪・インフルエンザ対策

      「西谷国登のおもしろあーと」第1回配信開始しました!配信動画はこちら「おもしろあーと」の公式ウェブサイトはこちらお褒めの言葉を頂きましたが、まだまだ第一歩。反省点も沢山あります。「おもしろい」事を沢山考えていますので、これからどんどん頑張って行きたいと思います!毎日テレビを観るときに、編集の仕方を勉強する癖がついてきました。笑さて!インフルエンザが流行ってきています。私の教室でも数人インフルエンザにかかった生徒が既に出てきましたす。私は、予防接種を受けましたが、念のため空気清浄機や加湿器を付けたり、手洗いうがいをよくするようにしております。更には、オレンジジュースなどでビタミンCを摂取したりしてます。一番効いてるかなと思われるのは、加湿器付きの空気洗浄機。昨年まで、生徒から風邪などを貰ってしまったりして、この時期までに結構具合が悪くなったりしていたのですが、今年は平年に比べると良いかな。と思います。おすすめです。高校受験の時に、私はインフルエンザの注射をしていなくて、熱を出しながら受験をした記憶があります。辛かった。それ以来は、予防接種をするようになり酷いインフルエンザに掛かることは、なくなりました。皆さん、風邪には気をつけましょう!(^^)/それでは、明日も皆さんが元気で幸せでありますように!(^^)/

  • 29Jan
  • 26Jan
    • ~曲を合格させるタイミング~ / おしばぁいおりん Vol.7チラシ完成

      さて!おしばぁいおりんの次回公演(第7回)が決定いたしました。チラシは松崎亮二氏が作成してくれました。有り難うございました。今回のおしばぁいおりんは、お芝居がメインですが、1曲くらいはソロを弾く予定です!是非聴きに来て下さい!詳細はこちら→https://sites.google.com/site/oshiviolin/こりっちはこちら→http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=26012また、チケット予約開始はベートーベン後の2月20日となっております。チケットプレゼントへの応募は既に開始しております。更に、第4回ソロリサイタルの日程が決まりました。2012年9月29日(くにくんの日)と覚えて下さい!詳細は、コンサート欄にて。Ustream第一回配信分が遂に完成しました。といっても、まだまだミスもありますし、課題もあります。思ったよりも長期戦だったので、次回は効率良く更にいろいろと改善できたらな。と思います。前倒しして、2月1日からの配信とします!詳細は、こちら!明日は2月中旬にあるベートーベンの稽古です。3月の指揮の練習等もはじめております。5月の発表会、それに6月のレコーディングも着々とリハをはじめています。このまま頑張ります!~曲を合格させるタイミング~曲を合格させるタイミングは、楽器の先生なら迷った事があるはずです。そして、合格基準は先生によって区々(まちまち)です。生徒の親御さんの間でも「あの先生は、すぐ合格にしてくれる」「あの先生は、なかなか合格させてくれない」等噂もあるかと思います。ですが、どの先生も、生徒がどれだけ練習して先生の前で上手く弾けたかで、合格を決めると思います。頑張り・努力を見ています。先生は練習したかどうか、すぐに分かります。どんなに生徒を持っていても、覚えています。多少出来ていなくても、頑張りと努力が見えた場合、合格にしてしまう場合だってあります。私は生徒に、「曲を合格させたかったら、3つの事だけ出来るようになれば良いんだよ。簡単でしょ?」と言います。3つの事というのは、1,音程を正す事2.リズムを正確にする事3,音の強弱や、楽譜に書かれている事を守る事音楽性云々、音楽表現は、もちろんアドヴァイスしますが、合格の判断材料にはしにくいです。音楽性や、個性はボーナスポイントと言ったところでしょうか。平均3週間くらいで合格する曲を、練習して来ない生徒に、3ヶ月とか6ヶ月とか長く続けて練習させる事があります。これは、先生にとっても非常にストレスですが、脱出する方法は考えてあげるべきです。ですが、長くやっているとその曲は飽きてきているはずなので、次の曲に進めてしまう場合もあります。すると、次の曲は上手く弾けてしまう場合が結構あるんですよね。要は、レッスンにはしっかり来るのに、長く練習してきてくれない曲がある場合というのは、生徒がその曲を好きでない事が結構あるのですよね。では!自称レッスンを受けるプロでもある私が、曲を仕上げる。つまり合格にする方法を伝授いたします。まず。「とりあえず練習しなきゃ!」と思わないで、その曲のCDや音源を沢山聴きましょう!車の中、他の習い事に行くとき。宿題をしている時。電車の中。本やスポーツをしている時。パソコンをさわっているとき。いつでもどこでも!お奨めは、寝る前や、朝起きた時!すると、その曲を勝手に口ずさむようになり、覚えます。もうこれで、暗譜の8割は出来たようなモノです。実は、これでその曲が合格になる為の準備、50%は完了しています。知っている曲を弾くのと、知らない曲を弾くのは、プロでさえ違います。天と地の差がありますし、時間も数倍以上掛かります。そして、覚えた曲を、先生に言われた事を思い出して弾いてみましょう。フィンガリングや、ボーイングも、譜面に忠実に従いましょう。これで、80%完了。あとは、ただただ、何十回か弾くだけです。弾けば弾くほど人間上手くなります。そして、スラスラ弾けたら、レッスンの前に録音。確認です。弾けてない所をみつけたら、ゆっくりと練習して、高速でも弾けるようにしちゃいます。90%準備は完了それで、レッスンへゴー。先生には「私、この曲合格したいんです!」という言葉ではなく!オーラを出しましょう。このオーラを出すには、念です!合格をしたいんです!と先生のご自宅に入るドアの前から強く祈り願いましょう!また先生に、自信がある事は言わない。自信が無いことも言わない。ただただ、自信に満ちあふれた笑顔でいましょう。運を持っている感じです。そして一言こう言いましょう。「ちゃんと、頑張りました!」これで、合格の確立はかなり高い!そして、合格にならなかった場合は、先生の「せい」に出来ます。(笑)これで、大体の生徒は合格できるはずです。ただ、あまりにその曲を練習している期間が短かった場合、練習期間を気にする先生は、合格させてくれない場合があります。これは、仕方無い。練習期間を気にする先生、つまり年功序列が好きな先生なので、諦めましょう(笑)それでは、皆さん明日も幸せでありますように!(^^)/

  • 19Jan
    • 千香士先生命日

      千香士先生の命日1月19日です。ジャーナルの師匠と私を読まれてる方はご存じだと思いますが、私は先生が亡くなったときカナダのバンクーバーBCにいました。先生が亡くなった報告を受けたとき、呆然とした事を思い出しました。私が、最後に千香士先生と今生の別れをしたのは、2008年8月、東大病院にて。その時に握手を求められました。はじめて、先生と握手をしました。そして、最後に先生の声を聞いたのは11月。「都響の入団オーディションを受けないか?」とニューヨークにいた私に電話をしてくれました。来週の水曜、ある用事で先生宅に行ってきます。さて!今日はUstreamの撮影をしました。と言っても、撮影から編集まで全て自分でやりました。とりあえず、コーナーの半分くらいは撮り終える事ができました。あとは、演奏のコーナーとゲストのコーナーです!がんばります!では明日も皆さんが元気で幸せでありますように!(^^)/

  • 15Jan
    • レッスン中聞こえる、師匠の言葉

      今週末は、発表会の為のホール探しに集中しておりました。しかし、ほとんどのホールは全て予約済み。見つかったのは日曜の夜のみ。しかし、夜遅すぎる事、次の日が平日という事で、色々と問題が出てきて、結局キャンセルしました。いろいろと反省した結果、Kunitoヴァイオリン・ヴィオラ教室は、年一回ホールを借りる発表会と、年1,2回の小さいおさらい会をする事にしました。おさらい会の場所は、私の家か、最小限のコストで出来る場所、または無料で出来る場所でやろうと思います。宜しくお願いします。~レッスン中聞こえる、師匠の言葉~私には、弟がいます。弟が産まれる前から、産まれてくる弟の為に、折り紙を折る。。。のではなく!折り紙の裏に、ひらがな問題集、算数の問題集を作って産まれてくるのを待っていました。弟が、産まれると、学校ごっこをよくしました。弟にとっては大迷惑の、とんでもないお節介兄貴でした。小学校に上がると、小学校や中学校の先生になる事も本気で考えたこともありました。学校の先生になったら、塾の先生達に負けないような教え方と、希望する生徒には、放課後に補講をして、塾を超えるような難しい問題集をこしらえて、最終的にはその学校周辺の塾を潰してやろう。名物先生になってやろうと、(塾に通いながら)思った事もありました。長年受けてきたヴァイオリンのレッスンも、実を言うと、先生に言われた事を自分の為!と思って聞くよりは、自分が先生になった時に使える!と思って先生の話を聞いていました。生徒に伝える為!と思って聞いていたので、自分と私の将来(現在?)の生徒の為になり、一石二鳥のレッスンでした。そんな私ですが、最近レッスン中、考えこむ事があります。私のモットーは、生徒一人一人の事を考えて、その生徒にとって世の中で1番最高の先生になろう。そして、私自身の事を「こういう先生がいたら良かったのに!!」と嫉妬出来るくらいの先生でいる事を心掛けております。そして、もう一つ心掛けていることがあります。私の日本の大師匠である、故田中千香士先生の残っている言葉で、「上手くなっても、先生になっても、『まわりは、柔らかく。芯は硬く』だからな。覚えておけ!」という言葉がありました。レッスン中でも、それを心掛けております。教える事が大好きな私ですが、いろいろな失敗も沢山しました。合わない生徒もいました(大抵レッスン時間を無視される場合ですが)。アメリカの大学で教えていた時に、時間に遅れたり、レッスンに来なかったりする生徒に、成績を悪く付けた事がありました。その時、その生徒から電話でクレームを付けられました。あまりに説明を聞かない親子に私は腹が立ち、怒鳴り合いをする羽目になった事もありました。中に音楽学部長に入ってもらい、私が正しかったので収まりましたが。アメリカで教えている時、移民の国で色々な人達が私の元にレッスンに来ました。そしてレッスン中、沢山の面白い経験や論議などをしました。ですが、それらが全て経験や議論して正しかった事かどうかは、未だに疑問が残っています。そして、日本に帰ってきてからも、私の判断で、このレッスンでしっかり生徒は楽しく学べたのか。と不安を感じることもたまにあります。不安は、多かれ少なかれ確実に生徒に伝わります。なので、最近はレッスン前に「良いレッスンが出来ますように!喜んで貰えて、一つでも多くの事を学んでくれますように!」と祈りながらレッスンをしています。すると、結構上手く行きます。「まわりは、柔らかく。芯は硬く。」、、、出来ていますかね・・千香士先生??と思う今日この頃です。これからも、その生徒一人一人にとって、最高級のレッスン頑張らせて頂きます!それでは明日も皆さんが幸せでありますように!(^^)/

  • 12Jan
    • 広崎うらんさん・ワークショップ「演劇的DW」

      ※広崎うらんさん撮影うーちゃんこと、広崎うらんさんより、昨日メールで突然「ゲストとして来ませんか?」という誘いを頂きまして、何かの縁かなぁ?と思い、レッスンも何も無かったので、突っ込んでみたところ、それは楽しい場所でした!ワークショップというモノを生まれて初めて経験しました。しかもダンス経験無しの私は、もう最初からタジタジ。皆さんがウォームアップしているのを見ていて「完全に場違いの所に、うーちゃんは呼んだのでは!?」と思っていると、なにやらいろいろと、うーちゃんアクティビティがはじまったのでした。うーちゃんアクティビティは、最初は戸惑いはしたものの、私でも楽しめる感じでした。視覚ではなく、気で感じて、気を使う??勉強をさせられた気がしました。最終的には汗びっしょり。着てきたジャケットは全て脱いじゃいましたよでもさすがに、体でいろいろと表現する事に慣れていない私は、途中音楽を担当させて貰う事を志願しました。そして、春の海やら、いろいろとヴァイオリンを使ってインプロ(即興)等に挑戦。とても楽しかったです。うらんさんにIN-Project以降久しぶりに会えて、とても嬉しかったです。(^^)/また、いろいろな業界の方達とお話したり、関われてとても楽しかったです!今日お会い出来た皆々様に感謝です!ありがとうございました!更に、IN-Projectも御来場頂きました方々、改めて、ありがとうございました!では、明日も皆さんが幸せでありますように!(^^)/

  • 11Jan
    • 年間予定作成

      昨年の公演でご一緒させて頂きました、ダンサーのうーちゃんこと広崎うらんさんより明日のワークショップの招待を受けました。なにやら、ヴァイオリンでセッションしてくれとの事。楽譜があればある程度何でも弾ける自信はあるのですが、即興的な演奏をさせられたら苦手なので、少し迷いましたがとりあえず、行ってみようと思います。ところで今日は、女優のかほりさんと、ピアニストゑ川先生と新年会を兼ねて年間予定の確認をしました。特に2月中盤から3月後半まで、ごちゃごちゃしてて1日も休みが無さそうです。とにかく6月のレコーディング迄突っ走る感じです。そして、後半7月からは、リサイタル準備。今年は自分のやりたい事、やらなくてはならない事をガンガンやります。今年は、すぐに終わりそうですね。来年のお正月まで後残るところ355日!がんばります!また、より充実したレッスンにする為に、また5月に発表会を計画中です。もちろん、「発表会は1年に一回で。」という生徒は、自己判断でOKです。生徒達の上達もいろいろと楽しみです!何か、子供から大人まで、もっと面白く練習出来て、尚かつ自然に上手くなる方法は無いかと考え中です!楽しく、プロフェッショナルなレッスンを心掛けて頑張ります!では明日も皆さんが幸せでありますように!(^^)/

  • 09Jan
    • 繰り返される夢

      お正月も終わり、7割の生徒達と正月明け初レッスンを行いました。皆きちんと冬休み中練習してくれていて、上達していて嬉しいです!さて、夢を見ました。と言ってもアメリカにいたときからよく見る夢です。アメリカから日本へ一時帰国するのですが、時間にとても焦っているのですが間に合わない。遅刻するという夢です。そして、一回目が覚めて、その後また夢を見ます。今度は飛行機に乗っている夢なのですが、今度は日本で公道をずっと走っていてなかなか飛ばないのです。やっと飛んだと思ったらすぐに目的地に着いてしまう。という夢。この2つの夢。どういう意味があるのでしょうね。アメリカにいたときから2ヶ月に一回は見ていた夢で、しかも上記の夢2つがいつもセットなのです。うーん。今日は池袋コミュニティカレッジで年明けはじめの講座日です!しっかり楽しく真面目に?レッスンして参ります。明日も皆さんが幸せでありますように!(^^)/

  • 05Jan
    • 「西谷国登のおもしろあーと」【Ustream】番宣開始

      U-streamの番宣が完成しました。人前やカメラの前で話す事が周囲に苦手と言われ、どんどん苦手になってきました(^_^;)が、U-steramの配信を積み重ねて、MCも段々と上手くなって行ければ良いなと思います!なので、今はお許し下さい!褒められて上手くなる人なのになぁ。。。英語のヴァージョンも配信しようかな。リンク先は、「西谷国登のおもしろあーと」または、ギャラリーの1番下から観れます。演奏録画の場所も決まり、Ustreamの面白い企画が浮かんで来ています。機材を持って行けば、外で取材なども出来るな。と思っております。ゲストなど、出演者も決めていかないといけませんね。出演したい方、もしいらっしゃれば、連絡ください(^^)/長く、頑張ってやっていきたいと思います!応援宜しくお願いします!明日も皆さんが幸せでありますように!(^^)/

  • 02Jan
    • お正月・大掃除

      今日は、お参りをして来ました。そして、恒例のおみくじ。神社で一回。そしてお墓参りのお寺で一回。神社は、中吉。お墓参りの方は大吉!しかも、金色の仏像を貰いました。(写真)その後は、大掃除。大晦日に出来なかった分、一日掛けて掃除しました。掃除の中で1番大変なのは、譜面の整理です。譜面というのは次から次へと襲ってきて、その時必要不必要の境目が分からない時もあるので、結局片付けられなくなってしまいます。そんな状態が1年続くと酷いです。どこになんの楽譜があるかが分からなくなります(^_^;)私が学生時代に千香士先生やキャロル先生も同じ状況になっているのを見て「先生達は何で楽譜を整理出来て無いのだろう、そんな人達じゃないのに」と思っていましたが、理由が分かりました。学生時代は使う楽譜と使わない楽譜がはっきり分かりますが、仕事をはじめると、結構判別がつかなくなるのです。「この曲はまたやるかもしれないから、ここに置いとくか」とか「来週生徒が来るから、生徒の為にこの楽譜は置いとくか」という風に、必要な事が確実でない楽譜が多すぎる為に片付けられなくなってしまうのです。先生業の辛いところかもしれません(^_^;ところで、今年のお正月は、どうも素直に明けた気がしません。今年が始まっても、ずーっと昨年から5つ以上考え事(仕事の事)をしている状態です。でも、仕事の事を沢山考えている時の自分は、とても幸せな気分です。と言っても、もちろん大変ですけど。今年も頑張ります!しかし、レッスンを昨年12月30日までずっとしていたのに、突然3日間以上レッスンが無いと、何か忘れているようで不安になります。レッスンは明後日からです。今年も生徒達皆さんの上達がとても楽しみです!今年来る、新しい生徒達に会うことも楽しみです!明日は、必死で自分の練習をします。練習しないと大変な事になる!(>_<)また、Uーstreamの骨格案が出来てきました。1月中に制作発表のCM配信をする予定です。また、レコーディングの選曲及び方針が決まりました。2枚作ろうと考えております。一枚は、完璧クラシック路線のCD。もう一枚は、皆さんに喜んで貰えるような変わったCDを作りたいと思います。それでは、明日も皆さんが幸せでありますように!(^^)/

  • 01Jan
    • 【2012年初更新】謹賀新年

      明けましておめでとうございます!写真は、三河島の祖父母の家での新年会!91歳になる祖父と、ギャラリーで有名な89歳の祖母がおせちなど作ってくれました。手伝おうと朝早く着いたら祖父に「もう朝4時に起きて、終っちゃったよ」と言われてしまいました(^_^;)今年から、どんどん楽しい事をインターネット上でやっていきたいと思います!今年もウェブサイトの応援を何卒宜しくお願いします!本年も宜しくお願いします!今年、皆さんが幸せでありますように!(^^)/P.S. 昨夜、長野で震度4の地震が2回起こった事で、何か直感的に3.11の時と同様の嫌な予感がしていました。そして14時頃的中。3.11と同じく、荒川区にいたため、揺れが大きく感じました。震度4.という感じです。M7.0は大震災級ですよね。これ以上嫌な予感が当たりませんように!!

  • 30Dec
    • 【2011年最終更新】松脂の寿命

      ~松脂の寿命~一昨日、私の松脂が寿命を迎えました。松脂は、摩擦楽器であるヴァイオリンの弓に付ける事によって、より摩擦を起こし、音を出す為にあります。弓の毛替えをした後、松脂無しでヴァイオリンを弾く事は出来ません。いつこの松脂を購入したんだろ。12年前くらいかな。このあいだのクリスマスコンサートの時にたまたま落として砕け散りました。その後、どんどん砕けていき、写真のような感じに。松脂も10年以上使っていると、いろいろな事があります。亡くなった千香士先生も、実はこの松脂を使ってくれました。ある演奏会で千香士先生が、「あのさぁ、松脂を忘れちゃったんだけど良いの持ってない?」と言われて貸した事がありました。演奏後に「この松脂良かったよぉ。湿気があんなにあったのにしっかり対応してくれた。ありがとう」なんて言って貰ったりしました。ある時、PSUの大学オーケストラで私がコンサートマスターを務めていた時に、友達に「松脂を使わせてくれ」と言われて貸したら、皆が「この松脂を使うと上手くなるはずだ。これがクニのシークレットだ!」と言って、こぞって私の松脂を使ってくれた時もありました。その時は恥ずかしかったっですが、嬉しかったですね!たまに生徒から、松脂の上手い付け方ってどうすれば良いんですか?どのくらい使えば良いのですか?という質問を受ける事があります。松脂は、同じくらいの分量を毎回使う事が理想だと思います。使いすぎると、雑音が増えます。ですがしっかり使わないと、パンチのある音量、コシのある音が出ません。コンサート前や本番前に、松脂を沢山使う人がいますが、これは完全にマズイ。たっぷり松脂が付いた弓の為に、最初(摩擦があり過ぎるために)「ギギギ」と音に雑音が混ざる可能性が高くなります。では、どうしたら適量、毎回同じくらいの分量松脂を使う事が出来るか。視覚を使って確認すればオッケーです。松脂を使った後、弓を倒して弓の元から毛がある程度白くなっていればOKです。もちろん、松脂を使う度合いは人それぞれ好き嫌いがあると思うので、その色の濃さで毎回判断出来れば良いと思います。今年最後の更新なので、何か面白い役立つ事を更新したかったのですが、ちょっと専門的になってしまいましたね(^_^;)来年もこのブログを何卒宜しくお願いします!それでは、良いお年を!Happy New Year!☆本家ブログは、こちら!☆

  • 25Dec
    • エミール演奏会終了

      昨日言及させて頂きました、エミールの演奏会で指揮をして参りました!御来場頂きました皆様。そして、オーケストラのメンバーの方々。本当に有り難うございました!それにしても、疲れましたぁ。。やりきったと言うより、疲れて過ぎて放心状態です。木村先生の代わりになれたかは分かりませんが、とりあえず!出来?はさておき?間違えなく皆さんのおかげで、無事に終わる事は出来ました。自分の反省としては、直前リハーサルで気合いを入れすぎてしまった事です。たった一回のリハ。そして、当日までソロの方とも会った事無い状態だったので、頑張らなきゃもうズタボロだった訳です。なので、仕方無いと言えば仕方無いのですが、もうちょっと賢いやり方があるかな。と思いました。3月にある、指揮演奏会の良い勉強になったな。と思いました。~Ustream~さて!U-stream計画を開始しております!そしてWindowsムービーメーカーにも手を出しておりまして、結構面白い番組になりそうです!番組タイトルも、「西谷国登のおもしろあーと(仮)」という番組タイトルで行こうかな。と考え中です!ゲームの様に楽しんで動画を作ったりしております。笑 結構頻繁に配信が出来るかな。と自信を持ち始めました。頑張ります。明日からまたヴァイオリンの先生に戻ります。どうも教える事が大好きな私には、レッスンは生きる原動力みたいです!では明日皆さんが幸せでありますように!(^^)/

  • 23Dec
    • 突如現れた今年最後の演奏会

      写真は、突如現れたオーケストラの総譜。昨日、TACの3日連続レッスンと池袋CCのレッスンを終えて帰ってくると、突然指揮者の木村圭二先生から、緊急の電話という留守電が入っているのを確認しました。すぐにかけ直すと、「軽い脳梗塞になってしまったので、25日日曜にあるエミールのコンサートの指揮全て頼めないかな」と言われました。エミールは、私が留学前に指揮をさせて頂いていたアマチュアのオーケストラ団体です。アメリカから戻ってきて、わずか7日目に行った最初の演奏会も実はエミールでした。木村先生に頼まれたのは昨日。つまり演奏会3日前です。更に本番までの練習はたったの1回。あとは、ゲネプロと本番です。ですが、留学前の恩返しのチャンスは今回しかない!と引き受けさせて頂く事に致しました。本番は明日後。明日は、出張レッスンを含めてレッスンが6本入っているので、譜読みをする時間と気力が残っているか疑問ですが、突如現れた今年最後の演奏会の為に、なんとか全力を尽くしたいと思います!それでは明日も皆さんが幸せでありますように!(^^)/==========池袋カルチャースクールの前任の先生であられる、雨森先生が昨日がんの為、朝お亡くなりになりました。一度もお会いするチャンスはありませんでしたが、最後のリサイタルには顔を出させて頂きました。とても精神力の強い、お客様を大事にされる素晴らしい方だなと思いました。池袋カルチャースクールの後任講師として、雨森先生の代わりになれるかどうか分かりませんが、ベストを尽くさせて頂きたいと思います。心より追悼の意を表します。闘病お疲れ様でした。本当に東京は寒くなってきて、病気が流行ってきております。身体にはお気を付けて下さい!