時代の移り変わり、その中でも普遍的なもの

テーマ:

 

 

 

こんにちは。

 

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

広島市

ミュージック・インストラクター

相原尚美(あいばら なおみ)です。

「演奏できる身体づくり」を目的とし、
身体のバランスを整え、
正しい身体の使い方を習得するために、
「ボディワーク」を取り入れたレッスンを行っています♪

 

 

 

先日、家の中で整理していたら、

 

 

カセットテープが出てきました。

 

 

そして、MDも。

 

 

 

 

中学生のころから、

 

 

お気に入りの音楽家をセレクトして、

 

 

自分なりのアルバムを作っていました。

 

 

 

私の場合、

 

 

同じ曲を様々な演奏家で聴き比べをする、

 

 

これに夢中になっていました。

 

 

 

いまでは、

 

 

YouTubeで聴き比べています。

 

 

 

懐かしいカセットテープやMDを見ながら

 

 

様々なツールの変化を感じ取りました。

 

 

そのなかでも

 

 

音楽を楽しむ

 

 

やはりこれは時代が変わっても

 

 

変わらないものであることを実感しました。

 

 

 

これからの未来、

 

 

私たちはどんな方法で

 

 

音楽を楽しむのか?

 

 

またまたワクワクしました。

 

 

 

 

 

 

本日もステキな日に。

 

 

 

 

 

♪♪♪  ストレッチポールやバランスボールなどを使って  ♪♪♪

       演奏できる身体づくりを目指してみませんか 

 

 

 

 

 

 

 

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

 

 

TEL   : 090-8603-2117

E-mail : consolohiroshima@gmail.com

 


 

 

 

レッスン料金・内容 など

 

 

 

AD

心を入れる!

テーマ:

 

 

 

こんにちは。

 

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

広島市

ミュージック・インストラクター

相原尚美(あいばら なおみ)です。

「演奏できる身体づくり」を目的とし、
身体のバランスを整え、
正しい身体の使い方を習得するために、
「ボディワーク」を取り入れたレッスンを行っています♪

 

 

 

 

昨日も、気づきを得ることが出来ました。

 

 

 

 

 

やることが多く

 

 

つい

 

 

「忙しい」と口にしてしまいました…。

 

 

 

「忙しい」とは漢字のごとく、

 

 

「心を亡くす」

 

 

 

自分自身の心を入れないまま、

 

 

ジタバタしてしまう。

 

 

 

忙しいという言葉で、

 

 

言い訳をしてしまいました。

 

 

 

だからこそ、切り替えるようにしました。

 

 

 

心を入れて、

 

 

やるべきことを一つずつこなすのみ。

 

 

 

 

 

「充実している」

 

 

「やることがあることに、感謝」

 

 

 

心を入れて物事を捉えるようにします。

 

 

 

 

 

本日もステキな日に。

 

 

 

 

 

 

 

 

♪♪♪  ストレッチポールやバランスボールなどを使って  ♪♪♪

       演奏できる身体づくりを目指してみませんか 

 

 

 

 

 

 

 

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

 

 

TEL   : 090-8603-2117

E-mail : consolohiroshima@gmail.com

 


 

 

 

レッスン料金・内容 など

 

 

 

AD

背筋を意識する

テーマ:

 

 

 

こんにちは。

 

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

広島市

ミュージック・インストラクター

相原尚美(あいばら なおみ)です。

「演奏できる身体づくり」を目的とし、
身体のバランスを整え、
正しい身体の使い方を習得するために、
「ボディワーク」を取り入れたレッスンを行っています♪

 

 

 

 

「楽器を演奏する時、

 

 

意識する筋肉は?」

 

 

 

この質問に対し、

 

 

楽器に触れる

 

 

指先口元は、

 

 

わかりやすいと思われます。

 

 

 

でも、人間の身体のしくみから考えると、

 

 

楽器の演奏も

 

 

立つ・座る姿勢から始まり

 

 

腕を動かして楽器を構えています。

 

 

 

その際、

 

 

背筋を意識していただきたいのです。

 

 

 

 

 

「腕の動きで、

 

 

背筋も動くのに

 

 

気が付きませんでした。」

 

 

 

このように

 

 

おっしゃった生徒さんもいらっしゃいます。

 

 

 

 

ピアノ演奏の場合

 

 

結構、背筋の動きは

 

 

重要になります。

 

 

 

跳躍やオクターブ演奏、

 

 

是非、背筋も鍛えてください。

 

 

 

 

 

本日もステキな日に。

 

 

 

 

 

♪♪♪  ストレッチポールやバランスボールなどを使って  ♪♪♪

       演奏できる身体づくりを目指してみませんか 

 

 

 

 

 

 

 

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

 

 

TEL   : 090-8603-2117

E-mail : consolohiroshima@gmail.com

 


 

 

 

レッスン料金・内容 など

 

 

 

AD