2019年10月9日 水曜日。

今日は仕事を休んで食品衛生責任者講習を受けにいく。8月の終わりに申し込み、中央区役所にて8000円のお支払い。支払いのあと渡された受講票を持って本日会場へ向かう。
ちなみに受ける理由はいつか会社で飲食店を出すときのため。
普段の仕事は広告のデザインなんだけどね。
 
 
開催場所は三宮研修センター。9:10から受付開始で講習は9:25から。
大まかなスケジュールは…
・簡単なオリエンテーション
・公衆衛生学生
・衛生法規
(昼休み)
・食品営業賠償共済の説明
・食品衛生学1
・食品衛生学2
・税務署からの話
・保健所からの話
 
そして修了証の交付っていう流れ。
 
 
さて始まり。指定の席に本日使う資料が置かれている。基本はこれに沿った内容で話が進む…んだけど脱線も多い。
1コマ目から脱落者(居眠り)数名…2コマ目はさらにその数は増える…ざっと見て100名ほど受けに来てるんだけど、寝てる人多いな…。
 
 
お昼は東遊園地で缶コーヒー。天気が本当に良いし、気持ち良い。なんだか毎日蛍光灯の部屋で働くのが嫌になってきた(笑)
 
さて午後からも眠たい講習は続くんだけど、内容はしっかり聞いていたら面白い。
食中毒の話は興味深く聞けます。寝てる人はもったいないなぁ。
 
 
一通り講習が終わり、修了証の交付。受けるだけでもらえるけど、実際にしっかりやるのは大変なこと。
ニュースでも度々食中毒は出てくるし、危ない動画あげる輩もいるし、徹底するのは難しいんだろうなぁ。
 
 
予定よりちと早く終わったので、三宮をブラブラ。平日の夕方に町を歩くのはいつぶりかな。
たまには良いですねぇ。てか毎日そうしたい。
 

2019年10月6日 日曜日。今日は17:40から技能教習と、18:40からシミュレーターの予定。時間に余裕を持って17過ぎには教習所に到着。

 

 

さて、時間になって教習開始…かと思いきや!なんだか勝手に予定が変わってシミュレーターから。

何をするかっていうと、急ブレーキの体験をしましょうね!っていう内容。

そんなんする意味あるの?と少々謎だし、そもそも勝手に時間割が変わるのはなんで?

まぁ時間割は後先しようと正味関係ないけどさ。

 

シミュレーターによる急ブレーキの体験なんだけど、

色々な路面でどの程度停止距離に差があるんでしょうか?というのを体験するもの。
1.乾いた路面、2.湿った路面、3.凍結、4.積雪、5.砂利道。

それぞれに停止距離に差があることがわかるし、それぞれにかかるGが違うことがわかる。

って!そんなことは当たり前でしょ!わざわざやる必要があるんでしょうか?

勝手なことを言えば、20年くらい前にやったデイトナUSAっていうセガのゲームの方が質が高かった。

なんでこんな質の低いシミュレーターが未だに稼働しているんだろうか。

 

 

さて、二時間目の技能。すっかり真っ暗。

基本操作にブレイクスルーがあったとか言ったけど、あれウソウソ!

あいも変わらずギコチない半クラ。

指導員には「半クラ長すぎ!」って言われるし。

てかさー、指導員さんもうちょっとものの言い方あるんじゃないの?(他にも色々と言われて)

なんでそんな攻めるの!こっちは免許取るために一生懸命だし、多少はミスもあるでしょう。

てか暗いし、見えないし!

「どうしてそうなるの?」じゃなくて、「ここが駄目だから、そこはこうするんだよ」って言ってくれないかなぁ。

ここが会社ならわかりますよ!お金もらって仕事しているわけだから。

しかしここは教習所でしょ。

…でも下手くそな自分が悪いっていうものわかっているから精進しないとね。

文句を言っても始まらない。たまにはグチグチ言いたいけど!

 

あぁ…しかし次が1段階の見極め。落ちたら1回につき11,000円が飛んでいく…。あぁ痛い。

ま、でも死ぬことはないし、早晩取れるでしょとお気楽モード。

練習ができるじゃん!っていう見方もあるしね。

2019年9月29日 日曜日。

今日は技能1時間と学科1時間。

技能の主な課題は隘路、縦列、右鋭角など。

 

 

これまで手こずっていた基本操作なんだけど…あれ?すんなり基本操作ができるぞ!

 

これはコツを教えてもらって、イメトレしていた効果か!電車の中とかでもイメトレやってたしね。
本当に自分でも驚くほど!これはもう見きわめはOKなんじゃね?って感じ。
 

Muscleは大型免許を一応所持しているので修了検定はなくて、

見きわめOKならそのまま2段階(路上)に進むようになっている。
 

ところで今日の学科は障がい者対応の回。
学科はセンセと二人なので、車イスのくだりとかシュール(笑)
センセを車イスに乗せて押して、ベルトつかんで担いで、車に乗せてとか。

マンツーマンって贅沢です。

2019年9月23日 月曜日。

今日は朝から技能2時間。

1時間目は女性指導員。なかなか砕けた感じの人だ。今日の課題は隘路、転回、鋭角など。
多少はクラッチ操作がまともになってきて、課題に集中できるようになってきた。
2時間目は男性指導員。ちょっとグイグイ系の人。

Muscle的にまともになった気でいるだけで、指導員にしてみたら話にならないってレベルは変わっていない…と。
 

やはり操作に気を取られて課題クリアのための動きに集中できない始末。
まぁそれでも多少は行ける感じかな。応クラッチ操作のコツを教えてもらった。

2019年9月22日 日曜日。もう来るつもりはなかったんだけど、どうも自信がなくてまた来てしまった。

三連休の中日に何をやってるんだか感は否めない。

これで合計24000円。補習とどっちが得なのかって話になるけど、練習は遠慮なく色々聞けるし「有り」です。

 

 

ところで練習が始まる前に雨が降り出した。やった雨の中で練習できるぞ!

 


 

とか喜んでいたら!始まる直前に雨が上がってしまった…。今日はしっかりクラッチ操作の練習に励む。

少しコツを掴んだような気がする。

2019年9月21日 土曜日。

今日は朝から技能1時間、学科1時間。7:30には出発してちょっと早めの到着。
入校以来2時間目の技能教習。先週2回練習したし、ちょっと自信があったのだけど…。
いけんじゃね?と思いながら教習開始。まずは指導員の本日の課題のお手本から。
坂道発進、路端停車、指定位置停車、S字とやたらと多い…まずいぞこれは…

 


とりあえず乗り代わって運転開始。が!やはりクラッチの基本操作がままならない。
道中、指導員に「なんで安心パック入らなかったん?」と言われる。安心パック…あったんや
そういえば、入校のときに説明があったな!!!

技能を1時間でも受けた場合はもう適用できないって。
 

安心パックっていうのは、無料でついているところもあるけど、ここでは有料。しかし2万円ちょい。
見きわめや修了検定に落ちた場合の補習費用がただになるわけね。
入ってなかったら、1回につき10,800円かかる。10回落ちたら10万円コース…戦慄が走る。
 

指導員が安心パックに入っとけよというわけだから、これは覚悟しないといけないのか…
まぁもうしようがない。頑張ろう。

 

2019年9月15日 日曜日。今日も加美自動車教習所へ来た。

 


昨日今日で16000円の出費が痛い。今日は教習所と指導員の許可を得て、カメラ撮影を敢行。これで帰ってからじっくりイメトレができるぞ!

 

 

路端停止などなど一応課題的なこともこなす。ちっとはマシになってきたか。やや自信が付いたかも。

 

 

せっかく遠くまで来ているんだからと、帰りにコリアンタウンに寄ったりする。まぁもう来ることもないだろう。

2019年9月14日 土曜日。

今日は午前中に学科を2時間受けた。本来は技能教習も1時間あったわけだけどキャンセルしている。

というのも!あまりにも運転が下手だったから。ペーパードライバーですからね!

続けて技能教習しても基本操作がまともにできないから、課題クリアもままならないでしょ。

 

というわけで、中型トラックの練習を実施している教習所に行くことにした。
トラックの練習を実施しているところは意外に限られていて、

あったとしてもこの時期は繁忙期だとかでなかなか予約が取れないみたい。


尼崎ドライブスクールなど含めて色々検討した結果、大阪市平野区にある「加美自動車教習所」に行くことにした。

選んだ理由は電話の対応が良い感じだったから。
 

 

三宮から電車に1時間半ほど揺られて現地に到着。
ここはびっくりするくらいの田舎ぶりで昭和の匂いがする教習所。

古そうなクラウンコンフォートやセドリックなんかが教習車だ。なんだか中国人も多いみたいね。
さて、現在のMuscleの事情を説明して練習開始。

 

 

本当に下手くそなんだなぁと実感。教習所のバスとは勝手が違うものの、基本的には一緒でいいわけはできない。

バスとトラックの違いは大きなところではタイヤの位置ね。曲がるときにハンドルを切るタイミングが違うくらいのもの。

とにかくクラッチ操作とギアの操作に集中してみる。

う〜ん、そう簡単にはいかないね。

 

 

あぁそれにしても加美は遠い…。

 

2019年9月9日 月曜日。
昨日の技能教習があまりにもやばかったので、

9月14日 土曜日(技能1時間、学科2時間)、9月15日 日曜日(技能2時間)の予定のうち

技能教習のみキャンセルした。というわけで2回目の技能教習は9月21日 土曜日にずれ込む。

キャンセルした分、その期間に中型トラックが運転できる練習場に行くことにしました。
 

本当にあのMTの仕組みを考えたのって誰なんだ!
両手両足フル稼働で忙しいったらありゃしない!

 



9月13日 金曜日
今日は神戸市バス2系統に乗って帰宅してみる。

私、通常会社の帰宅経路は梅田から三宮まで阪急電車に乗るわけだけど、六甲駅で下車。
ここは神戸市バス2系統の出発地点になっているんです。

なにをするかっていうと、バスに乗って(最前列キープ)クラッチ操作や運転のようすを観察するつもり。
しかし!オートマの車両が2台続く…3台目がようやくMT車。というわけでじっくり観察。
意外と3速発進の方が多いんだなぁ。などなど多少は学ぶ部分があったかも。

2019年9月8日 日曜日。

今日はお昼から教習所。学科・技能の順で1時間ずつ。
今回取得するのは大型二種で、学科はまぁ問題ない。合計で19時間も受ける必要性も感じない。

応急救護とか障がい者対応などの実地訓練はいるだろうけど。ほかは教習本読んどいて~でいいじゃんって思う。

技能は1段階で8時間、2段階で10時間の計18時間。Muscleは大型免許を持っているので教習時間が短いのよね。

実際1段階でシミュレーターが1時間、2段階ではなんと6時間シミュレーター!なので実際に運転するのは11時間しかない…。

(見きわめで落とされたら増えるけどね)


問題はその技能教習ですよ!

ちなみにMuscleの免許取得年表
1995年普通二輪取得
1997年普通自動車取得
1998年大型自動二輪取得
1999年たこ焼きのテキ屋でMTの軽バンを運転(3ヶ月位)
・・・・
2004年頃バイクに乗るのを止める。
2007年大型免許取得
2018年オートマに乗り始める。

 

※この免許取得の履歴はスマホのアプリ(IC運転免許証リーダー)で免許を読み取って確認してみました。

大型自動二輪取得は確認できなかったけど。

ようするにほとんどMT車を運転してないんです!
でも心のどこかで、「なんとかなるっしょ」と思ってた。

さて、教習開始。まずは点検事項などの説明があってその後指導員がお手本の運転。

そこから「はい、じゃあ変わりましょうか」と。
基本的に大型二種を取ろうとする人はトラックなりなんなり運転している人が多いと思う。

そんな中で私はペーパードライバーなわけで、内心「おいおい…運転できるのかこれ」という状態。
 

スタートからガックンガックン。ギアチェンジもまともにできない始末。指導員も苦笑いですよ。
そんなこんなでなんとか1時間が終わる。
あまりのヤバさに「これ、ヤバいですね(ちょっと)」っ指導員にいうと

「そうですね、ヤバいですね(相当)」だって。
 

「慣れない操作に手一杯で、あれやこれや言われても頭に入ってこないんよ!」
「これ、なんともならんでしょ」って感じでお先真っ暗状態のまま教習1日目が終わる。

 

あぁなんで安心パックをつけなかったんだ!自分のバカ!!