ドル円1時間足スパンモデルスペシャルによる判断、今後の注目点等。 | マーフィーの徒然日記

マーフィーの徒然日記

自分の専門分野であるFXや株式、商品市場のことだけでなく、日々感じたことや思ったことを勝手気ままに綴ります。

 

添付チャートは、ドル円の1時間足スパンモデルスペシャルです。(チャートは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させ、スパンオートシグナルで表示したチャートです)

 

 

まず、スーパーボリンジャーに目をやると、現在、本格上昇トレンドとなっています。

 

判断理由は、


1)遅行スパンが陽転していること、


2)終値が+1σラインの上方を推移していること、


3)バンド幅画拡大傾向となっていること、


4)初動の段階で、終値が+2σラインを上回ったこと、


等々です。

 

 

そして、今後の注目点は、終値が+1σラインの上方を推移し続けるかどうかです。終値が同ラインの上方を推移するかぎり、本格上昇トレンド継続となる一方、同ラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まります。

 

 

続いて、スパンモデルに目をやると、買いシグナル、および、赤色スパン陽転の逆行パターンの売りサインが点灯していることが見てとれます。

 

 

要するに、スーパーボリンジャー上は、依然として、本格上昇トレンドの中にある一方で、スパンモデル上は、一旦はピークアウトして、反落の流れの中にあると読みます。

 

 

したがって、今後の最大の注目点は、終値と+1σラインとの位置関係と考えます。

 

 

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/