マーフィーの徒然日記

マーフィーの徒然日記

自分の専門分野であるFXや株式、商品市場のことだけでなく、日々感じたことや思ったことを勝手気ままに綴ります。

無料メルマガ登録は こちら


マーフィーの無料FX講座は こちら
  本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」 にて学んで 

  頂けます。短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。


書籍 「勝率8割の超プロが教える最新スパンモデル投資法」(徳間書店)
  カテゴリー1位獲得


書籍「マーフィーの最強スパンモデルFX投資法」(日本実業出版社)

  アマゾン総合3位、カテゴリー1位獲得

NEW !
テーマ:

2018OCT17.gif

 

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

 

 

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

 

 

<<<日足分析>>>

 

◆スーパーボリンジャー

 

○大局観=調整の反落局面を経てレンジ相場に入った格好

 

 

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

 

 

○トレンド判断と戦略=調整反落局面の最終ターゲットである-2σラインに接近した後、終値が-1σラインの上方で引けたことや、前日の高値を上回ったことで、目先は、レンジ相場入りしたと判断できる。

 

 

戦略としては、センターラインと-2σラインの間でのレンジ相場を想定したカウンタートレーディングとなる。

 

 

◆スパンモデル

 

買いシグナルが点灯継続する中、逆行パターンの売りサインが点灯継続している点、引き続き、注目。

 

 

そして、逆行パターンの売りサイン点灯時の最終ターゲットは、-2σラインとなるが、同ラインは、本日時点、依然として111.40円近辺と読める。

 

 

また、遅行スパンはローソク足に接近した後、反発気味に推移している点に注目したい。

 

 

尚、ローソク足が安値を付けたタイミングを通過してきており、上昇方向にバイアスがかかっている点を注視したい場面。

 

 

 

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

 

 

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

 

 

 

 


テーマ:

2018OCT16.gif

 

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

 

 

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

 

 

<<<日足分析>>>

 

◆スーパーボリンジャー

 

○大局観=調整の反落局面継続中(最終局面)

 

 

○遅行スパン=陰転するかどうかの瀬戸際

 

 

○トレンド判断と戦略=目先、調整反落局面の最終ターゲットである-2σラインに接近中。

 

 

戦略としては、引き続き、前日の高値をブレイクしないかぎり、基本的に売り戦略を優先させたい場面であるが、一旦は、売りポジションの手仕舞や減額が推奨される場面。

 

 

遅行スパンがローソク足に接触しており、陰転するかどうか注視したい。遅行スパンが陰転しないかぎり、一旦は新規の押し目買いのチャンスとも読める。

 

 

 

◆スパンモデル

 

買いシグナルが点灯継続する中、逆行パターンの売りサインが点灯継続している点、引き続き、注目。

 

 

そして、逆行パターンの売りサイン点灯時の最終ターゲットは、-2σラインとなるが、同ラインは本日時点で111.40円近辺と読める。

また、遅行スパンのローソク足接近のタイミングも注視したい。すなわち、同タイミングは、一旦は押し目買いのチャンスとなる。

 

 

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

 

 

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

 

 

 

 


テーマ:

2018OCT15.gif

 

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

 

 

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

 

 

<<<日足分析>>>

 

◆スーパーボリンジャー

 

○大局観=調整の反落局面継続中

 

 

○遅行スパン=陽転継続しており、基調としては、買い優勢

 

 

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの下方を推移するかぎり、調整の反落局面と判断。

 

 

尚、終値が、引き続き、センターラインの下方で引けており、調整が本格化していることが見てとれる。

 

 

戦略としては、引き続き、前日の高値をブレイクしないかぎり、基本的に売り戦略を優先させたい場面。

 

 

尚、調整反落の最終ターゲットは、-2σラインとなるが、遅行スパンがすでにローソク足に接触してきており、売りポジションの買い戻しのタイミングを迎えている。さらに、一旦は新規の押し目買いのチャンスが近いと捉えることも出来る。

 

 

 

◆スパンモデル

 

買いシグナルが点灯継続する中、逆行パターンの売りサインが点灯継続している点、引き続き、注目。

 

 

尚、最終ターゲットは、-2σラインとなる。-2σラインは本日時点で111.40円近辺と読める。

 

 

また、遅行スパンのローソク足接近のタイミングも注視したい。すなわち、同タイミングは、一旦は押し目買いのチャンスとなる。

 

 

 

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

 

 

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。