マーフィーの徒然日記

マーフィーの徒然日記

自分の専門分野であるFXや株式、商品市場のことだけでなく、日々感じたことや思ったことを勝手気ままに綴ります。

無料メルマガ登録は こちら


マーフィーの無料FX講座は こちら
  本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」 にて学んで 

  頂けます。短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。


書籍 「勝率8割の超プロが教える最新スパンモデル投資法」(徳間書店)
  カテゴリー1位獲得


書籍「マーフィーの最強スパンモデルFX投資法」(日本実業出版社)

  アマゾン総合3位、カテゴリー1位獲得

◆ドル円4時間足スパンオートシグナル

 

 

ドル円相場の4時間足分析です。

添付チャートは、ドル円の4時間足をスパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

以下、午前7時05分頃近辺での動きについて、スーパーボリンジャー部分、スパンモデルの部分に分けて、それぞれ解説します。

<スーパーボリンジャー>

現在、レンジ局面と判断します。

判断根拠は、
1)遅行スパンがローソク足に絡んで推移していること、
2)バンド幅が収束傾向にあり、センターラインや各σラインの向きがほぼフラット方向であること、
等々です。

トレード戦略としては、目先、レンジトレーディング、カウンタートレーディングを行うか、相場の放れを待ってトレンドに乗るか、となります。

カウンタートレーディングの基本戦略としては、+1σラインから+2σラインにかけての価格帯は戻り売りゾーン、-1σラインから-2σラインにかけての価格帯は押し目買いゾーンとなります。

尚、トレンド発生の際の「相場の放れ」の条件は、
1)遅行スパンがローソク足から上放れる、もしくは、下放れる、

2)終値が+2σラインの上方にて引ける、もしくは、-2σラインの下方にて引ける、

3)バンド幅が拡大傾向に転じる(「エクスパンション」と言います)、

4)遅行スパンがローソク足のみならず、+-2σラインをブレイクすること、
等々です。

特に、初動における分かりやすい判断基準として、終値が+-2σラインの外側にて引ける時点でトレンド相場入りと確認すると分かりやすいです。


<スパンモデル>

まず、背景色が、薄赤色であることから、赤色スパンが陰転中です。すなわち、長期的には、下落基調であり、売り優勢を示しています。

また、青色四角枠が出現しており、買いシグナルが点灯中ですが、買いシグナル点灯時の猶予期間中につけた高値ラインが上値レジスタンスとなっており、逆行パターンの売りサイン点灯中です。

尚、逆行パターンの売りサイン点灯時の最終ターゲットである-2σラインにはすでに到達済みです。



★尚、スーパーボリンジャーは、価格的要素を重視し、より短期の判断、スパンモデルは、時間的要素を重視し、より長期の判断となります。また、スパンモデルシグナルは、より短期の判断、赤色スパンは、より長期の判断となります。

◆ドル円4時間足スパンオートシグナル

 

 

ドル円相場の4時間足分析です。

添付チャートは、ドル円の4時間足をスパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

以下、午前7時05分頃近辺での動きについて、スーパーボリンジャー部分、スパンモデルの部分に分けて、それぞれ解説します。

<スーパーボリンジャー>

現在、レンジ局面と判断します。

判断根拠は、
1)遅行スパンがローソク足に絡んで推移していること、
2)バンド幅が収束傾向にあり、センターラインや各σラインの向きがほぼフラット方向であること、
等々です。

トレード戦略としては、目先、レンジトレーディング、カウンタートレーディングを行うか、相場の放れを待ってトレンドに乗るか、となります。

カウンタートレーディングの基本戦略としては、+1σラインから+2σラインにかけての価格帯は戻り売りゾーン、-1σラインから-2σラインにかけての価格帯は押し目買いゾーンとなります。

尚、トレンド発生の際の「相場の放れ」の条件は、
1)遅行スパンがローソク足から上放れる、もしくは、下放れる、

2)終値が+2σラインの上方にて引ける、もしくは、-2σラインの下方にて引ける、

3)バンド幅が拡大傾向に転じる(「エクスパンション」と言います)、

4)遅行スパンがローソク足のみならず、+-2σラインをブレイクすること、
等々です。

特に、初動における分かりやすい判断基準として、終値が+-2σラインの外側にて引ける時点でトレンド相場入りと確認すると分かりやすいです。


<スパンモデル>

まず、背景色が、薄赤色であることから、赤色スパンが陰転中です。すなわち、長期的には、下落基調であり、売り優勢を示しています。

また、青色四角枠が出現しており、買いシグナルが点灯中ですが、買いシグナル点灯時の猶予期間中につけた高値ラインが上値レジスタンスとなっており、逆行パターンの売りサイン点灯中です。

そして、逆行パターンの売りサイン点灯時の最終ターゲットである-2σラインには到達済みです。



★尚、スーパーボリンジャーは、価格的要素を重視し、より短期の判断、スパンモデルは、時間的要素を重視し、より長期の判断となります。また、スパンモデルシグナルは、より短期の判断、赤色スパンは、より長期の判断となります。

 

◆ドル円1時間足スパンオートシグナル

 

 

■ドル円1時間足スパンオートシグナル

ドル円相場の1時間足分析です。

添付チャートは、ドル円の1時間足をスパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

以下、午前7時10分頃近辺での動きについて、スーパーボリンジャー部分、スパンモデルの部分に分けて、それぞれ解説します。

<スーパーボリンジャー>

現在、レンジ局面と判断します。

判断根拠は、
1)遅行スパンがローソク足に絡んで推移していること、
2)バンド幅が収束傾向にあり、センターラインや各σラインの向きがほぼフラット方向であること、
等々です。

トレード戦略としては、目先、レンジトレーディング、カウンタートレーディングを行うか、相場の放れを待ってトレンドに乗るか、となります。

カウンタートレーディングの基本戦略としては、+1σラインから+2σラインにかけての価格帯は戻り売りゾーン、-1σラインから-2σラインにかけての価格帯は押し目買いゾーンとなります。

尚、トレンド発生の際の「相場の放れ」の条件は、
1)遅行スパンがローソク足から上放れる、もしくは、下放れる、

2)終値が+2σラインの上方にて引ける、もしくは、-2σラインの下方にて引ける、

3)バンド幅が拡大傾向に転じる(「エクスパンション」と言います)、

4)遅行スパンがローソク足のみならず、+-2σラインをブレイクすること、
等々です。

特に、初動における分かりやすい判断基準として、終値が+-2σラインの外側にて引ける時点でトレンド相場入りと確認すると分かりやすいです。

尚、今回あらためて注目していただきたい点は、遅行スパンの同期性です。

つまり、遅行スパンの上げ下げのリズムとローソク足の上げ下げのリズムがほぼ一致することです。

相場変動の2大要素の1つである「時間」を計測するには、遅行スパンが大いに役立ってくれるということです。


<スパンモデル>

まず、背景色が、薄青色であることから、赤色スパンが陽転中です。すなわち、長期的には、上昇基調であり、買い優勢を示しています。

また、青色四角枠が出現しており、買いシグナルが点灯中です。



★尚、スーパーボリンジャーは、価格的要素を重視し、より短期の判断、スパンモデルは、時間的要素を重視し、より長期の判断となります。また、スパンモデルシグナルは、より短期の判断、赤色スパンは、より長期の判断となります。