ドル円相場分析(日足、1時間足) | マーフィーの徒然日記

マーフィーの徒然日記

自分の専門分野であるFXや株式、商品市場のことだけでなく、日々感じたことや思ったことを勝手気ままに綴ります。


テーマ:

2018JUL11.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

 

 

<<<日足分析>>>

 

◆スーパーボリンジャー

 

○大局観=レンジ相場

 

 

○遅行スパン=陽転しつつもローソク足に絡んで推移しており、レンジ相場を示唆

 

 

○トレンド判断と戦略=目先、+2σラインと+1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

 

 

尚、引き続き、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目したい場面。遅行スパンの「同期性」とは、ローソク足の上げ下げのリズムと遅行スパンの上げ下げのリズムが正の相関性をもって推移したり、逆の相関性をもって推移することを指す。

 

 

 

<<<1時間足分析>>>

 

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

 

○大局観=調整の反落局面(最終場面)、ブル・ベアの分岐点

 

 

○遅行スパン=陰転するかどうかの瀬戸際

 

 

○トレンド判断と戦略=現在、調整の反落局面の最終場面(-2σライン)に位置。今後、本格下落トレンド入りするか、それとも、レンジ相場入りするかどうかの瀬戸際に直面している。遅行スパンが陰転し、終値が-1σラインの下方を推移し続け、バンド幅が拡大傾向に向かうと、本格下落トレンド入りする可能性が高まる。

 

 

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

 

○赤色スパン(長期)=上昇方向、買いサイン点灯中(順行パターン)

 

 

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

 

 

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

 

 

〇注目点=赤色スパンの上向き時、および、スパンモデル買いシグナル点灯時の猶予期間中の高値水準(現在はサポートとなっている)を下方にブレイクするかどうか注視したい。

 

 

 

★★マーケットコメントの活用法の具体例

 

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

 

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

 

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。
尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

 

 

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

 

 

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

 

 

 

 

マーフィーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります