人生は自らデザインする!

人生は自らデザインする!

●ココロとカラダ:本当の健康になるためのヒント
●人生を根本から治療する「ライフセラピー」実践法
●「奇跡講座」や「OSHO」などの難解な教えの解説

    ◉ご訪問いただきありがとうございます!◉



 ●LINE(ライン)のQRコードは↓最新情報をお届けします♪


      


  

     ●ライフセラピーのお申し込み&お問い合わせは
     murasato.mayumi@gmail.com  


    ●著者ホームページ     
     http://www.lifetherapy.jp     


    *記事の著作権はライフセラピー名古屋に帰属します。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

 

今回のレッスンは

自分のエネルギー量をアップするワークをご紹介します。

 

数年前までは

質より量の時代でした。

 

モノが不足していた時代には

モノを作れば売れたし

 

ガツガツとにかく人を押しのけてでも

たくさん動いた人が結果を出せた時代

 

しかし

数年前から特にそういう戦略が通用しなくなっています。

 

量より質の時代に移行しています。

 

いくらエネルギー量がたくさんあっても

ダメなものはダメという結果になりやすくなってきました。

 

少量のエネルギーでも

良いものや良いことはスルリと結果が出やすくなってきました。

 

数年前から当方では

これまでコツコツ真っ当に頑張ってきた人には

良い時代となりますよとお伝えしてきました。

 

一方で

これまでごまかしたり道理に反したりして

自分だけが得をするように奪ってきたような人には

同じような結果は出なくなりますよともお伝えしてきました。

 

世の中を見渡しても

いろいろなことが暴かれていますでしょう。

ごまかしがきかない時代になってきたのです。

バレてしまう時代になってきました。

 

ですから、これからが本当の勝負ですよ。楽しみですね!

 

しかしながら、

質さえよければすぐに現実として現れてくるかというと

これがエネルギーの法則で

ある一定量は必要なのも事実です。

 

これまでのワークでは

「質」を変えるワークをたくさんお伝えしてきましたね。

 

自分の内側にあるものをお掃除して

質を良くするワークの数々です。

 

今日は

ずいぶん質も向上したでしょうから(笑)

自分の内側のエネルギー量を増やすワークをお伝えします。

 

良い人なのに存在感が薄いと思う方や

進むべき方向には自信があるけれど

なかなか目に見える結果が出ないという方には

特におすすめのワークです。

 

では始めます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

①椅子に座り目をつむってリラックスします。

 

②大きくゆったりとした呼吸を気持ち良く感じるまで続けます。

(レッスン12の呼吸のワークは特におすすめ)

 

③丹田を意識します。

(女性は子宮、男性はお尻の穴を締めた時、その力が留まるように感じる場所)

 

④丹田に自分のピュアなエネルギーの玉がギュッと濃縮されて存在することをイメージします。

 

⑤そのエネルギーの玉が

丹田→会陰(お股)に下がって→尾てい骨から背骨→背中から首の後ろ→頭頂→眉間→のど→胸→みぞおち→また会陰に戻って→再び丹田まで

ぐるぐると自分の体の表面を動くイメージをします。

 

一番表皮に近いところを自分のピュアなエネルギーが動くイメージです。

自分の体の中でエネルギーを「練る」感じですよ。

 

納豆をぐるぐる混ぜるみたいに(たとえが変?)

 

練れば練るほどそのエネルギー量は増えます。

 

量が増えてくればサラサラとは動きませんね。

 

だんだんと質量の多いものが動くイメージをしてください。

 

練れば練るほど雪だるま式に

自分のピュアなエネルギーが増えていくイメージです。

 

慣れてきたら

ゆったりした呼吸の一呼吸で一周するくらいの速度で。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

元気がないとき

エネルギーが不足しているなと感じるときなど

いろいろな場面で活用してくださいね。

 

思った以上に早く実感できます^^

 

イメージ力が大切です。

「練る」わけですから

涼しい顔してサラサラとはできませんよ。

 

自然に体が呼吸やイメージに合わせて動くくらいに

ワークに没頭してください。

人前ではやらないほうがいいかもしれませんね。

(怪しい人だと思われます笑)

 

 

このワークをしていて

ネガティブ感情が出てくる場合は

ピュアさが不足しています(爆)

 

これまでお伝えしたお掃除関係のワークで

もう少しピュアさを取り戻してください。

浄化のワークがオススメです。

 

 

さぁ今回も是非やってみてくださいね!

 

 

ご質問等ありましたらお知らせくださいませ^^

可能な限り回答いたしますm(_ _)m

 

 

それでは次回もお楽しみに♪

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

こんにちは。

いつもありがとうございます。

 

今回のレッスンは

自己信頼に直接つながるワークをご紹介します。

 

他者を見てあれこれ言いたくなる人は

そうやって自分を裁いています。

両親や大人にそうやって裁かれたことがあることが多いです。

 

不安や恐れが強くて心配性の人も

自分は弱者である、無能であると自分を裁いています。

これも他者がきっかけのことが多いです。

 

自分の権利ばかりを主張ばかりする人もまた

自分はいつも虐げられる、愛されない人間であると

自分を裁いています。

 

自分に向かうネガティブも

他者に向けるネガティブも

その源はいつも自分自身を裁いているというものです。

 

裁きには何がつきものかというと

罪と罰がついて回ります。

 

裁きがないところには罪は生まれず

罪のないところに罰は必要ありません。

 

自分の中にある「裁き癖」が

あらゆるネガティブ感情を生み出すとも言えます。

 

今回はその「裁き」をなかったことにしようとするワークです。

 

その名も「赦しのワーク」です。

「許し」ではなく「赦し」という文字を使っています。

 

日本語では「許し」も「赦し」も同様に使われていますが

当方では、一般とは違う「区別」をしています。

 

通常「ゆるす」という意味で使用する場合は

すべて「許す」と表記します。

 

罪を「許す」

何かするのを「許す」

などです。

 

当方で「赦す」を使用する場合は

「最初から罪など存在しなかったと認めること」のみです。

 

例えば

自分はダメな人間だけど、自分は無能だけれど、

そんな自分(の罪)も認めてあげる、という場合は

「許す」です。

 

なぜなら「罪の存在」を認めているからです。

 

「あいつを許してやる。」も「許す」です。

 

なぜなら、「あいつには罪があるけれども、罰は与えないよ。」

という意味の「ゆるす」だからです。

 

自分や何かを「裁いた」結果、「罪」はあったけれども、

その罪に対する「罰」を与えないという判断をしただけです。

 

そこには「裁き」「罪」「罰」という存在があります。

 

当方で言うところの「赦し」とは

その「裁き」も「罪」も「罰」も存在しない、

それらは不要であるという選択をすることです。

 

ここが大きなポイントですよ!

 

今回のワークは

自分自身を「赦す」ワークです。

 

目をつむり、リラックスして、

自分の中に小さな子どもがいるとイメージしてください。

 

どんな子どもでもいいですよ。

これが自分だと思えるならば、似ていなくても良いです。

写真で見た自分の子ども時代の見た目でなくて良いです。

性別すら違うかもしれません。

とにかく自分だ!と思える子どもが

自分の中に存在するイメージをしっかりとします。

 

その子をじっと観察していると

泣いたり怒ったり悲しんだり落ち込んだり

とても幸せそうには見えません。

 

その子どもに対して

「裁き」も「罪」も「罰」もないということを

わからせるようにイメージの中で声をかけてください。

 

小さな子が迷子になっていて

心細くて泣いていたらどんな風に声をかけますか?

 

その小さな子に対して

「裁き」「罪」「罰」などを押し付けたりするでしょうか?

 

「大丈夫だよ」とか「悪くないよ」とか

「なんとかしてあげるよ」とか言いますよね。

 

そういう気持ちになって

自分の中の自分の分身である小さな子どもに向かって

声をかけたり、頭を撫でたり、ハグしたりしてください。

 

大事なのは

その子が感じてしまっている

「裁き」「罪」「罰」などが存在しないということを

わからせてあげるということです。

 

もしかしたら

子どもの頃の記憶がよみがえり涙が出るかもしれません。

意味もなく怒れたり、悲しくなったりするかもしれません。

自分がした「悪いこと」を思い出すかもしれません。

 

それでも構いません。むしろ良い感じです。

 

自分の中の「自分を責める」意識を変えるワークです。

 

「赦し」のワーク。

 

 

さぁ今回も是非やってみてくださいね!

 

ご質問等ありましたらお知らせくださいませ^^

可能な限り回答いたしますm(_ _)m

 

 

それでは次回もお楽しみに♪

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 


テーマ:

 

こんにちは。

いつもありがとうございます。

 

 

9月の問答会についてです。

 

今月は「問い力アップ講座」です。

問答力にそのままつながる講座ですよ。

 

先月はたくさんの質問という「問い」をお持ちいただきました。

そして、個別講座やカウンセリング等では

クライアントさまのお知りになりたい情報を

お伝えいただいておりますので「問い」と言えるでしょう。

 

しかしながら

一見、「問い」のように見えても

実は、単なる状況説明で終わっていたり

自分の感情をただ伝えているだけになっていたりして

何をお知りになりたいのか「問い」の中身が

はっきりと見えてこない場合があります。

 

インタビュアーの力量によって

インタビューされる側の答えが面白くなるかならないか

決まってくるように

「問い力」というのはコミュニケーションにおいて

大変重要な能力となります。

よく当方が初対面の方とお話をしている時に

それを見ていた方が

「お付き合いは長いのですか?」とおっしゃいます。

 

とても初対面だとは思えないように見えるとのことです。

 

当方のコミュニケーション能力がいくばくかは不明ですが

少なくとも「何を問うか」は意識していますし

「問い」を投げかければ

みなさんお優しいので何かしらお答えくださいます。

 

そうした会話のつながりが初対面には思えない印象にするのでしょう。

 

また「問い力」は

コミュニケーションだけでなく自己信頼にも直結しています。

なぜかというと、それは講座の中でご説明しますね^^

 

ヒントは

そもそも「問い力」は

「問いたい」「知りたい」という気持ちが根底にないと

具体的方法を実践しても効果が出にくいということです。

 

例えば

子どもが目をキラキラ輝かせて質問をたくさんしてくるのと

やる気のない部下が何でもかんでも質問してくるのとでは

質問された方が印象がまったく違ってきますよね。

 

さぁ、一体何が違うのでしょう?

 

ただ「問い」を投げかければ良いというものではありません。

 

ぜひこの機会に「問い力」をアップしませんか?

いろいろなことに応用が可能ですよ^^

 

 

お申し込みをお待ちしております。

 

 

 

 

■9月問答会&ミニ講座「衣食住Q&A」

●日時 2018年 9月16日(日)

    13:30〜17:00

●参加費 ¥5,000(ドリンク付:珈琲・紅茶等)

●持ち物 筆記用具

●内容

 ○ミニ講座「問い力アップ講座」

  ・内容未定(参加メンバーにより決定)

 

 ○問答会

  ・問答とは(3大原則)

  ・お題の発表

  ・問答

  ・感想&まとめ

●申込 メッセージにて

●締切 2018年 9月15日(土)

それでは、お申し込みをお待ちしております。

 

◆問答について◆

問答とは、

三大原則

・みんなが先生、みんなが生徒

・発言はすべて正解:否定しない

・好奇心で問う(WhyではなくHowで)

のもと、

当方がナビゲーターを務め、

あるお題について参加者が自由に発言します。

(お題は当日発表)

よく見知った言葉やことがらでありながら

日頃は深く考えない

あるいは、

まったく考えたことがないような

「お題」について問答していきます。

お題について真剣に考えることによって

これまで自分では気づいていなかった、

奥深くに根付いている自分の考えや価値観に気づいて

整理する機会が得られます。

これは、自身の前進をストップさせている価値観をあぶり出すこととなり、これから何をしていけばいいかという自身の気づきにつながります。

また、他者の考えや価値観が自分のそれとは違うということにも気づき、お互いにそれらを否定することなく、尊重する機会が得られます。この意識やコツは、日常生活の人間関係にすぐにでも生かすことができます。

さらに、お互いの意見や価値観が、自分のひらめきや、さらなる洞察にとても役立つという体験を得られるため、どんな人に対してもそのご縁や存在に対して、意義や感謝の念を見出す機会となります。

さらにさらに、参加者全員の意見から、参加者全員が納得できる新たな見解にたどり着くことによって、「想像から創造へのプロセス」「すべてはつながっているという一体感」「目に見えない力の存在」などを実感できる機会となります。

「問答」は、ただ人が集まって意見を言うだけでは問答にはなりません。テレビ等で見るような「議論」や「討論」のように、「誰の意見が一番正しいか」というような「たたかい」になってしまいます。

上記に挙げた効果を期待するためには、ナビゲーターの技量次第です。当方では、どのような方にご参加いただいても決して「たたかい」にはなりませんので、どうぞ安心してご参加ください。

 

◆年間開講予定日◆

毎月 第3日曜日(2月〜11月)

13:30 〜 17:00

 

◇2018年開講予定日

9月16日(日)

10月14日(日)*変更しました

11月18日(日)

ミニ講座の内容は、決まり次第ご案内させていただきます。

なお予定日は、止むを得ず変更になる場合もございます。

何卒ご了承くださいませ。

ミニ講座のご予約は年間を通じて承ります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 


テーマ:

 

こんにちは。

いつもありがとうございます。

 

 

さて、ご報告が遅くなってしまいましたが

先月8月の問答会とミニ講座を無事終了しました。

ミニ講座の内容は「衣食住Q&A」でした。

 

たくさんご質問をお持ちいただいたので

問答の時間を返上して回答していきました。

 

いろいろな分野のご質問をいただきましたが

答えを導き出す説明をしていますと

結局はいつも個別講座にてお伝えしている内容となります。

 

良い復習の機会となり、また、

それぞれ目に見える現象がまったく違って見えても

根底にあるものはシンプルであるということ

そしてそれこそが真理と呼べるものであること

などを実感できる時間になったと思います。

 

今回もご感想をお寄せいただきました。

 

何かしらのご参考になれば幸いです^^

 

 

ちなみに

いつもたくさんのご感想をいただきますが

決して強制ではないのでご安心くださいね^^

 

アンケート用紙をお持ち帰りいただき

ご回答いただけた場合にのみご紹介しております。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

●最近、日々の小さな積み重ね、長い時間をかけて自分が積み重ねてきたものが今の自分を創っているのだと実感していました。日常のクセや習慣は当たり前になっているので自分では気付きにくく、どんなに「変えたい!変わりたい!」と思っていても、どのように変えたらいいのか思い悩んでいた私にはドンピシャな講座でした。

 しかしながら、私の予想とは違った講座内容でした。私はてっきり「〇〇の事に対しては、〇〇に行動するといい」という「方法」を教えていただけるものだと思っていました。しかし、質問したすべての内容に対してのお答えは、いつも個別講座で教えていただいている「真理」を当てはめたものでした。このことからも、自分がすぐに目に見える「行動」にばかりとらわれてしまうということが浮き彫りになりました。同じ「行動」をしていたとしても、その内側の「思い」が大切なのだ!と改めて自分の意図をしっかり持って行動しようと思いました。

 また、今回何度も出てきた言葉が「徹底する」。そして、「客観的に眺める」「自分の感覚を信頼する」「すべての物には神が宿るという意識で大切にする」「感謝」などなど、今の私の課題ばかりのお話で、やはり「すべては繋がっている」のだと改めて感じることができました。日々の小さな習慣を変えていくことが大きな変化につながると思いますので、日々の小さな積み重ねを今まで以上に大切にし、自分の望む自分に近づいていきたいと思います。

 今回も長時間にわたり内容の濃い講座をありがとうございました。

 

●今回も長時間にわたり、ありがとうございました。個別講座並みの内容でしたので、大変ありがたかったです。

 特に私が今取り組んでいる「尽くす」にフォーカスしたお話になっていき、実践中の内容をチェックしていただけてとても良かったです。私が実践していたことは、目に見える「行動」ばかりで、その行動の「意図」はというと「自分の得」のためだけでした。現在実践中の行動は次々と撃沈。。。じゃあ一体どうすればいいの?とより深く考える機会になりました。そのおかげで、「行動→尽くす」ではなく、「尽くしたい→行動」だということに気づくことができました。もっともっと自分の中に「尽くしたい」という「こころ(意識)」を育てていきたいです。

 「尽くす」=「与える」ことなので、私が手放すべき性質「要求する」「奪う」を手放すために役立つと思います。また、「尽くす」「尽くしたい」を意識していると、次々とイメージが湧いてきて、私にも創造できる!と自分の可能性を体感することができて自信になりました。ありがとうございました。

 

●今回の講座で「好きか嫌いかでものを見るといいですよ」とおっしゃったのには最初はビックリしましたが、説明を聞いて納得できました。これからは、物事や事象を正しいとか間違っているという「ジャッジ(裁き)」をしないで、好きか嫌いで分けてみようと思います。確かに、好き嫌いは自己責任なので、自分以外の他者や何かのせいにしなくて済み、ネガティブな思考に陥らずに済みますね。また、嫌いだと選択した自分自身を責めないようにもしたいです。

 何事も「徹底」して行うことで、本物・真理に近づいていくのだと思いました。徹底してやるからこそ、小さな変化も見逃さず、「ではどうしよう?どうしたい?」と自分で選択を積み重ねることができるのだということがわかりました。毎日の生活の中で実践していくことが大切だということを改めて感じました。

 

●今回もすべての質問にお答えいただきありがとうございました。毎回丁寧にいろいろなたとえを交えながらの説明で分かりやすく大変ありがたいです。「クライアントさんにより幸せになって欲しい」という村里さんの想いがよく伝わってきます。

 厳しいことをおっしゃる場合も「この課題を早く乗り越えて欲しい」「あなたなら乗り越えられるよ」「神は乗り越えられない課題は与えない」とおっしゃっているように感じます。今後ともよろしくお願いいたします。

 

●今回も長時間理解するまで丁寧にいろいろなたとえを用いて分かりやすく説明していただきありがとうございました。村里さんが日々意識していることをうかがい、私はまだまだこれまで教えていただいたことを日常に当てはめることができていない、徹底できていないということに気づくことができました。より多くの事柄に当てはめていくことを意識したいと思います。

 さらに、村里さんの「こうなりたい!こうありたい!」という想いの強さ。そのブレない想いがあるからこそ、徹底して「これをやってみよう!」「これはやめよう!」というモチベーションにつながることもわかりました。何よりも大切な「想い」を私もいつもブレずに持ち続けたいと思いました。教えていただいたことを生活の中に生かしていきたいと思います。ありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こちらこそ、ありがとうございました。

いつも素晴らしいご感想をいただき、

当方もいつもとても楽しみにしておりますm(_ _)m

 

当方自身もそうですが

「わかった」のと「定着」は別物です。

わかったことを定着させて「当たり前」にまでするには

モチベーションの維持が欠かせません。

 

モチベーションの元は

自分が「こうありたい!こうなりたい!」という選択です。

 

ある意味

モチベーションが上がらない方は

「このままでもいいかな」と思えるほど

現在の環境や状況が「幸せ」であると言えます。

 

良かったですね^^

 

モチベーションの維持ができない自分を責めるのはやめて

現在の自分の幸せやそれを形作っている周りに感謝です。

 

そうするうちに

「さらに幸せになりたい!」という想いがムクムクと。

 

それが「ヒト」というものです。

 

自分を含めて

誰かや何かを「裁いたり」「責めたり」していると

ネガティブな感情はムクムクと湧き上がり続けますが

自分も環境も大きく変化させてくれるような

モチベーションの維持にはつながりませんので

気をつけてくださいね^^

 

 

ご感想の内容を拝見しますと

いかにも当方が偉そうに語っているように思えますが(汗)

当方自身が完全にできていることではありません。

 

すべてはつながっていますので

当方自身の課題でもある内容を

喋らされているというのが実際のところです。

 

そうやってプレッシャーを与えさせられているのですね。

「お前もやれよ」と。

 

恐ろしや、天の計らい。。。

 

どんな環境に今あったとしても

必ず「光」につながるヒントはあるはずです。

 

お互いに頑張っていきましょう!

 

 

(近々9月問答会のご案内もさせていただきます。)

 

**************************

 

当方では、クライアントさまの目的に合わせて

カウンセリングや個別講座などをおこなっております。

 

●カウンセリングは、

直面する問題を乗り越えるための

「原因」「方法」「ゴール」をお伝えします。

(完全予約制:随時)

 

●クリアリングは、

上記によるカウンセリングに加え

パワーストーンを使用し言霊を用いた

エネルギーヒーリングがプラスされます。

原因不明の体調不良や先祖供養、縁切りなど

当方によるエネルギーワークをおこないます。

(完全予約制:随時)

 

●個別講座は、

人生の流れを自ら変えるための

「仕組み」「方法」をお伝えして「実践」もおこないます。

(完全予約制:随時)

 

●問答会&ミニ講座は、

起きてくることには、

「目に見えない力がはたらいている」ことを

「体感」していただく機会であり「入門編」です。

 

(問答会&ミニ講座年間開講予定日)

毎月 第3日曜日(2月~11月)

13:30 ~ 17:00(ホットドリンク付き)

 

◇2018年開講予定日 注)変更あり

 

9月16日(日)

10月14日(日)*イベント出展のため変更しました

11月18日(日)

 

ミニ講座の内容は、決まり次第ご案内させていただきます。

なお予定日は、止むを得ず変更になる場合もございます。

何卒ご了承くださいませ。

 

ミニ講座のご予約は年間を通じて承ります。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

こんにちは。

いつもありがとうございます。

 

前回のレッスンは

「良いもの」を見る練習でした。

 

たくさん良いものに意識を向けることができましたでしょうか?

 

当方はというと・・・反省!反省!です^^

台風の気圧の変化など外的要因によって

まだまだ振り回される自分がおります(汗)

 

さて今回のレッスンも「より良い」ことに目を向けますよ。

 

不要な「価値観」を

①見つける

②手放すと選択する

③手放すワークをする

 

という「不要なもの」に目を向けるワークと

 

望ましい「価値観」を

①選択する

②構築する

 

という「必要なもの」を構築するワーク

 

この二本柱でワーク等を進めていくのが効率が良いです。

 

これまでのワークでは

圧倒的に「不要な価値観」に目を向けるワークが多かったですね。

 

それはなぜかというと

不要なものを手放してからでないと

必要なものを構築できないからです。

 

お家で考えてください。

 

ゴミ屋敷にいくら美しいものを飾っても

そのお家はきれいにも素敵にもなりませんよね^^

まずはゴミを捨ててお掃除をして

そして、そのお家にふさわしい美しいものを置く。

そうして、そのお家は見違えるような変化を遂げるのです。

 

人情として

「早く進みたい!」「もっとたくさん教えて欲しい!」

という気持ちもわかりますが

 

お家のたとえのように

ゴミを捨てて掃除しないと先に進めません。

まずは黙ってこれまでのワークで心のお掃除しましょう^^

 

今回のレッスンは

これまでにおこなったレッスンであぶり出した

「不要な価値観」を使いますので準備してください。

 

そして、その不要な価値観を逆にした価値観が

これから構築したい価値観となります。

 

例えば、これまでのレッスンで

 

「自分はダメな人間だ」という不要な価値観を発見したら

 

「私は素晴らしい可能性を持った人間だ」

というような価値観を植え付けたいわけなのです。

 

しかし、

「自分はダメな人間だ!」という価値観を

手放すようなワークを全くおこなっていないと

 

「自分は素晴らしい人間だ」という価値観を

自分の中に植えつけようとしても

強烈な拒否反応が出て、効果がほとんどありません。

 

必要な価値観を構築するどころか

エゴに火をつけてしまい、むしろ暴れさせることになります。

 

これまでのレッスンで出てきた「不要な価値観」を

逆にした価値観を箇条書きにして

ハガキサイズのカードなどに書いてください。

 

そしてそれを最低一日一回は声に出して読み上げます。

 

効果的なのは

朝起きた時と夜寝る前の一日二回おこなうことです。

 

当方の内容を少しだけご紹介しましょう。

 

①すべては大丈夫。これでいいのだ。

②私は誰からも何からもネガティブな影響を受けない。

③私は幸せになっていい。

 

以下は元になった不要な価値観です。

 

ついつい「どうしよう!」と焦ったり、

「こうじゃなきゃダメだ」という価値観

 

自分以外のせいで人生が決められるという恐れの価値観

 

③「私は不運だ。昔からツイテない」という価値観

 

いかがですか?イメージできますでしょうか?

自分自身のアファメーションカードを作れそうですか?

 

 

これまでのワークで

手放すべき不要な価値観を出してきました。

 

ぜひそれをひっくり返して

新たに構築したい価値観を作って音読してください。

 

そして、定着させてください^^

 

 

さぁ今回も是非やってみてくださいね!

 

ご質問等ありましたらお知らせくださいませ^^

可能な限り回答いたしますm(_ _)m

 

 

それでは次回もお楽しみに♪

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

こんにちは。

いつもありがとうございます。

 

ここ数日雨が降って湿度が高かったですが

今日はカラッとしたお天気ですっきり目覚めました。

 

 

前回のレッスンは

「すべての不都合な出来事は自ら生み出したものである」

と仮定して、

なぜ一見自分にとって不都合な出来事を

自ら生み出しているのか?ということを

自分で掘り下げていきました。

 

自分の不要な価値観を見つけながら

自分のさらなる幸せを阻害している

エゴの薄皮を剥いでいくというものでした。

 

見たくないものを見るワークでしたので

エゴの反発があったり疲れを感じたりしたかもしれません。

 

しかしゴミは見つけないと捨てられないのと同じで

自分の中の不要なものも認識するのは

嬉しかったり楽しかったりすることはありませんが

確実に効果を出すためですから

引き続きおこなってみてくださいね。

 

さて、今回のレッスンは

「良いもの」を見る練習です。

 

私たちは無意識に

自分の見たいものを探して見るという習性があります。

 

例えば

「あの車が欲しい!」と思った瞬間から

やたら街中に同じ車を発見するのです。

 

決して突然その車の量が増えたわけではありません。

 

自分が頭のどこかに「意識」しているものを

知らず知らずに見つけてしまうのです。

 

ですから

自分が不幸だと思っていたり

被害者だと思っている人は

いつも世の中で自分がより不幸になりそうなことに

目が向いてしまって文句ばかり言う事になります。

 

そしてますます自分で不幸になっていくのです。

 

この「見たいものを無意識で探してしまう」という

私たちの特性を生かして

「意識的に」「良いものを探して」

「無意識に」「良いものを探せる自分になる」練習をします。

 

意識的に

目に見えるものごとすべてに対して

良いことを見つけましょう。

 

こじつけでもなんでも構いません。

くだらないことでもいいのです。

 

例えば

苦手な人に対してでも

「この人の眉毛の生え方は良いな」とか(爆)

 

日頃良いところに目が向いていない人は

なかなか思いつかないですよ^^

 

だから今より幸せがやってこないのですが^^

 

ですから

工夫して、頭を働かせて

なんでもかんでも良いところを見つけてください。

 

いかに自分が幸せや良いことに目を向けていないか

いかに自分が幸せになる気がないのか

良いところが思いつかない度合いでわかると思います。

 

そして

良いところが思いつかない度合いは

感謝の度合いが少ないことと同義ですよ。

 

さらに言うと

他者の中に見る「良いところ」というのは

自分の中にある「可能性」を表しています。

 

自分の中に「ない」と思っているものは

見つけられないのです。

 

つまり、他者の中に良いところを見つければ見つけるほど

自分の中にある「良いところ」を自ら認めるということです。

 

これは自己肯定感に直結します。

 

他者の中に良いところをたくさん見つけて

自分の中の良いところを間接的に認めましょう!

 

 

 

今回も是非やってみてくださいね!

 

ご質問や不平不満等ありましたら(笑)

お知らせくださいませ^^

善処いたしますm(_ _)m

 

 

それでは次回もお楽しみに♪

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

こんにちは。

いつもありがとうございます。

 

 

暑さがほんの少し和らいだ感がするこの頃ですが

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

当方も少しずつ外出する気持ちが芽生えてきましたよ^^

 

さて、

前回のレッスンは「魂(内なる聖性)にフォーカスしました。

特徴は「無限」「全一」「創造」「可能性」でしたね。

 

 

これら内なる聖性の声に従って生きていれば

困難や苦悩などからも解放されて

きっと清々しい気持ちで毎日を過ごすことができるのでしょうが

 

 

煩悩にまみれた(笑)エゴの声に従っていると

自ら不都合な出来事を

せっせせっせと作り出す毎日となってしまいます。

 

 

今回のレッスンは

 

「すべての不都合な出来事は自ら生み出したものである」

 

と仮定して、

 

なぜ一見自分にとって不都合な出来事を

自ら生み出しているのか?ということを

自分で掘り下げていきたいと思います。

 

私たちには「選択の自由」があります。

 

「痩せたい」と「食べたい」があったとして

どちらの優先順位が高いかによって選ぶ方が決まります。

 

口では「痩せたい」と言いながら

「食べたい」の優先順位が高かったからこそ

知らず知らずのうちにその選択が積み重なって

いつの間にか「ヤバイ!」という状態になっています(体験談)

 

こうしたプロセスを

「病気」や「事故」

「不運」や「困難」にも当てはめてみましょう!

というのが今回のレッスンです。

 

必ずそれらの不都合なことがらの中にも

心の奥底にとってはメリットがあるという前提で行います。

 

 

方法は以下の通りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

筆記用具を用意してください。

書き出すワークです。

 

1、自分にとって現在不都合なことがらを選びます。

2、「なぜ自分は〇〇をしたかったのか?」

という質問を作ります。

 

3、その質問に5回答えます。

頭に思いついたことを深く考えずに挙げていきます。

答えが似ていても構いません。

とにかく思いついたことならいいですよ。

 

4、そして5回目の答えをまた質問にします。

「なぜ自分は〇〇をしたかったのか?」

 

5、もしもどんどん進めることができそうならば

さらにそれを5回繰り返していきます。

止まってしまった場合はそこで止まっても構いません。

しかし、なるべく頑張ってたくさんやってください。

 

同じことの繰り返しばかりになったら止めましょう。

 

6、最後に残った理由「〇〇は〇〇だから」という価値観を

浄化のワークで手放しましょう。

 

 

例:

1、自分にとって不都合なことがらが「病気(病名)」だとします。

 

2、なぜ私はこの病気になりたかったのか?(メリットを考えてください)

 

3、・病気によって休めるから

  ・病気になったら周りのみんなが心配してくれるから

  ・病気をできない言い訳にできるから

  ・誰かに世話をしてもらえるから

  ・「みんなに優しくしてもらえるから」

 

4、「なぜ私はみんなに優しくしてもらいたいのか?」

 

5、・誰も優しくしてくれないから

  ・優しくされると安心するから

  ・優しくされないと寂しいから

  ・優しくされないと自分がダメな気がするから

  ・「優しくされると嬉しいから」

 

  「なぜ私はみんなに優しくされると嬉しいのか?」

  ・優しくされると自信がつくから

  ・優しくされると大丈夫だと思えるから

  ・優しくされることは得だから

  ・優しくされる人はいい人だから

  ・「優しくされると大切にされてると思えるから」

 

  「なぜ私は優しくされると大切にされてると思うのか?」

 

  ・誰かに優しくされることが自分の価値だと思うから

  ・(うーん、これ以上思いつかない。。。)

 

6、「誰かに優しくされること=自分の価値」という価値観を

浄化のワークで手放す。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

いかがですか?

 

最初はコツがいります。

イライラするかもしれません。

 

でも、とにかくいろんなことがらでやってみてください。

 

価値観にたどり着かなくても

「なぜ自分は自分で不都合なことがらを生み出しているのか?」

という問いに対して答えを見つけようとすることそのものが

エゴにメスを入れることになります。

 

薄皮一枚だったとしても確実に剥けます。

たくさん剥けば

それはいずれ大きな変化となります。

 

同じことしか頭に思い浮かばないのも

意味があります。

 

頭に浮かんで離れないことこそ

最優先で手放す必要があるものです。

 

 

決して

「好きでこんな状況になってるんじゃないわ!」と

キレないでください。

 

お気持ちはわかります^^

当方がそうでした^^

 

 

しかし

そのような気持ちでは

そこから抜け出す「答え」は一生見つかりません。

 

 

不平不満を言っている時は

本当に変わりませんでした。

むしろ悪化することの方が多かったです。

 

 

仮説で構いませんから

 

「もしも、この状況を自分で選んでいたとしたら???」

 

というところから単なるゲームとしてでもいいので

気楽な気持ちでやってみてください。

 

たくさんやればやるほど

確実にエゴにヒットしていきます。

 

 

今回も是非やってみてくださいね!

 

 

ご質問を承りますので

ご不明な点等ございましたら

ご遠慮なくおしらせくださいませ^^

 

 

 

それでは次回もお楽しみに♪

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

こんにちは。

いつもありがとうございます。

 

 

前回のレッスンは「エゴ」にフォーカスしてみました。

今回のレッスンでは「魂(内なる聖性)にフォーカスします。

 

前回チラッと書きましたが

特徴は大きく下記の通りです。

 

「無限」

「全一」

「創造」

「可能性」

 

です。

 

最初はエゴと対となる性質だと理解してくださいね。

あくまでも「最初は」です。

(エゴの特徴は前回のレッスンをご覧ください)

 

私たちのほとんどがエゴを優位にして生活していますが

エゴというのは人間の発達プロセスにおいて

必要なものです。

 

そういう意味では私たちは

ちゃんとエゴを築きあげることができたわけです。

 

しかし、さらなる成長や発展を目指すためには

今度は築き上げたエゴを崩すことが必要になってきます。

 

同時に

私たちが生まれながらに持っている内なる聖性を

活性化させることがとても大切です。

育てて大きくすることです。

 

子どもの頃には持っていた無垢性とも言えます。

疑いのない心や素直さとも言えるでしょう。

 

今回はこの部分をもう一度確認してみたいと思います。

 

魂(たましい)・・・

エゴとの対比としてこの言葉を使います。

「私たちの内なる聖性」のことをこの言葉を使って説明します。

 

魂の特徴はまず「無限」です。

 

限度がないこと、です。

ですから、なくならないこと、です。

 

なくならないことで

自分も他者も損をしないことをやってみる。

これだけでエゴではなく魂優位の生活になります。

 

例えば笑顔。感謝。

 

いつも笑顔でいること

何にでも感謝すること

 

この二つは誰にでもできることです。

 

実践したところで

何の害にも損にもならないにもかかわらず

 

私たちは本当にケチっていますね^^

 

どうしてこんなにケチるんでしょう?

(理由がわかったら浄化のワークで手放しましょう)

 

 

●「無限」

なくならないことで

自分も他者もいい気分になることを実践しましょう。

 

 

 

次に「全一」の意識。

 

 

言い換えるならば

「すべてはつながっている」とか

「すべてに神が宿っている」とか

そういう感覚のことです。

 

個別講座で使用するたとえですが、

私たちはジグソーパズルの1ピースだと考えるといいですね。

 

ピースはそれぞれとても似ていますが

一つとして同じものはありません。

そして必ず自分だけのピタッと収まる場所があるのです。

 

だから奪い合う必要がないのですよ。

誰かの邪魔をする必要もないのです。

 

他者の幸せは(他のピースの場所がわかったら)

自分の幸せにつながっています。

(自分の場所も見つかりやすくなる)

 

逆も然り。

自分の本来あるべき姿を見つけることは

パズル全体の完成に貢献できるのです。

つまり誰かや何かの役に立てるということです。

 

だから自分自身の願いや幸福を大切にすればいいのです。

 

 

そして大きなパズルをやるときには

まずはじめに同じ色のピースごとに分けたりしますよね。

 

つまりご縁ある人たちは

何かしら共通点があったりするのです。

 

しかし、隣り合うピースは凸と凹だったりして

真逆の性質を持っていたりするのです。

 

 

ジグソーパズルを世界だとして

ピースを私たちだと想像してみると

 

実際の私たちは

ある特定のポジションをめぐって奪い合ったり

パズルの中心のピースが偉いとか

端っこは偉くないとか

全くの勘違いをもとに争っています。

 

本当はその場所ではないのに

無理やりピースを押し込んでも

ピースが曲がったり傷んだりしますよ。

 

常識やまわりの情報に惑わされることなく

「必ず自分だけの場所がある」と信じて

安心して自分らしい生き方を探してください。

 

むしろ他人と同じような生き方をしていたら

「間違っている可能性が高い」

と思ってちょうどいいくらいです。

 

 

●「全一」

すべてはつながっているから

他者を応援しましょう。祝福しましょう。

さらに、自己犠牲はやめましょう。

自分の内側の声に耳を傾けましょう。

自分自身を大切にしましょう。

 

 

 

次に「創造」です。

 

 

0から1を生み出すこと。

無から有を生み出すこと。

 

これも良い例があります。

 

「笑顔」や「感謝」は最高の創造です。

 

材料費は無料です(笑)

維持費も無料です(笑)

すぐにでも

誰にでもできることです。

 

言葉も「創造」ですね

雰囲気も「創造」です。

 

ありとあらゆることが「創造」です。

「生きる」ことそのものが「創造」になっているのです。

 

毎日どのようなものを「創造」していますか?

 

自分がどんな種類のものを「創造」しているか

「創造」したものが「成果」となって受け取れます。

 

いつも文句ばかり言って(創造して)

イヤな空気を出して(創造して)いる人は

いくらその内容がもっともらしいことであっても

その人が満足するような成果を受け取ることはないでしょう。

 

人から好かれることもないでしょうから

さらなる文句を生み出すことになりそうですね。

あ、自己啓発本などで

『受け取りたい「モノ」を与えましょう』などと書いてあるので

お金を増やしたい人がお金を与えたりしている人がいますが

それ、大きな勘違いなので気をつけてください。

 

受け取りたい「モノ」を与えるのではありません。

受け取りたい「質」のモノやことがらを

与えたり生み出したりするのですよ。

 

例えば、

自分が誕生日の時にプレゼントして欲しいという理由で

他者に誕生日プレゼントを与えたとしても

そのプレゼントを渡す「質」は「要求」なので

自分がいずれ受け取るものは「他者からの要求」です。

 

自分が友人の誕生日を本当に祝福する気持ちで

友人にプレゼントを渡したとしたら

そのプレゼントを渡した「質」は「祝福」なので

自分がいずれ受け取るものは「他者からの祝福」となります。

 

「誰かにプレゼントをあげる」という「同じ行為」でも

その行為の「質」はまったく違いますから

当然、その行為による成果も違ってくるということです。

 

「行為」や「行動」という表面的なことばかりに

とらわれる傾向にある人は気をつけてください。

 

 

●「創造」

受け取りたい「質」のものを「創造」しましょう。

 

 

 

最後に「可能性」です。

 

「いい人がいない」とか

「そんなものあるわけない」とか

「うまくいくわけがない」とか

 

いつも「ない」「ない」と言っている人に

「ある」という現実はやってきません。

 

なぜなら、自分自身がその可能性を否定しているからです。

私たちは「見ている方向」「意識している方向」に進みます。

 

スキーでもスノーボードでも

ゴルフでも野球でも何でも

「視線」が大切なのはご存知ですよね。

 

自分の意識や見ている方向に無意識に身体が動きます。

 

 

ですから、「ない」「ない」と意識して「ない」ことを強調し

すぐに諦めてしまうのはもったいないことです。

 

単に今、目の前に「ない」だけで

「どこかに必ずある」と意識して欲しいのです。

 

例えば「こういうものが欲しいなぁ」と思って

近所のお店を探しても見つからないとします。

 

「私の欲しいものがない!」と言うのは簡単ですが

それはもう

その欲しいものを手に入れることを諦めたということです。

 

「(結婚相手として)良い人がいない!」

というのも同じですよ。

自分自身で可能性を否定しないようにしましょう。

 

 

どうしても言いたいなら

「今は自分のすぐ近くに良い人がいない。

でも、この世のどこかに良い人がいるはずだ。

今はまだ出会っていないという状態なのね。」と言いましょう。

(長い・・・)

 

当方はいつもこのように考えます。

 

「わたしがこういうものが欲しいと思っているのだから

きっと世の中のどこかに同じようなことを感じていて

作っている人がいるにちがいない!」と。

 

今はネット社会ですから、案外すぐに見つかりますよ。

 

こういう経験一つとっても

「みんなつながっている」という「全一」を体験できます。

 

可能性とは「できる」と信じることでもありますが

「盲信」とは違います。

 

例えば飛行機を発明するのには

「飛びたい」という願いがあり

「飛ぶぞ」という決意があり

「飛べる」と信じることです。

 

そしてその信じたことを体現するために

あれこれ考えて行動するのです。

 

 

「自分は飛べる」と信じたからといって

何もせずに崖から飛び降りたら死にます^^

それは盲信です。

本当に信じたら行動が変わります。

 

自分がしたいと願うこと

イメージできることは

達成の「可能性がある」と信じて欲しいという意味です。

 

 

●「可能性」

自分が望めばその可能性は存在すると信じましょう。

意識している方に現実は動いていきますので

望む方向をいつも意識しましょう。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

エゴにしろ魂にしろ

もっともっとお伝えしたい特徴はありますが

すべてが根っこでつながっていて

なおかつ広範囲に及ぶ話なのでこれくらいにしておきます。

 

 

「どなたにもすぐにでもできること」という視点で

前回と今回、エゴと魂のレッスンにしてみました。

 

 

笑顔と感謝。

ありきたりですが、誰にでもすぐにでもできることなので

昔からずっと言われてきていることなのでしょうね。

 

そして、希望。

希望を持つこともすぐにできそうですが

人によってはできないこともあります。

 

かつて当方はそうでした。

「こんな状況でどうやって希望を持てばいいんだ!?」と

余計にネガティブ感情が吹き出しました。

 

それには必ず理由があります。大きな心の傷があるはずです。

しかし、それを癒していけば

「自分も希望を持っても良いんだ」と思える日がきます。

 

 

 

このように文字でお伝えできることには限りがありますが

今回のワークもぜひやってみてくださいね^^

 

 

 

 

 

それでは次回もお楽しみに♪

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

こんにちは。

いつもありがとうございます。

 

前回の信頼のワークはいかがでしたでしょうか?

個別講座の受講生はネガティブ反応は出にくいと思います。

 

感謝企画の内容に関しては

どなた様でもご質問いただけますので

ご不明な点やご質問がありましたら

ご遠慮なさらずメッセージにてご連絡くださいね^^

 

 

さて、今回のレッスンは「エゴ」にフォーカスしてみます。

 

 

当方では(特に個別講座では)

私たちの「心」を

「エゴ(自我)」と「魂(神聖な部分)」というように

 

まずは

 

大きく二つに分けて理解していきます。

 

講座が進むと

もっと細かく

そして

別の考え方をしていくのですが

 

「導入」としては二つに分けて

「対」になるものとして

理解を進めていきます。

 

今回のレッスンでは

この「エゴ(自我)」特徴をお伝えしたいと思います。

 

エゴは自分を守るためのものに見えますが

エゴに生きることは、実は

自分自身を苦しめる生き方でもあります。

 

それらを理解した上で

自分はエゴの言いなりに生きていないかどうか

チェックしてみてほしいです。

 

その部分を変えていくことが

より快適に自由に軽やかに生きられるヒントがあります。

 

それでは始めましょう。

 

エゴの大きな特徴、

それは

 

「有限」の意識です。

 

 

エゴは「すべては有限だ」と思っている意識のことです。

 

 

有限だから、

「誰かが得をしたら、自分が損をする」と考えます。

 

だから

「自分が良ければ、他者はどうでもいい」となります。

 

エゴの強い人の特徴ですよね。

 

この考え方は

 

「分離」の意識でもあります。

 

 

自分と他者は、分離しており、関係がない。

つながっていないという感覚です。

 

有限の意識

分離の意識なので

 

他者を応援することができません。

 

他者の幸せは

自分の不幸だと思います。

 

 

ですから

自分が幸せになるためには

他者が幸せではいけないのです。

 

有限ですから

自分が得をするためには

他者が損をしなくてはならない。

 

ここに

「奪う」という意識が出てきます。

 

 

「与える」ことは「損」だという意識が生まれます。

 

「奪う」ことが「得」なのです。

 

自分が「得」をして「幸せ」になるには

相手から「奪って」

相手に「損」をしてもらわねばなりません。

 

 

「有限」の意識はさらに

「創造の否定」を生みます。

 

「創造」できたなら

「生み出す」ことができたなら

 

「有限」ではありえないのです。

 

 

自分では「生み出せない」「創造できない」

あるいは

この世に「創造はない」と思うから

 

今あるものを「奪い合う」ことが必要になります。

 

 

お金で考えるとイメージしやすいです。

 

自分はお金を「生み出せる」と思っている人は

ビジネスに失敗することを恐れません。

チャレンジし続けることができます。

 

しかし、

自分でお金を生み出せないと思っている人は

もらったお金をコツコツと貯めて

何かあったらどうしようと不安になり

貯金が減るのが怖くなります。

 

減ったら増えないと思い込んでいるからです。

 

 

エゴは「創造」を否定します。

エゴは「生み出せない」と思い込んでいます。

 

創造の否定は

「可能性の否定」に発展します。

 

自分には「力がない」「能力がない」という思いを生みます。

 

自分に能力がない、力がないと考える人は

自分を「弱者」だと思うということです。

 

弱者は「恐れ」ます。

弱者は「不安」です。

 

弱者は自分では問題を解決できないと思い込んでいるので

他者のせいにします。

他者を責めます。

「お前のせいで自分はこんなに不幸なのだ」と。

 

これもエゴの特徴です。

 

 

パワーがあって、自分勝手な人だけが

「エゴ」に生きている人ではありません。

 

それは、エゴの「有限」や「分離」により

「奪う」という特徴が特に出ている人のことです。

 

 

「創造の否定」や「可能性の否定」から

自分を「弱者」とみなして

「恐れ」や「不安」ばかりで

なんでも他者のせいにする人も

立派にエゴに生きる人です。

 

 

こうして考えてみると

ほとんどの人が「エゴ」の意識で生きています。

 

しかし、これらのエゴの特徴

「有限」

「分離」

「創造の否定」

「可能性の否定」

 

これこそが、自分の人生のさらなる飛躍を妨げています。

 

 

自分の頭の中に浮かぶ考え方は

これらが元になっていないでしょうか?

 

もし

これらに気づいたら

 

逆のことを考えてみてください。

 

 

「無限」

「全一」

「創造」

「可能性」

 

です。

 

これらをもし自分が心の底から信じることができたなら

自分はこの瞬間どんな選択をするだろうか?

 

そんな風に考えてみてください。

 

そして、

できることから選択を変えてみてください。

 

 

当方もこの繰り返しです。

しかし、エゴまみれの生き方から

少しずつでも選択を変えてみると

少しずつですが本当に楽になります。

 

 

最初は自分のエゴっぷりにショックを受けますが(笑)

自分を知ることがスタートです^^

 

今回のワークもぜひやってみてくださいね^^

 

 

 

 

 

それでは次回もお楽しみに♪

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 


テーマ:

こんにちは。

いつもありがとうございます。

 

まだまだ暑い日が続きますが

いかがお過ごしでしょうか?

 

8月の問答会についてです。

 

今月のミニ講座は

当方から提供する座学ではなく

受講者のみなさんからのご質問にお答えする講座です。

 

カウンセリングや個別講座などで

よく聞かれることが

日常生活における「良いこと」です。

 

衣食住にかかわることが多いです。

 

これは「開運」という観点からも大切なことですが

 

どのような場所に

どのような環境で

どのように暮らすことが

より自分らしい生き方なのかというご質問です。

 

これらは

自分で「選択」しているように思いますが

実は

「流行」や「常識」「政策」など

かなりの割合で

「仕掛人」たちに導かれた価値観を元に

「選択」しているつもりになっていることが多いです。

知っていて自分で選択するのと

知らずに選択させられているのとでは

結果は全然違ってきます。

 

そしてこれら衣食住に関することは

すぐにでも変更できることが多いですし

毎日のことですから積み重ねが容易で

結果につながることが多いです。

 

カウンセリングも個別講座も

時間内にこのようなご質問にお答えしていると

時間がもったいないので

ミニ講座というグループ講座にて

一度にお答えできればいいなと思いました。

 

なるべくたくさんのことにお答えしたいので

たくさんご質問や疑問をお持ちいただきご参加ください。

 

「こんなこと・・・」と思うことでも構いません。

 

むしろ、そのようなことの中に

大切なことが隠れています。

 

今更聞けないことなど何でも結構ですので

疑問に思うことを何でもお聞きください。

 

社会の仕組みやエネルギー上のお話となります。

 

法的なことや医学的なことなどの専門分野に関しては

多少はわかりますが、お答えしかねる場合もございます。

ただし、解決の糸口まではお伝えすることが可能です。

 

グループカウンセリングに近いかもしれませんね。

これを機にぜひ体験してみてください。

 

お申し込みをお待ちしております。

 

 

 

 

■8月問答会&ミニ講座「衣食住Q&A」

●日時 2018年 8月19日(日)

    13:30〜17:00

●参加費 ¥5,000(ドリンク付:珈琲・紅茶等)

●持ち物 筆記用具

●内容

 ○ミニ講座「衣食住Q&A」

  ・Q&A(あらゆる分野OK)

 

 ○問答会

  ・問答とは(3大原則)

  ・お題の発表

  ・問答

  ・感想&まとめ

●申込 メッセージにて

●締切 2018年 8月18日(土)

それでは、お申し込みをお待ちしております。

 

◆問答について◆

問答とは、

三大原則

・みんなが先生、みんなが生徒

・発言はすべて正解:否定しない

・好奇心で問う(WhyではなくHowで)

のもと、

当方がナビゲーターを務め、

あるお題について参加者が自由に発言します。

(お題は当日発表)

よく見知った言葉やことがらでありながら

日頃は深く考えない

あるいは、

まったく考えたことがないような

「お題」について問答していきます。

お題について真剣に考えることによって

これまで自分では気づいていなかった、

奥深くに根付いている自分の考えや価値観に気づいて

整理する機会が得られます。

これは、自身の前進をストップさせている価値観をあぶり出すこととなり、これから何をしていけばいいかという自身の気づきにつながります。

また、他者の考えや価値観が自分のそれとは違うということにも気づき、お互いにそれらを否定することなく、尊重する機会が得られます。この意識やコツは、日常生活の人間関係にすぐにでも生かすことができます。

さらに、お互いの意見や価値観が、自分のひらめきや、さらなる洞察にとても役立つという体験を得られるため、どんな人に対してもそのご縁や存在に対して、意義や感謝の念を見出す機会となります。

さらにさらに、参加者全員の意見から、参加者全員が納得できる新たな見解にたどり着くことによって、「想像から創造へのプロセス」「すべてはつながっているという一体感」「目に見えない力の存在」などを実感できる機会となります。

「問答」は、ただ人が集まって意見を言うだけでは問答にはなりません。テレビ等で見るような「議論」や「討論」のように、「誰の意見が一番正しいか」というような「たたかい」になってしまいます。

上記に挙げた効果を期待するためには、ナビゲーターの技量次第です。当方では、どのような方にご参加いただいても決して「たたかい」にはなりませんので、どうぞ安心してご参加ください。

 

◆年間開講予定日◆

毎月 第3日曜日(2月〜11月)

13:30 〜 17:00

 

◇2018年開講予定日

9月16日(日)

10月14日(日)*変更しました

11月18日(日)

ミニ講座の内容は、決まり次第ご案内させていただきます。

なお予定日は、止むを得ず変更になる場合もございます。

何卒ご了承くださいませ。

ミニ講座のご予約は年間を通じて承ります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス