7月7日(日) | 鈴木宗男オフィシャルブログ「花に水 人に心」Powered by Ameba

7月7日(日)

 ユネスコの世界遺産委員会で、大阪の古墳群が世界遺産に登録された。これで日本では、文化遺産19か所、自然遺産は4か所となった。
 ここ7年、日本の歴史、文化が毎年評価されることは有難い。且つ、外国人観光客誘致にも弾みがつき、経済効果も大きいと期待したい。
 参議院選挙4日目、留萌管内天塩町からスタートし、遠別町、初山別村、羽幌町、苫前町、小平町、増毛町を廻り、石狩市、小樽市、そして札幌市に入る。
 4日目にして札幌での初遊説だが、昨日の宗谷管内、今日の留萌管内、初日の根室管内にしても比例区全国区候補者が選挙中に来たことのないところばかりである。
 これだけでも鈴木宗男の「地方があって都会がある、都会があって地方がある」というバランス感覚を活かしている。
 どこにいっても「ここまで来てくれるのは、鈴木宗男さんだけだ」という言葉に、有言実行の鈴木宗男であるとアピールできる。
 石狩市浜益で、101歳の佐藤さんのおばあちゃんが、わざわざ出迎えてくれた。お元気なお姿にホッとしながら、101歳のおばあちゃんに 応援して頂けることに光栄の一語に尽きる。
 増毛町では、「ふるふるトマト」の人が、サクランボソフトクリームを差し入れしてくれた。暑かったので、美味しさと人情が入っており、格別の味だった。心から感謝したい。
 鈴木宗男「政治に喝」「官僚に喝」「選挙に勝つ」、最後の闘いは続く。
 読者の皆さん、宜しくお願い致します。

※本日の移動距離数
車、327㎞

※鈴木宗男公式Twitter始めました。
 鈴木宗男公式ホームページよりご覧になれます。

※天塩町での街頭演説

※初山別村での街頭演説

※増毛町で「ふるふるソフト」の店主から、サクランボソフトクリームの差し入れ

※石狩浜益で、101歳のおばあちゃんと

※石狩市での街頭演説

※小樽市で熊碓神社まつり

※札幌市での街頭演説

※拓殖大学女子陸上部