2018-01-11 18:20:06

1月11日(木)

テーマ:ムネオ日記
 北海道に来ると必ずJR北海道の不採算路線がどうなるのかという話が出てくる。
 昨日もJR関連の新年会があり、挨拶の機会を得たので「JR北海道は31年前、民営化した時から単独での経営は困難なので、国が6822億円の経営安定基金を積み、その運用益で経営の安定を図ることにした。当時7.3%の金利で約450億円JR北海道に入りやり繰りできたが、年々金利が下がり、その運用益では経営が出来なくなったのが実態で、金利政策は国の責任であり、JR北海道の経営は運用益が落ち込んだ分、国が責任を持つのが当然でないか」という主旨の話をさせて戴いた。
 JR北海道も北海道庁も、道民の思いをもっと強く国にいうべきである。
 道内選出の国会議員も与・野党の枠を超えて北海道民の声を国に伝えてほしいものだ。
 政治があったと言われる結論に向け全力を尽くしてほしいと願ってやまない。
 小泉元首相が昨日国会内で記者会見し「全原発の即時停止」を発表しているが、ご自身が首相の時、海外に原発のトップセールスをしたことには触れていない。
 原発がなくても電力は間に合っている。化石燃料による発電に加え、自然再生可能エネルギーも軌道に乗っている。私も今、原発を動かす必要はないという思いは持っている。
 しかし首相の頃、原発推進した人が今になって即時停止、原発ゼロを言うなら、なぜ、なにゆえに原発を売り込んだのかも是非とも国民に説明してほしいものだ。
 「過(あやま)ちては改(あらた)むるに憚(はばか)ること勿(なか)れ」という言葉を小泉元首相はよくご存じなはずであろう。

鈴木宗男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

コメント

[コメントをする]

1 ■天知る地知る…

宗男さんの仰る通り、小泉元首相が首相の頃に推進された理由や原発事故が起きる過程での不備、なぜ180度考えを変えたのか…それらに共通するものがあると思うので説明はしてもらいたいですね。

福島原発は廃止にすべきでしょう。今も漏れてる。過ちは繰り返すものではなく正すもの。十分な代替エネルギーが確保できるまでは時間がかかるかもですが原発ゼロを目標に動いていくと思います。
東電の責任と原発廃止したときの失業者の問題もそこの企業がそろそろ考えていかなきゃですね。
日本は活火山がある火山国なので源泉使って地熱発電をどんどん活用できますね。今は太陽光なども盛んですが。
バイオも汚物などを活用し過程ではエネルギーにも肥料にもでき自然によいと思いますが。。しかし、こうした発電をいくら企業が立ち上げようとしても許可や助成での農水省や環境省、役所などへの手続きがとても多く時間が物凄くかかってるのが現状。そこの効率と改善も課題だと感じます。
あと、いまだに漏れてる放射能をどうするかを早く考えなきゃならない。そこで一番問題なのがトリチウム。ここを東電と専門家が力を注ぎ解決せねば意味がない。

また福島原発事故のようなことが起こったらもう外国はそこまで手を差しのべないかもしれない。

立憲民主党も原発廃止を言ってましたがこちらももとは民主党。彼らが政権を握ってたときに福島原発事故は起きた。枝野さんも当時の政権にいた人。当時のことはどう思ってるのだろうか。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース