2017-09-13 16:59:00

9月13日(水)

テーマ:ムネオ日記
 平昌オリンピックまで150日を切ったが、11日カーリング女子の代表に、ロコ・ソラーレ(LS北見)が中部電力を破り初出場を決めた。
 今でこそ人気の高いカーリングだが、1998年長野で行われたオリンピックでは話題になることはなかった。それが今ではメジャーな競技となっている。
 11日の代表決定戦でLS北見が勝利した後、スキップの藤沢五月選手が相手方中部電力の応援席の前で深々と頭を下げ、涙を流していた。
 藤沢選手は2年前まで中部電力に所属しており、育ててもらった感謝とそのチームと戦う宿命、そして念願のオリンピック出場、さまざまな思いが去来したことだろう。スポーツニュースで藤沢選手のその姿を見ながら感動したものである。
 勝ってガッツポーズを取ったり、雄叫(おたけ)びを上げたりして自分を鼓舞(こぶ)するシーンはよく見るが、勝っても冷静に相手に敬意を表するのが本来のスポーツマンシップと私は考える。
 その点、藤沢選手の中部電力応援席の前で頭を下げた姿は、爽やかで清らかに映った。その涙はダイヤモンドよりも真珠よりも光り輝くものだった。
 藤沢選手所属LS北見の平昌オリンピックでのメダル獲得を期待したい。
 昨日は木村太郎代議士のお別れ会で青森日帰り、今日は私の十勝地区初代女性部後援会会長 内木信子様の告別式のため帯広へ行き、日帰りした。
 昭和58年最初の選挙、親身に勝るご支援を戴いた。北海道の女性経営者10人の1人に選ばれた方でもあった。
 いつも凛とした独特の存在感を持った方で、後援会長で居てくれることに私は誇りを感じたものだった。
 心を込めて弔辞を述べ、心からの感謝を申し上げ、お別れした。
また、大事な人が旅立ってしまった。世の習いとはいえ、何とも言えぬ思いである。

鈴木宗男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■無題

鈴木先生、先生の内在的論理が、
「私は貴方と貴方の家族に敬意を持っています」
と言うことではと思っていましたが、
まさにその通りでした。

先生は「情の政治家」と言われますが、「理」より「情」
を持ってと言う意味よりは「私は貴方と貴方の家族に敬意を持っています」という意味での「情理」では。

杉原千畝氏の名誉回復、対馬丸の沈没地点の発見、
、アイヌ民族の「権利確立」に尽力してきた先生の
行動の論理がわかります。

3 ■無題

鈴木宗男先生、ネットゲリラさんブログより

府立病院が、保育器買えないのでクラウドファンディングでカネ集め、というんだが、新自由主義政党がのさばるとこういう事になる。

何でもかんでも自己責任で、それで税金が安くなるんだったらまだしも、税金だけはドカドカ上がって、役人だけはウハウハで、なんだよそれ

大阪・和泉市の大阪母子医療センターは、子どもの保育器を購入するため、インターネットを通じて資金を集めるクラウドファンディングでの寄付の募集を12日から始めました。

この病院は、リスクの高い出産や新生児の治療に対応する中核的な病院に位置づけられ、府立病院機構が運営する大阪・和泉市の大阪母子医療センターです。

病院では、生まれてすぐに容体が急変した子どもの救急搬送に使う保育器1台を購入するための資金として、300万円を目標額に、12日から寄付の募集を始めました。

病院には、こうした保育器が4台ありますが、このうち2台は、15年前に購入したもので、耐用年数を9年過ぎているうえ、呼吸管理が必要な重症の子どもの搬送には使えないことなどから、新しい保育器を購入することにしました。

病院では、経営が厳しい中、保育器を購入するための予算の確保が難しいことから、今回初めてクラウドファンディングでの寄付の募集を決めたということです。

2 ■鈴木先生へ

毎回日記を拝読させていただいております!
後継続されることを願うと同時にご自愛にてご健闘下さいます様に。

1 ■レクイエム

思い起こせば海外にすんでた頃カーリングを観たことがあります(^-^;すっかり忘れてました。オリンピック競技なんですねっ(°▽°)
 
深々と頭を下げられた…これまでの経緯を知り、藤沢選手の思いを感じ取られた宗男さん★藤沢さんも宗男さんの言葉を嬉しく感じられてるでしょうねっ(^-^)涙はダイヤモンドよりも真珠よりも光り輝く…最高の言葉だっ(*^-^*)

テニスの伊達選手ではないですが、ツラいこともあったでしょうがこのスポーツをやっててよかったと感じられる試合と思い出ができるといいですね(^-^)

人の死は残されたものにとっては非常につらいですね。生きてるのはその人との思い出。諸行無常…どう解釈するか。。
今はあらゆる方法で生前の姿や声をおさめることができ、それを再生することはできますがそれはすべて過去のことであり、今、話したいのに会話ができないっていうことがやっぱりつらいことですね。

その時そのときの人との関わりを大事にしていきたいです。
その人の分まで生きて、生きて、、そうすると思い出であってもその人の存在は心で生きていられる。
出会った場所でやさしい風が吹いたら「あなたがそばにいてくれる」街頭演説など野外にいたときに雲の切れ間から光がさせば「君も応援してくれてるんだね」と自然でいつでも感じることができる。

お墓や仏前って生きてる人が亡くなられた人とお話ができるからなのかなぁ。。手を合わせる、心を落ち着かせる場所を自然と欲するんだなぁとお墓参りのときよく思います。
姿を変えて助けてくれるかもしれないっそう思うとあらゆるものを大事にそして愛しく感じる。

寂しくなった心を癒してくれるのは家族だったり…そうだっ、お孫さんの声をきこう(°▽°)

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース