あっという間

テーマ:

むね歯科クリニック院長 歯周病インプラント専門医の笹生です。

むね歯科クリニックはこちら

 

酷暑ですね。東京でも初の40℃超とか。しかも、8月もしばらくこの暑さが続くそうです。もはや、亜熱帯の環境です。

 

さて、梅雨明け間もない7月中旬の土曜朝、私は北陸新幹線に乗り、一路金沢を目指していました。


金沢に土日に開催される、日本臨床歯科医学会総会 夏季学術大会に参加するためです。

 

日本臨床歯科医学会...聞いたことも見たこともない学会名です。一般的には学会の名前を見れば、だいたいはその会の内容が予測できるものです。例えば、日本歯周病学会や日本口腔インプラント学会といったように。これらはいわゆる専門部会といって、日本歯科医学会という大きな学術団体の下部団体として、より専門性の高い内容を研究したり究めたりするための集団で、それを学会ということが多いのですが、この「日本臨床歯科医学会」は、傍目には何がメインなのかわからないのです。


実は、この学会はSJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)という歯科医師が集う勉強会が学会へと変化したものなのです。もともとが勉強会ですから、これといった専門性を有するわけではなくて、歯の治療(歯科臨床といいます)を高いレベルで行っていこうと志す歯科医療関係者の集合体というところが、その本質なのです。


私は、7年くらい前にこのSJCDのセミナーを受講しまして、それから今に至る間に、SJCDが主催する他のいくつかのセミナーも受講しました。そして、先年SJCDの東京支部へ入会しておりましたので、この日本臨床歯科医学会の会員ということになっておりました。

 

そんなわけで、2年に一度開催される、総会併催の夏季学術大会に参加してまいりました。今回の会場は、先述したとおり、石川県金沢市。北陸の小京都、加賀百万石のお膝元です。学術大会総会は今回が初参加ではありますが、金沢には学生時代に一度訪れたことがあるので、2度めの訪問になります。とはいっても20数年前ですから、何もかもすべて変わっていました。一番変わっていたのは、やはり北陸新幹線でしょう。20年前は、東京から東海道新幹線で米原駅を経由し、湖西線で福井まで出て、そこから北陸本線で金沢を目指すという、一日がかりの旅でした。しかし、今回は金沢直通、3時間半という実にあっという間の旅でした。

 

新幹線を降りて、歩いていると同じ東京の、同じ勉強会の先生と偶然鉢合わせしました。たまたまお昼時ということもあり、その先生方とともに、昼食を食べようということで駅構内を回ったのですが、どこもいっぱい...やむを得ず、駅のすぐ脇の回転寿司のお店へ...

 

着席して、メニューを見渡したのですが、これがちょっと値段が張っているように感じました。でもまあとりあえず食べてみようと注文しまして、出てきた見た目は普通のお寿司なのですが、ところがこれが、美味しいのです。東京の回転寿司を想像していた私は、いい意味で期待を裏切られた結果となりました。

値段もむしろ、安いんじゃないかとくらいに思える感じで、お腹も気持ちも満たされたところでいざ会場へ。

 

会場は石川県立音楽堂。この手の会場は、市内中心部か外れにあることが多いのですが、なんと今回は駅の脇にあり、徒歩1分。こちらもあっという間に到着。

 

会は土日2日を通じて行われます。両日ともに各地方支部から選抜された、発表者が練りに練ったプレゼンテーションを行い、それぞれに評議委員の先生方が討論と講評を行います。どのプレゼンテーションも例外なく熱く盛り上がり、あっという間に二日間の発表が終わりました。

 

そんなわけで、初日は懇親会のレセプションを経て、数名の先生方とともに事前に予約していただいてあった市内のお寿司屋さんへ。


ハモのお造りから始まるコースですが、いや絶品。美味しすぎます。ノドグロの炙りなどは、えも言われぬ喉ごしで、ここもまた、あっという間の時間。



そして、お店の方に教えていただいたのが、シメのラーメンならぬ、辛味大根おろしの冷やし蕎麦。
辛いのですが、さっぱりとして、お寿司の後のはずなのにしっかりいただけます。

 

翌朝は、さすがに朝からお寿司というわけにはいかずに、ホテル近くのスターバックスで軽くコーヒーを頂き、会に臨みました。もちろん、学会が目的ですから、会が終了すれば、観光などせずに帰途に付きます。

 

なんと、行きでも偶然乗り合わせた東京の先生方と帰りの新幹線も同じ電車ということがわかり、せっかくですので途中までご一緒させていただき、慌ただしく駅弁やらお土産を買い込んで、新幹線に乗り込みます。駅弁は、さすがに観光もしなかったのでノドグロの棒寿司を選んでみました。駅弁とはいえ、かなりコクがあって美味しくいただきました。

 


棒寿司を頂き、学会の内容に思いを馳せていると、気がつけばもう東京。たかだか二日間でしたが、普段の学会とは違い、食事にディスカッションにと、とにかく密度の濃い時間を過ごせたように思います。


まさに、あっという間の時間でしたが、このために支えてくれたスタッフや変則日程を受け入れてくださった患者様に感謝です。

歯周病学会

テーマ:

むね歯科クリニック院長 歯周病インプラント専門医の笹生です。

 
もう6月に入っています。サッカーのロシアワールドカップも盛り上がっていますね。そしてもう大分暑くなってきました。またまたうっとうしい季節の到来です。
 
さて、4,5,6月は学会の季節です。今年の春の歯周病学会は東京歯科大学の主管ですので、東京開催です。場所は新宿の京王プラザホテル。歯周病学会は学会員が3000名を超えており、大きな会場で開催されることが多いのですが、今回は珍しくコンパクトな会場でした。
 
東京は出て来やすいという事もあり、昨春に続き、福岡のI先生と盛岡のS先生と一緒に学会参加することになりました...が...集合したのは、学会場ならぬ銀座の「俺のフレンチ TOKYO」。今回は日帰りとなってしまったS先生たっての希望です。
ちょっと前は爆発的人気で予約が取れないというところでしたが、ブームも一段落したようで、割とあっさり予約が取れました。
とはいえ平日にもかかわらず開店前から行列...
 
店内は広く、生演奏もありで、3人で2時間。いわゆるおしゃれな感じフレンチレストランのイメージとは違い、見渡してみると普通の居酒屋然とした座席が並びます。

しかし値段はリーズナブルですが、そこは俺のフレンチ。看板に偽りなしで、美味しい!
美味しい食事で久しぶりの集合となれば、当然会話は盛り上がります。あっという間に時間が経ってしまいましたので、3人は銀座を離れ急ぎ学会場へと向かいます。

三人揃って専門医教育講演を聴講。

そのあと帰途につく飛行機や新幹線の時間まで、新宿駅近くのカフェに立ち寄って先程の続きに花が咲きます。また近いうちに!と再開を誓って、改札で見送りました。
 
二人を見送ったあと、私はまた、西新宿へ...
 
今度は、医科歯科大の医局員時代の先生方との集まりです。
場所は、パークハイアットホテルのある、新宿パークタワー。53階からの眺望は抜群です。
今回は、私の当時の指導医だったN先生の昇任祝いの名目で、N先生ゆかりの先生方と席を囲みました。

夜は、懐石料理...しかも、N先生からの差し入れのこの日本酒…

(鳳凰が描かれていますね 宮内庁からお届け物だそうです)!があったりと、昼のフレンチに続いて夜は和食を堪能いたしました。
 
堪能って...食べてばっかり...
今回は、そうです学会です。
ここには上げてませんが、しっかりと情報はアップデートして参りました。
 
でも、こんなに食事の密度の高い学会も珍しいですね。東京(都心部)での開催だからかもしれませんね。蓄えた分を消費すべく、ジム通いの頻度が増えたことは言うまでもありません...

ソーセージ

テーマ:

むね歯科クリニック院長 歯周病インプラント専門医の笹生です。

 
風薫る5月、夏のような陽気になって来ましたね。
しばらく振りのブログは、連休前の話題です。
 
4月の最後の日曜日、朝早くに向かったのはここ最近良く出向いている大阪。
中之島という大阪市内の中心部にある、研修室でのセミナーです。
 
中之島はその名の通り、川に挟まれた島にあります。

左側の大きな建物が会場の入っているビルです。ちなみに右端の木々が繁っている陰の建物は日銀大阪支店です。
会場(19階)から見下ろすとこんな感じ。
左下の建物が日銀大阪支店で、さきほどの写真は右脇の橋のはじから撮影しています。よく見るとわかりますが、上の写真右奥には大阪城が写っています。
 
今回は、1,2月に受講した中田先生の弟子とも言うべき、大阪でご開業されている小田先生のセミナーを受けて参りました。
 
骨造成という、ややアドバンスな内容ですが、ここ最近密かに話題のソーセージテクニックと名付けられた技術の習得が目的です。
話題というだけあって、この次の回まで既に満席、キャンセル待ち続出の人気セミナーです。
 

たいてい、一日で行うセミナーは、技術に特化するか理論を全面に出すかのセミナーが多いのですが今回は理論も技術も出し惜しみなしの、濃い内容でした。
 
 

ソーセージにかけたかどうかわかりませんが、お昼は牛タン弁当。
大阪なのに、仙台名物⁈⁈
東北の人間だとは、おくびにも出さず美味しくいただきました。
 
そして夕方、無事終了!
サーティフィケート(終了証)をいただき、新幹線に慌てて飛び乗り、無事帰京しました。

ちなみに小田先生。私より若いです…
私も頑張らねば…