北海道に来てからは電波工作があからさまに行われるようになり、それが自分の生死の危機となっていた。ただし、同時に物理的工作も多数行われており、電波工作だけが全ての問題ではなかった。

 

 当時の電波工作はCIAのアセットがメインになっていた。そこにはいろいろ理由があるが、1つにはCIAの技術の方が公安のものより優れており、CIAのアセットの中にはその工作に長らく関わってきた人たちがいたからでもあった。

 

 一方で、警察もこの工作に長らく行っており、そのような人材も警官の中には多数いる。ただし、彼らはなるべくその能力を隠したかったという背景があり、また、自分が電波の中の警官を識別できないために、結果としてCIAのアセットが工作の中心になっていると感じた側面もある。

 

 それ以上に、警察の電波工作には根本的な問題があった。公安もCIAと同じようにアセットを利用して工作を行っていたが、そのほとんどは左翼過激派か犯罪行為の下請けをしていた探偵である。

 

そのような人物を当初は前面に出しておらず、途中からそのような人たちも電波工作に関わるようになってきたが、その結果として、公安が多くの犯罪者やテロリストをアセットとして抱えて、彼らに工作を行わせていることが明るみに出た。冷静に考えれば、諜報機関はアセットの獲得と工作活動を同時に行うので、彼らの行動は不思議ではないが、自分だけでなく多くの人たちにその根本的な理解が欠けていた。

 

 物理的工作には既に多くの探偵も動員されていた。探偵同士がどのように繋がっているかは分からなかったが、とにかく、多くの探偵がいた。彼らは時にスパイのように喋り、時に犯罪者のように喋るため、話している内容だけでも見分けがついたが、多くが北海道以外の地域から送り込まれていたと思う。

 

 そこには北海道の特殊性があり、ほとんどの人が標準語を喋るため、相手の出身を確認する手段が1つ失われていた。

 

一般的に、ある地域の人口が少なくなればなるほど、探偵という業務はビジネスとして成り立たなくなる。それは食べていけるほどの仕事が集まらないからであり、彼らが仕事として成り立つためには一定のクリティカルマスが必要になる。それが5万人なのか10万人なのかは分からないが、一定の人口以下になると探偵は存在しない。 

 

 北海道にいる際、自分は大きな都市も訪れていたが、大抵は人口密度の低いエリアにおり、彼らが現地の人ではないのはそういう理由でも分かった。喋っている内容で彼らが誰かを判断できることもあったが、喋り言葉で識別するのはかなり困難であった。

 

 一方で、工作を行う人たちは悪意を持っており、その場合は顔に表れた。表情を隠すのは基本的に難しく、そもそも犯罪者は犯罪者の顔を持っていた。本来的に間違った行為だと思うことを繰り返し続けていると、犯罪者は犯罪者としての顔の特徴を持つようになる。

 

 とは言え、それだけでは犯罪は露見せず、自分がその人を危険だと認識できるだけであった。問題は自分の顔認識力が高かったことである。それは犯罪者を識別できるという意味ではなく、ある一定時間以上、その顔を見ていると、その顔を覚えていられるようになる。

 

 その精度があまりにも高いため、彼らはマスクとサングラスを着けるようになった。つまり、彼らは何らかの理由でそこに動員されているが、長時間顔を晒していると何かを識別される恐れがあり、それを避けるために徹底的な防備をするようになった。

 

そのような格好をし出すと彼らが悪い人であることは更にすぐに分かるようになったが、それが誰であるかも、どんな犯罪者かも推測できなくなった。逆に言うと、彼らはそこに来たくないはずであり、それは警察が動員を行っている証左でもあった。

 

 それ以外にも、いろんな人がいた。中には興味本位で来ている人たちもおり、彼らには悪意はなかったが、善意もなかった。そのような人たちも全体としてのガスライティングを構成していた。もちろん、地元の人でも工作に協力する人たちはいた。その中には喜んで協力している人たちもいれば、嫌々ながら協力している人たちもいた。

 

 

ご一緒に、ご覧ください。

http://ameblo.jp/multifractal/entry-12161939286.html