盗聴と監視はスパイの手法としてはオールドスクールかもしれないが、今でも一般的に使われている。特に、アセット化する段階では対象者の状況を詳しく知る必要があり、そのためには盗聴と監視が必須になる。

 

現代的には盗聴の方法は様々ある。あまりにも方法があり過ぎて、その気になれば、諜報機関はどのような話でも聞けるような気がする。例えば、コンクリートマイクを使えば、部屋の中でなされている会話が壁の振動を伝わって、上の部屋や隣の部屋からでも聞ける。

 

指向性マイクであれば、長距離からでも対象者がどのような会話をしているかが分かる。今の技術にはこのミックスされたものがあるようで、長距離から壁の振動を利用して、その部屋の中の会話を聞く技術があるらしい。

 

もちろん、家の中にも盗聴器は仕込める。その方が盗聴としては安定的であり、依然として重要な手段だろう。ただし、盗聴器には根本的な難点があり、常に電源を必要とする。携帯電話のバッテリーがすぐになくなるのと全く同じで、電力が足りなくなると盗聴波は送れない。それを避けるためには電源が得られるところに盗聴器をセットする必要がある。また、盗聴波を送るのには距離の制限があり、今なら技術が上がったので数百メートルは送れるかもしれないが、何キロ先に送れるわけではない。

 

PCやネットのトラフィックも簡単にトラックできる。テンペストがあれば遠隔的に何を見ているかを確認できるが、それを使わなくても、アプリやクッキーの中にいろんなものを忍び込ませば、意外と簡単に状況は把握できる。

 

時々、どうやってハッカーは政府に気付かれずに存在しているのだろうと不思議に思う。その気になれば、ハッカーの所在地くらい簡単に分かると思う。もちろん、ハッカーの犯罪はその起こった瞬間でしか分からず、逮捕するに十分な証拠を集めるのが大変な場合もあるが、それはハッカーがどこにいるか分からないということではない。

 

PCの中にも盗聴器を仕込める。盗聴器だけでなく、PCを外的に操作するための盗聴波も仕込める。それ以外にウェブカメラも操作できるため、気付かない間にウェブカメラが動いていることもある。ちなみに、それを避けるためにはウェブカメラをテープ等で常に覆う必要がある。どれだけ気を付けても、PCに物理的に細工をされるとどうしようもない。PCは携帯電話以上にスペースがあり、電源もあるので、細工物を仕込むには最適の場所でもある。

 

一方で、監視カメラは簡単ではない。建物の出入り口を監視カメラと赤外線カメラで抑えるのは簡単だが、家の中を監視カメラで見るのは難しい。部屋が完全に見える場所から監視カメラで撮影されていたが、自分の部屋の場合はその場所が数カ所しかなく、すぐにその所在が分かってしまう。家の中に監視カメラを設置すると、それをデータとして送る必要があり、そのためにはかなりの電源が必要になる。

 

その問題を乗り越えられるためにはスプリンクラーや非常灯、エアコンと照明くらいしか仕込める場所がない。ただし、マンションの隣の部屋や上の部屋から監視カメラを入れるのであれば線を通せる。それならばもう少し撮り易い場所にカメラをおけるが、そのためには工事が必要になる。日本はセントラルヒーティングシステムではないので、室内を監視するのはそれほど簡単ではない。

 

これらの技術はアセット化のためだけに使われるのではなく、アセットにできない対象者に対しても有効である。ただし、その2つの方向性にはあまり大きな差はなく、重要情報をそこで手に入れるか、重要情報を手に入れるためにマイナーな情報を利用するかの差でしかない。

 

このオールドスクールの手段は今でも使われている。電波操作がどれだけ進化しても、この方法も生き残ると思う。

 

 

ご一緒に、ご覧ください。

http://ameblo.jp/multifractal/entry-12194020450.html